転職活動における最大の難関、それは間違いなく「採用面接」です。

この「採用面接」が難しい理由の1つが「一発勝負」であることで、初対面となる人物と1回切りの面接で、全てが決まる。

そして、面接において判断されているポイントなどが、事前に分からないため、なかなか十分な準備を整えることができず、もはや「相性」という、非常に曖昧で且つ属人的な判断基準で決まっている印象さえあるというのが「採用面接」の常識でしょう。

確かに、面接というものは、人間が判断するものなので「相性」や「好み」といった自己努力の範疇外で、どうしようもないものなのですが、それでも、事前にしっかりと整理や準備をすることで、この「相性」や「好み」という個人的思考の壁を突破できる要素も少なくありません。

今回は、その面接対策として必要なポイントを「外資系企業」という対象枠を設定したなかで解説をしていきます。

これを参考として頂いて、今後の面接対策の一助として頂ければ幸いです。

外資系企業の応募方法や面接方法とは?

外資系企業の応募方法や面接方法は、日系企業と変わりがありません。

企業ごとによって細かな部分は異なりますが、概ね以下の通りで共通しています。

応募方法について

先ず、応募方法についてですが概ね以下のような方法が取られています。

  • 直接応募  :企業ホームページ上にある「採用情報」というページから、直接応募をする。
  • 求人サイト :就職全般の求人情報が集約されている「求人サイト」から、自分自身で応募をする。
  • エージェント:主に中途採用の転職支援に関して一般的なのが、エージェント経由での応募です。

面接方法について

求人への応募が完了し、書類選考に合格をすると、いよいよ面接となります。

面接方法ですが、2次面接以降については「直接面接」という形で、企業訪問をして、対面での面接となりますが、1次面接の場合、とくに遠方地からの応募者に対しては「Skype面接」や「電話面接」なども行われます。

最近では、ITインフラの充足が進んできているため、効率的な面接方法として「Skype面接」を実施する企業が増えてきています。

外資系企業の面接で聞かれることとは?

それでは、実際の面接の場で、企業側から質問される内容にはどのようなものがあるのでしょうか?

外資系企業に特有のものから、企業形態に関わらず採用面接の場でよく質問される項目について解説します。

志望動機

これは新卒の就職、それから中途採用の転職者、日系、外資など全ての採用面接において絶対に聞かれる内容であると同時に最大にして、最難関となる質問です。

当たり前ですが、「なぜ、うちの会社で働きたいのですか?」ということは、企業側として知りたい重要事項であると同時に、この内容なくして「就職活動」というものはあり得ませんので、必ず聞かれます。

この質問に対しての回答で最も重要なポイントが2つあります。

ポイントの1つ目、それは「これまでの背景を知る」ということです。

働きたいと思う会社、さらには自分自身の仕事にしたいと思うことには、それまでの「経験」や「考え方」「趣味」といった「その人を成り立たせる背景」が大きく関わってきます。

「なぜ、この会社で働きたいのか?」という志望動機を語ってもらうことで、その人がこれまでどのような背景をもとに、生きてきたのかを把握することができ、採用において重要となる「人間性」を知ることができます。

この背景の部分と、会社の事業内容に「軸」がないような場合には次の選考への進捗が見送られるケースがほとんどとなります。

そして2つ目のポイントですが、「入社後の活躍が見込めるか」を判断するということです。

これまでの経験などの背景をもとに、会社へ入社をして、どのような役割において、どのようなことを実現したいのか?

つまり、入社後に実現したいことまでを含めて「志望動機」として成立します。

そして、その入社後に実現したいことということが、過去の経験などを踏まえたなかで、本当に実現できそうなことなのか?

また、会社としても必要としている採用ポイントに合致した内容なのか?

という2つの観点から、採用に値して、入社後の活躍が見込めるかという観点での評価が行われています。

採用面接においては、対象となる応募者が、自社の採用ポイントに合致していて、今後の事業拡大に貢献できる「能力もしくは、素養」を持っているかと、「人間性」において企業文化に対応ができ、組織の中で効果的な存在となり得るかどうかを判断しています。

このようなことを、「過去」の経験と「将来」への思考をもって、しっかりと表現することが求められます。

考え方・判断基準について

この項目については、日系企業でも当然ヒアリングされる内容ですが、そこでの評価点に違いがあります。

外資系企業が「考え方」や「判断基準」に関して求めているものの、ベースにあるものは「自己責任」と「セルフマネジメント」です。

つまり、「自分で考え、自分で行動が起こせる」そして「自己管理がきちんとできる」このことが強く求められるのが外資系企業です。

このポイントが確認されている質問事項は「趣味」や「部活動・サークル活動」の部分になります。

自分自身で目標設定をして、達成をした経験であったり、「個人ワーク」のなかで、何らかの成果を上げたようなタイプの話が評価されます。

反対に、「集団行動」のなかで、「周囲との協調性を重視した」といった個人の活動が見えずらい内容は、あまり好ましくありません。

日系企業では、「協調性」が好まれるので、正反対の評価基準となるため、この点には注意が必要となります。

外資系企業の面接で人事担当者はここをチェックしている!

外資系企業の面接において人事担当者は、どのような観点で人物チェックを行っているのでしょうか?

こちらについても、日系企業と共通となるような内容もありますが、面接において重要となるポイントを解説します。

服装

外資or日系の違いがなく、非常に注意が必要なポイントです。

服装つまりは「身だしなみ」というポイントは、非常に重要であると同時に、自分自身のちょっとした注意で改善できる点なので気を付けるようにしましょう。

外資系企業での面接において、身だしなみという観点で気を付けるべき点は「日系企業以上にフォーマルを意識する」という点です。

何となく、外資系企業のほうが「カジュアル」なドレスコードを採用してそうなイメージがあるかも知れませんが、逆です。

日系企業以上に、外資系企業のほうがドレスコードに対しては厳格なルールを定めていることが基本です。

ドレスコードについては、企業ごとに内容が異なるので、採用面接を受験する際には、必ず企業側にドレスコードを確認するようにしましょう。

その際に、「面接については特にドレスコードがない」という回答だった場合には、「通常勤務時のドレスコード」を確認するようにしましょう。

面接官は、人事担当者以外に、採用部門の担当者も同席する場合が多くあります。

このような「マナー」の基本は、「相手に合わせる」ということになりますので、面接官のドレスコードに合わせることが重要です。

また、外資系企業の多くは「禁煙」がマストとなっている企業が多くなってきています。

面接前の喫煙行為も控えましょう。

まとめ

外資系企業における面接のポイントについて解説をしてきました。

採用面接という部分においては、外資系も日系も大きな違いなどはなく、「人間性」をいう部分について厳しくチェックをされているという意識を常に持っておくことが重要なのと、相手を知り自分自身を知らなければ、成功はあり得ないということをしっかり認識をして、事前準備を十二分に行うことが大切となります。

このときに、意外と盲点となってしまうのが「自分自身のこと」となります。

意外と知っているようで、理解ができておらず、第3者に対する説明が難しいのが「自分自身のこと」です。

自分自身が第3者からどのように見られている、もしくは見えるかというのが面接の際にはとても重要なのですが、自分自身を第3者として見ることはできないので、分かったつもりでいて、的外れな内容を発言しがちとなります。

企業研究も重要ですが、面接を受ける前には、ひとりでも多くの知人や友人とあって、是非、自分自身についての印象を訪ねるようにしましょう。

自分自身のことを知るには、他人に聞くことが一番の早道となりますので、積極的な人材交流をオススメします!


関連キーワード

外資系企業求人