皆さん、空港保安検査という仕事を知っていますか?

あまり聞き馴染みのない仕事かもしれません。

空港保安検査とは、空港の検査場でボディーチェックや手荷物検査をする仕事です。

今回はこの空港保安検査の仕事について、空港保安検査の仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正について詳しくお話ししていきたいと思います。

空港の仕事ってなんだかかっこいいと思いませんか?

そんな空港での仕事に興味がある方や、空港保安検査の仕事に少しでも興味のある方は、是非こちらの記事をチェックしてみてください。

空港で空港保安検査という仕事をして特別な経験を身に着けてみませんか?

空港保安検査とはどんな仕事?

まず初めに、空港保安検査の仕事とはいったいどんな仕事なのか簡単に説明したいと思います。

空港保安検査という仕事はあまり聞き馴染みのない仕事かもしれませんが、空港を利用する際は誰でも通過しないといけない場所での仕事となりますので、だいたいどういったことをする仕事なのかは皆さんイメージできるかと思います。

簡単に説明すると、空港保安検査の仕事は、空港の検査場で門型金属探知機や小型金属探知機を使ってボディーチェックをしたり、X線を使って手荷物の検査を行ったりする仕事です。

空港保安検査の大まかな仕事内容

さて、空港保安検査の仕事はだいたいどういったものなのか分かったと思うので、次に空港保安検査の大まかな仕事内容について説明したいと思います。

空港保安検査の仕事は大まかに分けて4つあります。

1つのレーンを4~5人で担当します。

1つ目の仕事は、レーンの前に立ちお客さんを誘導し、手荷物の確認や身の回りの物の確認を行います。

2つ目の仕事は、門型金属探知機をくぐったところに立ちボディーチェックをする仕事です。

お客さんが門型金属探知機をくぐり反応がなければ、手荷物の受け取りをお願いします。

しかし、門型金属探知機で反応があればボディーチェックをお願いし、小型金属探知機で検査し、それでも反応がある場合は手指での確認をお願いします。

3つ目の仕事は、X線を流れる手荷物をモニターでチェックする仕事です。

X線を通し何も見つからなければ、そのままお客さんに手荷物をお返しします。

しかし、X線を通した際に不審なものが確認されると、もう一度手荷物をX線に通して検査します。

手荷物の中に不審なものが確認できたり、手荷物から取り出して確認する必要がある場合はお客さんに手荷物の再検査をさせていただきます。

4つ目の仕事はX線から流れてきた手荷物をお客さんにお返しする仕事です。

飲み物の確認なども行います。

しかし、お客さんの手荷物に再検査が必要だと、その場でお客さんの手荷物を開けて確認させてもらうといったのが空港保安検査の仕事内容になります。

空港保安検査が向いている人の4個の特徴とは?

空港保安検査が向いている人の特徴についてまとめてみました。

正義感や責任感のある人

空港保安検査はその名の通り空港の保安を検査する仕事になっています。

そのため正義感があり、空港の保安を検査するという仕事に対し責任感を持てる人にはとても向いている仕事だと思います。

そもそもどうして飛行機を利用する前に検査場で検査をしないといけないのかというと、飛行機を利用するお客さんを検査し、お客さん全員が安全に、安心して飛行機を利用できるようにするためです。

もし、不審な人物を検査場で発見できると、その人物が飛行機を利用することを阻止できます。

そういった目的もあり、飛行機を利用する前には検査場で検査を受ける必要があります。

空港保安検査とはとても責任感のある仕事となっています。

空港での仕事に興味がある人

空港での仕事に興味がある、空港が好きという方には空港保安検査の仕事は向いているかもしれません。

毎日空港の中で飛行機を利用するお客さんを見送ったり、飛行機を見ながら働けます。

日本人だけでなく海外から日本に来られたお客さんもたくさんいます。

そんな空港といった刺激的な場所で働けることは素敵な経験になるはずです。

空港での仕事に興味がある、憧れている、空港が好きという方は空港保安検査の仕事はいかがでしょうか?

英語や韓国語、中国語などが話せる人

空港保安検査の仕事は空港での仕事になり、検査場を利用するのは日本人だけでなく、日本を訪れた多くの外国人のお客さんもいます。

そのため時には英語や韓国語、中国語を話せる人が必要になってきたりします。

英語や韓国語、中国語が話せる方は空港保安検査の仕事でその語学力を大いに発揮できると思います。

英語や韓国語、中国語を使った仕事や、それらを活かした仕事がしたいのなら空港保安検査の仕事はとてもおすすめです。

人とのコミュニケーションがうまく取れる人

空港保安検査の仕事は空港での仕事になり、主に国内線と国際線の検査場で働きます。(空港により国内線しかないところもあります)

国内線を利用するお客さんはほとんどの方が日本人だと思います。

そのため、コミュニケーションを取るのは日本人同士なのであまり難しいことではないと思います。

しかし、国際線を担当すると日本人のお客さんだけでなく海外から来られた多くのお客さんを相手にします。

英語や韓国語、中国語が話せてうまくお客さんとコミュニケーションを取れるならいいのですが、日本語しか話せないスタッフは日本語しか話せない中でどれだけお客さんとうまくコミュニケーションが取れるかがポイントになってきます。

英語が話せない人でも身振り手振り、ジェスチャーを使ってうまくコミュニケーションを取る人もいます。

人とのコミュニケーションがうまく取れる人は空港保安検査の仕事も向いていると思います。

空港保安検査が向いていない人の4個の特徴とは?

空港保安検査が向いていない人の特徴についてまとめてみました。

早朝や深夜の勤務が苦手な人

空港保安検査の仕事は早朝や深夜便に合わせてオープン、クローズします。

そのため早朝勤務や深夜勤務も毎日当たり前のようにあります。

太陽が出る前に出勤し、太陽が沈んでから帰宅するため1日太陽の光を浴びない日もあります。

空港で働くのなら早朝勤務や深夜勤務は当たり前になってきます。

朝早いのや夜遅いのが苦手な方は、空港保安検査の仕事にあまり向いていないと思います。

また、早朝勤務や深夜勤務が続くとストレスや肌荒れなどもひどくなってきます。

落ち込みやすい性格の人

空港保安検査の仕事は思いのほか大変な仕事です。

検査場で検査に対し納得できないお客さんは怒鳴ってきたり、物を投げてきたりすることもよくあります。

自分が間違ったことをしていなくてもこういうことは良くあることなのです。

そのためいちいち落ち込んでいては仕事になりません。

自分のミスで怒られるなら反省は必要です。

しかし、自分は間違ったことをしていないのに納得できない、気に入らないなどで怒られることは気にしなくてもいいのです。

それでも落ち込んでしまう人はいます。

初めはとてもショックを受けるかもしれません。

だからといってずっと落ち込んでいたりショックを受けていては、正直この先自分がしんどくなっていくだけです。

割り切れずに落ち込んだりショックを引きずってしまう人は、空港保安検査の仕事は向いていないと思います。

押しに弱い人

空港保安検査ではダメなものはダメ!持ち込み禁止のものは持ち込んではダメ!とお客さんにハッキリ言って理由も説明しないといけません。

しかし、押しに弱い人は今回ぐらいいいんじゃないの?と言われてお客さんに対しハッキリ言えない人もいます。

仕事上こういったことはハッキリとダメと言わないといけないので、ダメと言えずにダラダラしてしまうと自分もしんどいです。

お客さんに怒鳴られるからとビクビクしていてはダメです。

空港保安検査とはこういう仕事なんだと割り切ってお客さんにはハッキリというべきです。

それでも、押しに弱くハッキリと言えない人は、正直空港保安検査の仕事には向いていないと思います。

すぐにカッとなってしまう人

空港保安検査とは悲しいですがお客さんによく怒鳴られる仕事です。

飛行機に持ち込めないものは検査場で放棄してもらわないといけないことがあります。

自分のものを捨てるのは誰でも嫌なことですよね。

それでも空港保安検査の仕事はこういう仕事なのです。

なのでお客さんから怒鳴られることも当たり前になってきます。

しかし、それに対しすぐにカッとなってしまい言い返してしまったり、物にあたるような人はダメです。

どれだけカッとしても、イラッとしても決してお客さんに言い返してはダメです。

態度に出してはダメです。

それが抑えきれない人は空港保安検査の仕事には向いていないと思います。

空港保安検査の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

空港保安検査の仕事経験は、その後どんな職種や仕事に活かせるのかまとめてみました。

その他空港での仕事

空港保安検査の仕事経験を活かした仕事なら、その他の空港での仕事をおすすめします。

空港で働いていると飛行機の便名などを覚えたりしないといけないので、そういったことは空港内の他の仕事にも生かせます。

便名だけでなく働いていると、どの時間帯にどの便の飛行機のフライトがあるとか覚えてきたりします。

そのため、グランドスタッフや空港の税関で働くのはいいかもしれません。

実際に空港保安検査の仕事からグランドスタッフの仕事に転職する人もいます。

空港保安検査で経験したり身に着けたことをグランドスタッフの仕事でも活かせます。

これから空港保安検査の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これから空港保安検査の仕事をはじめどるには、どうしたらいいのかについてまとめてみました。

空港保安検査の仕事を探すためには?

空港保安検査の仕事を探すなら求人誌やインターネットの求人サイト、ハローワークなどによく記載されています。

求人誌ならスーパーやコンビニの入り口に置いていて無料でもらうことができます。

インターネットの求人サイトなら最近ではindeedなどが人気です。

indeedにも記載されているものがありました。

また、ハローワークで空港保安検査の仕事を見つけると紹介状を書いてもらえたりするのでおすすめです。

ハローワークでは面接の際のポイントなども教えてくれたりと、仕事探しから就職するまでに簡単なサポートもしてくれます。

必要なスキルや経験は?

空港保安検査の仕事をするのに特に必要なスキルや経験、資格などは特にありません。

しかし、英語や韓国語、中国語が話せるのならそれは強みになると思いますし、こういったスキルは持っていて損はしません。

他に必要なスキルなどは初めの研修である程度勉強できます。

資格は、空港保安検査で働き勉強や研修をし、経験などを積んでから会社で試験を受けさせてくれます。(X線を見る試験など)

そのため必ず必要なスキルや経験などは特にありません。

働きながらどんどん身に着けていく感じになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は空港保安検査の仕事について、空港保安検査の仕事が向いている人の特徴や必要なスキル、適正について詳しくお話ししてきました。

空港保安検査の仕事はまだあまり聞き馴染みがなく知られていない仕事かもしれません。

しかし、今回こちらの記事を見て少しでも空港保安検査という仕事について知ってもらえたのなら嬉しく思います。

今回は空港保安検査の仕事や仕事内容についてもお話ししてきましたが、空港保安検査の仕事に向いている人、向いていない人についてもお話ししました。

皆さんはどうでしたでしょうか?

空港保安検査の仕事は大変なことも辛いことも多くあります。

仕事にはこういったことはつきものなのですが、大変なことや辛いことだけではありません。

空港という場所で日本人や海外から来られたお客さん、いろいろな人たちに出会いそこで仕事をすることによって特別な経験ができると思います。

空港の仕事に興味があったり憧れていたり、また空港保安検査という仕事をしてみたいと思った方は是非チャレンジしてみてください。

でも、チャレンジする前に今回私がまとめた空港保安検査の仕事について、自分はいったい空港保安検査の仕事が向いているのか向いていないのかもチェックしてみてくださいくださいね!

実際に空港保安検査の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

空港保安検査求人