今回は、ホテルでのアルバイトについてご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、仕事内容、時給の相場、ホテルアルバイトのをやってて良かった4個などをご紹介していきます。

ホテルによってもちろん差異はありますが、なるべく共通の部分を中心に書いていければと思います。

不安なこと、気になることにお答えしていこうと思いますので、是非最後までお読みください!

ホテルアルバイトの仕事内容 

ホテル業務と言っても大きな宿泊施設の中ですから、そのポジションや業務内容は様々です。

幾つかご紹介致しましょう。

フロントでの接客対応

フロントでは宿泊客のチェックインやチェックアウト以外にも、お客さんからの問い合わせ対応、スケジュール管理やお会計等、様々な業務を担います。

ホテル全体では各ポジションに分かれそれぞれがそれぞれの仕事について把握している為、フロントと言えどもそのホテルのことについて万能ではありませんが、宿泊客はフロントのスタッフをとても頼りにしています。

わからない問い合わせをされることも多い為、他部署への確認を取ることもあるので、他のポジションとの連携を速やかに行い、お客さんにストレスなく案内を出来るスキルと接遇マナーが必要とされます。

客室までの案内

主にベルパーソンと呼ばれるポジションで、宿泊客を客室までの案内をする役割です。

荷物も運びながら、お客さんにホテル内の説明も行います。

お客さんのフロントでの手続きが終わるのをロビーで待機している時間があるので、フロント同様、宿泊客から声をかけられ、様々な質問をされるので、ホテルの事についての総合的な知識が求められます。

そしてこのポジションになるには、特に資格は必要無いですが、専門学校等での勉強や、英語コミュニケーション能力等が求められる所もあります。

客室清掃

ハウスキーピングというポジションです。

客室清掃、ベッドメイキングや、タオルなどのアメニティ補充、冷蔵庫内チェック、浴室の清掃も行います。

リネン交換は、リネンを回収したり運んだりと体力勝負の仕事になってきます。

信じがたい程に汚れている寝室や浴室もあるので、ホテル業という華やかなイメージのお仕事とはギャップがあるかもしれない為、心構えはあった方がいいでしょう。

特別な資格は必要無く、未経験から始めることが出来ます。

玄関対応

ドアマンというポジションです。

車の誘導や、バス・タクシー等の手配と受付手続き、お荷物をお預かりしたりします。

玄関の外での業務が多い為、天候の影響を受けやすく、これも中々の体力勝負となります。

そしてドアマンはそのホテルの「顔」と言えます。

常に人の目に触れるポジションなので、体調が優れない日、寝不足な日等も、どうにか出勤するだけではなく、その「負の状況」を顔に出すわけには行きません。

普段の生活の中でも常に体調や感情のセルフマネジメントが求められます。

注文受付対応

ルームサービスと呼ばれるポジションです。

客室に常備されているメニューから厨房を受け、受付内容を厨房へ伝達し、料理を客室まで運びます。

時として、メニューには無い要望を受けたりすることもありますが、これにも可能な限りお応えできる様、最善を尽くします。

自分の判断だけでは決定し兼ねる注文もあるので、他のスタッフに相談する必要がある時もあります。

ホテルアルバイトの時給の相場はどのくらい?

時給の相場

ホテル業でのポジションや経営陣側の条件にもよりますが、おおよそ1,000円~1,500円程度が相場となっています。

アルバイトの労働賃金としては高時給だと思っていいでしょう。

しかし、上記以下の時給の所も存在しますが、幾分労働量が軽減されていたりするので、自分が何を重要視するかによっては、どの程度が割に合うかを考えて、多少安めの所を選ぶ人もいますのでよく考えてみましょう。

基本給以外のものは、どうなっているの?

昇給

経営元にもよるので面接時に各自確認をすることをお勧めしますが、経営側も人材には長く定着して欲しいはずで、2~3年程で昇給出来る所が多いです。

勤続年数の長さによるメリットはあります。

各種手当

交通費の手当は義務付けられているわけではありませんが、今はだいたいどこでも手当がつくと思って良いでしょう。

あとは、22時以降の勤務には夜勤手当等もあり、これにより結構効率よく稼ぐことが出来ます。

念の為、交通費支給の有無や、夜勤手当の額などは、各社に確認してみましょう。

待遇・福利厚生

賃金の話とは少しずれますが、経営元や配属ポジションによっては、例えばまかない食、割引、寮の完備で、所によっては寮の光熱費も負担してくれるところもあります。

生活に直接関わる部分のバックアップは、時給換算すると相当好条件ですよね。

こういった所も考慮しながら職場選びをすると、生活がかなりラクになることでしょう。

ホテルのアルバイトをやってて良かった4個のこと

ホテルでの労働はきついというイメージが強いかもしれませんが、勿論良い事ややりがいにつながる事も多いです。

是非、モチベーションにつなげて良いサービスを提供していきましょう。

チームワークによる達成感

多くのお客さん、多くの部屋の対応、問題解決に追われる日々の中、これを一人で捌くことは不可能です。

いかに仕事をうまくこなしていくかは、スタッフ同士の連携が鍵となってきます。

繁忙期等、怒涛のように宿泊客が来訪される時には、この一体感や連携による達成感はひとしおです。

お客さんから感謝の言葉をもらえた時

どのポジションでの業務も接客業に相当します。

困難も多いことは否めませんが、直接お客さんとやりとりする機会が多く、こちらの誠意が相手に通じた時、お客さんから一言「ありがとう」という言葉を頂いた時の喜びは、今、ここで書き記しただけでは理解に及ばないでしょう。

実際にその時にその言葉を頂くことが出来た本人だけが実感出来る喜びに相違ないからです。

系列ホテルや施設が社割で安く利用できる

意外と見逃しがちな特典です。

経営元にもよりますが、ホテル以外にも、提携している施設で割引が利くところが結構多かったりするのでこれを使わない手はありません。

まかない食が出る

ホテルの規模により豪華さは違って来ますが、少なくとも自炊するよりはとてもいい食事でしかも美味しい。

私も、食費が浮くのは非常に助かりました。

この様に、生活に密接した特典がある場合は、給与に換算すると非常に大きなメリットです。

ホテルアルバイトで身に付く力

ホテルでの業務で、他の業界でも役立つ物、学んで得する物もあります。

そこで得た様々なスキルは必ず今後の人生の中でも役立てることが出来るはずです。

英語力

勿論、英語が話せなくても、話せるスタッフに振れば自分の仕事は出来ますからやり過ごすことも出来ます。

ただし、それで英語力が身に付くわけではありません。

要は気の持ち方です。

「話せなくても他の人に対応してもらえばいいや」で終わってしまう人はそこまでですが、「ああ、自分も英語で対応することが出来たらな」と思う人は英会話の勉強に励みます。

学校での勉強や受験勉強等の無機質なアルファベットとのにらめっこではなく、必要に迫られての勉強は必ず成果を発揮できますし、その成果を実感出来た時の喜びは筆舌に尽くしがたいものです。

それがさらなるやる気につながり、「何となくニュアンスが伝わった」という程度から、業務レベルのコミュニケーションにまで上達することも夢ではありません。

そして当然、そういったスキルは他の舞台でも役立てることが出来るはずです。

接客・接遇・ビジネスマナー

仮に、将来携わる仕事が接客業でなかったとしても、このスキルの習得は必ず役に立ちます。

仕事には必ず「人」が関わって来るからです。

同じ職場の人材とのコミュニケーションなど、これが活かせる場は無限でしょう。

そしてホテル業ならではの「物腰の柔らかさ」は机上論で得られるスキルではなく、現場での経験が活かされたもので、これはあらゆる業界でのクレーム等のトラブルの防止や、解決にも役立ちます。

そして企業の第一印象というのは、得てしてこういう所で決定づけられるのです。

連携力・コミュニケーション能力

スタッフとの連携はどの業界でも不可欠です。

連絡事項の申し送り等も、自分が「言ったつもり」というのは通用しません。

「伝わった事」が「伝えた事」となります。

誤解の生じないように正しく伝達事項を伝えるのは、スタッフ同士のみならず、お客さんとのコミュニケーションでも同様であり、このスキルの習得は他の業界でも必ず役立てる事が出来ます。

ホテルアルバイトの大変な点

理想と現実のギャップ、という言葉をよく耳にしますが、ネガティブに考えるのではなく、ある程度の心構えをしておくことでそのギャップは最小限に抑え、やりがいを見出すことも出来るので、ホテルでの業務の大変な所も把握しておきましょう。

クレーム対応

お客さんから苦情が出ることもあり、その対応力も求められます。

誠心誠意尽くすことでご理解頂けるお客さんもいれば、頑として折れない人もいます。

この場合、相手を打ち負かすのではなく、いかにお客さんの要望にお応え出来るか、出来ない場合には代替案を提示したりする対応力が求められます。

基本、無理難題であってもホテル側はNOと言いません。

しかし出来る事と出来ない事があるのも事実。

ここは非常に際どいやりとりとなってきますし、カチンと来ることがあっても、どうしたらご納得頂けるかを考え抜きます。

迅速な対応が求められる時間との闘い

マニュアルや机上論通りに実践していては片づけられない仕事の量です。

機敏な動きは勿論ですが、複数の業務を並行してこなすマルチタスク能力も求められます。

仕事の件数が何件だろうと関係なく、お客さんのチェックイン・チェックアウト等のスケジュールに間に合わせる、というのがタイムマネジメントの基準になります。

体力勝負

ラグジュアリーな雰囲気で優雅に「いらっしゃいませ」というイメージ通りにはいかないでしょう。

汗にまみれながら常に忙しく動き回り、特に客室清掃では窓拭きやリネン交換等も力を必要とします。

ベッドからはがす力もですが、まとめるとリネン自体も結構な重量で、大量のリネンを積んだカートや台車の移動も力仕事になります。

配膳サービス等でも重量のあるものを運ぶことになります。

ドアマン(玄関対応)のスタッフの様に、待機時間のあるポジションも、常に立ち仕事である上に、ホテルの顔として姿勢を保ち続けなくてはいけない為、足よりも背筋に疲労が蓄積されやすいお仕事です。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

基本、雇用期間が決められていないことがほとんどで、安定して職務に携わることが出来ます。

昇給等も、アルバイトでも適用されますが、長期勤務によるメリットはやはり正社員の方が大きいでしょう。

その他、手当、福利厚生、待遇等の付加価値もアルバイトよりも正社員の方が優遇される傾向が強いです。

アルバイト

扶養範囲内で働きたい、はずせない用事が有る等、致し方ない事情においては勤務日数の調整がしやすいです。

ただしホテル業に限っては、アルバイトと言えども土日祝日の休みは取りづらいと思っておいた方がいいでしょう。

正社員よりも採用されやすく、多くの仕事を経験したい、または将来のホテル業か類似したサービス業を目指す人にとっては良い足がかりとなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホテル業のメリットやデメリット等についてご紹介してきましたが、確かにホテル業はラクな仕事ではありません。

しかし、お仕事ですからそれは当たり前なのです。

どの仕事にも大変な事はついて回るわけですから、重要なのはネガティブに捉えるのではなく、メリットやデメリットを正しく把握し、自分に合ったお仕事に就くということです。

お客さんの為に、誰かの為に尽くす心と、活躍したい向上心があると自分の中に感じるのであれば、向いていると思って良いのではないでしょうか。

皆さんが幾多の困難も乗り越え、素晴らしいサービスを提供し、お客さんに満足してもらえる事を心よりお祈り致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。


関連キーワード

ホテルバイト求人

ホテルバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホテルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

皆さんホテルのバイトに興味はありませんか?ホテルのバイトに興味があったり、これからホテルのバイトをしてみたいと考えている方はいませんか?また、ホテルのバイトって稼げるって聞いたことがあるけど実際にホテルのバイトって稼げるの?本当のところはどうなの?って思っている方も多くいるのではないでしょうか?今回はそんな方必見!ホテルのバイトの時給っていったいどのくらい?ホテルのバイト経験者の私が気になるホテルのバイトの時給や給料を上げるにはどのようにすればいいのか、ポイントやコツを教えます。ホテルのバイトに興味があったり、これからホテルのバイトをしようかなと考えている方は要チェックです!ホテルバイトの給料

ホテル宴会バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ホテルバイトの求人には、たくさんの種類があります。今回は、これを見ている方が自分に合った求人を見つけられるよう、学生時代にホテルバイトをした経験をもとにホテルの宴会バイトについて詳しく書いていきます。ホテル宴会バイトはどんな仕事?ホテルで接客をする、ウエイターのお仕事です。結婚式の披露宴やパーティーなどが行われることが多いので、「人生の大切な日」のお手伝いをするのがホテルバイトのお仕事です。接客業ですが、レストランや居酒屋とは少し異なり、フォーマルなシーンで仕事をすることになりますので、服装やマナーなど厳しい場合が多いです。ホテル宴会バイトの大まかな仕事内容例えば、披露宴などの宴会の配膳係では