ホテルのフロントで働くことを希望し、実際働いたけど…やっぱり自分の思っていた世界ではなかった。

辞めたい…。

なんて思っている人はいませんか?

せっかくホテルのフロントで働くという夢を叶えたのだから、辞めてしまうなんてもったいないじゃないですか。

また、これからホテルのフロントで働く人にとっても、どんなことで皆辞めていくのか、興味がありませんか?

ホテルフロントの仕事に対して、忙しい、大変など、いいイメージがないのが現状ですが、とてもやりがいのある仕事なのです。

しかし離職率は高く、スタッフの入れ替わりも激しいのが現状です。

ではなぜ皆フロントの仕事から離職するのでしょうか。

スタッフ間の人間関係はさておき、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

「ホテルのフロント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ホテルのフロントの仕事環境とは?

ホテルのフロントの仕事環境は、はっきりいって良くありません。

サービス業ですので、基本的に世間が休みである休日や大型連休などは、決まって仕事です。

また休日も少ないですし、シフト制での勤務となりますので、勤務時間が日々で異なります。

お給料も、ホテル業界全体を見ても、決して高いとはいえないのが現状です。

そんな環境で仕事をしていても、お客様がご希望されることには、必ずお応えするというのが最重要事項となりますので、ストレスもかなりたまるでしょう。

シフト制での勤務について

ホテルフロントの勤務は、フロントスタッフ全員、シフト制での交替勤務となります。

日勤・夜勤に始まり、早朝からの勤務や、深夜時間帯に勤務が終了するシフトなど、ホテルにより勤務時間も異なってきます。

またホテルを利用されるお客様は、大型連休や休日などで増えるわけで、そのような世間が休みである休日には、基本的には仕事になるわけです。

月に決まった日数の休日はありますが、連続で数日休むなどというのは、少し難しいかもしれません。

お給料について

ホテルスタッフの平均年収は、同じサービス業の他業種に比べて、少し低いのが現状です。

フロントスタッフに関しても同じことがいえます。

早朝手当・深夜手当・泊まり勤務手当などで基本給にプラスされる部分はありますが、お給料自体、ホテルの業績に大きく関係してくる為、今後ホテルフロントで働きたいという方は、事前にホテルの業績等を調べておくとよいでしょう。

お客様への対応について

お客様がホテルに来られて、初めに対応するのが、フロントスタッフになりますので、その時の対応次第で、お客様が持たれるそのホテルへの印象が変わってしまいます。

お客様に良い印象を持っていただけるよう、また気持ちよく宿泊していただけるよう、フロントスタッフとしては、最大限のおもてなしをして、お迎えする必要があります。

また、基本的にお客様が希望される事柄については、NOとは言えません。

どんな状況であっても、お客様のご要望にお応えするのが、フロントスタッフの仕事になりますので、その時々でまわりの状況を把握し、的確に行動することが求められます。

毎日多くのお客様に接する中で、学べる事も本当にたくさんありますが、時にはお客様からのクレームなどにも対応しなければなりません。

これはホテルフロントだけに限らず、接客業全般にいえることですが、それらの中で実際ストレスもたまり、日々の業務に影響が出る恐れもあります。

\今の仕事を辞めるか迷ったら/

ホテルのフロント辞めたい…5個のよくある理由とそれの対策とは?

では実際、ホテルのフロントを辞める人は、何がきっかけで辞める決断をしているのでしょうか?

何か対策をすれば、それを避けることができるのでしょうか?

勤務体制

ホテルフロントの勤務は、上記でも説明したように、シフト制での勤務です。

『毎日朝同じ時間に起きて、仕事に行き、夜帰宅後、毎日同じような時間に寝る』なんていう生活を送ることは、不可能です。

早朝から勤務の日もあれば、夕方から深夜にかけての勤務、また夜勤の日もあります。

そのように様々な勤務体制がパズルのように組み立てられ、フロントスタッフ全員でまわしているのです。

毎日こんな生活を送っていると、やはりしんどいと思うことも多いでしょう。

また女性ですと、結婚・妊娠をし、育児休業を取ったとしても、子供を育てながら、このシフト制での勤務は、少し無理があるかもしれません。

それに対する対策とは?

まずは体力をつけること。

これに限ります。

どうしても、日々様々なシフト制での勤務となりますので、体への負担は、かなり大きいです。

体力がなければ、この勤務を続けるのは難しくなりますので、体調管理をしっかりし、体力をつけることは、この仕事をする上で、必須となるでしょう。

お給料など待遇面

「仕事内容に比べて、お給料が低いから、フロントの仕事を続けられない。」

これが離職理由として、一番多いかもしれません。

それに対する対策とは?

入職する前に、そのホテルの業績などをしっかり調べておくことや、手当やボーナスなどの待遇面も詳しく調べておけばいいでしょう。

また今現在、ホテルフロントスタッフとして働いていて、上記の理由で離職を考えている方、もしまたフロントスタッフとしての勤務を希望されるのであれば、今よりいい状況で仕事ができるように、様々なホテルの待遇面等調べてから、求職活動をするといいでしょう。

実際、より良い待遇を求めて、同じホテルフロントスタッフへ転職は多いです。

お客様への対応(接客)

毎日多くのお客様と接する中で、どうしてもこれは理不尽だ、という場面に出くわしてしまうこともあります。

基本的にお客様のご要望される事柄については、フロントスタッフとして、NOと言うことができません。

どうしても無理なご要望などには、こちらから代替案を出し、お客様にご納得いただけるよう、お話するほかないのです。

また、お客様からのクレームなどにも対応する場面も出てきます。

このような場面でも、お客様にこれ以上嫌な思いをされないよう、言葉を選び、慎重に対応する必要があります。

それに対する対策とは?

これは、接客業をする上で、避けては通れない道なので、どうしようもないと言われればそれまでですが、同じフロントスタッフとして働く仲間や、ホテル内他部署のスタッフなど、色々な方の意見を聞くことにより、自分では考えられなかったような対応策が見つかったり、また話を共有することにより、自分が抱えている接客からくるストレスなど、少しは改善できるかもしれません。

特にクレーム対応などは、一人で処理してしまおうと考えず、他スタッフや上司などに報告し、共有することで、自分一人で抱え込んでしまう環境より、より良い方向に進んでいくはずです。

自分が思っていた世界とは違った

『華やかで輝いている世界』『みんなテキパキ働いている』

などというような理想を抱き、ホテルフロントスタッフの職に就いた人も少なくないはずです。

しかし、実際日々業務にあたる中で、「こんなはずじゃなかった。」「働いている自分が、思い描いていた自分ではない。」などというような理由で、離職を考えてしまう人もいるでしょう。

そのように思ってしまう程、ホテルフロントの仕事は生易しいものではありません。

それに対する対策とは?

みなさんやはり理想や希望を持って、職に就かれるわけですが、理想と現実はかけ離れていた、とがっかりした経験もあるはずです。

しかし、これはホテルフロントスタッフに限ったことではありません。

他の様々な職業に関してもいえることで、実際働いてみると、理想と現実のギャップに驚き、今後やっていけるのだろうか、と悩まれる人もいるはずです。

ホテルフロントスタッフの仕事は、簡単なものではありません。

しかし、それ以上にとてもやりがいがある仕事なのです。

フロントでの業務を始めた当初は、特にこのように悩むこともあるかと思いますが、これを乗り越えると、やりがいを感じることができ、フロントでの業務が、とても楽しく感じることができます。

色々と覚えなければならない事があったり、またお客様と接する中で、色々と悩む事がでてくると、理想と現実のギャップにがっかりしてしまうかもしれません。

初めは誰でも初心者です。

その先にあるやりがいを感じられる世界にたどり着くまで、今しばらく頑張ってみるというのも、一つの手です。

そのホテルが自分にあっているかどうか

同じホテルといえども、シティーホテルとビジネスホテルでは、利用されるお客様の形態も異なってきますし、フロントの業務内容も異なってきます。

それに伴い、任される業務内容も違いますし、また休日等、いつが取得できやすいか、などという待遇面でも変わってきます。

それに対する対策とは?

シティーホテルでは、大型連休や年末年始、週末など、世間が休みの時が一番忙しいです。

それとは逆に、ビジネスで利用されるお客様が多いビジネスホテルでは、休日より平日の方が忙しくなるのです。

やはりホテルが一番忙しい時というのは、いくらシフト制といえども、スタッフの連休など取りづらいのが現状です。

そのホテルの利用状況によって、スタッフ個人の休日も決まりますので、それらも踏まえて考えるというのも、一つの手です。

またシティーホテルでは、基本的に宿泊予約担当のスタッフやフロア案内のベル係、客室清掃を担当する部署などがあります。

早朝や夜間時間帯など、他スタッフが不在の場合は、フロントスタッフが対応する場合がありますが、日中に限り、フロントの業務に専念することができるでしょう。

それに対して、ビジネスホテルのほとんどは、フロントスタッフがほとんど全ての業務を担当しなければなりません。

フロントでの接客業務をしながらの、宿泊予約の管理や、外線電話の応対、また客室清掃の最終確認や、清掃スタッフが足りない時などは、フロントスタッフ自ら、客室清掃することもあります。

このように、シティーホテルとビジネスホテルでは、業務内容が異なってきますし、またお客様から求められる接客の質も変わってくるのです。

今働いているホテルが本当に自分にあっているのか。

スキルアップや業務内容変更を求めて、違うホテルへの転職をする人も多いです。

今の状態のままお仕事を続けて、ホテルフロントの仕事が嫌になってしまっては、今までの経験が活かせません。

「今のホテルは辞めたいけれど、ホテルフロントの仕事は続けたい。」という人は、他のホテルへの転職をお薦めします。

\今の仕事を辞めるか迷ったら/

ホテルのフロントの仕事は大変でも、辞めないために皆さんに伝えたいこと

ホテルのフロントスタッフとして働くことは、決して楽で簡単なことではありません。

だからこそ、日々お客様と接する中で、様々な経験ができますし、また様々な事柄を学ぶこともできるのです。

実際、フロントでの業務を経験してみないと、ホテルフロントの仕事のどんなところが大変なのか、理解しがたいかもしれませんが、大変さ以上に、とてもやりがいがある仕事であると、声を大にして言いたいくらい、おすすめの仕事なのです。

せっかく夢と理想を持って、ホテルのフロントという仕事に就いたのですから、辞めるという決断をする前に、今一度、考え直してみてはいかがですか。

本当にやりがいが感じられる、オススメのお仕事です。

「ホテルのフロント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ホテルフロントで働くみなさんは、ホテルフロントという職業に夢や憧れを持ち、この世界に入ってきたことでしょう。

また今、「ホテルフロントで働きたい」という夢をお持ちのみなさんも、同じことが言えるはずです。

ホテルのフロントで働くということは、決して楽ではありません。

他のサービス業に比べて休日も少ないですし、給与など待遇面でも劣る場合があります。

外からフロントを見るのでは、キラキラと華やかな世界に見えることでしょう。

しかし実際働いてみると、業務の多さや、日々経験する、多種多様な事柄に対する対応能力が必要とされる世界についていけず、フロントの仕事を辞めるという選択をする人が出てくるのが事実です。

でも待ってください。

少し考えてみてはどうでしょうか。

こんなに様々な経験ができ、また多くのお客様と接する中で、自分自身を成長させることができる、とてもやりがいの感じられる仕事なのです。

せっかく夢や憧れを持ち、ホテルフロントという職業に就いたのですから、ぜひ今後もホテルフロントでの仕事を続けてみてはいかがでしょうか。

  ホテルの仕事を探せるおすすめ求人サイト
  ホテルの仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
2位
テレビCM『条件は、今よりいい会社』でお馴染みのdoda。転職の条件を有利になるようサポートしてくれます。 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

ホテルフロント求人