「仕事行きたくないなあ…」そう思うこと、ありませんか?

誰しも一度は思ったことがあるでしょう。

仕事をせずに生活できたらどれだけ楽か…

ですが、生活していくためには仕事をしなければなりません。

楽な仕事はないかと考えたこがある人も多いでしょう。

今回は、誰もが一度は夢見る「楽して稼げる方法」を徹底的に調べていきましょう。

楽な仕事とは?

そもそも「楽な仕事」とはどのような観点から見ればいいのでしょうか?

まず、「楽な仕事」と聞いて思い浮かぶのは以下ではないでしょうか。

  • 休みが少ないが業務も簡単で給料が高い
  • 業務が簡単である程度の給料をもらえる
  • 給料は少ないがほとんど業務がない

あなたが理想とする「楽な仕事」はありますか?

今回は、業務が簡単である程度の給料をもらえる仕事=楽な仕事と定義します。

ある程度とは、一人暮らしで光熱費や食費に困らず、月に何度か外食ができる程度の収入があることとします。(手取りで18~21万円ほど。)

さっそく、その観点を頭に入れつつ「楽な仕事」を見ていきましょう。

楽な仕事の「楽」の種類

さて、楽な仕事の定義を終えたところで、実際に楽な仕事はどのような内容かを実際に見てみましょう。

あなたが理想とする「楽」はありますか?

1.体力的な「楽」

まずは、体力的に楽な仕事から見ていきましょう。

キツイ仕事と聞いてまずはじめに思い浮かべるのが、重労働ではないでしょうか?

夜中の工事現場で重い機材を運ぶ、建築関係で休みなくあくせく働く…

それを聞いただけで、どうしても「キツイ」と思ってしまいがちです。

体力的に「楽」な仕事は、やはりデスクワークではないでしょうか。

毎日勤務中はずーっと座ったまま、立つのはお手洗いくらい…

重労働と比べれば格段に「楽」な仕事と言えるでしょう。

立ちっぱなしの仕事だと足が疲れますし、そういう仕事は座りたくても座れない状況が多々あります。

毎日座って仕事をしたい!体力的に「楽」でありたい!という方にはデスクワークがおススメです。

2.精神的な「楽」

続いてご紹介するのが、精神的に「楽」な仕事。

精神的に「楽」な仕事と言えば、言わずもがな工場の製品づくりやパック詰め、施設の清掃員など人と関わるのが極端に少ない仕事ではないでしょうか。

精神的に辛い仕事というのは、やはりクレーム対応や上司からの圧力。

成長意欲が高い企業であったり、とにかく人と関わるサービス業などは、ストレスの溜まり方も比べ物にならないでしょう。

その点、人とほとんど関わらない仕事だと、まず競争社会ではないので「売り上げを上げろ!」「数字が第一!」というストレスがありません。

また、ノルマもないため自分のペースで仕事ができます。

そしてなんと言ってもクレームがないのが大きいです。

知らない人から罵倒されることほどストレスが溜まるものはないですよね。

とにかく自分のペースで仕事をしたい!

という方は人と関わることが少ない仕事がおススメです。

3.時間的な「楽」

続いては、時間的に「楽」な仕事を見ていきましょう。

時間的に「楽」というのは、言わば自分が仕事をしたいときにできて、仕事をしたくないときにはしないと言った「楽」さと、遅めの出社で早め帰社のような縛られる時間が短い「楽」さがあるでしょう。

まずは、自分のペースで仕事をできる時間的「楽」さ。

これは、いわゆるフリーランスまたは自営業を指します。

どちらも軌道に乗るまでには長い時間を要しますが、慣れてくると本当に自分がしたいときに仕事をすることができるので、とても魅力的です。

しかし、フリーランスや自営業は税金や年末調整などの社会的な手続きを自分で行わなければならないため、手間と時間を要します。

日々の時間的「楽」さを求めるならそのような手間時間は惜しまない!と思える人はいいのですが、それも面倒くさい…という方には向いていないかもしれません。

一方、拘束時間が短い時間的「楽」さがある仕事を見てみましょう。

さまざまな仕事がありますが、大学の事務が1番当てはまるのではないでしょうか。

大学生が休みの時は休み、というところが多く、朝は9時から、夕方は遅くても18時には帰ることができるため、早く帰ってプライベートも充実させたい!という方にはもってこいの仕事ではないでしょうか。

もしも正社員じゃなくても働いていればいい、という方は、パート勤務もおススメです。

それこそ朝早くから15時くらいまで勤務できるので、仕事終わりに色々やることがある、というときでも時間を気にせずに済みます。

しかし、やはり正社員として働いた方が安定した収入やサポートを得ることが出来るので、パート勤めは最終手段として頭に入れておきましょう。

4.金銭的な「楽」

最後は、金銭的に「楽」な仕事です。

例えば、営業の仕事だとどうでしょうか。

営業と聞くと「テレアポ」「訪問」など大変そうな仕事内容ばかりイメージしてしまいがちですが、その分自分の数字が伸びれば伸びるほどインセンティブが付くことをご存知ですか?

自分が頑張れば頑張った分給与に反映されるのです。

これは金銭的に魅力ですよね。

また、美容師なども固定客を持てば持つほど自分の給与に反映されます。

仕事上で、「自分に価値がある」と思わせることができる業務には、基本的にインセンティブが付くことが多いため、その分仕事を頑張ろう!という気になりますよね。

給料を増やしたい!という金銭的な理由で仕事を頑張れるならそれだけでも仕事に対する意欲は高くなります。

自分に合った「インセンティブが付く仕事」を見つけてみるのも面白いですね。

楽な仕事を探している方は、こちらの記事を参考に!

1.体力的に楽な仕事3選

さて、色々な観点から「楽」さを見てきましたが、実際に「楽」な仕事とは何かを、それぞれの項目ごとに当てはまるものをご紹介します。

まずは、体力的に「楽」な仕事を3つご紹介します。

事務やIT関係

はじめは、体力的に楽と言われる代表格であるデスクワークです。

デスクワークは、仕事の大半を席について業務をするため、お手洗いやその他の用事以外で自分の席を立つことはほとんどありません。

立ち仕事がいや!極力動きたくない!という人はデスクワークがいいでしょう。

デスクワークと言われるものは、事務やIT関係など基本的にパソコンを使うものが上げられます。

まずは、事務から見てみましょう。

事務は、決まった業務を自分のデスクだけで行うため、体力的には楽と言えるでしょう。

書類を上司に渡したり、コピーが多いと席を離れる時も多いかもしれませんが、業務中は自分の席から動かないことがほとんどです。

自分のデスクから動かない、という点で言えばインターネット系の職種も当てはまります。

特に最近ではIT関係、インターネット関係の職種が増えてきています。

そのような職種での業務は、基本的に自分の席から離れることは少ないです。

インターネットを通じてクライアントとやり取りをしたり、電話を介すことが多いので、デスクに座ったままでも業務を遂行することができるのです。

受付

続いては、受付です。

こちらはデスクワークよりも自分の持ち場を離れることは少ないのではないでしょうか。

案内をする際に立つことはあっても、基本的にお客様からの質問がない限りは座ったままでいいので、体力的に楽と言えるでしょう。

図書館スタッフ

こちらは、基本的に座っていたいけどたまには立ち上がったり動いたりしたい、という方向けの職種です。

カウンターで本の貸し借り業務を行う、というイメージのある図書館スタッフですが、本の整理や返ってきた本を元の位置に直したり、お客さんの探している本をその場所まで案内する、など動く作業も上の2つの職種よりは格段に多くなります。

「デスクワークに憧れるけど、ずっと座ったままだと腰が痛くなりそう…」「肩こりにはなりたくない…」そう思う方も多いのではないでしょうか。

ある程度動くことによって、慢性的な筋肉の凝りもなくなりますし、気分転換にもなります。

ずっと同じ体制がきつい、という方は図書館スタッフが向いているかもしれません。

2.精神的に楽な仕事3選

続いては、精神的に「楽」な仕事です。

人とほとんど関わらない仕事がほとんど。

気になる仕事はありますか?

工場員

人と関わらない仕事といえば、工場勤務ではないでしょうか。

一定時間流れてくるベルトコンベアーに向かってひたすら同じことを繰り返す、という作業です。

何も考えずひたすら無心で作業に取り掛かれる人にはもってこいの仕事です。

ずっと同じことの繰り返しで頭がおかしくなりそう…という方は、反対に精神的にきつい仕事になりかねないので注意が必要です。

清掃員

何も考えずにひたすら業務をする、という点では清掃員も精神的に楽な仕事でしょう。

しかし、病院などの清掃員はお手洗いの場所や売店の場所を聞かれることがあるかもしれません。

その際は病院内の場所の把握はもちろん、受け答えもしなければならないので、人と絶対に関わりたくない、という方には向かないかもしれません。

ですが清掃員は基本的にその場所の清掃をするだけでいいので、責任もほとんどありません。

よほどのことをしない限り安心して長期で働くことができるので、精神的に楽な仕事でしょう。

清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

事務

体力的に楽な仕事にも上がった、事務。

事務は精神的にも楽な仕事と言えるでしょう。

毎日決まったことを決まった時間内ですればいいだけなので、失敗をするリスクもほとんどありません。

また、ほとんど雑用を任されることが多いため、責任がないという点も魅力的です。

よほどの大企業ではない限り、責任のある仕事を任されることは少ないため、精神的に楽な仕事と言えます。

3.時間的に楽な仕事3選

続いては、時間的に楽な仕事です。

プライベートも仕事も充実させたい!という方は必見です。

大学の事務

まずは、大学の事務です。

大学生が長期休暇の時は同じく事務室もお休みになるため、大学の事務員もお休み、というパターンがほとんどです。

時々出勤する日があるにしろ、長い期間ではないのでまとまったお休みがほしい!という方にはオススメの職業です。

また、大学生と言ってもほとんど大人のようなもの。

事務対応もそこまで難しいものではないので、時間的にも業務的にも楽な仕事と言えるでしょう。

さらに、大学内勤務であれば学食も利用可能なので、日々の昼食代も安く済みます。

毎日のランチ代を安く済ませることができるだけでも嬉しいですよね。

デパートの販売員

続いては、デパートの販売員です。

デパートの客層は、比較的高めの年齢層のためそれに合わせて閉店時間が遅いところが多数。

そのため、デパートに勤務していれば遅くても21時までには帰宅することができます。

さらに、開店も10時からと遅めなので、プライベートの時間をうまく確保することができるでしょう。

保育園や幼稚園の調理

保育園や幼稚園の調理は、朝早く終わるのも早いというところがほとんど。

おやつを作っても15時には業務が終了するため、仕事が終わった後に美容室に行くことももちろん可能です。

夕方の時間を大切にしたい!という方は調理員が向いているかもしれませんね。

4.金銭的に楽な仕事3選

最後は、金銭的に楽な仕事です。

インセンティブが付く仕事が多数。

給料を上げるために頑張れる!という方にオススメです。

営業

インセンティブがつく、というイメージが大きい営業。

自分が頑張れば頑張った分だけ売り上げも上がるため、その分給与にインセンティブが反映されます。

もちろん売り上げを上げるのは簡単なことではありませんし、すぐに結果を出すのも難しいです。

だからこそ、数字が結果として表れたときのインセンティブは大きいのです。

広告代理店

続いては、広告代理店。

こちらもインセンティブが付きやすい職業と言えます。

顕著に分かるのが、クライアントの売上が上がった時。

あの時のあの宣伝手法で売上が上がった!とすぐに判断することができるため、やり手の広告代理店勤務者は高収入の人が多いのです。

美容師

最後は、美容師。

美容師になるのは国家資格取得もありとても大変ですが、その分自分の固定客を付けることができたらインセンティブとして自分に返ってくるため、やりがいを持つことができます。

指名料だけで2~3000円を取る美容室もあるので、働く美容室によってもバックが異なるのでそこは注意すべき点かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

そもそも「楽」の定義は色々な観点から見てみるとその種類はさまざま。

その中から、自分に合った「楽」な仕事を見つけるのは至難の技かもしれません。

いろんな視点から「楽」を見てみて、自分が魅力的だと思った仕事を探してみましょう。


関連キーワード

楽な仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕

市役所の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

就職先を決めるにあたり、さまざまな仕事を考えると思います。ゼネコン、金融、工場、運輸、公務員など、世の中には実に多様な仕事があります。ここでは公務員、特に市役所の仕事について話してみたいと思います。市役所の仕事ってどんな仕事?公務員の仕事は、国家公務員である文部科学省や厚生労働省などがあり、その下請けの形で都道府県庁、さらにその下請けの市役所、町村役場があります。ですから大きなバケツが国の官庁、そこからたくさんの中くらいの仕事が県庁へ、県庁からさらに細かくたくさんの仕事が市町村役場に流れてくる図式です。市役所の仕事の大まかな仕事内容市役所は市民生活と直結していますから、法務省管轄の戸籍系、住民


楽な仕事に関するコラム

気楽な仕事おすすめ9選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

こんにちは。みなさんは普段どんな働き方をしていますか?世の中には色んな仕事があるので働き方も様々だと思います。そんな中、みなさんも拘束時間が長かったり通勤が大変だったり忙しすぎてテンパってしまったり、はたまた人間関係がわずらしく思えたりして、時には気楽に仕事がしたいな、と考えることもあるのではないでしょうか?そんな方のために今回は気楽にできるお仕事をご紹介いたします。それぞれメリットやデメリットはありますので、参考にしてみてください。そもそも気楽な仕事とは?人は働く時に主に収入、精神的負担、肉体的負担、時間、社会的地位、やりがい、自身の成長性などを総合的に判断し職を選びます。一口に気楽な仕事と

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

楽な仕事だけど、正社員で探したいなら!8つのおすすめの仕事を紹介します

最近は専門学校や大学を卒業してからもアルバイトや派遣として働く人が増えています。正社員ではない分、休みを取りやすかったりプレッシャーが少ないのがメリットなのでしょう。しかし将来のことを考えるとやはり正社員として安定した収入を得たいと考える人も多いはず。ちゃんとお給料はもらえるけれど、なるべく楽な仕事を選びたい…そんな考えを持っている人は少なくないと思います。定時であがってプライベートを充実させたい、覚えることはなるべく少ない方がいい、体力には自信があるけど精神的なプレッシャーは感じたくない等、自分が仕事に求めるのは何なのかをきちんと把握してそれに合った仕事を選ぶことをおすすめします。今回は精神

精神的に楽な仕事おすすめ13選。仕事内容やおすすめの理由を紹介します

どんな職場にも多かれ少なかれストレスや不満はあるはずです。あなたは今の仕事や環境に満足していますか?仕事に対して問題視する部分は人によって様々だと思いますが、特に多く耳にするのは精神的な負担がストレスや離職の原因に繋がっているということです。せっかく仕事があっても精神的に負担が大きいと長続きしませんよね。中には体調を崩して仕事を辞めてしまう人もいます。健康でなければ仕事もプライベートも楽しむことができません。気持ちが弱かったり悩みを抱えやすい人には精神的に楽な仕事がおすすめです。精神的に楽な仕事にはどんなものがある?仕事上の精神的疲労は基本的に人間関係が大きく関わってきているといえます。なので