皆さん、ブライダル映像の仕事と言われて、どんな仕事かピンと来ますでしょうか?

ブライダル映像とは結婚式に関連する映像のことです。

結婚式に参加したことのある皆様であれば、一度は披露宴で流れるプロフィールビデオやエンドロールなどを見たことがあるのではないでしょうか。

結婚式当日の印象的なカットをつなげて、結婚式の進行と同時に編集し、式の最後に上映する「エンドロール」と、結婚式の様子をすべて記録し、後日DVDやBlu-rayディスクにして渡す「記録映像」の仕事、今回はそんなブライダル映像のアルバイトについて、詳しくご紹介します。

私はこんなところでブライダル映像のアルバイトをやりました

私は、ブライダルの映像をメインに制作している映像制作会社でアルバイトをしました。

「記録映像」の編集をメインで行う職種だったので、社内のパソコンを使った作業でした。

ひとつの結婚式の記録映像を編集して仕上げるのに、平均約8~10時間かかったので、一日5時間勤務で2日間はかかりました。

長い時間の式や編集が難しい内容のものはそれ以上かかることもありました。

また、土日祝日限定で結婚式場での「エンドロール」の撮影にも入ってほしいと要望があり、式場で撮影のバイトもしました。

ブライダル映像のアルバイトの時給は?

時給1,000円~1,200円のところが多いようです。

私のアルバイト先の場合は、「記録映像」を1本仕上げて8,000円という業務委託契約で、8時間で仕上げられれば時給換算すると1,000円ですが、実際は10時間以上かかることも多かったので、時給にすると800円以下という計算になります。

「エンドロール」の撮影の場合、時給1,000円~1,500円程度のとことが多いようです。

こちらも、私のアルバイト先の場合は一つの式の撮影で6,000円という契約でした。

結婚式自体は約2~3時間ですが、式場への移動時間や事前準備などを含めると6時間くらいかかったので、時給換算すると1,000円程度です。

ブライダル映像のアルバイトでやりがいを感じたこと

納品したDVDを見て、とてもよくできていてうれしい、とお礼のメールを送ってくれたお客様がいらっしゃり、一生に一度の思い出作りに関われたと思うと、とてもやりがいを感じました。

ブライダル映像のアルバイトをやってて良かったことや身についたこんなスキル

結婚式という、重要な儀式の演出に関わることができるので、当日のお客様の反応を直に感じて良かったと感じられることが多いです。

感動を与えられ、その反応を間近で見ることができる

自分が撮影した「エンドロール」の上映時に、新郎新婦のお父さんやお母さんが涙ぐんでいるのを見ると、感動してもらえた、このカットが撮影できてよかったなと思い、やっていて良かったと感じました。

様々な式の演出を見ることができる

多種多様な結婚式を撮影しながら体験できるので、最新の演出を毎回現場で見ることができました。

会場内でのプロジェクションマッピングや思いもよらないサプライズ演出など…。

こんな演出もあるのか、と参考になりました。

時には感動的な演出やスピーチにもらい泣きしてしまうことも。

将来的に演出や映像の仕事に就きたいと考えるなら、とても勉強になる仕事だと思います。

身だしなみや言葉づかい、気配りの心が身に付く

式場から外注されている撮影スタッフとはいえ、お客様からみれば同じ式場にいるスタッフ。

撮影時は黒スーツで身だしなみもキッチリとすることを求められます。

言葉づかいにも注意が必要です。

また、トイレの場所を聞かれたり、足りない飲み物のオーダーを受けることもあります。

式場のスタッフと同じように最低限のマナーが身についていきます。

いい構図や感動的な演出方法が覚えられる

撮影を繰り返すうちに、キレイな構図や美しい構図での撮り方を徐々に覚えられます。

先輩の撮影したものなどを参考に、自分でも勉強したりカメラの腕を磨く必要もありますが、段々と良いものが仕上がるようになると、やりがいを感じることが多くなってきます。

音楽の歌詞と映像内容を合わせる、音楽のクライマックスでその日一番のカットを持ってくる、など感動的な演出方法も覚えられます。

ブライダル映像のアルバイトはこんな人におすすめです!

映像に関わる仕事なので、写真や映像に興味がある人なら楽しく仕事できそうです。

また、結婚式など特別な場やイベントに関わることが好きなら、やりがいを感じられるのではないでしょうか。

写真や映像に興味がある人

趣味で写真を撮影していたり、映像を撮影したりしたことがある人にはおすすめです。

フラワーシャワーで舞い散る花びらの中とびっきりの笑顔をうかべる花嫁や送り出した花嫁の背中を見ながら涙ぐむ父親の表情など、結婚式は絵になるシャッターチャンスでいっぱいです。

イベントが好きな人

イベントに参加するのが好き、いろいろな企画を考えるのが好きという人にも向いている仕事です。

一生に一度の特別なイベントに関わることができ、自分の撮影した映像でその場にいる皆に感動や喜びを与えることができます。

ブライダル映像のアルバイトのおすすめの選び方とは?

様々な求人がありますが、研修内容が充実しているところ、時給や報酬がきちんと明記されているところを選ぶのがよさそうです。

初心者でも可、研修期間がある

未経験でも可能と記載がある求人、充実した研修があるところがおススメです。

中には簡単な研修だけで、すぐに式場での撮影をまかされるところもあると聞きます。

結婚式はやり直しができず、万が一撮影に失敗したとしても取り直しができません。

かなりプレッシャーを感じる仕事でもありますので、丁寧に研修をしてくれるところを選びましょう。

時給で報酬が表記されている

日給〇〇円や1件あたり〇〇円という記載がされているところよりも、時給で表記されているところがおすすめです。

「エンドロール」の撮影も「記録映像」の編集も、基本的には作業にかかる時間はその結婚式によって違います。

極端な話、2時間の式と4時間の式があったとしたら、撮影のための拘束時間や編集時間はかなり違ってくるのに報酬は全く同じ、ということになってしまいます。

式場までの交通費が出るかどうか、研修中の時給など細かい点についても仕事を始める前に確認しておきましょう。

まとめ

ブライダル映像の制作に関するアルバイトは、特に私の場合はあまり稼ぐことはできませんでしたが、結婚式という幸せと感動にあふれたイベントに関われるという大きなやりがいを感じながら働くことができました。

将来写真や映像関連の仕事を考えている人、自分の仕事でみんなを笑顔にしたいと思っている人にはぜひ経験してほしい仕事のひとつです。

実際に自分が結婚式を挙げる時の参考にもなるかもしれませんよ。


関連キーワード

ブライダル映像求人