「外資系企業」でのキャリアステップを考えている人は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

ただ漠然と「外資系企業で働きたい」と考えている人は多くはないと思いますが、海外でのキャリア形成に興味があったり、学生時代に留学やホームステイの経験があって語学力に自信があったり、海外の文化などに興味があるような人であれば、自分自身の志向に合わせて外資系企業での就労に興味を持っているかもしれません。

今回は「外資系」と呼ばれる企業での仕事がどのようなものであるかイメージを持ってもらうために、その概要について解説をしたいと思います。

外資系企業に対してあまり興味がないという人も、今後のキャリアパスを考える上での選択肢の一つとして、参考として頂ければ幸いです。

「外資系の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

外資系は企業とはどんな会社なの?仕事に関する特徴は?

「外資系」と呼ばれる企業についてですが、日本以外の海外に本社および経営拠点をかまえており、海外本社による事業管理が行われている企業を指すことが一般的です。

海外法人の日本支社という形の純然たる外国企業から、外国に本社企業がありその資本を元に日本で設立された所謂外資系企業など、その形態は様々です。

事業形態や提供するサービスなどは企業によって様々で、外資系企業=特定事業ということではないため、現在ではあらゆる分野に外資系企業が存在をしています。

外資系における大まかな仕事内容

外資系企業における仕事内容とはどのようなものがあるのかを解説します。

仕事上の役割とは?

基本的には、海外本社で立案された事業計画に基づいて、自社が提供する商品やサービスを日本国内において拡販および拡充させていくことが、全ての外資系企業に共通する業務ミッションということになります。

その業務ミッションを遂行する上で必要となる職種については、日系企業と同じく「営業」や「企画・マーケティング」「経営企画」や「事務・総務」などとなります。

経営資本の在り方が異なるだけで、企業としての活動形式や目的、職務などについて外資系企業と日系企業において大きな違いはありません。

外資系の仕事はどんな人に向いている?

外資系企業で働くことが向いているタイプはどのような人になるのでしょうか?

語学力に自信がある人

外資系企業とは言え、日本国内における全ての日常業務が、本社がある国の言葉で行われるわけではありません。

一般的な外資系企業では日常業務の大半が日本語で行われており、語学力に関してもハイレベルを要求されない企業が多いのが現状です。

ですが、長期的なキャリアパスを考えた場合には英語や中国語、スペイン語などの語学力を身につけている方が有利なのも外資系企業の特徴です。

外資系企業は、本社を置く国を中心として世界各国でのビジネス展開を行っているグローバル企業がほとんどとなります。

そのため、より高いキャリアを目指す場合には、必ずどこかでグローバルな人事ラインに乗ることとなり、その際には企業内で指定されたグローバルな共通言語のスキルを求められることとなります。

このような背景を考えると、語学力に関して高いスキルを保有している人にとってはグローバルなビジネスフィールドにおいて、よりハイレベルなキャリアパスを有利に進むことができるとも言えるため、外資系企業に向いていると言えます。

成果主義での評価を望む人

外資系企業においての評価は全て成果に対するものとなります。

1年のスタート時点で会社とコミットした目標に対する成果で全ての評価が決まる実力が重視されるのがグローバルスタンダートです。

日系企業にありがちな社内的な人間関係を重視した定性的な評価要素は一切ありません。

そのような日系企業の評価文化を好まない人には向いています。

自己主張が強い人

日本では「出る杭は打たれる」などと言って、あまり自己主張をすることを好まないのが企業にも組織文化として根付いています。

ですが、外資系企業においてはこの逆で、常に自己主張を求められます。

とりわけアメリカ資本の企業においてはこの傾向が強く、英語においては「昇進」のことを「Promotion(プロモーション)」と言いますが、自分自身をプロモーションしなければ昇進などは実現しません。

社内においても自分自身の存在価値をしっかりと発信するような自己主張ができなければ外資系企業で活躍することは難しいでしょう。

会議などにおいて自ら進んで発言をして、しっかりと自分自身のプレゼンスを高めることができる人こそ、外資系企業が向いている人材と言えるでしょう。

業務に対する迅速さと柔軟性を持っている人

仕事を進める上では二つのタイプがあると思います。

丁寧さを重んじて慎重に進めるタイプとスピードを重視して迅速に対応するタイプ、どちらも仕事を進める上では重要なスタンスと言えますが、日系企業では前者のようなタイプが重用されるのに対して、外資系企業においては後者のタイプが重用されます。

これは日本においては、ミスをしないことを重視して綿密な準備と根回しを行った上で丁寧に仕事を進めることを望むのに対して、多くの外資系企業がチャンスを逃さないためのスピードを重視するという、企業気質の違いが背景となっています。

外資系企業においては、発生する失敗のリスクを承知した上で「先ずやってみる」そこから「修正をしていく」といった「Try&Error(トライ&エラー)」の考え方が浸透しているので、慎重過ぎて活動が遅くなりチャンスを逃してしまうリスクを嫌う傾向にあります。

また、失敗が発生したときに臨機応変に対応ができる柔軟性を求められることも特徴的です。

失敗を恐れずに積極的な行動がとれて、どのような状況にも臨機応変に対応ができるタイプの人は外資系企業のほうが適していると言えます。

上司への気遣いがきる人

外資系企業は成果主義でビジネスライクな関係性が重視されて、上司などとの人間関係は希薄なのではないかと思われがちですが、日系企業以上に上司への配慮が必要となります。

外資系企業においては、係長や課長レベルのリーダークラスの役職者にも人事権を含む大きな業務権限が与えられるのが一般的です。

そのため、直属の上司との関係性が希薄になると、業務範囲を縮小されたり業務上の経費に関して削減されたりと、円滑な業務推進を行うことが難しくなります。

最悪のケースでは退職の判断まで下すことができるので、日系企業におけるマネージャーとは影響力がまるで異なることを認識しましょう。

だからと言って、所謂「上司に対するごますり」といった社内営業が重視されるということではありません。

上司が描くビジネスプランをしっかりと理解して、自分自身の意思表明も明確に行っていきながら充分なコミュニケーションを取り続けることなど、ビジネスを一緒に行っていくパートナーとしての配慮ができることが重要です。

「外資系の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

外資系の仕事をするために活かせる経験は?

外資系企業で仕事をする上で活かすことができる経験にはどのようなものがあるのでしょうか?

海外留学やホームステイなど、海外での生活経験

海外での生活をしたことがある経験は、外資系企業で働く上で非常に有利な経験となります。

その理由の一つは、語学力を活かしたコミュニケーションスキルの部分になりますが、それ以上に大きなものとして「文化への理解」というものがあります。

外資系企業で働く上でハードルとなる部分に、外国文化への適応があります。

前述の通り、社内におけるコミュニケーションのスタンスや各種評価制度、仕事の進め方などについては、同じ日本人同士であっても、本国の文化が色濃く反映されていています。日本の文化を当たり前と思っていると、様々な場面で違和感を感じるだけでなく、最悪の場合、早期の退職に繋がるケースもあるほどです。

なぜそのような判断や考え方になるのか、その国の文化や気質が理解できていれば問題にならないようなことなので、その国における生活経験があり、文化や考え方などに免疫ができているのは非常に大きなアドバンテージとなります。

外資系で働くメリットとは?

経歴や年齢などと関係なくキャリアステップを進むことができる

日系企業と外資系企業における最大の違いは、評価方法が「完全実力主義」となる点です。

海外のニュースなどで「飛び級による進学」などの話題を耳にしたことはないでしょうか?

アメリカなどの諸外国においては、日本のような年齢や規定の枠組みなどに束縛されないために、実力さえあれば年齢や枠組みを飛び越えたステップを踏むことができるのは、企業に限らず社会全体で当然の仕組みとなっています。

老舗と呼ばれるような大手企業においては年功序列の傾向が強く、どんなに高い実績を発揮し続けていても昇格や昇進などについては一定の範囲で限られてしまうことが、日系企業におけるデメリットと言えます。

実力主義の外資系企業であれば、若く社歴の浅い人材であっても実力さえあれば、実績に応じたキャリアステップを形成することが可能です。

その後のキャリアについて

仕事についた後のキャリアアップの道は?

外資系企業と言っても基本的には日系企業と同じ組織構成をとる企業が多いので、所属部署における上位職へのキャリアステップを経てから経営部門への配置転換へと、経営層に向けてのキャリアアップを辿ることとなります。

国内部門から異動となり本社におけるキャリアアップに進むことなど、グローバルな人事ラインで更に幅広いキャリア形成を描くことも可能となります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

外資系企業での経験を最も活かす仕事の一つが、日系企業の海外事業部門となります。

日本企業におけるビジネススキームなどを確立していたとしても、国が変われば事業は大きくことなります。そのため、その国におけるビジネススキルを身につけた人材というのは非常に重要となります。

海外での勤務経験がなくても、海外企業におけるビジネススキームでの経験は、非常に貴重なものとなります。

「外資系の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に合った外資系求人の選び方や注意点

失敗しないための求人選びのポイントを解説します。

【選び方①】雇用形態から探す

「正社員」と「契約社員」が主な求人雇用形態となりますが、その後のキャリアステップやグローバルでの活躍を目指すのであれば「正社員」を選ぶことがポイントになります。

【選び方②】職種から探す

一般的には「営業」「マーケティング」「開発」「事務」などが主な職種となります。

けれども、マーケティングや開発に関する職種は専門性や経験が必須となることが多いため、選択できるケースは限定的になります。

先ずは、自分が望む職種で自分ができるものを選択する、ということになります。

【選び方③】会社の業態から考える

単純に「外資系企業」という理由だけで判断せずに、業態やサービス内容から検討することも非常に重要です。

先述の通り、外資系企業の多くが「成果主義」を掲げているため、就職後の早い段階から目に見える成果を求められたり、目的への達成が必要となってきます。

そのため、自分自身が興味の持てない業態やサービス内容を扱うことで会社が求めるパフォーマンスを発揮できない、という事態だけは避けなければなりません。

先ずは、検討している企業がどのような業態で事業を行っているのか、主力としている事業内容やメインサービスはなにかなどを、しっかりと把握することが必要です。

その上で、自分自身がどのようなキャリアパスを進んでいくのかをイメージすることが重要です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

求人票を参考に、給与や雇用条件、福利厚生の内容などを比較検討することは非常に重要です。

【選び方⑤】エリアから考える

外資系企業の多くは日本という国単位でカバレッジする範囲を設定していますが、勤務地については大半が「東京」となります。

その他に拠点が置かれる場合でも主要都市のみとなることが多く、地方都市での勤務は難しいのが一般的です。

その後のキャリアアップにおいても、場合によっては海外勤務ということもあるため、地元での勤務を志望する場合には注意が必要です。

注意点

勤務条件や労働条件、福利厚生などについて、内容をしっかりと理解をすることが重要です。

とりわけ、海外企業の日本支店という位置づけとなる企業においては、海外本社の基準がそのまま適応されるケースなども珍しくありません。退職金などがないなど、日系企業では当たり前の条件が設定されない場合もあるので注意が必要です。

まとめ

外資系企業に関する概要について解説をしてきました。

日系企業とは異なり、グローバルでの活躍を目指すことができ、その分幅広いキャリアパスを形成することや、年齢や経験に関係なくキャリアアップを望めることが外資系企業の魅力となります。

海外勤務などに興味があり、外国語や海外文化に抵抗がない人であれば、是非チャレンジすることをオススメします!