「海外に住みたい!働きたい!」と思っていても、「英語話せないしな~」「そんなお金ないしな~」となかなか実際に行動に移すのって難しいですよね。

英語も話せない、お金もないそんな私が海外に出る第一歩として選んだのが、東南アジアホテルでのインターンシップです。

ワーホリに比べて費用が3分の1だし、渡航前に勤務先が決められる点、さらに一定の契約期間どんなにできなくてもそこで経験を積める点、仕事上絶対に英語を話す点などから第一歩として悪くない選択肢です。

アジア2か国(ベトナム・インターンシップ、シンガポール・正社員)のホテル勤務経験をもとに、東南アジア諸国で最も募集の多い求人の日本人ゲストリレーション職について解説していきます。

海外ホテル求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

海外の日本人ゲストリレーションは、そのホテルにもよりけりですが、基本的にフロント回りに立ちます。

通常のチェックイン・チェックアウト・両替などのレセプションの仕事が基本になります。

それに加えて日本人のお客様の特別なご要望や団体のお客様に対応する為に、ご宿泊前の問い合わせや予約に携わることもでてきます。

また、ホテルで何か新しい企画が始まる場合、翻訳の仕事を頼まれる場合もまれにあります。

最も大変であり、経験となる部分が苦情処理業務です。

日本でエントリーレベルとして働いていると、お客様の難しいご意見・苦情は上司に報告することがあります。

海外ホテルではもちろん上司に報告するものの、自分しか日本人スタッフがいない場合特に苦情対応がかなり増え、ときにはメインの仕事となります。

当然、通常の毎日の日課的な仕事をこなしながら、そして外国人のお客様にも対応しながらの対応となります。

海外ホテル求人にはどんな種類があるの?

海外ホテル求人の募集でよくある職種

日本人ゲストリレーション

日本人のお客様が多く訪れる土地で日本人ゲストリレーションの職種が発生します。

東南アジアはビジネス・観光ともに訪問者が増えている為、このポジションの募集は頻繁にあります。

日本食レストランのマネージャー

海外でも健康的で美味しいと人気のある日本食。

ホテル中に日本食レストランを併設していることもあります。

しっかりと日本らしい細かなところ、かゆいところに手が届くサービスの提供を目指す為、料理長とのコミュニケーションを円滑にする為など様々な理由から日本人マネージャーの採用を希望されていることがあります。

海外ホテル求人でよくある募集内容とは?

エントリーレベルから中間管理職レベルの日本人ゲストリレーションの募集が多くあります。

給与相場

勤務国やビザの種類によって変わってくるため、一概には言えません。

東南アジアでは日本人の雇用は現地の人に比べて優遇される傾向にある為、現地の人よりは高い給料を期待できるでしょう。

ベトナムではエントリーレベルで現地の人の月給が約3万円であるのに対して日本人はその2倍は期待できます。

ベトナム暮らしでは贅沢できますが、一時帰国などを考えると厳しいのが現状です。

シンガポールでは20万円から28万円くらいですが、高い家賃を考えると節約が必要な生活になります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はシフト制で、夜勤も含まれる場合もあります。

ホテルによっては日本人は夜勤なしというところもあるようです。

ベトナムなどの発展途上の国ではまだ労働法が整っていないことから、下手をすると6連勤以上ということもあります。

アジアはまだまだ残業文化は健在なので、当然のことながらホテル業は必要に応じて残業が生じます。

福利厚生

ホテル業の福利厚生はあってないようなものです。

有給休暇、ボーナス、残業代などもしっかりあるところもありますので、事前によく確認してできる限り良いところを選びましょう。

また、福利厚生とは少しずれるかもしれませんが、ホテル業は休憩時間をゆっくり取れないことから、無料の食堂が社内に付いていることが多々あります。

通常ランチ外食だと500円~1000円することを考えると小さいことではありますがお得です。

福利厚生に大きな期待を寄せるよりも、そういった小さなお得や喜びを見つけるのもホテル勤務を楽しむ為のカギとなります。

勤務場所

ホテルの現場。

ホテル内、日本語が必要な場面にはいつでもどこでも飛んでいきます。

求められる人物像

とにかく明るく前向きな人

ホテル業はシフト勤務から生活が乱れ、予期せぬ出来事が日々起こり、自分は全く悪くないのにお客様からさんざん怒鳴られるなんてこともあります。

どんな時でも明るい気持ちでいられる人、どんな時でもとりあえず笑顔でいられる人が求められます。

例えば全く自分は関与していない出来事でお客様に怒鳴られても、その直後やってくるお客様はそれには全く関係ないので笑顔でお迎えする必要があります。

困難なこと、理不尽なことがあってもすぐに切り替えて常に前向きに行動できるが向いています。

高い英語力と説得力を持ち合わせている人

日本人のお客様を満足させるために雇われているものの、当然ホテルでスタッフとして立っていれば外国人のお客様にも話しかけられます。

そんな時はさらっと聞き取って、さらっと答えられると自分自身仕事が楽しくなりますし、ストレスも減ります。

すぐにできなくても、少しずつ英語で答えられること増やしていけば、いつの間にかさらっと答えらるようになりますよ。

また、日本人のお客様の複雑な苦情やなぜその様に怒られているのかをきちんと外国人上司に伝えなければならない場面が多々あります。

文化的背景が全く違う上司や同僚に日本人独特の考え方を理解してもらうには英語力のみならず、順を追って物事を説明できる説得力も必要となってきます。

自分自身が仕事を楽しむ為に英語力と説得力は必須となります。

必要なスキルや資格、経験

特に必要な資格はありませんが、やはり英語は必須です。

TOEICでいうならば800点くらいでしょうか。

しかし、実際TOEIC何点というよりも英語で相手の言っていることが聞き取れる、言いたいことが言えるという最低限のコミュニケーションレベルが必要です。

もちろん面接でも使いますし、仕事を楽しむ為にも必要です。

海外ホテル求人の働き先の種類

日本人を募集しているホテルは基本的に大型ホテルもしくは5つ星などランクの高いホテルとなります。

外国人の採用にはビザや給料面など何かとお金がかかるためです。

やはりどこの国でも外国人よりも自国の人を雇う傾向にあります。

東南アジアでは雇用費も自国の人を雇う方が何倍も人件費を節約できるのが事実です。

それでもなお、日本人を雇うことに経費を注げるホテルはかなり限られてきます。

そしてそれだけの経費を注ぐということは、日本人観光客及び日本人ビジネスマンの多い場所ということになります。

その為、あまりこちらから働き先を選べるほどの種類がないのが現状です。

選ぶとするならばシティーホテルで働くのかリゾートホテルで働くのかという点になってきます。

海外ホテルのおすすめ求人のポイント

海外ホテルの求人はどれもそれほど大きな差がないですが、少しの差を大切にする為のチェックポイントをお伝えします。

有給休暇がその国の平均数と同様であること

例えばシンガポールで企業の平均的な有給休暇数が14日なので、14日以上あるところを選ぶべきです。

ただでさえ不規則なスケジュールなので、自分自身の健康をしっかりと管理する為にも休みの数は重要なチェックポイントです。

週休二日制であること

シフト制というのはなかなか時に恐ろしいもので7連勤とかそれ以上とかもやはりあるのです。

しかし、週休二日制であれば間違いなくそれは防げるのでとっても大事なチェックポイントです。

海外ホテル求人の雇用形態による違い

インターンシップ又は正社員・契約社員となります。

まれにビザのいらない在住日本人向けのパートタイムポジションもあります。

インターンシップだと期間も短めで給与も低いですが、ホテルは人員が不足しているのが常なので、勤務時間はほかの人と変わりません。

むしろ、日本人のお客様のイレギュラーな対応が必要だと、雇用形態問わず長時間労働となります。

パートタイムだとその点についてはある程度割り切って働けるかもしれません。

自分にあった海外ホテル求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

インターンシップと正社員・契約社員があります。

インターンシップはとりあえずお試しで海外勤務を経験してみたいという人におススメです。

勤務期間がだいたい半年から一年間と限りがあるので、ある程度割り切って仕事ができます。

やはりインターンといことから同僚の目も若干違い、少しだけ気楽に仕事ができるのも特徴です。

とにかくできるだけしっかり稼ぎたいという人はやはり正規雇用を狙っていくべきです。

正規雇用でも合わなければ一定の期間務めれば退職が可能です。

【選び方②】職種から探す

海外ホテルでの職種は基本的に日本人ゲストリレーションとなります。

その他の職種では、レストラン勤務や営業などの可能性もあります。

日本のホテルでレストラン勤務をしていた方は、レストランでひとまず入社するもよし、インターンシップなどで日本人ゲストリレーションに挑戦するのもよし。

フロントの経験がある人はゲストリレーションの仕事にかなり就きやすいです。

また、ゲストリレーションから営業に移ってキャリアアップしていくというのも海外ホテルでよくあるキャリアパスです。

日本で営業勤務のある方は営業職に就くのもいいでしょう。

いろいろ書いてみたものの、例外は常にあるので、自分がチャレンジしてみたいものにどんどん応募して、面接でできるだけ詳しい話を聞いてみましょう。

【選び方③】ホテルの業態から考える

日本人を募集しているホテルの業態は大型ホテルかランクの高いホテルと限られています。

限りはあるものの、ブランドによってサービスの雰囲気も異なってきます。

業態よりも、自分がどんなサービスが向いているのか、もしくはどんなブランドで働きたいのかということに注目して選んでみることをお勧めします。

ホテル勤務の最大の特典は働く場所が華やかできれいということです(バックオフィスは別として)。

自分が毎日身を置きたいと感じるところにするのがいいかと思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

ホテル業は基本的に他の業種よりも給与や雇用条件が低いのが常です。

しかしながら、かなり肉体的にも精神的にも力が必要な職種です。

どこのホテルでもあまり業務内容に変わりはないので、とにかくできるだけ高いところを狙いましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

大きくリゾートかシティーという二択となります。

リゾートはお客様がゆっくりと楽しみに来ている為、サービスする側も結構楽しみながら仕事ができます。

ゆっくりと日々楽しんで仕事をしたいという人にはリゾートがおススメです。

シティーだとやはりスピード感が必須です。

ビジネスマンのお客様も多く、頻繁にお越しになられる方やVIPの好みを考えて行動する必要があります。

緊張感がある分、学ぶことも多いのがシティーホテルです。

注意点

エリアに関しては仕事面だけでなく、プライベートの面からも考慮する必要があります。

リゾートだと仕事面ではシティに比べてゆとりを持つことができるものの、たいていのリゾート地は田舎です。

仕事以外でのコミュニティーを持つことが難しく、休みの日も同僚と会って、社内のみの人間関係になりがちです。

また、習い事などをしたくても、そもそもなかったり、選択肢が少なかったりして、オフの日の過ごし方もゆっくりになりがちです。

シュノーケリングやハイキングなど特定のアウトドアな趣味がある方はそれができる立地を選ぶのもいいかもしれません。

反してシティホテルだと、職場外のコミュニティーを求めれば、アクセスしやすいです。

また、習い事などで、オフの時間を充実させたい方には確実にシティホテルがおすすめです。

仕事とは関係ありませんが、長く続ける上ではやはり私生活の面かなり大事になってきます。

まとめ

海外ホテルでは、日本のホテルよりも必然的に自分で対処しないことが多くなり学ぶことが多いのが醍醐味です。

給与のためというよりは自分の経験の為、純粋にホテルで働きたいから、今後のステップアップの為と何か目的や情熱を持った人におススメです。

大変なこともありますが、異国の地で頑張る姿は必ずお客様にも伝わりますし、自分にとってかけがえのない経験になることでしょう。


関連キーワード

ホテル求人

ホテル求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホテル客室係求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

ホテルでの業務は、サービス業を志す人は視野に入れる人も多い様です。今日は、ホテル業の中の客室係の求人募集にスポットを当ててご紹介致します。ホテル業と言えば高級感あふれるサービス提供のエキスパートです。そもそもホテル客室係とはどの様な仕事なのか?求人募集で気を付けるべき点とは?全く知識の無い状態で面接に飛び込むのは危険です。業界そのものや、求人募集についての注意点をご紹介致します。是非最後までお読み頂き、ご参照して頂ければ幸いです。ホテル客室係求人の仕事内容とは?まずは仕事内容の全貌をつかんでおきましょう。ホテルの客室係の代表的な仕事はどの様なものでしょうか。リネン交換ベッドシーツや枕カバー、掛

ホテルの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

LCCの発達などに伴い、従来より安価に旅行ができるようになり、年々増えている旅行者数。インバウンドなども見られ、宿泊業界も忙しくなっているようですが、人手不足が深刻です。その地域の顔とも言える、国内外から集まるお客様をもてなすホテルの仕事の年収や給料の相場、給与を上げる求人の選び方などについてまとめます。ホテルでの仕事の年収や給料の相場はどのくらい?ホテルでの仕事の年収や給料の相場は、勤務地や規模・ポジションによって変わってきます。具体的に、職種に分けて見てみましょう。正社員で新卒入社した場合正社員として大学卒で新卒入社した場合、給与は20万円前後、短大や専門卒で新卒入社した場合は17万円前後

ホテルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きややりがいポイントについて解説します

インバウンドで海外からのお客様が増えていますが、そのお客様が宿泊するホテルでの仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。ホテルに宿泊することはあっても、その仕事内容については、あまり把握していないこともあるかもしれません。このページでは、大まかな仕事内容や、覚えなければいけないこと、向いている人、逆に向いていない人、その後のキャリアなどについてまとめます。ホテルでの仕事ってどんな仕事があるの?主にホテルにいらっしゃったお客様と接する接客と、一目に触れずに行う清掃の仕事とに分かれます。ホテルの大まかな仕事内容接客だと、フロントでのお客様の受付から客室へのご案内、飲食などサービスの提供があります

ビジネスホテルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

程よい価格と清潔な部屋を提供してくれる「ビジネスホテル」、誰もが利用したことのある場所ではないでしょうか。旅行や仕事などどんな目的にも対応できるシンプルな部屋の作り、近年ではデイユースも広がって少し一休みしたいと言う方にも強い味方となってくれています。今回はそんなビジネスホテルで働く人たちの仕事内容やビジネスホテルで働くにあたって求められる人材、向き不向きなどをご紹介して行きましょう。ビジネスホテルの仕事にはどんなものがあるの?ビジネスホテルの仕事は大きく分けて5つ。私達が利用する際に直接関わり合うことがあるのは「フロント係」として働く人とホテルの「レストラン」で働く人たちでしょう。この2つの

ホテル客室清掃バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ホテルの客室係と言うと、とても華やかなイメージがする人も多いことと思います。今回は、私が経験したホテルのアルバイトについてご紹介していきます。私が携わったのは、某有名な国際ホテルで、ホテル自体が大規模なものでした。当然部屋の数も多い為、一口に客室係や清掃係と言っても、こなすべき仕事量は膨大なものです。リゾート地に建築されたホテルだったので、外国人から、家族連れの宿泊客等、客層も様々でした。その様なリゾートホテルで従事する客室係の仕事内容はどの様なものでしょうか。ホテル客室清掃バイトの大まかな仕事内容客室を清掃する仕事、と言ってしまえばそれまでですが、皆さんはホテルの客室と言えばどの様なものを想

ビジネスホテルフロント求人でよくある募集内容やおすすめ求人の特徴、気になる疑問について解説します

ビジネスホテルのフロント。皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。お客さんがいないときは何をしているの?フロントに立っているだけの簡単なお仕事?これからビジネスホテルのフロントに就職・転職をお考えの方に、お仕事の内容や求人のポイントなど解説していきます。ビジネスホテルフロントの大まかな仕事内容チェックイン・チェックアウト業務ビジネスホテルフロントのお仕事は、主に、宿泊されるお客様の、チェックイン・チェックアウトのお手続きです。チェックインの際は、到着なさったお客様のお出迎えです。宿泊カードへの記入、泊数の有無、朝食のご案内、清算などを行います。シティホテルと違うのは、お出迎えするお客様が、ビ

リゾートホテルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の6個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説

「日本各地で働けるのは楽しそう!」「日本を旅しながら働けそう!」主に旅館やホテルで働きながら、日本のあらゆる場所に行くことが出来るリゾートバイト。もちろんリゾートバイトならではの魅力は沢山ありますが、その反面、キラキラしたイメージとは違うリアルなこともあります。今回は、「これからリゾートバイトを始めたい!」「今の年齢からリゾートバイト始めていいの?」「そもそもリゾートバイトって何?」「どんな派遣会社があるの?」多くの疑問点について、実際にリゾートホテルバイトを長年している私が答えていきたいと思います。リゾートバイトはどんな仕事?主に旅館やホテルで働く求人を扱う派遣会社が、「観光地で働く」魅力を

ホテルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

皆さんホテルのバイトに興味はありませんか?ホテルのバイトに興味があったり、これからホテルのバイトをしてみたいと考えている方はいませんか?また、ホテルのバイトって稼げるって聞いたことがあるけど実際にホテルのバイトって稼げるの?本当のところはどうなの?って思っている方も多くいるのではないでしょうか?今回はそんな方必見!ホテルのバイトの時給っていったいどのくらい?ホテルのバイト経験者の私が気になるホテルのバイトの時給や給料を上げるにはどのようにすればいいのか、ポイントやコツを教えます。ホテルのバイトに興味があったり、これからホテルのバイトをしようかなと考えている方は要チェックです!ホテルバイトの給料

ホテル支配人求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ホテルの「支配人」。言うまでもなく、この役職には選ばれしエリートしかなることが許されず、確かな厚待遇のもと、1つのホテルを経営するという非常に魅力溢れる仕事です。おそらく、ホテル業界への就職や転職を考えている人の多くは将来ホテルの支配人になることを夢見ている人も少なくないのではないでしょうか?今回は、そんな多くのホテルマンの憧れの的であるホテルの支配人について、よくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!ホテル支配人求人募集の特徴”支配人を募集する案件は誰しもが応募できるわけではない!”ということをお伝えします。実は、ホテルというものはそれぞれ

ホテル経理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社の経理の仕事は、全ての心臓部であると言えます。経理が正解な仕事をすることはすなわち会社の業績を安定させることに繋がるからです。ホテルの今後の経営方針を打ち出す時や、現状の課題、良好点を分析する際に最も重要視される要素はいつだって”数字”です。支配人をはじめとした幹部は経理部門が日々管理する数字をもとに今後の経営方針を決めています。いかに経理の仕事が組織にとって大切であるかを理解していただけるのではないでしょうか?今回は、そんなやりがいに満ち溢れたホテル業界の経理の仕事に焦点を当てて、ホテル経理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について徹底解説していき