動物病院で働くには、犬の診察や手術等、とても難しく資格が必要なイメージがあると思います。

実際に働いてみると、飼い主さんから沢山のことを聞かれるので、最低限の資格や知識を持っておくことがオススメですが、現在は通信教育等でも資格が習得できるので、どの資格を取るべきなのか分からない方も多いので、実際働いていて必要だと感じた資格や知識を紹介します。

動物病院の仕事ってどんな仕事?

動物病院の仕事は雑用が多く、主に掃除や獣医師の補助、受付等が主な仕事になります。

動物の法律の中には、獣医師の資格を持っていない人間が病気の断定をすることが禁止されています。

その為獣医師の資格を持っていない方は診察を一人ですることは出来ないので、みなさんがイメージされているような仕事内容とは少し違う所もあります。

ですが体重測定や体温検査、手術や検査の準備をすることは出来るので、動物と実際触れ合える機会はとても多く、動物の為に自分が何かをしてあげたいと思っている方であれば、たりがいを感じられると仕事内容です。

診察だけではなく、入院動物のお世話をすることもあり、爪切りや散歩、耳掃除等を任されることもあります。

獣医師よりも看護師や受付の方に相談される飼い主さんが多いので、飼い主さんの悩みを聞くのも仕事内容の一つです。

動物病院の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

動物病院で働くには?

動物病院で働くには、資格の習得が必須だと思っている方も多いと思いますが、実際は資格を持っていない方でも働くことが出来ます。

動物病院で働いきながら知識を身につけ、看護師の資格を習得する方もおり、最近ではペットシッターやアニマルヘルパーの資格を習得する方も増えています。

他にも様々な方法で働くことは可能なので紹介していきます。

トリマーとして働く

動物病院の中にはトリミングサービスを行っている動物病院もあるので、トリマーとして動物病院で働きながら動物看護士の資格を習得される方もおられます。

トリミングサロンではなく、動物病院でトリマーとして働くと以下のようなメリットがあります。

福利厚生がしっかりしている

トリミングサロンは、福利厚生がしっかりとしているトリミングサロンが少ないですが、動物病院は福利厚生がしっかりしています。

賞与がある動物病院もあり、トリミングサロンに比べると、給料も良いので、動物病院で働いているトリマーはとても多いです。

怪我の処置がすぐに出来る

トリミングは刃物を使うので、怪我をさせてしまう時もありますが、トリミングサロンの場合は細かな治療が出来ないので、動物病院に行き治療をしてもらうこともあります。

ですが動物病院の場合は、怪我をさせてしまっても、獣医師がおり医療器具も揃っているので、安心してトリミングが出来る環境になっています。

動物看護の知識が身につく

トリミングサロンとは違い、動物病院で働いていると獣医師の補助をすることもあるので、動物看護の知識が身につきます。

中にはトリマーの資格と一緒に動物看護士の資格を習得できる動物病院もあるので、将来独立をする際には、動物看護士のトリマーという強みがあり、飼い主さんも安心して愛犬を預けられるので、将来独立した際に他のトリミングサロンと差別化を図れるのも強みになります。

このようにメリットが多いですが、デメリットもあり、動物病院でトリミングをする犬は老犬が多いので、可愛いカットやショーカットを求められることは少なく、サマーカットのようなかっとを求められることがとても多いです。

老犬なので素早くカットをする必要もあり、中にはてんかんやヘルニアの犬をトリミングすることになる場合もあります。

競技会やドッグショーで将来活躍したいという方が目指しているかっと方法とはまた違うことを頭に入れておきましょう。

ドッグトレーナー

動物病院の中には犬のしつけ教室のサービスをしている動物病院もあります。

ドッグトレーナー資格は通信講座でも取ることが出来ることが出来ます。

トリマーはハサミを入れる角度や技術が必要になりますが、ドッグトレーナーは細かな技術があまり必要ではないので、動物専門学校に通っていなくても出来る可能性が非常に高いです。

こちらもトリマーと同じく、動物病院で働いているので給料も良く、動物看護士の資格を習得できる場合もあるのでオススメです。

動物病院受付

動物病院受付のバイトは初心者の方でも歓迎してくれる所が多いのでオススメです。

こちらも知識を身につけていき、動物看護士の資格や正社員になれることも多いのでオススメです。

このように動物病院で働く方法は沢山あり、決して大学に行き獣医師免許を取らないと働けないということはありません。

動物病院で働いた知識を活かし、将来はペットショップで働く方やドッグトレーナとして活躍している方もいるので、動物の為に働きたいが、どのような職業をしたいのかまでは決まっていない方は、動物病院で働くことをオススメします。

動物病院で働くために勉強しておくべきこと

動物病院の求人募集の中には初心者歓迎と書かれている動物病院もありますが、最低限の知識を持っておく必要があります。

実際働いてみて最低限必要だと感じた知識は、狂犬病やワクチンについての知識です。

何故狂犬病予防やワクチン接種をする必要があるのかを理解していない飼い主さんはとても多いのでしっかりと説明できるようにしておきましょう。

持っておくべき資格とは?

動物病院で将来正社員として働きたい方の場合は、動物看護士統一認定試験を受講することをオススメします。

看護師としての資格の他にも、愛玩動物飼養管理士の資格を習得しておくと、動物愛護の法律や小動物の知識も増えるのでオススメです。

最近ではアニマルヘルパー講座を受けることで、将来ペットシッターとして独立する方も増えています。

動物病院で働いていると様々な知識が身につきます。

先輩方も好奇心のある方が多いので、講習会や勉強会には積極的に参加できる動物病院が多いので、資格に関しましては、動物病院で働きながら様々な資格を習得する方が多いです。

現場で働き、色々なことを経験するのが一番なので、資格のことは考えずに働く機会があるのであれば、とりあえず働いてみることをおすすめします。

必要なスキルとは?

動物病院で働く際に知識は当然ですが、最低限のトリミング技術も必要になります。

診察のついでに爪切りや肛門腺絞り等のサービスをしている動物病院もあります。

毛が邪魔で傷口が見えない時には、傷口に当たらないようにバリカンを当てる必要もあるので、知識だけではなく多少の技術を身につけておくと働いてから苦労することも少なくなります。

また動物病院は資料やカルテの作成の際は、パソコンを使うことになるので、文章が入力できる程度のタイピングスキルは身につけておきましょう。

動物病院の中にはタブレットやパソコンを使い、飼い主さんに症状や今後の治療方法を説明する場合もあります。

他にも様々な医療機器を扱う場合もあるので、機械の操作方法が理解できる程度の理解力が必要になります。

動物病院の仕事の探し方とは?

動物病院はコンビニや飲食店に比べると、仕事を探すのが難しく、求人情報のチラシに載っていることも少ないです。

そこでどのように、仕事探しをすればいいのか紹介していきます。

ハロワークや求人サイト

ハロワークに行き、動物関係の仕事がしたいと言うと、かなりの確率で動物病院受付の仕事を紹介されます。

最近では、スマートフォンのアプリで求人検索サイトがあるので、動物病院で調べると仕事は沢山出てきます。

いきなり診察や治療等を任されることは少ないですが、動物病院受付バイトから看護師になり、正社員になる方もいるので動物病院受付バイトはとてもオススメです。

専門学校の先生の紹介

こちらは専門学生に限られてしまいますが、将来動物病院で働きたいという目標がある場合は、やはり動物専門学校に通うことをオススメします。

動物専門学校の場合は先生の紹介もあり、就職もとてもしやすく、職場体験やインターンシップもあるので、事前にどのような環境なのか把握出来るので安心です。

ボランティア

動物病院の中には動物愛護等のボランティアに力を入れている動物病院もあります。

積極的にボランティアに参加していると、アルバイトや正社員として誘われる可能性があるので、ボランティア活動をするのも一つの方法です。

ホームページを確認すると、どのような活動をしているのか載っているのでしっかりと確認しておきましょう。

動物病院の募集状況は?

動物病院は中途採用や新卒採用等の月日に関わらず、募集をしている動物病院がほとんどです。

動物病院の働き口はどの程度あるの?

動物病院の働き口は沢山あり、求人サイトやハローワークに行くと見つかることがほとんどです。

動物関係の中では給料も良く、知識も身につくのでとてもオススメです。

動物病院の転職事情

動物病院で働いていた方の転職先で多いのはやはり動物関係の仕事になります。

最近ではペットシッターの派遣を副業にしている方も増えています。

動物関係以外にも医療メーカーの営業職に転職される方もおられます。

動物病院で働いていると知識や資格も身につくので転職先に困ることは少ないです。

動物病院の平均給与はどれくらい?

動物病院の初任給は17万~20万円前後になります。

トリマーやドッグトレーナーに比べると給料も良く、福利厚生もしっかりとしている動物病院がほとんどです。

賞与もある動物病院もあるので、動物と関わりながらもしっかりとした手当を貰いたい方にはとてもオススメです。

動物病院の仕事のやりがいとは?

動物病院の仕事は、毎日が勉強であり、飼い主さんに感謝されることがとても多いのでやりがいをとても感じる仕事です。

そこでどのような時にやりがいを感じるのか紹介したいと思います。

飼い主さんに感謝された時

動物病院で働いていると、犬の治療や犬の問題行動について相談を受けることがあります。

飼い主さんと一緒に、愛犬に合った治療方法を考え、回復した時には飼い主さんからとても感謝されるのでやりがいをとても感じます。

犬の状態が良くなる

中には数年間病院に通い続ける犬もいるので、長期的に動物病院に通っていた犬の状態が良くなった時にはとてもやりがいを感じます。

また病院に通い始めた頃は中々懐いてくれなかった犬が懐いてくれるようになった時には、長く続けていて良かったと感じられます

新しい仕事を与えられて時

動物病院で働き始めた頃は、雑用が多く、一人で任して貰える仕事が非常に少ないです。

自主的に勉強会や資格を習得することで、飼い主さんや先輩に信頼され、新しい仕事を任せられるようになります。

新しい仕事を与えられた時には、自分が動物や職場の役に立っていることが分かるので、やりがいを感じます。

このように動物病院は飼い主さんに感謝されることや、新しい発見が日々あるので、とても仕事にやりがいを感じられるのでオススメです。

動物病院の仕事の大変なこととは?

次に動物病院で働いていて大変だったことを紹介します。

雑用が多い

動物病院で働き始めた頃は雑用がとても多く、掃除も厳しく指導されることになります。

道具によって使用する消毒液も違うので、覚えることも沢山あるので大変に感じることもあります。

動物の苦しんでいる姿

動物病院は病気や怪我をしている動物が来るところなので、中にはとても痛々しい動物の治療をする時もあります。

傷口に消毒液をつけると、動物の悲鳴が聞こえるときもあるのでとても可哀想に感じ、精神的に辛くなり辞める方も沢山いました。

動物病院で働く為には、命を客観的に見ることも大切なので覚えておきましょう。

安楽死をする時がある

こちらは動物病院にもよりますが、明らかに犬が苦しんでいる時には安楽死を選択する飼い主さんもおられます。

犬が亡くなる瞬間を見ることになるので、精神的にも辛いですが、次に診察する動物がるので気持ちを切り替える必要があるので、気持ちの切り替えがとても大切で大変な仕事でもあります。

まとめ

動物病院で働くメリットは沢山ありますが、命を預かる仕事になるので責任も重大な仕事になります。

実際に働いていると、亡くなる犬や安楽死を選択する飼い主さんもいるので、精神的につらいこともあると思いますが、それ以上に知識やスキルが身に付く仕事なので、動物病院で働く機会がある方は是非働いてみて下さい。


関連キーワード

動物病院求人

動物病院求人についてもっと深堀りした情報を見る

動物病院バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

動物病院の仕事は、専門的な知識が必要ということもあり、働きたいけど仕事ができるか不安という方も多いと思います。実際に動物病院で働いていて、どのような仕事があるのか、動物病院バイトの給料やおすすめの求人ポイントなどを紹介していきます。動物病院バイトの仕事内容とは?動物病院バイト内容は受付や獣医師の補助が主な仕事になります。動物病院バイトと書かれている場合でも受付の仕事を任されることがとても多いです。他にも診察以外に沢山のことを任されるので紹介していきます。動物のお世話動物病院では入院している動物がいるので、お世話をすることになります。犬や猫だけではなく、爬虫類や鳥類をが入院している動物病院もあり

動物病院受付バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

動物病院の仕事は、獣医師や看護師しか働けないと考えている方も多いと思います。沢山の知識を持っている人がいる中で、自分が働いても大丈夫なのかと、心配になる方に向けて、動物病院の受付バイトや求められている人物像や、自分が働くまで不安や疑問に感じていたことについて答えていきます。動物病院受付バイトってどんな仕事?動物病院の受付のバイトはどのようなことをするのか不安な方もいると思いますが、基本的には人間の病院の受付と変わりません。自分が病院の受付でされていることを思い出すとイメージしやすいと思います。ざっくりとした流れですが、①症状やどのようなことで病院にきたか尋ねる②犬の名前を聞く③カルテを用意する

動物病院の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

動物病院の仕事は、難しいイメージがあると思います。そこでどのようなスキルや人物が動物病院で働く際には、向いているのかを紹介したいと思います。動物病院の仕事にはどんなものがあるの?動物病院の仕事は、雑用や受付、獣医師の補助等が主な仕事になります。獣医師よりも飼い主さんとの距離は近く、飼い主さんのカウンセリングも動物病院で働く際の仕事になります。動物病院の大まかな仕事内容動物病院の大まかな仕事ですが、獣医師の補助をしているイメージがあると思いますが、他にも受付や資料作成、掃除等様々な仕事があります。そこで動物病院で働く際には、どのような仕事があるのか紹介したいと思います。掃除動物病院では様々な薬品

動物病院受付の求人の募集内容、おすすめ求人のポイントややりがい・注意点などを経験者が紹介します

かわいい動物たちに囲まれて過ごす動物病院での仕事。動物好きならだれもが憧れたことのある職業ではないでしょうか?しかし、動物たちの命を扱う大切な仕事でもあります。そんな動物病院の受付の仕事を紹介します。動物病院の受付のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容来院した患者さんの受付、飼い主さんたちの問い合わせ・予約の対応などの直接患者さん、飼い主さんと関わる仕事や、院内の清掃、行政等への提出書類の作成などの裏方の仕事と、やることはたくさんあります。それでは、1日の流れにそって仕事を紹介していきます。院内・病棟の清掃、お散歩まずは病院内の床、待合室の椅子や壁、入院している動物がいればその子たちの病棟の清