クレーンゲーム機や対戦型ゲームなど、ゲーム好きなら一度は働いてみたいと思ったことがあるであろうゲームセンターですが、実際のところはどうなのでしょうか。

ゲームセンターの仕事内容や具体的な業務について経験者が教えます!

ゲームセンターの仕事は大きく3個の役割に分けられる

景品担当

まずは店頭に多く設置されていることの多いクレーンゲーム機について、このエリアを担当するスタッフのことをゲームセンターでは「景品担当」と呼びます。

あまりゲームには興味がなく詳しくない方でも一度はクレーンゲーム機で遊んだことがあるのではないでしょうか。

ゲームセンターにとっても、ファミリー層やカップルなどが立ち寄りやすいように力を入れているエリアです。

メダルゲーム担当

奥の方に設置されていることの多いメダルゲーム機や対戦型ゲームですが、このエリアを担当するスタッフのことをゲームセンターでは「メダル担当」と呼びます。

メダルゲーム機のエラーや故障対応なども多いため、多くの場合はゲームなどに詳しいスタッフや、経験を積んだスタッフが設置されることが多いです。

キッズエリア担当

ショッピングセンターなどに入っているゲームセンターでは、キャラクターなどを使った子供向けのキッズエリアを併設していることがあります。

あるいは、最近では砂場や大型遊具なども多く見受けられます。

このエリアは時間課金制のことが多く、そのエリアを担当し安全や入場制限などを管理するスタッフのことをゲームセンターでは「キッズエリア担当」と呼びます。

景品担当3個の業務

景品補充

クレーンゲーム機はお客様が遊んだあとに景品が減ってしまいます。

そこで、随時巡回しながら減っている景品があれば補充していきます。

また、お客様がクレーンゲーム機にチャレンジしたけれど少し景品を動かした状態でそのままになっていれば、所定位置に戻す作業も行います。

取り方のアドバイスや景品交換などの接客

お客様がクレーンゲーム機にチャレンジしているときに、取り方のアドバイスをしたり、無事ゲットできた際には「おめでとうございます!」とテンションをあげてもらえるように大きな声で掛け声をかけることもあります。

また、欲しい景品が取りづらい位置にあれば、取りやすい位置にあるものと場所を交換するなどの対応も行います。

この際、取れそうで取れない絶妙な位置に置くことや、「お客さんだけにちょっとサービスしちゃいますね」と少し前に置いてみるなどの駆け引きも楽しんでもらえるためのサービスとして工夫します。

クレーンゲーム機の設定

クレーンゲーム機には全国共通の置き方や設定方法がありますが、機械ごとに微妙にアームの強さや誤差があるため、その機械に適した「取れそうで取れない」絶妙な設定をすることが求められます。

景品担当はその微調整を行なったり、自分なりに新しい設定方法を生み出すことも仕事のひとつです。

何度もクレーンゲーム機を動かしながら、アームの強さや可動域を調整して設定を行ないます。

メダルゲーム担当の3個の業務

メダル補充

メダルゲーム機では、常にメダル貸出機へのメダル補充が欠かせません。

お客様が遊ぶためにどんどんメダル貸出機からメダルを引き出し、メダルゲーム機に入れていくためです。

巡回しながら様子をみて、メダル貸出機のメダルが減っていれば補充します。

また、機械の中のメダルが増えすぎている場合はメダルを取り出すことも必要です。

メダルゲーム機の故障やメダルつまり対応

メダルゲーム機を遊んだことがある方はご存じだと思いますが、細いメダル投入口にどんどんメダルを入れていくと、途中で詰まってしまうことがあります。

また、機械が時折エラーを起こし止まってしまうこともあります。

そんなときにはすぐに駆けつけ、メダルのつまりを取り除いたり、エラーを解除したりします。

遊び方の説明やメダル貸出の接客

メダルゲームを遊んでみたいけれど遊び方がわからないというお客様には遊び方を説明することもあります。

また、メダルは貸出機で引き出し、遊び終わった際にメダルが手元に大量にあった場合には、銀行のように貸出機に預け入れをしてもらいます。

そのため、預け入れをした場合のカードの発行や手続きなどの接客も大切な仕事です。

キッズエリア担当の2個の業務

受付対応

キッズエリアは多くの場合、30分○○円といった時間課金型であることが多いです。

そのため、遊びたいというお子様連れの方がいらっしゃった場合にはまず受付をしてもらいます。

おみやげ付セットなどのオプションがあればそういった商品のご案内もします。

安全管理

キッズエリア内は安全に設計されていますが、子供たちの安全を常に見回ることも大切な仕事です。

壊れている箇所はないか、危ない箇所はないかを常に見回ります。

ゲームセンターのやりがいや面白いポイント

楽しそうなゲームセンターの仕事ですが、やりがいや面白いポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

ゲームセンターの仕事のやりがいとは??

接客が好きな方にとっては、とてもやりがいのある仕事です。

自分の接客でよりお客様が楽しいと感じてくださったときや、自分のアドバイスで景品が取れた!とお客様が報告してくれた時にはとてもやりがいを感じることができます。

ゲームセンターの面白いポイントとは?

ゲームセンターは若者の場所、というイメージは昔のものとなり、近年では小さなお子様から高齢者の方まで幅広い年齢の方が訪れる場所となりました。

さまざまな年齢の方と出会えるという意味では毎日わくわくしていました。

クレーンゲーム機の背面にディスプレイとして飾っている景品を全力で狙いに行くおばあちゃんなど、自分の想像を超えた遊び方をする方もいらっしゃいます。

そんなときは「後ろの景品は取れません」と書かないといけなかったんだ!と反省させられることもあります。

まとめ

ゲームセンターは、ゲームや子供が大好きな人にはとても楽しい職場です。

正社員もアルバイトも関係なくわいわいと楽しく働けるのも魅力です。

ゲーム機の故障など、最初は慣れないと苦労することもありますが、覚えてしまえば簡単です。

興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね!


関連キーワード

ゲームセンター仕事