各地域にある観光案内所。

自分の住んでいる地域の案内所へ行くことはなかなかありませんが、旅行先では足を運ぶ機会があるのではないでしょうか。

ここでは、観光案内所で働くスタッフがどのような役割を与えられ、どのような業務をしているのか観光案内所の仕事内容や、向いている人・向いていない人の特徴、活かせる経験について経験者が紹介します。

「観光案内所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「観光案内所」の仕事例をチェック

観光案内所の仕事は大きく2つの役割に分けられる

観光案内所の仕事の役割1:カウンター業務

観光案内所での役割の一つは、施設長以外のスタッフが行うカウンター業務です。

案内所で勤務する全員がカウンター業務を行います。

観光案内所の仕事の役割2:施設長

観光案内所で働くスタッフをまとめる存在で、当然のことながら一人しかこの役割を果たす人はいません。

案内所の経営やスタッフの管理を行い、経営元の観光協会や提携先の施設との連絡を取り合います。

カウンターでの3つの業務

カウンターでの業務1:観光客の皆さんをお迎えする準備

出勤してから案内所が開くまでに、カウンター上の資料やパンフレットの整理をします。

また、観光客の方々が聞いてくることにすぐ答えられるように、手元に様々な資料やタブレット端末を置いておきます。

筆者の就業していた案内所では、外国人観光客の方に贈り物を差し上げていたので、その在庫の確認もしていました。

カウンターでの業務2:接客とそのサポート

観光客の方がいらっしゃる時は接客を行います。

案内所近隣の観光名所や名物などを紹介したり、お客様の行きたい場所が決まっている場合は、そこへの交通手段を教えます。

一人で接客するのが基本ですが、多くの質問をされたときやお答えするのが難しいような質問をいただいた場合は、スタッフで協力し合って対応します。

タブレット端末を使ったり、置いてあるパンフレットや資料を一緒に探したりなど、観光客の皆さん方の時間をあまり取りすぎないように配慮します。

あまり観光客の方がいらっしゃらないような時間は、案内所内外に置いてあるパンフレットを見やすいように整頓します。

また、観光施設に連絡をして新しいパンフレットができている場合は送付のお願いをします。

カウンターでの業務3:1日の集計

案内所を閉める時間が近くなってきたら、その日の集計をします。

観光客の方がどこからきたのか(海外からのお客様の場合は出身国まで)、目的地はどこかなどをできるだけ細かくデータを入力します。

施設長の3つの業務

施設長の業務1:メールチェックと朝のミーティング

観光案内所はその地域の観光協会の管轄下にあることが多いです。

そのため、出勤後には経営元の観光協会からのメールなどが届いていないかのチェックをしていました。

そして案内所の全員が出勤して来たところで朝のミーティングをし、その日どのようなイベントがあるのかや交通情報を伝えていました。

施設長の業務2:観光協会での会議や提携先への出張

他のスタッフと同様に接客業務も行いますが、会議や出張がある時は案内所を離れてそちらへ向かいます。

筆者の勤務していた案内所の施設長は、定期的に提携先の宿泊施設や観光施設へ出向き、挨拶をしているようでした。

施設長の業務3:集計の報告やスタッフのシフト作成

スタッフが作成した1日の集計をさらに細かくデータ化し、毎日その日のうちに経営元へメールで報告していました。

次の年への計画を立てていました。

案内所が開いているときは観光客の方々が最優先なので、スタッフのシフトを作るのは閉店後しかありません。

観光案内所の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

観光案内所には、毎日たくさんの人が訪れます。

国内からの旅行客はもちろん、海外からの方々もいらっしゃいます。

観光情報を提供するのが主な仕事ですが、そのような観光案内所で働いていると、どのようなやりがいを感じるのでしょうか。

経験者が紹介します。

観光客の皆さんの笑顔を見ることができたとき

観光案内所には、多くの観光客の皆さんが情報を求めて来店されます。

そのようなお客様に対して、求められている情報を教えることはもちろん、住んでいる人にしか知らないような情報も紹介したときなどは、笑顔になられることが多いです。

外国人観光客の方々と意思疎通ができたとき

海外からの観光客の方で日本語を話せない場合は、英語での会話を進めていきます。

たとえ自分の英語に自信がなかったとしても、多くの外国人観光客の方がスタッフの話す英語を一生懸命理解してくれようとします。

観光情報をわかりやすく英語で伝えることは簡単なことではない分、理解してもらえたときの達成感は大きなものです。

面白いポイント

観光案内所で働いていると、たくさんの人と係わりの中で面白さを感じることが多いです。

実際にどのような点が面白いのかを、6つ紹介します。

働きながら英語を話す機会を持てる

観光案内所には海外からの旅行客の方々も訪れますので、日本語を話せない方とは英語でコミュニケーションを取ることになります。

英会話スクールなどに行くことなく、自然な日常会話のようなものから、物事を説明する少し高度な英会話のスキルを磨くことができるのは、魅力であり面白い点です。

また、その出身国ごとに英語のイントネーションや話し方が異なっているのを生で感じることができるのは、あまりできない経験と言えるでしょう。

観光客以外にも、地元の人もおしゃべりに来てくれる

観光案内所とは言っても、旅行客の皆さんだけが利用するわけではありません。

地元のおじいさんやおばあさんも良く訪れてはおしゃべりを楽しんで行かれます。

その際、観光施設のパンフレットに載っている以上の情報や、隠れた名店や名所、美味しい食べ物を知ることができて面白いですよ。

中には、電車を乗り継ぎ景色を楽しみながら「観光案内所に行く」という目的でいらっしゃる方もいました。

自分の知らなかった観光施設や名物を知ることができる

自分の住んでいる地だからこそ知っている情報を提供し、観光客の皆さんの旅行の思い出作りのお手伝いをするのが観光案内所で働くスタッフとしての仕事です。

その上で改めてパンフレットや資料を読むことで、自分の気づいていなかった魅力や、知らなかった美味しい食べ物、昔からあるお店などを知ることができます。

休みの日などに、自分で足を実査に運んでみるという楽しみを作ることができますよ。

コミュニケーション能力を磨くことができる

観光案内所での業務は、お客様とカウンター越しに進めます。

相手の話をよく聞いて、気持ちよく会話を進めるのは当たり前のことですが、相手の求めることに合わせて情報提供するという、より高度な会話術を身に付けられます。

日本にいながら、たくさんの国の方々と交流することができる

前述したように、観光案内所には多くの外国人旅行客の方々が訪れます。

英語だけでなく様々な言語を観光客の方々同士での会話で聞くことができるので、海外に興味のある人は、楽しみながら働くことができるでしょう。

物事について簡潔に説明する力を付けることができる

観光客の方々がたくさんの思い出を作るためにも、スタッフは簡潔に説明します。

どんな言葉を使えば伝わるのかを考える必要があるので、語彙力も増えます。

\この仕事に「やりがい」があると感じた人は/

「観光案内所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

観光案内所の仕事はどんな人に向いている?

人と関わる機会が多そうなイメージの観光案内所での仕事ですが、実際はどんな人に向いているのでしょう。

大切な条件について述べます。

人と話すことが好きな人

観光案内所での仕事は接客が中心です。

観光客の方々は、楽しんで旅行にきているので、その気持ちをさらに高ぶらせるような、楽しい会話ができると良いでしょう。

観光客の方々の話によく耳を傾け、その上で的確な情報を雑談などを交えながら提供します。

旅行が好きな人

情報を提供するにあたり大切なことの一つは、観光客の方々がどのようなことを求めているのかを察することです。

旅行好きな人ならではの観点での観光情報は、お客様にとって有意義なものとなるでしょう。

英語に興味のある人

観光案内所には海外からの観光客の方々も多く訪れます。

英会話が堪能であれば心強いですが、英語に興味があり、相手と意思疎通を図ろうという気持ちがあれば大丈夫です。

多くの外国人旅行客の方々とコミュニケーションが取れるので、さらに英語への興味を深めることができます。

逆に観光案内所の仕事に向いていない人の特徴は?

接客業務が仕事のほとんどを占める観光案内所での仕事ですが、どのような人にとっては難しさを感じるのでしょう。

人見知りをしてしまう人

観光情報を提供するときは、顔を向き合わせてのコミュニケーションが大切です。

初対面の人と会話すると緊張してうまく話せず、人見知りをする人には厳しいかもしれません。

パンフレットやiPadなども使って説明しますが、会話は不可欠です。

物事を説明するのが苦手な人

観光客の方々は、旅行中の限られた時間の中で案内所を訪れます。

情報内容がうまくまとまらず、時間をかけて説明すると、お客様の旅行の思い出づくりの時間が減ってしまうので、わかりやすく簡潔に伝える必要があります。

整理整頓が苦手な人

観光案内所にはたくさんのパンフレットや資料があります。

陳列してある分はもちろん、バックヤードにも在庫があります。

お客様の目に触れるものは、見えやすく綺麗に並べておかなければなりません。

中には大切な資料もありますので、どこに何があるのかをわかるように置いておくことが大切なので、整理整頓をする習慣が身についてあると良いでしょう。

観光案内所の仕事で活かせる経験

日本国内外から多くの方が訪れる観光案内所では、どのような知識や経験が役に立つのでしょうか。

ここでは3つのことについて記述していきます。

英会話を学んだこと

海外からの観光客にとって、日本に来て英語が通じる存在は貴重です。

観光情報を提供する自分にとっても、相談に訪れるお客様にとっても、英語を話せることは大きな安心材料となります。

自分自身の旅行経験

お客様に情報を提供するにあたり、自分だったらこのように行動するという思考は、とても大切です。

その際に、自分が旅行したときの行動パターンや、時間の使い方をもとに話すことも、お客様にとっては新たな考え方の一つとなります。

観光案内所のある地域に住んでいるということ

隠れた名所や、地元の人しか知らない名店など、住んでいるからこそ知っている情報が強みです。

観光情報誌やインターネットには載らない情報は、観光客の方々にとって興味を引くものです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

日本人観光客を対象にした観光案内人や、外国人旅行客をターゲットとしたツアーガイドになることもできます。

ただし、通訳ガイドになるためには、通訳案内士試験に合格する必要があるので、自分で勉強しなければなりません。

その地域の観光について説明できるほどの知識を付けたなら、公務員試験を突破して市役所や県庁の観光課に所属することもできるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

英会話塾での仕事、もしくは市役所の観光課、バスガイドや旅行会社での仕事に活かせるはずです。

まとめ

観光案内所での勤務は大きく2つにしか分類されませんが、観光情報を提供し、観光客の皆さんの旅行の思い出作りのために一人一人が尽力しています。

人との関わりが多い職業だからこそ見つかるやりがいや面白さに溢れており、旅行に行くことや英語を話すことに興味のある人にはもってこいの職業です。

また、自分の気づいていなかった、その地域の魅力を再確認できることで、さらに自分の住んでいる地域に対して思いを強めることができますよ。

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。