ホテルバイトの求人には、たくさんの種類があります。

今回は、これを見ている方が自分に合った求人を見つけられるよう、学生時代にホテルバイトをした経験をもとにホテルの宴会バイトについて詳しく書いていきます。

ホテル宴会バイトはどんな仕事?

ホテルで接客をする、ウエイターのお仕事です。

結婚式の披露宴やパーティーなどが行われることが多いので、「人生の大切な日」のお手伝いをするのがホテルバイトのお仕事です。

接客業ですが、レストランや居酒屋とは少し異なり、フォーマルなシーンで仕事をすることになりますので、服装やマナーなど厳しい場合が多いです。

ホテル宴会バイトの大まかな仕事内容

例えば、披露宴などの宴会の配膳係では、宴会が始まる前にテーブルセッティングを行います。

宴会が始まったら、空いたお皿を下げたり、お料理出したりお酒を配ったりします。

宴会の裏側で働く役割ももちろんあり、ドアマンや受付、クロークなども含まれます。

ほとんどの場合、募集時には幅広く募集され、面接時に決定される場合もあれば、数カ所の役割をローテーションで回る場合もあります。

ホテル宴会バイトでよくある募集内容とは?

ホテル宴会バイトの募集内容には様々なものがあります。

数ある募集の中から、自分に合うものを見つけましょう。

時給相場

地域やホテルの位にもよりますが、ホテル宴会バイトはレストランや居酒屋などと比べると高時給のところが多いです。

1,000円から始まり、経験を積んでいけば1,600円ほどまで上がる印象です。

毎週土日の両方シフトを入れるだけでかなり稼ぐことができます。

以前にホテル宴会で働いていた経験がある場合は高時給からスタートできることもあります。

シフトの入れ具合

結婚式の披露宴やパーティーは祝日や週末に行われることが多いです。

そのため「月の◯回以上は必ずシフトを入れるように」と言われる場合もあります。

1つの宴会がおよそ2時間〜3時間の場合が多いのでそれに合わせてシフトが組まれます。

基本的に朝から夜までの1日中シフトを入れることが好まれますが、用事があれば午前のみ、午後のみというようなシフトの組み方が可能なところもあります。

平日に披露宴やパーティーは少ないため、平日に働きたい人はあまりおすすめできません。

「平日はレストラン、週末はホテル宴会のバイト」というように2つの仕事を掛け持ちして働いている人が多かったです。

雇用人数が多いところが多いので、事前に伝えれば長期の休みなども比較的受け入れてくれるところが多い印象です。

求められる人物像

人と話すのが好きな人や、サービスで人を喜ばせたいというような人が向いています。

自分の接客でお客様が喜んでくれて感謝の言葉をもらう瞬間は、やはり嬉しいものです。

そのような一つ一つの気配りを大切に仕事をすることができ、お客様からの言葉をやりがいと感じて働けるような人がホテル宴会バイトを楽しめると言えるでしょう。

また、細かい部分に気がつくことがとても大切です。

今お客様が何を求めているのか、しっかり観察をして行動に移すことがお客様の感動へ繋がります。

必要なスキルや資格、経験

配膳の仕事は、未経験からスタートすることが可能です。

ほとんどのホテルで研修を設けているので、テーブルマナーを学んでから実践に働き始めることができます。

ただ、接客業なのでレストランや居酒屋などでアルバイトをした経験があると仕事に慣れるのが早いかもしれません。

経験があると、時給が上がりやすいところもあります。

ホテル宴会バイトのおすすめ求人4個の特徴とは?

ホテル宴会バイトの求人にはいくつかの特徴があります。

選ぶ際に、下記の点を注意してみると良いでしょう。

派遣会社に登録をする

ホテル宴会のバイトは、派遣会社に登録をして各職場に配属されることが多いです。

この場合だと勤務先のホテルが1箇所に絞られず数カ所のホテルで働くことも可能です。

仮に働いたホテルが自分に合わなければ派遣会社の担当の方と相談し、別のホテルで働くこともできる場合があります。

もう1つホテル宴会で働く方法として、「ホテルの直属で働く」という場合もあります。

直属の場合は毎回同じホテルで同じ仲間と働くので、アルバイト同士で仲良くなりやすかったり仕事に慣れやすいというメリットはあります。

しかし、宴会やパーティーが長引いた場合、派遣のアルバイトは早めに切り上げ、直属のアルバイトが最後まで働くことが多いため、直属のアルバイトは勤務時間が長くなるというデメリットがあります。

時給が高いところを選ぶ

未経験でも高時給で働けるところが多いので「時給が高いからハードルが高そう」と思わずに、どんどん高時給のところに応募することをおすすめします。

勤務地が家に近いところを選ぶ

ホテル宴会のバイトは朝も早く、仕事中は立ちっぱなしで夜も遅いところが多いです。

交通費は支給される場合が多いため電車で通勤してもお金はかからない場合が多いですが、体力的な面を考えれば勤務地は家に近いところを選んだ方がいいでしょう。

知り合いの紹介

もともと知り合いが働いているところを選ぶのも1つの手です。

知っている友人がすでにいれば安心して働くことができます。

また、ホテル宴会バイトは常に人を募集しているところがほとんどなので、友人からの紹介だとお互いに何か特典がもらえることも多々あります。

ホテル宴会バイトはこんな人に向いている!

ホテル宴会のバイトには向き不向きがあります。

長く続けられる人もいれば、逆にすぐ辞めてしまう人も多いバイトです。

私が実際に経験した上で感じた、ホテル宴会に向いている人は下記のような人です。

接客業が好き

どこのポジションを担当したとしても、人と接することが基本なので、やはり接客業が好きな人が向いていると言えます。

お客様からの「ありがとう」をやりがいとして感じて働ける人がホテル宴会バイトを楽しんで働ける人だと思います。

私が結婚式の披露宴を担当した時は、新郎新婦の2人の幸せそうな顔を見ながら働くことができていたので、とても楽しく働けていました。

「人の幸せを自分の幸せと感じ、働ける人」にとっては、間違いなくとてもやりがいのある仕事です。

体育会系の人

ホテル宴会バイトは1日中立ちっぱなしなところも多いです。

また、お料理のお皿も通常のレストランや居酒屋と比べると高級で重いので、慣れるまでは腕もかなり痛くなります。

宴会やパーティーが一旦始まるとノンストップで時間を気にしながら配膳をしていくため、スピード感も求められます。

ある程度、体力がないと長く続けるのは難しい仕事です。

表向きは華やかですが、裏側は壮絶なので体育会系でバリバリやってきた人が多いような印象でした。

向上心があり、前向きに頑張れる人

テーブルマナーや各お料理の配膳位置など、覚えることがとても多いです。

向上心があって、何事も前向きに頑張れる人が長く仕事を続けているような印象でした。

また、華やかな世界に見られがちですが、実際は体育会系の人が集まるので厳しい人も多いです。

たとえ厳しいことを言われたとしても、前向きに努力できる人が多い職場です。

将来ホテル業や結婚式関係の仕事に就きたい人

将来、サービス業で働きたいと考える人が働いている場合も多くありました。

将来につながる勉強ができ、アルバイト時の成績が評価され、そのまま契約社員となったり正社員になる人も一定数いました。

就職時のギャップをなくすためにも一度アルバイトとして入り、裏側を見ることはとても大切なことだと思います。

また、そういった将来につながる目的がある人は、たとえアルバイトでも責任を持って取り組むことができます。

アルバイトから、多くの学びを手に入れることができると思います。

逆にホテル宴会バイトに向いていないのはこんな人!

大変な仕事なので、やはり辞めてしまう人も一定数います。

どんな人が辞めてしまうのかまとめてみました。

長時間働けない人

ホテル宴会のバイトは、朝から夜まで1日中働くことが多いです。

学校の授業の都合で長時間のシフトを入れられなかったり、体力的に長時間働くのが苦手な人は向いていないと言えます。

人と接することがあまり好きでない人

どこのホテルも体育会系のところが意外に多いです。

そのため、仲間意識を持って協力して働くことが求められます。

接客業があまり好きでなかったり、仲間意識を持って働くことが苦手な人は、大変に感じてしまうかもしれません。

平日に稼ぎたい人

披露宴やパーティーを平日に行う場合は少ないので、平日の仕事はほぼないと言ってもいいでしょう。

学校終わりの平日に稼ぎたいというような人は向いていません。

おしゃれを楽しみたい人

ホテル宴会のバイトは、服装、髪型などに規定があるところが大半です。

ほとんどのホテルで制服がありますが、自分で用意する場合もあります。

白ワイシャツや靴も革黒いものだけというような指定があることが多いです。

女性の場合はパンプス、ヒールの着用規定なども見られます。

清潔感を求められるため、髪の毛を必ずセット後にスプレーしなければならなかったり、爪の長さのチェックもあり、ネイルは禁止されています。

髪の毛の色は黒と決められているところもあるため、明るく染めている人はバイト前に黒染めスプレーをしている姿も見られました。

おしゃれを楽しみたいという人には規定が多く、厳しいかもしれません。

朝早いのが苦手な人

ホテルバイトは基本的に朝早くから始まることが多いです。

朝の8時ごろには全ての着替えを済ませて会場に入り、準備を始めます。

清潔感が大事なので着替えや髪のセットにも時間がかかります。

会場に入る前に髪のセットのし直しや爪の切り直しを要求される場合もあるので、余裕を持って出勤する必要があるため、毎回の身支度のために朝早く起きることが必須です。

どのバイトをするのにも必須ですが、時間を守ることが大切です。

ホテル宴会バイトのやりがいとは?

私はホテル宴会のバイトで2年間ほど働きましたが、大変な分、かなりやりがいもある仕事です。

感謝される

自分のサービスでお客様を喜ばせることができるのはやはり嬉しいものです。

結婚式の披露宴終了後に、「あなたのおかげでとても居心地が良かった」と言われた時はとても嬉しかったです。

ホテル宴会は、レストランや居酒屋路は異なり、「非日常」のイベントであるとも言えます。

自分の仕事がお客様にとっての大切な日を特別なものにできたと感じた時、とてもやりがいを感じます。

学べる環境にある

私はホテル宴会のバイトを始めるまで、結婚式のマナーやコース料理の食べ方など全くわかりませんでした。

研修期間を通して1からマナーを学び、今では友人の結婚式に参列する際もテーブルマナーや服装についての心配をせず、自信を持って出席することができます。

こういったことは学校ではあまり詳しく学ばないので、バイトを通して実践できるというのは大きいと思います。

仲間ができる

拘束時間が長く、大変だと感じることも多いですが、その分長く時間を過ごしたバイト仲間とは絆が生まれます。

私が働いていたホテルは体育会系の人が多かったので、仕事後に飲みに行ったりすることも多かったです。

また、人と接することが好きな人たちが集まっているので明るく活発な人が多く、飲み会もかなり盛り上がります。

稼げる

他のバイトよりも高時給なので、大変な分、かなり稼げます。

残業も多いですが残業代もきちんと出るところがほとんどなので月末の給料明細を見て、金額の多さに驚くことも多々ありました。

週末のシフトなので休みの日に友達と遊べなくなってしまいますが、それさえ我慢すればかなり稼げてお得なバイトだと思います。

自慢できる

「ホテルでバイトをしている」と言うと、周りからもすごいと言われることが多かったです。

就活時にも利用し、自己アピールにも繋げていました。

やはりホテルで働いていたというのは「マナーがしっかりしている」「清潔感がある」「しっかりしている」などのプラスなイメージを持ってもらえることが多かったです。

まとめ

いかがでしたか?

ホテル宴会バイトも様々なので、自分にあった場所で働くために、求人をチェックする際は念入りに確認することをおすすめします。


関連キーワード

ホテルバイト求人