警備員は稼げるアルバイトとして名が知れています。

ただしそれと同時に、激務で華がない、地味で辛いとも言われています。

実はそれは大きな誤解で、始めてみると役割の大きさ、責務、大切さに気づきます。

また実は昇給しやすい職場でもあります。

では警備の仕事だけで生きていくにはどうすればいいか、昇給や高給を狙うにはどうすればいいかを見ていきましょう。

警備員の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正社員の場合、年俸は月給制となる会社がほとんどです。

新卒だと手取りで20万円前後が相場です。

会社の規模や業績によって差はありますが、平均的にみて20万前後でしょう。

この辺りは他業種より少ないと感じられるかもしれません。

正社員で転職した場合

転職した場合は少し上がります。

おおよそ25万円前後が相場です。

それ以上行く場合は、警備員に有利な資格を持っているか、前職が警備員だったかというパターンです。

年額から見れば、全業種よりはやや落ちるかもしれません。

パート・アルバイト

こちらは日給制と時給制があります。

日給は相場だと9000円〜12000円あたりです。

時給でも1000円以上になります。

手早く稼ぐなら非正規の方が良いようです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

会社のレベル・業績、業界内での地位により、賞与の値段は変わります。

主に月給2〜3ヶ月分、または年俸額の何%という方式で賞与額が設定されているところが多いです。

小さい会社の場合は、賞与が給与よりも低いところもあります。

昇給

昇給は業績と保有資格によって決まります。

優秀ならばそれなりの評価をしてもらえますし、警備員として有利・有効な資格ならば何万円単位での昇給が見込めます。

各種手当

資格手当の他に、日給保証があります。

勤務時間が一時間の場合でも八時間の場合でも、決まった日給分は絶対に支払われる決まりです。

資格手当は特定の資格保有者に、給与に上乗せされて支払われます。

その代わり、大体の警備員は交通費を貰えません。

昼食代も自己負担のことが多いです。

給与が高い人は何が違うの?

警備員で高給取りになるには、ただ正社員になるだけではいけません。

新卒でいきなりというよりは、長い年月や時間をかけてじっくり育てられ、そこに付随して昇給していくものです。

役職

一般の会社では役職と呼ばれるのは、課長や部長など、人の上に立ったときでしょう。

警備員ではそういった役職は『隊長』や『管理士』と呼ばれます。

役職がついたほうが給料が高くなるのは同じです。

月収単位でいうと、平社員よりは何万円単位で給与が上がります。

勤続年数

1年目と5年目では数千円ほどの差ですが、これが10年以上ともなると2万円近くまで差が出てきます。

これは新卒で入って10年目であろうとも、中途で入って10年目であろうとも同じです。

新卒でコツコツ積み重ねても、40代程で中途で入っても給与にあまり差はないわけです。

地域

主要都市や県庁所在地は高い傾向があります。

地方都市や田舎でも、会社によっては都会と変わらない給与のこともあります。

といっても、地方ごとの給与の差はほとんどありません。

田舎の民間の小さな会社でない限り、地方と地方の間での差はとても小さいものです。

警備員で給料をあげるためにやるべき3個のこと

警備員は他業種や会社に比べて、昇給しやすい業界です。

実力至上主義よりは、経験と毎日の姿勢を評価される世界なので、死ぬ気で働かなくても昇格出来るからです。

勿論そのためには努力する必要があります。

といっても、その努力も勤務を重ねていれば自ずと身につく力で補えます。

するべきことはとにかく、真面目に働いて経験を積むことです。

今の勤務先でできること

資格を取る

警備員の昇給に大きく響くのは資格です。

検定試験と資格試験があり、資格試験に受かって有資格者となると、1万円程度の資格手当が付きます。

警備員の新人教育を担当出来るようになったり、ビルの警備に後見人として就くことが出来るようになったりという、重要な資格があります。

特に後者は大規模な施設の警備をするには必要な資格で、とても重宝されるものです。

試験は難関ですが、試験突破までのサポートをしてくれる会社が殆どです。

一方の検定試験の方は、手当としては3000円から4000円です。

警備にもいろいろ種類があり、それらの専門分野を極めるための検定試験です。

こちらも試験は難しいですが、会社がの取得をサポートしてくれます。

真面目に働く

真面目に勤務すれば、その姿勢は必ず評価されます。

万引き犯を捕まえた、盗撮現場を発見した、そんなことまではしなくて構いません。

大きな手柄を立てるのではなく、こつこつ真面目な勤務態度を見せ、遅刻欠勤なく働くほうが評価されます。

自ずと人事評価も上がっていき、会社から昇格や昇給の話を持ちかけられやすくなります。

日々のひとつひとつの業務を大切に、真摯に働くことが重要です。

難しい仕事をする

警備員は車両や人の整備をする『交通警備』からキャリアがスタートします。

いってみれば交通警備は警備員の入り口です。

成績を上げられなかったり、中途で入ってきた中高年は交通警備に固定され、昇給も狙いにくいのが現状です。

そこで施設警備や雑踏警備など、仕事量が増える仕事を希望するのです。

特に雑踏警備は人混みの流れを、的確に、安全に行わなくてはならないのですが、その分給与は上がります。

人によっては雑踏警備は大変ではないし難しくない、と感じられるので、勤続年数が増えてきたらトライするといいでしょう。

昇給のための最も簡単な近道です。

思い切って転職する

警備会社は会社のランクによって、給与額も待遇もまちまちです。

より働けてより稼げる会社が良いに越したことはありません。

転職も視野に入れて良いです。

また警備業界では、初年度には必ず研修があります。

これは同じ会社で2年勤務すると、その後何年のブランクがあっても免除されます。

これがないだけでも、スキルアップのためにかかる時間を少なく出来ます。

転職先の選び方1:有名な会社を選ぶ

テレビCMを打ったり、有名人を広告に使用したりする、いわゆる大手警備会社を選びます。

日本全国(場合によっては海外も)に拠点があり、仕事場もたくさんあります。

警備部門のある流通企業や、中小の警備会社よりも給与が高く、ボーナスも高額です。

極稀ではありますが、警備業界にも引き抜きは存在します。

現在の会社から他の会社へのお誘いもあります。

転職先の選び方2:施設警備を中心に選ぶ

せっかく転職しても、ずっと交通警備のままでは給与は上がりません。

交通警備ならば勤務時間を長くするか、深夜帯でなければ給与は上がりません。

そんな時は昇給のための勉強や、時間を取りやすい施設警備を選ぶようにします。

勿論よりよい会社を選ぶことです。

24時間勤務になることもありますが、この場合は休日がとても増えるので、時間を更に有効に使えるようになります。

警備員の転職をする時は、こちらの記事を参考に!

給料をアップさせるための求人の選び方

せっかく転職するならば、よりレベルの高い会社を選びたいものです。

警備会社の求人広告を見れば解るのですが、ウリはほとんどが『高給』です。

これだけではどこも同じなので、もっと他の観点から見ていくといいでしょう。

給与相場が今よりも高いところを探そう

現在の月収と求人広告の月収を比べてみると、有名な会社ほど高いのが解ります。

警備会社の名前を見ても「ああ、あそこか」とすぐに解るような有名所です。

面接の難易度や競争率は、警備業界では一流だろうが二流だろうが同じです。

気になったらすぐにチャレンジして構いません。

賞与や昇給制度をチェック

ボーナスは年1回とというのは警備会社では少ないほうです。

賞与が年2回以上ある会社を選びます。

金額については計算方法が記載されていてもいなくても構いません。

月の給与の手取りとボーナスを合わせた金額を計算し、現状より高くなったら狙いどきです。

残業代はちゃんと出る?

警備会社はほとんど残業はありませんが、万が一発生した場合でもちゃんと支払われます。

時給ならば時間ごとに給与の計算が発生するので、残業すればする分発生します。

日給制の場合は一日ごとに発生するので残業代は出ませんが、一日の給与は保証されます。

交通費や福利厚生は?

前述の通り、正社員ならば規定内で交通費は出ます。

アルバイトでも会社によりにけりですが、規定内で出ます。

交通警備のアルバイトだけは出ないところもあるので、正社員を狙いましょう。

福利厚生は会社によって差はなく、どこも手厚いです。

危険な仕事ではありませんが、多少なりとも危険なことはあります。

勤務中の事故も甚大なことが多いので、福利厚生や保険はしっかりしています。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

金額の面で考えるならば、正社員よりはアルバイトをオススメします。

特に日給制のアルバイトが、一番手軽に効率よく稼げます。

仕事も夜勤の交通警備が多く、時間を有効に使うことも出来ます。

ただし年収単位で考えた場合は、正社員のほうがいいでしょう。

アルバイトは短期で、割と半年以内で辞めてしまう人も多いです。

それほど短期で高額を稼げてしまうので、定着率は低いです。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

正社員ですので、非正規に比べて勤務時間は当然長くなります。

また負う責任の重さ・仕事量も格段に大きく、また多くなります。

勤続年数を重ねると出来るようになる現金輸送を扱う『輸送警備』や要人の護衛をする『身辺警備』は、他の業務に比べて格段に危険度が上がります。

その代わりに保証は手厚く、制服貸与、交通費支給、福利厚生、各種手当が揃っています。

養育手当や寮が完備されているところもあり、働きながら生活まで保障されます。

アルバイトでも寮に入れるところもありますが、社員寮の方が環境は整っています。

派遣

法律により、派遣業務では警備業は従事できないことになっています。

派遣は候補から外しておきましょう。

またもし派遣会社から警備業を紹介された場合、間違いなく違法になります。

避けておきましょう。

アルバイト

アルバイトが有利な点は、なんといっても時間の自由さです。

決まった時間でなくても帰ることができることもあり、勤務時間が1時間ということも珍しくありません。

不利な点は交通費の無いところがある、昼食代や着替え場所も無いという点です。

公衆の面前で制服から私服へ着替えることも多く、更に制服での直行直帰も出来ません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

警備員は雇用形態により、待遇やその後のキャリアが大きく変わってきます。

逆に言えば、いきなり正社員で働き始めても自分に合っていない可能性がある、ということです。

警備員としてどんな仕事をしたいのか、どんな警備員になりたいのか、希望を叶えるためにはどうやって働けばいいのか、そのポイントをご紹介します。

正社員

安定した生活をしたい、給与も生活も心配すること無く、安定して働きたい人は正社員をオススメします。

何より仕事量も多く、責任のある仕事を出来、出世も狙えます。

また正社員は社会的地位も確保でき、資格を持てば更にスキルアップもできます。

アルバイト

手早く稼ぎたい、時間を有効に使いたい時はアルバイトをオススメします。

大学や専門学校に通っていて学費や小遣い稼ぎにする方に、生活の支えのためにこのアルバイトをする方が多いです。

夜間に限らず、日中の仕事もたくさんあるので、コンビニのアルバイトのような身近な感覚で始められます。

まとめ

警備員は激務ですが、それなりの金額は手に入ります。

夏の日差しの下、冬の寒空の下、どんな時でも立ち尽くして仕事していなければならないし、勤務時間も長いです。

施設内での勤務の場合、「警備員は何でも出来る」という利用者からのプレッシャーが大きいという点もあります。

しかしそれは必要不可欠なことであり、警備の仕事は無くてはならないものなのです。

そこで安定して働き、資格や検定を取って社会生活に貢献する、警備員の仕事は稼げて、人のお役に立てて、安全を確保する、重要で重大な仕事です。

高給だけに甘んじずに、その期待に答えるような警備員になりたいものです。


関連キーワード

警備員求人

警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪警備員バイト求人の募集内容やおすすめな警備会社は?経験者が解説します!

工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、その仕事の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について簡潔に解説していきます。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するような「能動的」な側面よりも、不具合や不都合なことが生じないように対応したり、もし起こってしまった場合にはすばやく対処したりするとい

警備員とはどんな仕事?仕事内容ややりがい・役割・なり方など詳しく解説します!

警備員は施設やマンションの安全管理や、交通整備、イベントの人の流れの管理など、人々が安心して過ごせるように管理する仕事です。警備員の仕事はあくまで守ることと防ぐことであり、重大な責務を負う危険な仕事ではありません。警備員という仕事が実はとても身近で親近感の強い仕事である、ということを紹介していきます。警備員とはどんな仕事?警備員とは、大型店舗や大型マンションの利用者の見守りや安全の確保、工事現場や道路工事での車両の誘導、人が多く集まる場所での誘導を行います。いずれも人々の安全の確保や、万が一の危機への目配りの為に存在しています。また警備員の制服を着ている人間が居ることで、犯罪の抑制や防止に大い

警備員の年収はどれくらい?相場感や、給料を上げるための転職術を教えます

警備員の仕事は儲かる、世間ではそう言われます。求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。実は警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。では警備員で、正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すればいいのか、どうずればいいのかを解説していきます。警備員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合相場は20万円前後です。他業種と大きな差が無いのが殆どです。この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。テレビCMを打っているような警備会社は特

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは施設警備のお仕事について色々と書いていきたいと思います。これからこのお仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味があってどうしようか考え中という人もいるかとは思います。数ある職種の中からあなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点を当てたのは色々な理由からでしょう。現在警備をやっている知人から勧められた、お金が良いと聞いた、ネットの口コミを見て興味を持った等々。そして、実際にこの仕事はどういうものなのかもっと詳しく知りたいと考えてこのサイトを訪れた方が多いのではないでしょうか。物事をよく知るための一番の方法は、自分が実際にそれをやってみる事で、次に有効なのはその経験者に話を聞く事だと言

警備員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

警備員をやっているけど、今の会社は辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や、転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。夜勤の有無夜勤があるかについて気になる方も多いでしょう。警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていない会社

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。よくある募集内容や、正社員として求められることを説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外にも資格取得や講習の参加を求められる場合もあるでしょう。バイトの警備員よりも、現場作業以外の業務に時間を割かれることになる可能性があることは、覚悟しておきましょう。警備員の正社員の大ま

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞ってご紹介させて頂きます。都内で働く予定の方は、是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東京の警備員求人のおすすめ募集内容の特徴東京の警備員求人のおすすめについて紹介させて頂きます。未経験者歓迎多くの警備会社は未経験者歓迎であるため、スキルが無くても不安に感じる必要はありません

警備員が向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

今回は警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事について書いていく事にします。警備員の仕事というのはどの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアーしていかなければならないのです。その為、やってみたいけど面接に落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。何故そういう仕組みになっているのかという点についても後で解説していく事にしますが、まずはざっくりとこの仕事についての概要から説明して

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を


警備員求人に関するコラム

警備員のシフトはどう?色々な施設での働き方、仕事内容からシフトの中身まで

どこででもよく道路でヘルメットをかぶって立っている人を見かけます。その近くでは大概工事が行われています。また大きなデパートに行けば、駐車場の前、店内にも制服姿の人を見かけます。彼らは工事関係者ではなく、警備会社から仕事を任されている警備員です。警備員はいろんな建物や場所・工事現場であっても、未曾有の危機から人々を守るため、安全に暮らせるようにするために日夜働いています。警察より身近な守衛隊といっても過言ではありません。では働き方はどうでしょうか。やはり警備員ならではのシフトがあったり、特別な仕事や働き方があるのでしょうか?今回は警備員という職種にスポットを当てて、彼らの働き方を見ていきましょう

警備員の仕事は40代でもバリバリ出来る!私が警備員をやっていた時にいた40代の人の働き方

警備員と言うと、大抵の人はヘルメット姿の中年男性をイメージするでしょう。事実、人前に出ている警備員の大半は中年男性です。若い人や女性も居ますが、最も最前線に居るのは30〜50代です。しかも、結構な確率で警備員として再就職した人が居たりします。そうです。40代には警備員は打って付けの仕事なのです。40代で再就職などザラな世界なのです。親の介護などで一時社会を離れた人、傷病からの社会復帰を果たした人、40代でももっと上でも、様々な経歴を持った人が集まっているのです。そんな受け口のとても広い警備業界で、実際40代の人はどう働いているのか、40代で警備員をしている人の実情をご紹介しましょう。また警備員

警備員におすすめの転職サイト7選。おすすめの理由も紹介します

今国内でも非常にニーズが高まっている警備員。外国人観光客も急激に伸びており、今後大きなイベントも控え、さらに需要が高まっています。若者にも人気は高まっており、アルバイトや転職で警備員を目指す人たちもたくさんいます。警備員の職につくためには「どういった転職サイト、求人サイトがおすすめ?」「何に注意して選べば良い?」などの疑問に答えていきたいと思います。警備員の仕事・種類についておさらいしておこうあまり知られていませんが、警備員にもいくつかの種類があります。ではどういった種類の警備業務があるのでしょうか?巡回警備ショッピングセンターや工場など、大きな施設を歩いて監視する業務です。異常や不審者がいな

警備員として働くメリット13選。私が感じた良いところをまとめました

今回は警備員として働くメリットについて、実際の経験をもとに、リアルな内容をご紹介させて頂きます。皆様は警備員という仕事に関して、どういったイメージをお持ちでしょうか?「屋外の警備は辛そう」逆に「立っているだけで楽そう」などのイメージを持たれる方も多いかもしれません。警備員を経験した事ない人たちや、どういった仕事内容なのかご存知ない方のために、どういった仕事内容なのかも細かくご紹介させて頂きます。警備員の仕事にはいくつかの種類がある警備員と一言で申し上げましても、仕事は多岐に渡ります。大手警備会社が提供しているような、契約先の現場に駆けつける警備員や、交通整備をしている警備員、貴重品などを運ぶ輸

警備員の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

警備員のお仕事といえば、接客業などに比べて、人と接する機会やコミュニケーションを取る機会は多くはありません。ただ同僚や上司、警備対象先の人達などと接する機会は勿論多く存在します。実際私、人と接することが少ないイメージで業界に入り、様々な驚きもありました。そこで今回は警備員の人間関係について、経験談を元にご紹介しようと思います。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員の仕事内容は、警備対象物の安全を確保するお仕事となります。警備対象物の中には、人・建物・現金など、様々なものがあります。対象物により仕事内容も大きく異なり、資格を必要とする業務や、特殊な業務も多々存在しています。ただ全ての業務において