女性の憧れを叶えてくれる、ウエディングドレス。

どのドレスも美しいものですが、その中でも自分にぴったりな一着との出逢いで、大切な日の新婦はさらに輝きます。

そんな運命の一着を提案するのが、ドレスコーディネーター。

その人にぴったりなデザイン・サイズのドレスや、そのドレスに華を添える小物の提案をする仕事です。

大切な日の準備に携わる事が出来るドレスコーディネーターは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?

経験者である筆者が、ドレスコーディネーターの仕事内容ややりがいについて解説します!

「ドレスコーディネーター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ドレスコーディネーターの仕事は大きく3つに分けられる

新郎新婦への衣裳案内

ドレスコーディネーターのメインとなる仕事は、新郎新婦への衣裳案内です。

二人の希望を聞いて、ぴったりなドレス・タキシードを探して提案します。

試着のサポートから契約の手続きまでを担当します。

スケジュールに合わせた衣裳の手配

レンタルドレスの場合は、挙式日に希望のドレスや小物の手配が出来るよう準備し、オーダーの場合も挙式前のフィッティングに間に合うよう手配するのが担当のドレスコーディネーターの仕事です。

予約状況管理等

ドレスショップは、基本的には予約制です。

お客様のご案内が入っていない時間帯は、フロントで電話・メール応対をします。

衣裳案内の具体的な3つの業務内容

試着する衣裳の決定~試着

店内にドレスが飾られている店舗であれば一緒に見て歩き、新婦が気になったドレスを一つ一つ細部まで見せながら、魅力を伝えていきます。

ドレスの魅力が伝わるよう高い位置まで持ち上げ、ディテールや素材だけでなく、着心地や光の当たり具合によってどう見えるのか等、細かい部分まで説明し、よりそのドレスに興味を持って貰えるよう説明をします。

衣裳の試着サポート

ブライダルインナーの着用からお手伝いをする為、心地良い時間を過ごして貰えるような細やかな気遣いが必要です。

ワクワクと緊張でいっぱいの新婦に楽しんで貰えるよう、明るく優しくサポートする力が必要。

新婦の希望を聞きながら小物を選び、ヘアスタイルも理想の形に近づけて、当日のイメージが沸くように仕上げます。

初めての場合は、新郎もドキドキで待っているはず。

二人の気持ちが盛り上がるよう、最高の状態でカーテンを開けて感動をより大きくするのもドレスコーディネーターの仕事です。

一旦検討する、という事になる場合もあるので、様々な角度から写真を撮って貰う事もポイントです。

衣裳決定~見積作成

運命の一着が見つかったら、式に向けての手配を始めます。

婚礼衣裳は結婚式の出費の中でも特に大きな部分となる為、新郎新婦へ見積書を見せながら一つずつ丁寧に説明をしていきます。

当日衣裳が汚れてしまった場合のクリーニング代等についても、後でトラブルにならないようしっかり伝えます。

「ドレスコーディネーター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

衣裳手配の具体的な業務内容

指示書作成

婚礼衣装は、ドレス(または白無垢)、ジュエリーやヴェール等の小物、シューズ等、いくつかのアイテムがセットで必要になります。(新郎の衣裳に関しても同様。)

品番・サイズや個数等も含め一つ一つ明記した指示書を作成し、手配の準備を進めていきます。

自分以外のスタッフがその指示書を見ながら手配する事もある為、備考欄には伝えておくべき事を明記して、スムーズな連携を取る事も必要。

当日の進行を管理している挙式会場のプランナーとも入念に連絡を取り合います。

予約管理の具体的な業務内容

予約電話応対

電話での予約受付は、その店舗の入り口となる重要な業務。

初めての事で不安になっているお客様が安心出来るような、明るく柔らかい声で電話応対をします。

当日は時間が限られている為、事前に衣裳の希望イメージ等を聞いておく店舗が多いです。

当日どんな流れで試着をするのかを簡単に案内したり、何か不安な事がないかを聞いたりするといった配慮も必要。

予約が決まったら、管理シート等でスタッフ全員に分かるよう管理し、シフトやお客様の年齢層等を考慮しながら担当者の割り振りをします。

ドレスコーディネーターのやりがいや面白いポイントとは?

ここまで、ドレスコーディネーターの具体的な業務内容についてお伝えしました。

仕事をする上でのやりがいや面白いポイントとは、どんなものがあるでしょうか?

やりがいってどんなところ?

ドレスコーディネーターの仕事の一番のやりがいは、何より「新郎新婦の感動の瞬間に立ち合う事が出来る」という事です。

女性ドレスに身を包んだ瞬間の幸せそうな表情を見ていると、そのドレスを最も美しく着こなせるような小物やヘアメイクの提案をするのがとても楽しく、そして自分までもが幸せな気持ちになります。

自分が担当するお客様が、一生に一度のイベントで、人生で一番美しく輝く日になるような提案をする為の努力は、大変でありながら同時に大きなやりがいも感じる事が出来ます。

大変な仕事ではありますが、誰かの感動をより大きなものに出来ると思うと、頑張る力が沸いてきます。

面白いポイントとは?

他の人からすれば非日常的な空間である、ドレスショップ。

毎日美しいドレスやジュエリーに囲まれて働く時間は、仕事をしながらもどこかワクワクした気分になれます。

衣裳案内の練習も兼ねて、営業時間前に他のスタッフとドレスを着せ合う事も。

何度着てもうっとりしてしまうドレスに身を包み、そのときめきを同じようにお客様にも感じて貰えるよう、どのような声を掛けたら良いか、どのようにサポートをしたら良いかを話し合う事もあります。

他の仕事ではなかなか味わう事が出来ない、貴重な時間です。

「ドレスコーディネーター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

幸せな二人の大切な一日を飾る、ウエディングドレス。

新婦が運命の一着と出会えるようサポートするのがドレスコーディネーターの仕事です。

お客様の希望だけを聞いてその通りに対応するだけではなく、想像以上の幸せな姿を実現出来るようなアドバイスをするのが役目であり、それはまた大きなやりがいを感じられる瞬間です。

結婚式のメインといっても過言ではないドレスのコーディネーターとして、沢山の女性の夢を叶えてみたいと思った方は、是非チャレンジしてみてください。