あなたは歯科医師というとどんなイメージを持っているでしょうか。

虫歯の治療や学校の歯科検診など誰でも一度は関わったことがあるでしょう。

しかし歯の治療をする人ということ以外はどんな仕事をしているのかあまり分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで歯科医師という職業はどんな人に向いているのか。

どんなことが得意な人が多いのか詳しく解説していきます!

歯科医師(歯医者)の仕事はどんな仕事?

歯の治療が主な仕事です。

歯の治療と一言で言っても内容は沢山あります。

まずは虫歯の治療。

小さい虫歯から歯の根まで進行した虫歯など、虫歯の程度により治療も様々です。

そして歯周病治療を行ったり、被せ物や入れ歯を作るのも歯科医師の仕事です。

他にも歯並びを良くする矯正歯科や子供の歯の治療を専門に行う小児歯科。

歯だけではなく舌や口の粘膜、顎関節症など顎に関する治療や相談を受けるのも歯科医師の仕事です。

他には歯の検診や予防、治療後のメンテナンスを行い口腔内全体の管理を行っていくのも歯科医師の仕事になります。

特殊なものもいくつかあります。

まずは警察歯科医。

仕事内容は警察署からの依頼で身元不明のご遺体の歯科初見と生前の歯科治療を受けたのカルテ記録やレントゲン写真などを照合して、本人の確認を行います。

他には自衛隊の駐屯地で歯科診療を行う歯科医官、厚生労働省で歯科の保健衛生や健康に関する制度を整えるような仕事を行う医系技官という歯科医師もいます。

歯科医師の仕事内容は実は幅広くあるのです。

歯科医師(歯医者)の大まかな仕事内容

一般歯科に勤める歯科医師の一日を追いながら仕事内容を見ていきましょう。

まず朝に今日の患者さんの予約のチェックをしてカルテなどをみながらどのような患者さんの治療があるのかを把握します。

治療内容をみながら流れやどのくらいの時間や準備が必要かなども頭の中に入れておきます。

診療時間が開始すると予約の患者さんから診療を開始します。

途中急患が入ることもありますが予約の隙をみながら柔軟に対応していきます。

診療中は歯科衛生士や歯科助手と連携を取りながら仕事をします。

診療が終わるごとのカルテ入力や処方なども大事な仕事です。

入れ歯や被せ物は歯科医師が作る場合もありますが、ほとんどの場合歯科技工士に技工指示書を書いて依頼をします。

また日によっては訪問診療に行く歯科医師もいます。

診療が終わると一日の振り返り、明日の準備などを行い終了です。

あくまで一例ですが多くの歯科医師が一般歯科に勤めているのでこちらを紹介いたしました。

勤務状況や専門によって内容やスケジュールは変わります。

仕事上の役割とは?

歯科医師の役割は主に歯科診療と歯科医院内での全ての指示など、全体を把握して院内の仕事を回していくことです。

歯科医師は歯のことに関して全てのことを勉強しているので、歯科衛生士業務や歯科技工についてなども把握しています。

その上で的確に指示を出していく指揮官的な存在です。

歯科医師(歯医者)の仕事はどんな人に向いている?

歯科医師はどんな人に向いていいるのでしょうか。

真面目な職業というイメージがありますが意外な特徴があるかもしれません。

詳しく見ていきましょう。

人と話すことが好きな人

歯科医師の仕事は治療ですが患者さんとのカウンセリングがとても大事です。

治療方針を丁寧に説明して提案し同意してもらったうえで治療を始めるので会話は必須です。

会話が苦手で下手な歯科医師に自分の歯の治療は任せたくはありませんよね?

人と話すことが好きであれば、上手な説明で患者さんを安心させて信頼を得ることができるでしょう。

また打ち解けることで治療に対する緊張も緩和させることができるので話すのが好きで上手な人は向いています。

また歯科医院内は様々なスタッフが常時いますし、連携も大事です。

スタッフとの会話が円滑であれば、歯科医院内の仕事も潤滑に回りますし雰囲気も良くなります。

そうすることでまた患者さんに安心の空間が作ることができます。

人と話すのが好きというのはとても重要なポイントになります。

手先が器用な人

歯科治療は口の中という小さな空間の歯や歯茎を細かい器具を使って治療するとても細かい作業です。

慎重で丁寧な作業が必要であり集中力も必要です。

なので普段から細かい手の動きを必要とすることを趣味で行っていて慣れているような、手先が器用な人は歯科医師に向いています。

協調性がある人

どんな仕事でも必要とされることは多いですが、歯科医院でもチームワークが大事です。

歯科医院内でのスタッフとの協力はもちろん、歯科技工物をつくる歯科技工士との連携も必要とされます。

また、訪問歯科診療の際は行くときのコーディネータがいいる場合もありますし、施設に行けばその施設内のスタッフに患者さんの状況を聞いたり協力を要請する場合もあります。

大学病院の口腔外科の場合は全身管理が必要な患者さんもいますので他科との連携も必要なので、さらにたくさんの職種やスタッフとの連携が必要になります。

どのような場所で働くことになっても歯科医師にとって協調性があることは大事なポイントとなります。

根気がある人

歯科治療には一日で終わる治療もありますが、数回、数年と長期にわたる治療も多くあります。

またいくら丁寧な治療を行い良い補綴物や入れ歯を作ってもその後のケアやアクシデントによってぶり返すことや、壊れてしまうことがあります。

その際に途中で投げ出すことなくコツコツと治療を続けていく根気が必要です。

治療にはもちろんすぐに治るものもあれば、なかなか効果がでないことも、治療が難航する場合もあります。

そんなときもさらなる治療法を考えたり適宜変更していったりと、患者さんの治療を継続していく意欲をしっかりとぶれずに持ち続けることが大事になります。

そんな歯科医師とならば患者さんも長い治療期間も一緒に乗り越えることができるでしょう。

とにかく歯に興味がある

歯科医師の中には仕事の時間以外も歯の勉強をしていたり、歯のモチーフにひかれてしまったりと歯のことで頭いっぱいになってしまう人がいます。

それだけ歯への関心が高い人はいつも新しい歯科治療について敏感でいることもできますし、どんどん歯の知識が豊富になります。

詳しくなるほど歯の専門家として自信を持つこともできます。

思いやりのある人

患者さんの痛みや不快症状の訴えに寄り添い、一緒に解決していこうとする思いやりがある人は歯科医師に向いています。

歯科には健康な人が予防を目的にに来ることもありますが、多くの場合不快症状を訴えて受診します。

まずはその辛さに寄り添える心があると患者さんとの信頼関係も築きやすいでしょう。

学ぶ意欲がある人

歯科治療は日々進化していきます。

より良い治療が行えるように勉強会への参加、歯科に関する新書を読むことなど常に勉強を続ける意欲が大事です。

また違うジャンルのことも知ろうとすることや、過去の治療と比較することなどさらに違う歯科治療へ繋がる勉強を行う歯科医師もいます。

まず歯科医師になるまでには6年間の学生生活内で沢山の科目のテストや実習、そして何より大事な歯科医師国家試験が待っていますので学ばずして歯科医師になることはできません。

歯科医師(歯医者)の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

歯科医師に向いている人物像を知ったところで、さらに歯科医師になるにあたって今からしておくと活かせることがないか、有利に働く経験を詳しく解説していきます。

歯科助手

歯科助手を行うには資格は必要ありません。

なので歯科医院内でできることに限りはありますが、歯科医師の仕事を間近で見て勉強することができます。

また歯科治療で使う器具の滅菌を行ったり、歯科治療の準備を行うことで薬品や器具を覚えることも。

なにより疑問を歯科医師や歯科衛生士に聞くことのできるので一番経験が生かせる仕事であるといえます。

ボランティア

奉仕する活動経験がある人は、気持ちに寄り添う経験が生かせるでしょう。

また海外歯科ボランティアなどを行っている団体もありますのそういった歯科に特化したボランティアもあります。

ボランティア活動から海外の歯科事情も知ることが出来てよい経験になるでしょう。

接客業

歯科医院では必ず患者さんと接することになります。

その際に人との距離感や話やすさ、話しかけ方話し方など接客業の経験が活かせるシーンが多くあるでしょう。

細かい作業を伴う趣味

ネイルアートやプラモデル作りなど細かい作業が必要な趣味がある人は、歯科医師になっても細かい作業に抵抗なく取り組むことが出来ます。

歯科治療も楽しみを持ちながらできる上に、経験を活かすことが出来るでしょう。

歯科医師(歯医者)として働くメリットとは?

国家資格保持者となれる

歯科医師は歯科医師国家試験を受けて合格した人がなれる国家資格保有者です。

資格があることでできる業務が多いです。

働く側にも雇う側にもなれる

歯科医師の多くは数年勤務医として経験を積んだのちに、自分の医院を開業して雇う側になります。

しかしずっと勤務を希望することもできますし、どちらでも自分の将来を自由に選択できます。

どちらも歯科医師として患者さんの歯の治療にを行うことに変わりはありませんが、開業すると業務内容が増えたり、収入に変化があります。

感謝される

歯科医師は治療することによって患者さんの不快症状を取り除く仕事です。

希望通りの治療により症状が改善すると患者さんは喜び感謝してくれます。

人に感謝されて仕事をできるのは幸せなことですよね。

勤務時間がある程度決まっている

歯科医院は多くの場合予約制です。

なので一日の流れや勤務時間がだいたい決まっており、残業も少ないです。

たとえ終了間際に急患が飛び込んできても、応急処置で済むことも多くありますし、夜中までかかるようなことはまずないでしょう。

プライベートの予定も立てやすく公私ともに充実させやすいでしょう。

しかし口腔外科の場合は病院内で入院患者さんがいる場合もありますので、当直があったり、手術時間が延長するなんてこともあるので勤務時間は不規則になることもあります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

大学院進学

大学卒業後、臨床研修医を終了した後多くの歯科医師は就職します。

ですがさらなる専門の研究を希望する人は大学院へ進学します。

その際も試験があります。

そして専門の大学院を卒業すると博士号が貰えます。

その後も大学で研究を行い論文を提出したり、学生への授業を行いながら、ゆくゆくは教授へという道もあります。

認定医・専門医取得

歯科にはさまざまな科の認定医や専門医があります。

それぞれ規定要件があり症例を提出するなどして条件を満たすこと、試験を受けて合格することで得られます。

合格すると認定医、専門医を名乗ることが出来て、その科のエキスパートとして認められます。

海外進出

歯科医師免許取得後、海外で歯科医師として働くという選択肢もあります。

歯科技術の進んだ国へ勉強へ行くこともできますが、その国によってさらに試験や資格を必要とする場合が多くあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

歯科医師の場合この国家資格を活かして他の仕事をする人は少ないと思います。

しかし基礎医学を勉強していることや、全身疾患と関係する歯科疾患もありその知識があるので医療系の仕事には活かせるでしょう。

また、開業医の場合歯科医院経営を勉強しているので、それをもとに店舗などの経営や、経営コンサルタントとして活かすことができるでしょう。

企業で働く場合は、歯科材料や歯科医療機器メーカー、製薬会社などでは、歯科医師の経験や知識を活かした開発に携わることなどがあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

歯科医師を身近に感じることができましたか。

将来の選択肢も多く魅力多い歯科医師という職業。

興味が沸いたらまず行きつけの歯科医院で歯科検診を受けることをおすすめします。

間近で歯科医師の診療を受けてみるとまた違う目線で見ることができるのではないでしょうか。


関連キーワード

歯科医師求人