新潟っていうとまだまだ田舎なイメージがあると思います。

事実中心街から少し離れると田舎だと思います。

そんな田舎でどんな仕事があるのか。

またどれくらい稼げるのか。

など思うところは様々だと思います。

なので今回は少しでも新潟の求人情報などを知ってもらい、県外の方や県内の方に就職するときの参考にしてもらえればと思います。

新潟ってどんな街?

新潟県は日本海に面した都道府県で一番大きな県です。

上越・中越・下越・佐渡と四区分に分かれとり、いずれも中心部では賑やかな街が広がっています。

また、2015年にはNGT48ができたり、映画のロケ地にもなることが多く、メディアの需要も年々少しずつ上昇してきていると言えます。

新潟求人の特徴は?

飲食店が多い

新潟といえばお米やお酒など、まだまだ食がおいしいってイメージが一番に来ます。

そのためか新潟は飲食店が多いです。

全国チェーンのお店も、地元に根付いたお店たくさんあります。

よって新潟の求人を調べると飲食店が一番多いです。

高校生など学生ができるアルバイトの範囲はとても狭いです。

放課後の僅かな時間しか働けないので、企業としても採用できないのです。

でも飲食店の場合、混む時間帯と学生が働ける時間が被るので人手が多いと助かります。

なので飲食店の求人が多い新潟は学生のアルバイトには選択肢が多く強い味方なのです。

販売業が多い

飲食店も多いですが販売業接客業も求人が多いのが特徴です、スーパーとかカフェなどが該当しますが、販売業や接客業も学生歓迎のところが多いです。

販売業や接客業は未経験から始められるというのもひとつの特徴です。

基本的な受け答えや仕事ができれば働くことができる職種で需要もあります。

工場が多い

工場は機械の導入化が進み無人化になりつつありますが、今の現状はまだまだ人手が必要になります。

そのため、工場では多くの人数を採用にする傾向があります。

接客業が苦手な方・なかなか採用にならない方などには工場はいいかもしれません。

新潟の給与相場

新潟県の最低時給は2018年2月現在778円です。

都心部などの時給と比較すると安いかもしれません。

ですが、数年前までは新潟県の最低時給は700円にも満たなかったので、これでも上がった方です。

そのため、一番安いところでも時給780円はあります。

また、正社員の場合、年収300万未満が25%・300~400万が34%・500~600万が21% と言うのが現状になります。

年齢にもよりますが、もう少し欲しいと思う数値ですね。

新潟で人気なエリア

新潟県は広いので人気のエリアといってもいくつかあります。

その中でも特に人気があって、求人数の多いエリアを紹介します。

新潟市

県庁所在地の新潟市が一番の人気エリアになります。

新潟市全体で約3500件くらいの求人が出ています。

中には求人が重複したりもあるので、厳密に言うともう少し少ないのかもしれません。

ですが、求人媒体に載せていない求人数も合わせれば3500件というのはあながち間違いではないでしょう。

新潟市といっても広く、8区に分かれています。

では次に新潟市の中でどのエリアが人気あるのか紹介します。

中央区

中央区は文字通り、新潟市の中央部になります。

このエリアは様々なお店があったり、会社があるので人数も多いです。

また、中央区は他のエリアと比べると時給が高いのも特徴です。

このことから、人が多く集まるところに、お店や会社が立ち並び、求人が増えるということがわかります。

西区

西区は中央区から少し離れたところで、賑わいも中央区ほどではありません。

ですが、広い土地が多く、西区にある、会社は全体的に土地が広いのが特徴です。

その背景には、西区のほうが土地の値段が安いのがあると思います。

ですが、会社の土地が広いというのは、企業にとっては嬉しいことでしょう。

広ければ、その分人の数が必要になります。

よって、西区は中央区につぐ、求人の多さをもったエリアです。

東区

中央区と隣接した区になります。

東区には中央区と隣接しているにも関わらず、東区に入った途端に土地の値段が安くなります。

そのため、お店も多いです。

また、東区には新潟空港もあったりと、区としては広いのが特徴です。

長岡市

長岡市は新潟市に次ぐ人気なエリアです。

新潟市ほどではありませんが、求人数は約1500件ほどあり、街としても、年々繁栄してきているエリアです。

新発田市

新発田市は新潟市と隣接したエリアです。

新発田市の求人数は約1000件とあまり多くないように思われますが、新潟市から車で40分くらいと人気なエリアです。

新発田市は新発田城や月岡温泉など体を休めるのにいいところです。

その他にも映画のロケ地になったりと人気なエリアです。

新潟で人気な職種や業界とその理由

人気な職場はやはり年齢層によっても変わってきます。

その中でも、新潟でどのような職種や業界が人気なのかご紹介します。

飲食・販売業

求人数がもっとも多く人気と言える職種になるでしょう。

人気な理由

まず第一に働きやすさです。

未経験から始められるし、学生でも働けるところが多い。

これだけでも、人気を集めます。

学生であれば居酒屋でアルバイトをする人も多いです。

居酒屋は時給も高いし、学生には人気の職種です。

その他にも、飲食店であれば、まかないや格安で食べれたりと、いいこともあります。

販売業であれば社割が効くなど始めやすいし、特典もあるので新潟に限らずどこでも人気なのではないでしょうか。

「飲食・販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アミューズメント

アミューズメントはあまり求人がでないように思われがちですが、映画館やゲームセンター・パチンコ店など様々です。

人気な理由

アミューズメント業は高校生不可のところが多いですが、大学生や専門生には人気な職種です。

映画館やゲームセンターは時給で言うとそこまで高いものではありませんが、楽しみながら働けます。

対して、パチンコ店はがっつり稼ぎたい学生に人気な職種です。

時給も高く、学業と両立している人は多いですが、タバコの煙や騒音などが気になると働けないでしょう。

派遣会社

これは職種ではなく、雇用形態になりますが、大変人気なものになります。

人気な理由

直接企業に面接に行く人もいますが、特にやりたい仕事がない、お金が高ければ何でもいいって言う人・派遣会社が仲介に入ってくれたほうが安心など理由は様々ですが、派遣会社に登録する人は多いです。

派遣会社に登録する人はフリーターの人に多いです。

また派遣会社が仲介に立ってくれることで、不当解雇などのトラブルに合うこともなく安心です。

新潟でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

新潟で人気な職種や業界を紹介しました。

次はこれから人気が出そうな職種を紹介します。

飲食・販売業

注目を集めそうな理由

飲食や販売業で働いていてこの春卒業を迎える学生の多くがこの2月でアルバイトを辞めます。

そうなれば企業はどうしても求人を出します。

求人誌でも3月4月になると新生活のアルバイト特集など組むことが多いので間違いないでしょう。

また、バレンタインデーには短期でチョコの販売員の求人が出たりするので、イベント時の短期アルバイトも結構需要があり人気です。

コンサートスタッフ

注目を集めそうな理由

年々新潟でライブをしたり、舞台をするのが増えています。

コンサートスタッフになれば、会場設営からグッズ販売補助、会場警備、楽屋番など有名アーティストと近くで仕事できる絶好の機会です。

このまま開催数が増えれば間違いなくコンサートスタッフの求人の人気も増える事でしょう。

「コンサートスタッフ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

新潟ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

新潟ならではの仕事にはどんなものがあるのか。

地元に根付いた職業がそれに該当するのではないでしょうか。

それをご紹介します。

米菓工場

亀田製菓やブルボンなどの新潟を代表する有名企業があります。

これは新潟ならではといえるでしょう。

おすすめポイント

まず第一に新潟の有名企業というところ。

それに有名企業なので給料もいいですし、製造過程ではじかれた商品を食べれるという事があるみたいです。

ハードオフ系列

これも新潟を代表する有名企業です。

ハードオフは家具家電から衣類・時計や財布などを買い取り、販売するリユースショップです。

他にもオモチャ専門のホビーオフ。

本専門のブックオフなどと各ジャンルに合わせて店舗を展開している企業です。

おすすめポイント

自分の趣味と同じジャンルの店舗で働くことができる。

オモチャが好きならホビーオフです。

好きなジャンルのお店であれば働くことが楽しくなるはずです。

また、働いてみるとこんな商品も買い取るんだって発見もあって面白いです。

新潟求人で人気な施設

今度は職種ではなく人気な施設を紹介します。

パチンコ店

新潟はパチンコ店が多いです。

そのため、パチンコ店の求人はすごくあります。

ですが、時給も高く、人気があるのですぐに求人の募集が終わってしまうことも多いです。

ただ、パチンコ店は制限が多いのが欠点かもしれません。

同じ系列の店舗で遊べなくなったり、社員特典もありません。

でも人気の職場です。

コールセンター

新潟にはコールセンターの求人も多いです。

みなさんコールセンターって言うと苦情の電話が多くてやりたくないって思いがちですが実際はそこまでクレームや苦情はありません。

むしろ服装も自由ですし、髪型も自由。

働くスタイルが自由な職場が多いです。

またコールセンターは女性の社員が多く、男性であれば女性と知り合えるきっかけになります。

事実コールセンターの職場内恋愛・職場結婚はよくあります。

女性であれば友達を増やすきっかけになるでしょうし皆さんが思っている以上に楽しい職場です。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場

新潟は工場が多いです。

また工場は安定して稼げて賞与もあり、福利厚生もしっかりしているところが多いので一番安定な仕事かもしれません。

また工場は雇用人数も多いので入社しやすいのも特徴です。

休暇もしっかりとれますし、人気もあります。

人気な施設の特徴はこれ!

人気の施設の特徴としてはさまざまになりますが、何か特化していいものがあると人気になりやすいです。

パチンコ店であれば時給が高い。

コールセンターであれば自由度が高い。

対して、なにも特化していない求人と言えば、コンビニとかです。

時給も安く、自由度もない、仕事内容も何でもこなさなくてはいけないため、大変です。

何が特化していると嬉しいのかは人によって変わってくるでしょう。

お金・勤務時間・シフト・待遇・自由など求めるものは違っても何かひとつでも飛び抜けている職種は人気を集めやすいと思います。

求人の選び方のコツやポイント!

間違った求人選びをしないことはとても重要です。

入社したけど思ってた仕事と全然違ったと思っても一度入社したらそう簡単にやめるわけにもいきませんし。

そのためにも、求人を選ぶときはまず、どんな仕事がしたいか。

次に雇用形態。

アルバイトなのか社員なのか。

次に職種と雇用形態から候補の求人を絞ります。

これだけでも、かなり絞れると思います。

その次に待遇です。

賞与はあるのか、休日はどのくらいあるのか、福利厚生が整っているか。

これらはとても重要なので確認しておきましょう。

あとは、勤務地や給料など、気にするところはいくつかあるかと思いますが、候補が二つくらいに絞れたら面接に行きます。

面接では募集要項に間違いがないかの確認をしてください。

最後に面接にいったときの会社の雰囲気などを感じ取っておいてください。

採用になったとき、これまでの情報を吟味して、働けると思ったら入社を決めるのがいいと思います。

少し石橋を叩きすぎのようにも見えますが、正社員で入社を考えているのであれば一生働く職場です。

このくらい慎重になっても問題ないと思います。

自分にあった新潟の求人の選び方や注意点

先程求人の選び方を紹介しました。

ここではそれをもう少し細かくご紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

自分の状況によっても雇用形態は変わってくると思います。

ですが、雇用形態はアルバイト・派遣契約・正社員の3区部分しかないのです。

自分がこの先何をしたいのかを考え、後悔のない選択をした方がいいです。

【選び方②】職種から探す

職種は自分が思っている以上にたくさんあります。

飲食・販売・接客・営業・事務・工場など様々です。

自分が何をしたいのかを考えるときはこの職種から決めた方がいいと思います。

これまでやってきた職種が面白いと感じれば同じ職種でもいいでしょうし、新しいことに挑戦したければ別の職種でもいいでしょう。

ですが、経験のある職種は採用になる可能性が高いのも事実です。

【選び方③】会社の業態から考える

入社する会社を業態を考えるのは当たり前のことです。

ここを無視して入社すると失敗するかもしれません。

例え知ってる会社であろうと一度その会社について調べてから決めた方がいいです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給料は働く上でどうしても気になるところです。

給料が高ければ仕事のモチベーションにも繋がります。

給料は求人情報に記されていると思いますが、面接したときも確認の意を込めてもう一度聞くことをおすすめします。

また雇用条件に関してもしっかりと確認しておいたほうがいいです。

企業のなかには、求人を正社員で出してても実際は入社後ある程度の業績を達成するまでは契約というところもあります。

また業績を達成できなくて契約を切られるということもあります。

面接時に説明を受けるでしょうが条件があるのであればしっかりと考えた方がいいです。

【選び方⑤】エリアから考える

冒頭にて人気なエリアを紹介しました。

やはり一番求人も多いのが新潟市の中央区になります。

またアルバイトにしても中央区のほうが時給が良く中央区で求人を探す人は多いです。

ですが中央区勤務だと車通勤ができない可能性が大きいです。

会社で駐車場を持っていれば別ですが大半は持っていません。

新潟は公共交通機関が弱く車がないとどこにも行けません。

もちろん電車はありますが、都心ほど頻繁に来るわけではないので、一度乗り過ごすと遅刻になります。

それとは対に東区や西区などは土地が広く多くが車通勤できます。

通勤のしやすさと求人数や時給、なにを取るにもメリットデメリットはありますが、その辺も考えて決めることをオススメします。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

好きなブランドがあって運良くそこの求人が出ていればいいですが、そういうことは滅多にありません。

なので、好きな職種から限定して求人を選ぶことです。

タイプ別のおすすめ職種

人それぞれ自分の状況に応じて働く職場選びは変わってきます。

なので次は色んなタイプの人向けの職種を紹介します。

時短で働きたいママさんなら

ママさんは一日の時間でやることが多く、仕事を始めるにも時短で、シフトなども融通が効く職場がいいと思います。

なので、接客業や事務・サービス業がいいでしょう。

接客やサービスなどは日中の時間働けますし、割りと人数が多いので急なシフト変更なども融通が効きやすいです。

また日中は主婦のかたも多く、理解ある職場が多いので大丈夫です。

とにかく年収をアップしたいなら

年収アップをしたいのであれば、営業やパチンコ店などがおすすめです。

営業は業績次第で給料や賞与またはインセンティブがもらえるところが多いです。

頑張ったら頑張っただけ自分に返ってくると思えばやる気にも繋がります。

パチンコ店は頑張れば頑張っただけ正当な評価をされるかわかりませんが、給料はいいです。

基本的にアルバイトの給料が高い職場は社員でも給料が高いのが特徴です。

あとは、ベタな答えですが、大手企業といったところでしょうか。

フリーターや、非正規からでも正社員になれる職種

今や正社員よりもフリーターや派遣、契約社員が多い世の中です。

中途採用も厳しくなってきていて、なかなか正社員で働くことが難しくなってきています。

正社員登用を採用している企業は多いですが、実際にそれで正社員になった人の数は数知れています。

なので正社員登用で正社員になることを目指すのではなく、最初から正社員としてハローワークに行き求人を探したほうがいいでしょう。

正社員の求人を出している職種に何が多いのか。

それは本当にばらつきがあり、一概に言えませんが、介護系は正社員の求人が多いです。

介護はとにかく人手を必要とする職種で、定着して欲しいという思いからか多いです。

あとは職種ではありませんが、企業としてまだ大きくない。

いわば中小企業や起業して年数の浅い職場は正社員の求人を出しているところが多いです。

将来性を考えて転職する人におすすめの職種

その会社が持っている将来性はとても大事です。

将来性のない会社にいても、給料も上がらない。

最悪の場合倒産してしまうリスクもある。

転職する際も、企業の将来性をどうしても考えなければいけません。

ですが、今のご時世先見の目がある人でも見抜けないことが多いと思います。

情報化社会が進み、少しの失敗が倒産を呼ぶことは珍しくありません。

そういった意味でこれから伸びる職種というのは、IT企業、セキュリティ会社、メディア系、職人職でしょう。

人工知能の技術が進み、さまざまな事が可能になってきています。

数年後には今ある仕事のうち40%は人工知能ロボットで補えるとまで言われています。

ですので、技術を作るIT企業。

ネット社会になれば当然ハッカーなど犯罪に使う人間が出てくる。

そのため、情報を守るためのセキュリティ会社。

あとはロボットではできない仕事であるメディア系や職人職といったところです。

高校卒でも正社員になれる職種

年々高卒でも就職先なんてないって言われるようになってますが、実際はそうではありません。

高卒の人を欲しがる企業は多く存在します。

また在籍している高校によっても職種は変わってくるでしょう。

普通科の高校であれば接客や販売・営業などの職種。

商業であれば、農業系だったり、工業であれば工場など専門的な高校にいっている人のほうが高校に来る求人は多いです。

専門校であればその分野に特化した資格などを在学しながら受験できたり、その資格を活かして就職することだってできるはずです。

また大卒の人はもう大人になっていて扱いにくい。

変なプライドがあるなど企業からしても扱いにくさはどうしてもあります。

ですが高卒の人はまだ大人になりきれていない分素直に仕事を吸収できるため、扱いやすいという事もあります。

いずれにしろ、高卒でも正社員になる事はできるし、職種も多様にあります。

夜勤で働きたい人向けの職種

日中よりも夜型って人も多いことでしょう。

夜はお客さんも来ないし、給料も夜のほうが高いし、案外夜の仕事のほうがメリットが多いのも事実です。

夜勤の職種は工場や24時間営業の販売業です。

ちなみに夜勤で働くと一言でいっても夜勤のみの会社はあまりありません。

24時間やっているお店やコンビニもアルバイトであれば時間を指定できますが、社員となるとローテーションになります。

ですが先程も言いましたが、夜勤があると給料は高いのです。

なので、稼げるというメリットもあります。

Wワークしたい

中にはWワークでかっつり稼ぎたいと言う人もいます。

ひとつの職場では労働基準法でも定められているように一日に長時間労働ができない。

でも長時間労働は体力的にもきつく、仕事に支障をきたしやすいことからWワークが禁止のところも多い。

その中でも比較的Wワークに協力的な職種は、サービス業です。

サービス業は雇用人数も多く、シフトを自分で決められたり、調整しやすいため、ダブルブッキングになることはないです。

ですが、Wワークの許可が出ても仕事に支障が出た場合、辞めてくれと言われるケースもありますのでご注意を。

知識を活かしたい

一番自分の知識が活かせる職種は家庭教師や塾講師でしょう。

ですが、それなりにいい学校を出ていないと学力的に無理ということもあります。

他に知識が活かせる職種は自分の趣味や知識と同ジャンルの職種です。

例えばゲームが好きならオモチャ屋の仕事、料理が好きならスーパーの惣菜部門、お酒が好きなら居酒屋。

などと自分の知識の数だけ職種や職業はあります。

自分の能力を活かせる職場であれば、働くことが苦になりにくいです。

さらには能力向上にもなって一石二鳥かもしれません。

学業と両立したい

特に専門学生は思うと思います。

専門学校は年間の授業料がとても高い。

親が出してくれればいいけど、中には自分で払っていかなければならない人もいる。

奨学金だけではとてもじゃないけど年間授業料が足りない。

でもアルバイトに明け暮れてやりたいことがおそろかになっても良くない。

なかなか学業とアルバイトの両立は難しい。

でも学業と両立できる職種がある。

それは居酒屋です。

居酒屋は夜から深夜にかけての営業。

深夜といっても2時くらいが限度です。

なので睡眠の時間も確保できるし、時給も高いからお金も貯まる。

また、案外シフトの融通も効く。

そもそも学生を採用している企業は多少の融通が効くのでご安心を。

残業が少ないところがいい

労働社会の日本人は月の残業時間も相当なものです。

残業手当が出るから残業するって人もいるかもしれませんが、毎日続く残業は肉体的にも精神的にも堪えてきます。

できれば残業が少ない職種がいいと思うのは当然の事です。

残業が少ないのは販売業です。

販売業は閉店時間が決まっているため残業があっても一日一時間あるかないかです。

逆に営業などは残業が多いです。

契約を取れないから残業するとか営業に出てばかりで雑務が溜まって残業などと残業時間も長いです。

なので残業が少なくしたいのであれば販売業、他にはコールセンターも基本定時に帰れます。

受け付け時間を過ぎた瞬間から繋がらなくなるので、あとはコール待ちしているお客様の処理で帰れますから。

休暇がちゃんととれる仕事

働く人にとって休暇は本当に大事です。

その間は仕事の事を忘れることができますし、気持ちをリセットできる大事な日です。

これが取れないとストレスになり、追い詰められてしまいます。

休暇がちゃんととれる仕事は工場や販売業・飲食業でしょう。

ちゃんとシフトのサイクルができている職種は問題なく休暇をとれると思います。

対して営業などシフトのサイクルがしっかりしていないところは休暇が少ない傾向にあります。

また契約などがとれていなければ休みにくいです。

過労は絶対によくないので就職するときは福利厚生・休暇は絶対に確認しておいたほうがいいです。

体や精神が崩れても会社はなにもしてくれないので、自分の体に、メンタルにあった職場選びをしましょう。

新潟と言えば思い浮かぶあの有名企業も人気!

新潟と言えばどのような企業が思い浮かぶでしょうか。

中には意外な企業もある事でしょう。

これを機に新潟の有名企業を知っていただければと思います。

亀田製菓

これはご存じな方は多いのではないでしょうか。

お煎餅で有名な企業ですね。

本社は新潟市の亀田というところにあります。

ブルボン

これも有名な企業です。

亀田製菓とは違いお菓子が多いです。

代表的なのがプチですかね。

本社は柏崎市にあります。

セイヒョー

これはアイスのもも太郎が有名な企業です。

本社は新潟市です。

サトウ食品

これも有名な企業のひとつですね。

サトウのご飯やお餅といった新潟ならではのお米を使った企業です。

ハードオフコーポレーション

最近CMでも見かけるようになりました。

この会社は実は新潟の企業だったのです。

一見新潟の企業っぽくないですが、最近は食品以外の企業も上場してきています。

他にも有名企業は様々あります。

ここでご紹介したのは、ほんの一部です。

まとめ

ここまで新潟の求人情報や人気なエリアや職種、有名企業など紹介してきました。

ここで紹介できた事が全てではありません。

ここで紹介したことはほんと一部です。

実際に働いてみてやっぱり違ったって思うのか、想像通りと思うのか、それもまた人生です。

人間にとって働くということは生きている限り一生付きまとうものです。

時には仕事がうまく行かなくて投げ出したいときもあるでしょう。

対人関係がうまくいかずに孤立するかもしれない。

中には仕事に追い詰められて逃げ出したくなるときもあるかもしれない。

生きていれば何かしらあります。

辛いことの方が多いかもしれません。

でもどんなに辛くても生きていれば楽しいこともあります。

もしかすると辛い仕事をしているから、誰かと過ごす時間が楽しく感じるのかもしれない。

辛いことがあるか楽しいことに気づけるんです。

それは仕事も同じこと。

辛い仕事でもうまくいったとき、きっと逃げ出さなくてよかったって思えるはず。

人は働けるだけ幸せです。

是非、自分にあった仕事を見つけてください。

上越市で求人を探している方は、こちらを参考にしてみてください!