動物病院の仕事は、獣医師や動物看護師しか働けないと考えている方も多いと思います。

沢山の知識を持っている人がいる中で自分が働いても大丈夫なのかと心配に思っている方に向けて、動物病院の受付のアルバイトが求められている人物像や自分が働くまで不安や疑問に感じていたことについて答えていきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

動物病院の受付アルバイトってどんな仕事?

動物病院の受付のアルバイトはどのようなことをするのか不安な方もいると思いますが、基本的には人間の病院の受付と変わりません。

自分が病院の受付でされていることを思い出すとイメージしやすいと思います。

多少の順番の違いはありますが、受付の流れをご紹介します。

①飼い主さんに動物の名前を聞いたり、診察券を受け取る

②症状やどのようなことで来院したのか尋ねる

③カルテを用意して、獣医師に伝える

④診察の終わった飼い主さんの会計をする

他には予約の電話やメールの対応、書類の作成、獣医師の補助が主な仕事です。

動物病院受付バイト求人でよくある募集内容とは? 

動物病院の受付アルバイトによくある募集内容や求められている人物像を紹介します。

給与相場

動物病院のアルバイトは時給制の所が多く、時給は大体900円~1,000円前後になります。

他の犬と関わる職業であるトリマーやドッグトレーナーに比べると、給料や時給も良いです。

勤務時間や休日、残業

動物病院は平日や土日祝日に関係なく働きますが診察があるのは午前中と夕方から夜にかけてです。

診察の合間は手術や休憩時間になるので、自宅が近い人は昼ご飯を食べに帰宅したり仮眠を取る方もいます。

残業も多くGWやお盆、祝日にも休みがないので長期の休みは取れませんが、動物の命を救えることにやりがいを感じ日々学ぶことが沢山ある仕事です。

週に一日は決まった休みがあり、シフト制の場合は事前に伝えておくと希望した日に休むことも可能です。

福利厚生

動物病院は正社員だと福利厚生が整っていますがアルバイトの場合はそれがない場合もあります。

アルバイトをしている方の中にはそのまま正社員になる方も沢山いるので、将来動物病院で働きたいという方にはとてもおすすめです。

他の動物関係の仕事に比べると、福利厚生だけでなく賞与があり給料も良いので、動物に関わって仕事をしていきたい方には良い機会になります。

求められる人物像

動物病院の受付は、獣医師よりも飼い主さんと近い距離で接することが多いので、コミュニケーションが円滑に取れる方が求められます。

飼い主さんは獣医師ではなく受付に相談や質問をされることもあるので、薬の名前など勉強して覚えていく必要があります。

動物病院では亡くなってしまう動物、骨折や出血している動物の治療をすることがあります。

痛がっている動物に治療をする際に怖がったり戸惑っていると、飼い主さんまで不安になってしまいます。

動物が好きな気持ちはとても大切ですが客観的に命や動物を見る力も必要になります。

それができず精神的に辛く辞めてしまう方が多いので、動物が好きなだけの方には動物病院で働くことはおすすめしません。

動物病院受付のアルバイトは、飼い主さんとのコミュニケーションを取りながら獣医師の指示を聞く必要があるので、要領良く仕事をこなせる能力が求められます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

動物病院受付アルバイト求人のおすすめのポイント

動物病院の数も増えており、どのような職場で働くべきか分からない方もいると思います。

そこで動物病院の受付アルバイト求人のおすすめのポイントを紹介していきます。

総合動物病院か個人経営の動物病院か

大手の総合動物病院は給料も良く知識アップにも繋がるので、魅力的に感じます。

しかし、規模の大きなところだと、未経験のアルバイトの求人は多くありません。

初めて働く場合やアルバイトの場合は、個人経営の動物病院のホームページを確認してみてください。

都市部の総合動物病院なのか地方の個人経営の動物病院なのかで、働き方や動物の種類、飼い主さんのタイプが変わってきます。

動物病院の特徴をよく調べた上で、自分の希望に合っている求人を探してください。

動物の診察以外のサービスをしている動物病院

診察以外にもトリミングやペットホテル、犬のしつけ教室等、様々なサービスをしている動物病院があります。

動物に関する仕事に挑戦したい方は、そのような動物病院を探してみてください。

実際に動物看護師からトリマーやドッグトレーナーになる方もいるので、どのような職業があり何をするのか体験しておくのも良いでしょう。

また動物病院受付としてアルバイトをしていたが犬のしつけに興味があると感じた場合にも、しつけ教室をしている動物病院であればドッグトレーナーとして働けることもあります。

ホームページにどのようなサービスをしているのか載っているので確認をしておくようにしましょう。

勉強会を開いてくれる

動物病院の中には勉強会を開いてくれるところもあります。

フィラリアの薬やその時期に多い病気や現在流行っている病気についての勉強会を積極的に開いてくれる動物病院だと知識も増えるので、働く上で大変役立ちます。

フード会社や製薬会社の勉強会に参加できるところもあり、普段使用している病気のための処方食や薬についてより理解することができます。

こちらは求人募集に勉強会を開いていると書かれているので、しっかりとチェックしましょう。

ボランティアに積極的に参加している

保健所や盲導犬協会等の施設と繋がっている動物病院もあります。

様々な環境で育っている犬と触れ合うことで自分がどのように動物の役に立っていきたいか等、将来の目標やモチベーションに繋がることもあります。

自分が働きたい動物病院がどのような活動をしているのかは、事前に確認しておくようにしましょう。

動物病院受付バイト求人についてよくある疑問

次に動物病院の受付でアルバイトをする際の疑問について紹介します。

動物病院受付バイトはどれぐらいの知識が必要なの?

最低限の知識として狂犬病やワクチン等について訊かれた際には、答えられるようにしておくと困りません。

他にも犬種や猫の種類が分かると、カルテをスムーズに書くことができます。

動物病院にはフィラリアのお薬や病気のための処方食、薬用のシャンプーなど取り扱うアイテムが沢山あります。

受付で薬や処方食の注文をする飼い主さんもいるので、動物病院に置いてあるものの名前は間違えずに覚えておきましょう。

働き始めてから学ぶことは沢山ありますが、薬や治療方法などの細かな知識まで身につけなくてもアルバイトをすることは可能です。

動物病院受付バイトに必要な資格は?

動物病院の受付として働く際に必要な資格はないので、実際に働きながら勉強をして動物看護士などの資格を取得していきます。

動物看護師の資格以外には愛玩動物飼育管理士やアニマルヘルパー、ペットシッターの資格を持っていると役に立つことがあります。

資格の有無に関わらずスキルアップのために講習会に参加できる動物病院もあります。

受付でペット保険のレセプトの記入や電子カルテの管理をパソコンで操作するところも多いので、簡単なパソコンのスキルは必要です。

動物病院受付バイトの今後は?

動物病院の受付のアルバイトをしている方の多くは、働きながら資格の取得や正社員を目指します。

他にも経験を活かして老犬ホームやペットシッターとして働く方もおられます。

動物病院で働いていると、動物の扱い方や最低限の知識が身につきます。

どの職業が向いているのか悩んでいる方は、動物病院で受付のアルバイトをしながら自分のこれからの仕事を考えることも一つの方法です。

動物病院で働く為には動物専門学校を卒業した方が良いの?

動物病院はトリマーやドッグトレーナーに比べ沢山の知識が必要になるので、可能であれば動物専門学校卒業後に動物病院で働くのが良いでしょう。

最近ではアニマルヘルパー講座やペットシッターの資格などの動物関係の資格は通信教育で勉強できます。

動物専門学校に通う時間がない方は、通信教育で知識を身につけるのも一つの方法になります。

動物病院で安楽死はするの?

動物病院で働く理由として動物が好きだからというのが理由の一つだと思います。

動物病院では症状が重い病気や激しい痛みがある際には安楽死をお願いされることもあります。

賛否両論がある安楽死ですが、動物病院で働く以上はしっかりと向き合う必要があります。

受付以外にはどのような仕事を任されるの?

受付以外にも沢山の仕事があり、特に動物病院は掃除を厳しく指導されます。

ノミやダニがついている犬が来た際には、他の動物に寄生しないようにしっかりと準備と後始末をします。

道具によって使用する消毒液も違うので、掃除に慣れるまでは大変に感じると思います。

動物病院での受付のアルバイトは雑用が多いですが、一つ一つが動物の役に立っていることをしっかり自覚して働くようにしましょう。

診察中の動物に噛まれることはあるの?

診察中の動物の中には注射やお薬を飲むのが嫌いな犬や人見知りの犬もいるので、噛まれることもあります。

働き始めた時は診察に来る動物の性格を把握していないので、可愛いからといって気を抜かないようにしましょう。

動物に対する経験を増やすことで、怪我をする頻度も少なくなっていきます。

入院している動物のお世話をする為に夜勤はあるの?

常に入院中の動物がいるので、動物病院に泊まり夜間に様子を確認するところもあります。

他にも早番と遅番にシフトが分かれている動物病院もあり、面接や職場説明の際に質問することをおすすめします。

また深夜は働きたくないという方は、獣医師が自宅を動物病院にしている所であれば、泊まり込む必要もないので、個人経営の動物病院を探してみて下さい。

まとめ

動物病院の受付のアルバイトは、受付以外にも様々な仕事があります。

飼い主さんの対応と同時に獣医師の指示を受けることになるので大変な仕事ではありますが、経験や知識が増える職業でもあります。

大好きな動物の命が亡くなる瞬間を見ることにもなるので精神的にも辛く感じる時もありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事です。

資格の取得や正社員、ペットシッターとして独立する等様々な選択ができる仕事なので、動物病院で受付のアルバイトを募集していれば挑戦してみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




動物病院求人についてもっと深堀りした情報を見る

動物病院バイト求人でよくある募集内容は?バイトの仕事内容や時給の相場などをご紹介!

動物病院の仕事は専門的な知識が必要ということもあり、働きたいが不安という方も多いと思います。実際に動物病院で働いていてどのような仕事があるのか、動物病院のアルバイトの給料やおすすめの求人ポイントなどを紹介していきます。動物病院バイトの仕事内容とは?動物病院のアルバイトの内容は受付や獣医師の補助が主な仕事になります。動物病院アルバイトと書かれている場合でも受付の仕事を任されることがあります。他にも診察以外に沢山のことを任されるので紹介していきます。動物病院の掃除ず最初に掃除を任されることが多いです。動物病院では精密機械を扱っているので動物の毛が入り込まないように、床の拭き掃除や入院室の掃除、待合

動物病院で働くには?資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!

動物病院で働くには、犬や猫、その他の動物の診察や手術等とても難しく、資格が必要なイメージがあると思います。実際に働いてみると、飼い主さんから沢山のことを訊かれるので、最低限の資格や知識を持っておくことが重要ですが、現在は通信教育や動物病院で働きながらでも資格が習得できるので、実際働いて必要だと感じた資格や知識を紹介します。動物病院の仕事ってどんな仕事?動物病院の仕事は雑用が多く、主に掃除や獣医師の補助、受付等が主な仕事になります。法律では、獣医師の資格を持っていない人間が病気の断定をすることが禁止されています。その為、獣医師の資格を持っていない方は診察を一人ですることはできません。しかし、体重

動物病院の仕事内容は?キツい?向き不向きの特徴を自分と照らし合わせてみよう!

動物病院の仕事は具体的にどのようなことをしてるのかは、この職業に就きたいという方には気になる内容ですよね。動物病院の仕事はきついという声も聞いたことがある方も多いかと思いますが、それはいったいなぜなのでしょうか?そこで今回は動物病院の仕事内容について4つの役割に分けて、詳しく解説していきたいと思います。どのようなスキルが必要なのかや、向いている人の特徴まで、動物を治療する以外の重要な業務についてご紹介していきたいと思います。動物病院の大まかな仕事内容動物病院では、診察以外にも動物のお世話や資料の作成等の仕事があります。どのような仕事があるのか、大まかに紹介していきます。動物病院の仕事は大きく4