ホテルの花形ポジションであり、アイドルグループの中で表現するなら“センターポジション”がしっくりとくるホテルのフロント業務。

恐らくこれまでホテルを利用した経験の中で、フロントの対応で心温まる気持ちになったり、助けられたことがあるのではないでしょうか?

そして、ホテル業界を志す多くの人たちがこのフロント業務への強い憧れを抱いています。

もしかしたら、今この文章をお読みくださっているあなたも、将来そんなフロント業務への就職や転職を志している1人かもしれません。

今回は、そんなあなたのために元ホテルのフロント業務に携わっていた著者が、これまでの経験と多くの情報を基にホテルフロント求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について徹底解説していきます!

ホテルフロントの仕事内容とは?

ホテルフロントの仕事内容は非常に多岐に渡ります。

しかし、大きく大別すると次の5つに分けることができるでしょう。

さらに、フロント業務への仕事の理解を深めるためにそれぞれの仕事について詳しく解説していきます。

宿泊客のチェックイン/チェックアウト業務

これは文字通り、宿泊客のチェックインとチェックアウトを執り行うことを指します。

ここで気を付けるべきことは案内間違いと料金の間違いです。

特に、お盆やお正月などの長期休みは繁忙期であり本当に多くのお客様が宿泊します。

そのような時に、フロントが部屋を間違えて案内してしまった場合には、後々大問題に発展することがあります。

また、チェックアウトの際には料金の受け取りに間違いがないようにしなければなりません。

往々にして忘れがちなのが夕食時に追加で注文したお酒などのドリンク類の課金ですが、レストランとのコミュニケーションを密にすることと、しっかりとした確認体制をとっておけば問題ないでしょう。

宿泊客からの問い合わせ対応

初めて宿泊されるお客様はホテルに関して分からないことだらけです。

そのようなお客様は内線を利用してホテルのフロントの周辺や見どころ、入浴時間、食事に関することなどの質問が多々あります。

ホテルのフロントは、そのような質問に対して丁寧に答えていく必要があります。

ここで重要なことは「+1」です。

「+1」とは、お客様の問い合わせに対して常に「+1」を意識して対応するという事です。

例えば、お客様のお風呂の時間を聞かれたとします。

その際には空いている時間を答えることは当然ですが、その情報に加えて「すいている時間」、「景色がきれいな時間」などのあなたしか知り得ない情報を伝えることでお客様の満足度を上げることができるでしょう。

予約の受けつけ・調整

宿泊者の多くは、インターネットかお電話のどちらかで宿泊予約をします。

フロントは後者の電話予約に対応する必要があります。

この際には、お客様のご要望や希望を正確に聞き出し、そのお客様にあったベストな部屋とプランをご提案する必要があります。

館内の状況の把握

お客様の行動パターンをあらかじめ予測し、起きうる問題に先手を打っておく必要があるのです。

つまり、お客様の流れを掴むということです。

例えば、レストランが混みそうな時には、あらかじめ部屋ごとに時間を決めておくなどの工夫が必要です。

そして、それらの調整をすることもフロント業務の大切な仕事の1つなのです。

他の部署のサポート

これは、簡単に言うとその時々でもっとも忙しい場所のヘルプにまわることです。

実際に筆者の場合にも食事時にはレストランへ行き、その後はお布団ひき、最後には洗い場に行き、洗い物をするなど本当に多くの業務をこなしていました。

フロント業務はずっとフロントにいるわけではないのです。

ホテルフロントに向いている人の特徴とは?

さて、ここからは実際にフロント業務に向いている人の特徴について見ていきましょう。

ホテルのフロント業務に向いている人には3つの特徴があります。

人と話すことが好き

ホテルのフロント業務は宿泊客から業者に至るまで最も多くの人と顔を合わせ、対応することが求められる仕事です。

それゆえ、人と話すことが好きな人は向いていると言えるでしょう。

人と話すことが好きな人というのは、会話しているときに自然と笑顔になることができます。

そして、この笑顔というものはサービス業にとって非常に大切な要素なのです。

常に冷静でいられる

繁忙期や急なトラブル下においてもパニックを起こさないでいられる冷静さを持っている人も向いていると言えます。

ホテルでは様々な問題が常時発生します。

それらに対して冷静にその対処法を考えることができる人はスムーズに仕事に慣れることができるでしょう。

全体を見渡すことができる

もしあなたが物事の“全体を見渡すことができる”眼を持っていれば、まさにフロント業務はあなたの為にある仕事だと言えます。

フロントの仕事には手が足りていない部署のお手伝いをするという役割もあります。

それゆえ、ホテル全体の中で「今どこが最も忙しいのか?」ということを把握し、行動に移す必要があるのです。

ホテルフロント求人でよくある募集内容とは?

勤務時間と休日について

ホテルフロント求人で一般的な勤務時間と休日についてですが、勤務時間は平日で8~9時間程度です。

繁忙期や土日・祝日はこれに加えて忙しい部署のヘルプなどがあるために残業が増える傾向にあります。

休日は平日になります。

連休を取ることはなかなか難しいですが、従業員同士でコミュニケーションを密にすることで調整することができるようになります。

福利厚生

ホテルに務める”特典”とも言えるのがホテル業界ならではの「福利厚生」でしょう。

私が務めていたホテルは全国展開しているホテルでした。

宿泊の際には”50%OFF”で家族も同様の割引を使うことができました(繁忙期を除く)。

これで、家族を招待して親孝行や家族孝行をすることができました。

また、ホテル内にあるレストランも半額程度で利用することができると同時に、温泉には無料で入ることができました。

今思えばかなり恵まれた福利厚生だと言えますよね。

持っていると有利になる資格

ホテルフロントでは、次の3つの条件のいずれかを満たしている必要があることが多いです。

サービス業の経験を有すること

ホテルのフロントは身だしなみや接客態度が非常に大切になります。

そのため、これまで接客業を経験した人を採用しやすい傾向にあります。

外国語に長けていること

2020年の東京オリンピックや近年急増している外国人観光客への対応ができる人を求めているという傾向があります。

これはすなわち、英語力を有しているか否かが合否を分ける大きなポイントとなっているようです。

英語の具体的な目安としては、TOEICで730点、英検で準1級程度の英語力が望ましいでしょう。

さらに、近年の傾向として“中国人観光客”にターゲットを絞ったプランを打ち出しているホテルが急増しています。

この背景には、爆買いなどで日本に押し寄せる中国人観光客を囲い込みたいという狙いがあります。

このような流れから、今後中国語を話せるホテルフロントマンが重宝されるようになるでしょう。

もし、あなたが中国語をマスターしているのであればホテルフロントになる日は非常に近いと言えます。

国内旅行業務取扱管理者の資格を有すること

著者は入社時に、国内旅行業務取扱管理者の資格を有することを義務付けられました。

これは国家資格であり、各ホテルはこの資格を有する従業員を必ず一人以上置くことが義務づけられています。

業界内にも意外にこの資格を有している人は少ないのでもし何か資格を取ろうと考えておるのであれば是非オススメの資格です。

これを取得することで、求人に対する必要条件を満たすことができる可能性は非常に高まると言えるでしょう。

ホテルフロントおすすめ求人のポイントとは?

今、あなたがホテルのフロント求人を熱望していたとして、星の数ある求人情報の中でいったいどのような求人を選べばよいのでしょうか?

求人情報に記載してある情報と実際の労働条件が全く異なっていたということがあるので要注意です!

残念ながらこのような事例はホテル業界をはじめとしたサービス業界ではさほど珍しいことではないのです。

優良案件かブラック案件か見分けるポイントをご紹介します。

各ホテルにおける従業員数

仮に、あなたの勤務予定のホテルの従業員数が非常に少なかったとします。

それは、すなわち重労働を強いられる可能性が非常に高いということです。

ホテルは近年、経費を削減するために従業員を減らす傾向にあります。

ホテルの規模にもよりますが、最低でも各セクションに10名程度の人員がいればまず第一段階はクリアと言えるでしょう。

残業代支払いの有無

確認すべきは“残業代支払いの有無”についてです。

往々にして、ホテル業界は“固定残業代”として月に定額の残業代を支払うことで金額以上の残業を強いることが多いです。

しかし、中には残業代を満額支給してくれるようなホテルも存在します。

あなたが選ぶべきはまさにそのような企業であるといえます。

そうしなければ、ホテル側にあなたの大切な時間を搾取されることになるでしょう。

昇給の有無

最後に、“昇給の有無”を確認する必要があります。

この手の案件は時に交渉が必要になりますが、基本的には年間5千円から1万円程度は昇級してもらうように働きかけ、それを受け入れてもらう必要があるでしょう。

この際に、その条件をスムーズに受け入れてもらうためにはあなたにも飛び道具が必要です。

ここで言う飛び道具とは、英語や中国語をはじめとする語学力や先筆した国内旅行業務取扱管理者の資格取得などがそれに当てはまるでしょう。

いずれにせよ、ここの条件すべてを満たしていれば優良求人であると言えます。

どんなに妥協したとしても最低1つはこの条件を満たしているようでなければそれは恐らくブラック求人であると考えられます。

また、巷に出ている求人の8割以上が実はこのブラック求人なのです。

つまり、あなたがこの条件を知らなければ、求人内容が当たり前のように思えてしまいます。

しかし、根気強く探せば優良な求人は必ずあります。

あたなの大切な時間を使うわけですから、将来性のある求人に応募することをオススメします。

ホテルフロント業務のやりがい

お客さんに「ありがとう」と言われたとき

王道ですがやはりお客様の”ありがとう”と”笑顔”にまさるやりがいはありませんね。

どんなに業務が忙しくてもそんなありがとうの一言でいくらでも体力とモチベーションを向上させることが可能になるのです。

自分が対応したお客様がリピーターになってくれたとき

数多くのホテルの中から自分が対応してくれたお客様が再訪してくださったときの気持ちはとても文字にすることはできません。

特に、”あなたにまた会いにきました”と言われた際には失神ものです。

この時感じるやりがいを是非味わっていただきたいものです。

仕事が認められて昇進したとき

日々の努力や成果が認められて昇進した際にもとてもやりがいを感じます。

そしてまた頑張ろう!という気持ちになります。

日々の努力を続けることでこの達成感を味わうことができるようになるでしょう。

ホテルフロント求人の気になる疑問にお答えします!

ホテルフロント求人に関するよくある質問にお答えします。

残業時間はどれくらいありますか?

これは本当にシーズンによって異なります。

繁忙期にはかなりの残業時間が強いられますが、閑散期には提示前に仕事を終えて帰宅することもできます。

1年を通して常に残業に追われるというようなことはないのでご安心ください。

どんな時にやりがいを感じますか?

これも人それぞれかと思います。

しかし、多くのフロント担当の人が共通して口にすることは、ありきたりですがお客様の笑顔が見れたときだそうです。

実際、私自身もそのような時には幸せを感じていました。

ぶっちゃけ!ホテルフロント求人の給与はどれくらい?

これはあなたが勤務しているホテルの規模や売り上げにも大きく影響する為にひとえに○○円だと定義することは難しいでしょう。

しかし、あえて一言で言うならば、一般的なサラリーマン程度の収入であることが多いようです。

多くの金額を求めるような人は、別の仕事を探すことをおすすめします。

ホテルフロントの給料は、こちらの記事を参考に!

まとめ

いかがでしたか?

この記事を通してあなたのフロント業務に対する仕事のイメージが明確化されることを願います。

フロント業務の仕事は本当に多岐に渡り、時には多くの苦痛を味わうこともあるでしょう。

しかし、それとは比較にならないほどの素晴らしいやりがいに満ち溢れた仕事であることは間違いありません。

是非、あなたが素晴らしいホテルフロントのスタッフとして、多くの宿泊客に素晴らしい思い出と素敵な笑顔を提供できるようになる日が訪れることを心から祈っています。


関連キーワード

ホテル求人

ホテルフロント求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホテルフロント正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

フロントといえば、ホテルの顔と言っても過言ではない、と思われている方もたくさんいるでしょう。そんなフロントのお仕事、一見華やかに見えますが実際はどうなのでしょうか?今回は、ホテルフロント正社員求人でよくある業務について紹介していきたいと思います。ホテルフロントはどんな仕事?ホテルのフロント業は、おおまかに3つあると考えてください。1つずつご紹介していきます。1:お客様のチェックイン、チェックアウト業務チェックインは、お客様がホテルに到着し、スムーズにお部屋に案内する作業です。予約をとられて来るお客様の場合は、宿泊人数、お名前、お食事、お部屋は合っているか?などの確認が必要です。これが、飛び込み

ホテルフロントバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

ホテルフロントバイトといえば、華やかで他のバイトに比べると敷居が高そうな感じがしますが、実際はどうなのでしょうか。ホテルのフロントバイトは大変なのか?やりがいは感じられる仕事なのか?など、ホテルフロントバイト求人でよくある仕事内容について解説します。ホテルフロントバイトはどんな仕事?お客様がホテルに入ってすぐに対応するのが、フロントスタッフです。ホテルの印象を左右するといっても過言ではありません。常に笑顔を絶やさずお客様に対応しなければならず、バイトといえども、お客様からは色々な対応を求められる仕事になります。ホテルフロントバイトの大まかな仕事内容接客・フロント業務お客様がホテルに到着された時

ホテルフロントの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ホテルフロントで働くというと、華やかなイメージがあり、憧れを抱く方も多いでしょう。実際はどうなのでしょう。やりがいがあり、楽しく仕事ができるのでしょうか。現実は厳しい世界なのでしょうか。ホテルフロントの仕事の向き不向き、またホテルでのキャリアについて解説します。ホテルフロントの仕事はどんな仕事?ホテルのフロントに立ち、一流の接客をお客様に提供する仕事です。またお客様からすると、フロントスタッフの対応でそのホテルの印象を左右するといっても過言ではありません。常に笑顔を絶やさず、好印象を持っていただけるよう対応しなければならず、気を抜けない仕事でもあります。ホテルフロントの仕事の大まかな仕事内容フ


ホテルフロント求人に関するコラム

ホテルフロントの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

今回は今更聞けない!だけどきちんと把握しておきたい!そんなホテルフロントのお給料の事について書いていこうと思います。お給料いくらなの?なんて友達や知り合いに今更きけないですよね。面接に行く前にきちんと知っておきましょう。ホテルフロントの大まかな仕事内容は?ホテルのフロントのお仕事は、おおまかに説明すると チェックイン業務 チェックアウト業務がメインです。チェックインは、お客様をお出迎えする仕事です。お名前や、お部屋番号を確認してお客様をお部屋に案内、また館内の設備説明やお食事の時間の確認などをします。チェックアウトは、お客様をお見送りするお仕事です。チェックアウトは清算があるので、お金が絡みま

ホテルフロントになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職まで経験者が解説!

ホテルフロントのお仕事ってどんな感じなの?具体的に何をしているの?ホテルフロントになるにはどうすればいいの?ホテルのお仕事に少しでも興味がある方は、今までにも色々と調べられたと思いますが、実際どんな業務内容で、どのような資格、またはスキルが必要なのでしょうか?経験者がお教えします!!ホテルフロントスタッフになるには?ホテルフロントで働くためには、ホテルへの就職が必須です。例えば、フロントスタッフとしての求人募集がなくても、ホテル内他部署での求人募集があった場合、初めはフロント以外の部署での業務になりますが、希望を出していて、個人の能力が認められれば、フロントへの異動もあり得るのです。フロントス

ホテルフロントの仕事でやりがいを感じる5個のこと

ホテルのフロントの仕事って大変なんじゃないの?やりがいなんて感じられるの?そう思われている方も多いと思います。実際、どんな場面でやりがいを感じることができるのでしょうか?実体験を元にお話しします。ホテルフロントはどんな仕事?接客応対・電話応対などの、お客様と関わる業務をはじめ、宿泊予約管理やホテル内清掃等、フロント業務は多岐に渡ります。接客業務(チェックイン業務)お客様をお迎えし、お部屋の手続き・案内をするチェックイン業務があります。事前に当日チェックインされるお客様情報を把握し、準備できるもの(食事券など)を用意しておきます。チェックインの際には、お客様にお名前・ご住所等の記載をいただき、ホ

ホテルのフロント辞めたい…と言う人の5個のよくある理由とその対策とは?

ホテルのフロントで働くことを希望し、実際働いたけど…やっぱり自分の思っていた世界ではなかった。辞めたい…。なんて思っている人はいませんか?せっかくホテルのフロントで働くという夢を叶えたのだから、辞めてしまうのはもったいないです。これからホテルのフロントで働く人にとっても、どの様な理由で皆辞めていくのか、興味がありませんか?ホテルフロントの仕事に対して「忙しい」「大変」など、いいイメージも大きいかと思いますが、とてもやりがいのある仕事なのです。しかし、離職率は高く、スタッフの入れ替わりも激しいのが現状です。ではなぜ皆フロントの仕事から離職するのでしょうか。スタッフ間の人間関係はさておき、考えられ