動物病院の仕事は、難しいイメージがあると思います。

そこでどのようなスキルや人物が動物病院で働く際には、向いているのかを紹介したいと思います。

動物病院の仕事にはどんなものがあるの?

動物病院の仕事は、雑用や受付、獣医師の補助等が主な仕事になります。

獣医師よりも飼い主さんとの距離は近く、飼い主さんのカウンセリングも動物病院で働く際の仕事になります。

動物病院の大まかな仕事内容

動物病院の大まかな仕事ですが、獣医師の補助をしているイメージがあると思いますが、他にも受付や資料作成、掃除等様々な仕事があります。

そこで動物病院で働く際には、どのような仕事があるのか紹介したいと思います。

掃除

動物病院では様々な薬品や医療器具を扱っているので、掃除はとても大切で厳しく指導されます。

またノミやダニがついているネコやイヌが来た場合には、他のネコやイヌにつかないようにも、しっかりと準備や後始末をする必要があります。

沢山の消毒液があり、それぞれの道具や机によって、使う消毒液も違うので、掃除だけでも覚えることは沢山あります。

バリカンや爪切り

診察とトリミングをされている、動物病院の場合はトリマーが主に任される仕事になりますが、トリマーがいない場合は、看護師の方が任されることが多い仕事になります。

被毛は邪魔で、しっかりと傷口が見えない場合には、傷口に当たらないようにバリカンを当てる技術が求められます。

他にも爪切りや肛門腺絞り等、トリマーがやるような仕事を任されることがあり、動物病院で働く際にも、多少の技術やスキルは必要になります。

獣医師の補助

動物の診察をしていると、注射が苦手なイヌや薬を飲むのが苦手なイヌもいるので、そういった際には、獣医と一緒に診察をすることになります。

イヌの保定の仕方にも沢山の種類があり、怪我をしているイヌの場合は、変わった保定の仕方をする場合もありますが、保定や補助の仕方に関しましては、獣医師の方からの指示もあるので、イヌの扱いに慣れている方であれば、すぐに覚えることが出来ます。

イヌのお世話

動物病院にはイヌやネコが入院している場合があるので、そういった際には、お世話をするのも仕事になります。

また動物病院によっては、ホテルサービスをしている動物病院もあります。

動物病院に泊まりに来る犬は、普通のドッグホテルでは、泊まることが難しいイヌが多いので、とても責任がある仕事になります。

受付

動物病院には、急に様態が悪くなったイヌやネコがくることもあります。

飼い主さんもパニックになっていることが多い中で、しっかりとイヌやネコの病気や症状を聞き出す必要があります。

他にも電話対応や飼い主さんからの質問等も多くなります。

動物病院の仕事はどんな人に向いている?

動物病院で仕事をする際には様々なことを任されることになります。

そこでどのような方が動物病院で働くことに向いているのか紹介したいと思います。

精神的に強い人

動物病院で働いていると、失敗することもあり自分の思い通りにいかないことが沢山あります。

しっかりと治療をしたつもりでも、飼い主さんからクレームを言われることや、動物の命が亡くなってしまうこともあります。

そのような時にクヨクヨせずに、しっかりと切り替える必要があります。

また緊急手術や、飼い主さんが見ている中でイヌやネコの処置をする必要があるので、プレッシャーのかかる場面もあると思うので、精神的に強い方は、そういった場面でもしっかりと能力を発揮出来るので、動物病院で働くことに向いています。

記憶力の良い人

動物病院に泊まりに来る、イヌやネコには、様々な問題があり、しっかりとその問題を覚えておく必要があります。

また飼い主さんは、自分の飼っているイヌやネコの名前を覚えてくれていることが嬉しく、それを理由にリピーターになってくれる飼い主さんも少なくありません。

診察の際にも、注射を嫌がるイヌの場合には、獣医師が噛まれてしまうかもしれないので、報告や対策をする必要があります。

イヌやネコの性格を覚えることはとても必要になるので、記憶力の良い方は、動物病院で働く際に役立ちます。

臨機応変に対応が出来る人

診察をする際には、人間ではなく動物を相手にしているので、思い通りに診察や治療が出来ることがとても少ないです。

例えばですが、包帯を巻いても噛み千切るイヌの場合には、包帯を巻く以外の治療方法があるのかどうかや、自分がオススメした治療方法は、値段が高いのでしたくないと飼い主さんに言われた場合には、他の治療方法を提案する必要があります。

日々色々な飼い主さんやイヌが来るので、どんなことにも臨機応変に対応する能力がとても必要になります。

客観的に動物と向き合える

動物が好きな人が動物病院で働くのに見ていると思う方もいると思いますが、そういった方のほうが、動物病院をすぐに辞めることがとても多いです。

動物は可愛いですが、生き物なので、いずれは亡くなり、動物病院で働く場合は、治療を行っても救えない命もあります。

動物を可愛がることも大切ですが、客観的に命と向き合うこともとても大切な仕事になります。

体力がある人

動物病院で働いていると、一日中立ちっぱなしが基本になります。

大型犬を抱きかかえることもあり、イヌやネコに噛まれることや引っかかれることも少なくありません。

残業も多く、休みも少ないので、かなり重労働な仕事になります。

雑用を頑張れる人

動物病院の仕事は沢山ありますが、最初の内は掃除や封筒にハンコを押す等の雑用がほとんどです。

想像していた仕事とは違い辞めてしまう方も沢山いますが、雑用だと感じている仕事も、間接的にはイヌやネコの為になっている仕事です。

たかが雑用だとは思わずに、しっかりと責任感を持ち雑用が出来る方は動物病院で働くことに向いています。

逆に動物病院の仕事に向いていない人の特徴は?

次に動物病院で働くのに向いていない人を紹介していきます。

好奇心がない人

動物専門学校では、実際に病気のイヌの診察をすることはなく、動物病院で働き始めてから、様々な体験をすることになります。

時には自分から挑戦しないといけないことや、自ら勉強会にいき、知識をつけることがとても大切になります。

イヌやネコだけではなく、小動物のウサギやハムスターの知識、海外から本を取り寄せることもあるので、英語の勉強等と、現状に満足せず、新しいことを沢山学びたいという好奇心はとても必要になるので、好奇心がない方は動物病院で働いても技術や知識の向上は望めないので向いていません。

人とのコミュニケーションが苦手な人

動物病院では、獣医師や飼い主さんとしっかりとコミュニケーションを取る必要があります。

他にも牧場や動物園、水族館等、様々な場所に行き、普段コミュニケーションを取らない方とも、コミュニケーションを取る必要があります。

少しの伝達ミスがイヌやネコの命に係わる場合があるので、コミュニケーション能力や相手に何かを伝える能力がない方は動物病院で働くことが難しくなります。

動物に対して過剰な愛情を持つ人

動物を可愛がり愛情を持つことはとても大切ですが、しっかりとした治療を行うためには、冷静に動物の命と向き合うことも大切です。

また動物が好きという理由だけで、動物病院で働いてしまうと亡くなってしまうことや、苦しむ動物の姿をみるのが辛くて、動物病院を辞めてしまう方も沢山います。

動物病院で働く際には、過剰な愛情よりも、しっかりと冷静に状況を判断できる方の方が向いています。

落ち着きがない人

動物病院で働いていると、予想していなかったトラブルや突如動物の様態が悪くなることがあります。

そういった際に、落ち着きがないと、飼い主さんも不安になるので、しっかりとトラブルが起きた場合は落ち着いて対処する能力が求められます。

また獣医師からも沢山指示されることも多いですが、一つ一つ焦らず対処することがとても大切になります。

固定概念が強い人

動物病院で働いていると、例外な患畜も出てくる場合があり、今まで通りの治療方法では上手くいかない場合もでてきます。

そういった時には、他の治療方法を試す必要があるので、「この病気はこの治療方法が良い」といった固定概念はよくありません。

保定方法や治療方法は、イヌやネコによって様々な方法があるので、固定概念を捨て、どの方法でやるべきかをしっかりと判断する能力が必要になります。

動物病院の仕事で活かせる、今までの経験

動物病院で働いていると、今後に活かせるスキルや経験が沢山あるので紹介したていきます。

相手に伝える能力

動物病院で働いていると、病気の症状や治療方法等、飼い主さんに伝えないといけないことが沢山あります。

他にもワクチンの接種期間や、狂犬病の予防をしないといけないのか、疑問に思っている飼い主さんがいた場合には、飼い主さんに、狂犬病の予防が何故必要なのかを伝える必要があります。

どのように飼い主さんにつたえれば分かりやすくなるかを考える必要があるので、動物病院で働いていると、青手に分かりやすく伝える能力がとてもあがるので、今後に活かせると思います。

洞察力

イヌやネコは痛いところ等を伝えることができないので、しっかりと洞察することが必要になります。

飼い主さんが今の説明で理解できたかどうか、獣医師が何を求めているか等をしっかりと洞察して、行動に移すことがとても多いので、動物病院で働いていると、洞察力や観察力は自然と上がり、どの職場でも活かさせるスキルにもなります。

対応力

動物病院で働いていると、他の職場に比べてもイレギュラーなことが沢山起こるので、対応力がとてもあがります。

社会人になると自分の思い通りにならないことも沢山あるので、学生時代に動物病院で働き対応力や、誰かに合わせて行動する能力を身につけることはとても今後に活かされる、貴重な経験になるのでオススメです。

その後のキャリアについて

動物病院で働いた後に、どのようなことが出来るのか知りたい方もいると思うので紹介したいと思います。

動物専門学校の先生

動物病院で働いた後に、動物学校の先生になる方も沢山おられます。

動物専門学校の先生は基本的にトリマー経験者が多いので、動物病院で働いていたというのはとてもアドバンテージになり、貴重な人材です。

美容実習をしている際に生徒が怪我をさしてしまったイヌの治療や、動物専門学校で飼育しているイヌやネコ、小動物の面倒も基本的には、動物病院で働いたことのある方が任されることになります。

動物病院では、飼い主さん相手に病気や症状の説明等をしていた経験もあるので、生徒にも分かりやすく説明することが出来る方が多いので、動物病院で働いていた方は、その後のキャリアの一つとして、動物専門学校の先生はとてもオススメです。

ペットシッター

ペットシッターは、独立もしやすいので、動物病院で働いた経験を活かしペットシッターになる方も増えてきました。

最近増えてきたペットシッターがどのような仕事かというと、ペットを飼っている飼い主さんの代わりに、ペットのお世話をするのが主な仕事になります。

ペットシッター業は、主にアルバイト、ペットシッターの派遣サービスに登録をして副業として始める方もいるので、動物病院で働きながらでも、ペットシッターとして活躍することが可能です。

老犬ホーム

ペットシッターと同じく、老犬ホームも最近増えてきております。

こちらは、老人ホームのイヌバージョンであり、老犬のお世話をするのが主な仕事になります。

老犬に対してどのような治療をしていくべきか、老犬の接し方等、動物病院で学んだことがとても活かせる仕事になります。

また老犬ホームは、ペットショップとは違い、イヌが亡くなる瞬間まで一緒にいることになるので、辛くかんじることもあると思いますが、とてもやりがいのある仕事です。

まとめ

動物病院では、獣医師の補助だけではなく、沢山の仕事があります。

最初の内は、雑用が多くやりがいを感じられず辞めてしまう方もいますが、間接的に動物の役に立っている仕事になっていることを理解して、しっかりとやりがいにも実感を持てるように頑張りましょう。

動物病院で働いていると、想像以上にハードで休みもありませんが、活かされるスキルやその後のキャリアを考えると、様々な可能性がある仕事になるので、是非諦めずに続けて下さい。


関連キーワード

動物病院求人

動物病院求人についてもっと深堀りした情報を見る

動物病院バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

動物病院の仕事は、専門的な知識が必要ということもあり、働きたいけど仕事ができるか不安という方も多いと思います。実際に動物病院で働いていて、どのような仕事があるのか、動物病院バイトの給料やおすすめの求人ポイントなどを紹介していきます。動物病院バイトの仕事内容とは?動物病院バイト内容は受付や獣医師の補助が主な仕事になります。動物病院バイトと書かれている場合でも受付の仕事を任されることがとても多いです。他にも診察以外に沢山のことを任されるので紹介していきます。動物のお世話動物病院では入院している動物がいるので、お世話をすることになります。犬や猫だけではなく、爬虫類や鳥類をが入院している動物病院もあり

動物病院受付バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

動物病院の仕事は、獣医師や看護師しか働けないと考えている方も多いと思います。沢山の知識を持っている人がいる中で、自分が働いても大丈夫なのかと、心配になる方に向けて、動物病院の受付バイトや求められている人物像や、自分が働くまで不安や疑問に感じていたことについて答えていきます。動物病院受付バイトってどんな仕事?動物病院の受付のバイトはどのようなことをするのか不安な方もいると思いますが、基本的には人間の病院の受付と変わりません。自分が病院の受付でされていることを思い出すとイメージしやすいと思います。ざっくりとした流れですが、①症状やどのようなことで病院にきたか尋ねる②犬の名前を聞く③カルテを用意する

動物病院受付の求人の募集内容、おすすめ求人のポイントややりがい・注意点などを経験者が紹介します

かわいい動物たちに囲まれて過ごす動物病院での仕事。動物好きならだれもが憧れたことのある職業ではないでしょうか?しかし、動物たちの命を扱う大切な仕事でもあります。そんな動物病院の受付の仕事を紹介します。動物病院の受付のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容来院した患者さんの受付、飼い主さんたちの問い合わせ・予約の対応などの直接患者さん、飼い主さんと関わる仕事や、院内の清掃、行政等への提出書類の作成などの裏方の仕事と、やることはたくさんあります。それでは、1日の流れにそって仕事を紹介していきます。院内・病棟の清掃、お散歩まずは病院内の床、待合室の椅子や壁、入院している動物がいればその子たちの病棟の清