行政書士の仕事って行政書士になるために難易度の高い、行政書士試験を受けて合格しなければなれない士業の一つであるため、給料が高いことを想像する人がいるかもしれません。

行政書士の給料はいくらか知っていますか?

士業の弁護士や司法書士の稼いでいる人のイメージからお金持ちが多いことを想像するかもしれません。

稼いでいる人、お金持ちの行政書士だとどれくらいの年収を想像しますか?

もしかしたら年収2,000万円、3,000万円を想像しているかもしれません。

実際のところはどうなのでしょうか?

行政書士の仕事は同じ士業の弁護士や司法書士に比べると深く法律に関わる仕事はできませんし、どちらかというと官公庁へ提出する許可申請業務や代行業務が主なため、町の法律相談所のイメージで身近な仕事が多くあります。

しかし、行政書士の業務内容や行政書士の手数料などについてはあまり知られていません。

行政書士を目指す人や行政書士に興味がある人にとってどれくらいの報酬があるのか、どのような仕事や依頼が単価の高い仕事なのかとても気になるところです。

今回は、行政書士の給料事情についてまとめてみましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

行政書士の仕事ってどんな仕事があるの?

行政書士の仕事は、官公庁などに提出する書類の作成・提出代行、書類作成に関して相談を受けること、官公庁提出する書類の提出手続の代理と契約書等の書類を代理人になり作成することです。

具体的には遺言書の作成支援や相談、交通事故などの事故調査依頼から合意書や和解書の作成、日本国籍を取得したい人の国籍取得届の作成・提出代行などがあります。

行政書士の仕事の給料はどれくらい?

行政書士の平均年収は500万円といわれています。

しかし、実際は雇われている行政書士の場合、200万円〜600万円くらいが多く、独立開業している行政書士の場合は、200万円〜1,000万円くらいです。

駆け出しの行政書士は年収200万円が多く、ある程度経験を積んだ行政書士や独立開業している行政書士なら事業が軌道にのると500万円〜600万円くらいが年収相場になります。

稼いでいてる行政書士になると年収が2,000万円以上の人もいます。

また、独立開業した駆け出し行政書士はまず年収500万円を目安に事業を軌道に乗せるように努力するのが一般的です。

行政書士の報酬が高い仕事とは?

行政書士として特に独立開業を目指す人にとって行政書士の仕事で生活していくために単価の高い仕事が何かを知りたいところです。

単価の高い仕事は当然ですが、それだけ難易度が高いことや申請に関しての手続きが複雑なため、駆け出しの行政書士にはクライアントを獲得するためにそれ相応の信頼関係や実績、知識などが必要になります。

ただ、今後行政書士として活躍するためにはどの仕事が高報酬なのかを知っておくことで今後の行政書士としての方向性も決めやすくなります。

ここでは行政書士の報酬が高い仕事をいくつか紹介していきます。

学校法人設立認可申請

意外かもしれませんが学校法人設立に際しての許可申請は、業務単価の高い仕事になります。

学校法人に関しては規制が厳しいことや申請に関して記載する項目が多く、複雑なため、単価は高くなっています。

学校法人設立認可申請の平均単価は、566,000円です。

ただ、単価は高いのですが、頻繁に学校法人を設立することはないため、多くの仕事を見込むことは難しいかもしれません。

風俗営業許可申請7号パチンコ店等

パチンコ店や風俗営業の許可申請は、法令や規制が厳しくなっている昨今、許可申請の単価としても高い業務の一つです。

風俗営業許可申請7号パチンコ店等の業績平均単価は、674,118 円です。

パチンコや風俗の場合、許可申請だけでなく設備等に対しての規制も厳しいのでハードルの高い仕事ではあります。

開発行為許可申請(第29条)

開発行為許可申請(第29条)は、行政書士の仕事の中で単価が高い業務の一つです。

開発行為とは、水田や山林を整備してゴルフ場や住宅地などを建設すること、つまり、水田や山林が形を変え、整備され、開拓されていくことです。

開発行為許可申請(第29条) の平均単価は、1,174,108円 です。

申請の手続きはかなり複雑で難易度が高いのですが、行政書士として活動するためには狙いたい業務の一つです。

産業廃棄物処理業許可申請

産業廃棄物処理業許可申請は、特に中間処理と最終処分の許可申請に関して手続きが複雑で難易度が高いため、平均報酬単価は高額になります。

産業廃棄物処理業許可申請の中間処理で平均単価が429,077円、最終処分の許可申請で平均単価が651,429円になります。

帰化許可申請

帰化許可申請の場合、許可申請の種類がいくつかあり、帰化許可申請(個人事業主及び法人役員)と帰化許可申請(被雇用者) の許可申請の単価は比較的高い仕事です。

帰化許可申請(個人事業主及び法人役員)は、平均報酬単価が、229,123円で帰化許可申請(被雇用者)平均報酬単価が、187,235円になります。

医療法人設立認可申請

行政書士の仕事の中でハードルの高い申請業務になりますが、医療法人設立認可申請の仕事は、報酬単価の高い仕事になります。

行政書士の仕事で報酬が高い仕事に共通することは、許可申請のハードルが高いことや手続きに際して複雑であることになります。

医療法人設立認可申請のケースも共通点にあてはまり、許可申請に際して簡単に申請許可のできる仕事ではありません。

医療法人設立認可申請の平均報酬単価は、562,182円です。

行政書士としてはおさえておきたい仕事の一つです。

遺言執行手続

身近なところで報酬単価がある程度見込めて、ニーズもある行政書士の仕事の一つは、遺言執行手続です。

遺言執行手続とは、遺言書に従って相続などの内容が決まります。

この手続きを行政書士が行うことができます。

遺言執行手続の平均報酬単価は、370,797円になります。

高齢社会になりつつある現代の日本で終活なる言葉が定着しつつあります。

生前、元気なうちに遺言書を書いておこうと考えている人も増えてきているため、今後のニーズとしても見込める仕事の一つです。

知的資産経営報告書作成

知的資産経営報告とは、会社の技術やノウハウ、人材など会社にとって重要となる知的資産の認識や評価を行い、報告書にまとめることです。

行政書士の仕事では、知的資産経営報告書作成することができます。

知的資産経営報告書作成の平均報酬単価は、239,200円です。

給与が高い人ってこんな人たち

行政書士の単価の高い業務が分かって頂けたかと思います。

行政書士の仕事は稼げないと考えている人も少なくはありません。

実際に行政書士になったけど思うように仕事がなかったし、稼げなかったから行政書士の仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

ただ、行政書士の仕事で稼いでいる人も当然いますし、長く行政書士として活躍している人もいます。

行政書士として活躍する人、稼いでいる人の共通点は一体何なのでしょうか?

ここでは行政書士として稼いでいる人の共通点についていくつか紹介していきます。

営業力がある

行政書士になったからすぐに仕事にありつけるかというと実はそうではありません。

行政書士の資格を取得して日本行政書士会連合会に登録し、事務所を構えたら自らクライアントを開拓しなければなりません。

このご時世、弁護士や司法書士でも黙って仕事がもらえるわけではないため、行政書士も例外ではありません。

新規クライアントの開拓や既存のクライアントから紹介などを受けてクライアントを開拓していかなければなりません。

行政書士として稼いでいる人の多くは、クライアントを自ら開拓して仕事を獲得しているため、クライアントを開拓する営業力のあることがポイントです。

コミュニケーション能力がある

行政書士の仕事は、営業の仕事とは違うと考えている人が少なくありません。

行政書士の仕事は、営業しなくてもクライアントがいるイメージを持っている人も少なくありません。

しかし、実際はクライアントを自ら開拓しなければならないと先ほど記載しました。

行政書士として活躍していくためには、報酬を多く獲得するためには営業力とコミュニケーション能力が必要になります。

コミュニケーション能力はトーク力と勘違いする人がいますが、トーク力ではありません。

クライアントのニーズをしっかりと聞き、意図を汲み取る能力です。

したがってずっと喋っているわけでもありませんし、喋り続けなければならないことではありません。

行政書士として給料が高い人は、クライアントのニーズをしっかりと汲み取るコミュニケーション能力が長けていています。

年収の高い行政書士の中にはコンサルティング力も長けているため、コミュニケーション能力と組み合わせて更なるクライアント獲得に繋げています。

根気強い

行政書士の仕事は、最初から軌道に乗せることは難しいのが現状です。

特に未経験で行政書士としていきなり独立開業したのなら、クライアントを開拓しなければならないだけでなく、行政書士としての報酬単価を決めたり、クライアントが見つかったら依頼をもらえるように他の行政書士との差別化を図らなければなりません。

独立開業した駆け出し行政書士の平均年収が200万円であることから行政書士の仕事を始めてしばらくは根気強く仕事を続けることが必要になります。

行政書士として活躍している人や給料が高い人の共通点には根気強さがあります。

行政書士として活躍するために必要な要素であるのと同時に許可申請は案件によって時間と手間がかかるものがあるため、根気強く取り組み、しっかりとした仕事をすることでクライアントの信頼を勝ち取ることができます。

安売りはしない

行政書士の業務単価は、実は自分で決めることができます。

駆け出しの新人である行政書士は、何でもいいから仕事を獲得しようとするため相場より安い手数料や費用を提案する傾向が多くあります。

しかし、手数料を安くしてしまうと次、実績を積んで知識を深めて行政書士として価値を高めていくために単価を上げることが難しくなってしまいます。

今まで安く手数料を提案していたクライアントに急な値上げを要求すれば仕事を失うばかりでなく、最悪の場合は、同業者の人の間で噂などを広められてしまうリスクも伴います。

行政書士として活躍している人、給料が高い人の共通キーワードは、安売りをしないことです。

安売りせず、相場もしくは相場より高い手数料をクライアントから頂き、仕事をし続けることが給料の高い行政書士になるためのヒントになります。

マメであること

給料が高い行政書士、活躍している行政書士の共通点を探すと必ずといっていいほど共通しているのは「マメであること」です。

ちょっとした報告や気遣いは、当たり前ですが忙しい業務の中では難しいものです。

例えば、許可申請に時間がかかっている場合、許可が下りるまで何も連絡しないのと2〜3日に1回は定期的に進捗報告をする場合とでクライアントから得られる信頼度は大きく変わります。

行政書士の仕事は、申請書や契約書を作成・申請代行することです。

申請書や契約書はとても大切な書類で一語一句間違えてはいけないものです。

いい加減に仕事をすると許可がおりませんし、いい加減な仕事をしているとクライアントは離れてしまいます。

ちょっとした気遣い、やりすぎではないかと思うくらい報連相ができる行政書士は、給料が高い傾向にあります。

まとめ

行政書士の給料はもしかしたら想像していたより低かったかもしれません。

難しい国家試験をパスしなければなれない仕事なので給料が高いと想像している人もいたかもしれません。

しかし、実際は行政書士の仕事でも収入格差は存在しています。

稼いでいる行政書士と稼いでいない行政書士の間には大きな差が存在しています。

今回は、行政書士の給料事情や成功している行政書士の共通点などについて紹介しました。

行政書士の仕事は厳しい仕事ですし、稼げる人は多い仕事とはいえません。

しかし、やり方次第では行政書士として活躍することは可能です。

厳しい業界であることを理解し、行政書士として何が必要なのかをしっかりと念頭においてから行政書士の仕事にチャレンジしてみて下さい。