ホテルの「支配人」。

言うまでもなく、この役職には選ばれしエリートしかなることが許されず、確かな厚待遇のもと一つのホテルを経営するという非常に魅力溢れる仕事です。

ホテル業界への就職や転職を考えている人の中には、将来ホテルの支配人になることを夢見ている人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな多くのホテルマンの憧れの的であるホテルの支配人について、よくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ホテル支配人求人募集の特徴

まず、「支配人を募集する案件は誰しもが応募できるわけではない」ということをお伝えします。

実は、ホテルというものはそれぞれのホテルや運営会社によって大きくその特徴が異なります。

そもそもビジネスホテルとリゾートホテルでは、運営目的もターゲットとなる宿泊客の層も異なりますよね。

それと同じことで、一口に支配人と言ってもそこで求められる仕事内容、種類は大きく異なるということを予め認識する必要があります。

つまり支配人というのは、それぞれのホテル一筋で長年そのホテルに貢献し、そのホテルを熟知しているたたき上げの人材が抜擢されることが多いのです。

ここを押さえた上で、支配人求人でよくある特徴について見ていきましょう。

支配人としての経験

支配人は担当するホテルの命運を握る非常に重要な役割を担います。

そのため、既に支配人としての経験を充分に積んでいることが必要条件であることが多いです。

更に言えば、募集をかけているホテルとその形態が似ているホテルでの経験があれば採用されやすくなります。

支配人としての実績

しかし、ただ支配人としての経験があれば良いのかというと、そういうわけではないところが難しいところです。

実は、良い支配人(結果を出している支配人)というのはなかなか働いているホテル側が離そうとしません。

つまり良い支配人というのは転職活動をする必要がないのです。

したがって支配人の求人に応募してくる候補者は、経験はあるけど実績がないというケースが多く見受けられるのです。

支配人に採用されるために必要なのはなにより「実績」

採用選考の際には重視されるのは、あなたの具体的な実績です。

これ以外にありません。

「売上を○○%上げた」「新規宿泊客を年間2,000人獲得した」「新たなプランを考案し、大ヒットさせた」等のような、数字やエビデンスに基づく具体的な実績が必要であると言えます。

ヘッドハンティングによる支配人のスカウト

実はホテル業界は非常に狭く、それぞれのホテルの動向や売上状況、有能な人材の情報等は常に把握されています。

故に、優秀な支配人というのは常にヘッドハンティングの対象となるのです。

ヘッドハンティングの条件としては、給与、待遇の向上というのがよくあるパターンです。

中には年収の2倍のオファーを受けたという事例もあります。

目につきやすくするためにサイトに登録しておくというのも、一つの手段だと言えるでしょう。

支配人を目指すのに必要なこと

あなたには現在支配人としての勤務経験がないが、将来支配人になりたい!

そんな人が支配人になるための戦略をお伝えします。

幹部候補の求人であるか否か

実は、ホテルによっては採用の時点で支配人になれるかどうか決まっている場合があります。

更に、幹部候補とそうでない採用では給与にも大きな開きがあるケースが非常に多いのです。

せっかく支配人を目指そうと志して入社しても、初めから管理職への道が閉ざされていたのであれば落胆も大きいでしょう。

あなたが支配人を目指すのであれば、ホテルを選ぶ際の採用条件を事前によく調べておく必要があります。

どんなスキルを身につけておくと有利か?

支配人に必要なスキルは多岐にわたります。

その中でも特に身につけておきたいのは「数字」を見る力です。

具体的には簿記1級を目指して数字を見る力を養うことが必要になります。

その他にホテルで働く上で不可欠なコミニュケーション能力、インバウンド対策を見越した語学力(英語・中国語)等も併せて向上させておくと良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

支配人求人の気になる疑問に答えます!

この業界にいると、よく訊かれることがあります。

ここでは、ホテルの支配人に関して多く訊かれた質問のTOP3を見ていきたいと思います!

第3位: 支配人のやりがいはなんですか?

私が以前働いていたホテルの支配人等の言動を基にして考えてみると、支配人の最大のやりがいは、自分の意志でホテルの方向性を決めることができるということでしょう。

また、あらゆることに対する決定権を持っているために、決断する機会が多いということも魅力の一つであると言えます。

第2位:支配人に向いている人の特徴はなんですか?

支配人に向いている人の特徴は、なんと言っても「人を引き付ける魅力」でしょう。

支配人は様々な局面で人材を有効に配置し、その力を引き出さなければなりません。

そんな時に、求心力があるか否かは非常に大事な要素になるのです。

第1位:支配人の給与水準は?

この質問を受けることは本当に多いです。

ホテルの支配人の給与水準に関しては、ホテルによって大きく異なるという現状があります。

しかし、支配人の給与水準は一般的に非常に高い傾向にあります。

特に外資系のホテルであれば30代で年収2000万円なんてこともざらにあるようです。

経済的な面から見ても目指す価値は大きいですし、スキルを磨いて希望の年収を手に入れましょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、ホテル業界の花形である支配人に関して詳しく解説してきました。

あなたは支配人の仕事に魅力を感じましたか?

もちろん、ホテルの支配人はなりたい人全員がなれるという役職ではありません。

しかし、だからこそ目指す価値があるのではないでしょうか。

支配人になることで、あなたは自分の思う通りにホテルの経営をすることができると同時に、給与や待遇に関しても大幅に向上させることができます。

いつの日か、あなたが素敵な支配人として活躍する日が来ますように。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ホテル求人