ここでは、名古屋でおすすめの職種や業界をご紹介します。

人気のある仕事や、給与の高い仕事、名古屋ならではの仕事、これから注目を集めそうな仕事など、名古屋の正社員求人について気になる情報をまとめました。

名古屋ってどんな街?

名古屋はどんな特徴を持った街なのでしょうか。

仕事の話をする前に、まずは名古屋について、色々な面からお話しします。

名古屋は、日本の大体中央に位置しています。

戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の武将を生みました。

現在でも名古屋は、新幹線のひかりやのぞみも止まる日本の主要な都市です。

観光地としては名古屋城や名古屋港水族館、東山動植物園、リトルワールドなどがあります。

近年は、名古屋港にレゴランドが出来たり、2005年に万博が行われた公園にジブリパークが作られる計画がありますし、名古屋城の天守閣の木造復元の計画もあり、観光事業に力を入れています。

人口の流れとしては、東京などの大都市に移り住む若者が増えている傾向があります。

名古屋(厳密には愛知県豊田市)にはトヨタ自動車があり、関連のビジネスが県内に多くあります。

別の都市に移り住んでも、また地元へ戻ってくる人や、いつかは地元へ戻りたいと思う人も多いです。

東京や大阪ほどの大都市ではありませんが、人も多すぎず、店も多すぎず、ちょうど良い環境があります。

住みやすい街と言えるでしょう。

気候的には、夏のじめじめとした暑さが目立ちます。

春や秋は、過ごしやすいでしょう。

冬は、隣の岐阜県ほど雪が降らず、それほど困ることもありません。

南側は太平洋に面しており、名古屋港の近くは、様々な企業が工場や倉庫を連ねています。

名古屋港からは、多くの自動車の輸出を始め、色々な商品が船で輸出・輸入されています。

食文化としては、味噌が赤味噌であり、赤味噌を使った味噌汁を始め、みそかつやおでん、土手煮などが好まれています。

農作物を自分の畑で作る家庭もまだ残っており、若い世代や中年の世代も少しずつですが農作業に加わるようになってきています。

戦国時代の茶道・花道からの名残なのか、お花を好む人も多く、家の庭先で育てたり、仏花を供える日課もあります。

花の生産量としては、特に菊が多いです。

名古屋正社員求人でおすすめな職種や業界とその理由

それでは早速、名古屋で働くのにおすすめの仕事をご紹介します。

自動車開発技術者

名古屋ならではの職種です。

名古屋では、トヨタ自動車の関連の仕事が多く、工業系を専門に学び、開発に関わることで、地元で安定した職につくことが出来ます。

刈谷市に本社や工場のある企業が多いです。

人気な理由

総合職や営業職であれば、全国各地への転勤のあるトヨタ系企業ですが、開発技術者は転勤がないため、将来設計がしやすいことから人気があります。

豊田市には、中学卒業後に技術者を育成するための専門学校の「豊田高専(豊田工業高等専門学校)」があります。

偏差値が63~64ほどと、レベルの高い学校です。

2年間学んだ後、技術者として就職することが出来ます。

工業用機械開発技術者

名古屋ならではの職種です。

名古屋には、工業用機械のメーカーが数多くあります。

例えば、プリンターやミシンのブラザー工業株式会社があります。

人気な理由

ものづくり大国の名古屋では、自動車同様、技術系の職が人気があります。

技術者の求人が多いということもあります。

工場で働く製造職や、事務職よりも、技術職の給与が高くなっていることも人気の1つです。

工業大学出身者は就職に有利です。

地方公務員

人気のある職種です。

愛知県は地方公務員の数が全国で5番目に多く(総務省統計局のデータより)、特に名古屋市の公務員を目指す人が多いです。

人気な理由

一番安定した職という昔からのイメージがあり、給与も比較的高いため人気があります。

教員

人気のある職種です。

愛知県には、教師を目指す人が通う通称「愛教大」と呼ばれる国立大学の「愛知教育大学」があります。

愛教大出身の先生が多いです。

人気な理由

やりがいの大きい仕事であり、給与の昇給が大きいことから人気の職種となっています。

長く続ければそれだけ給与も増え、退職金もしっかり受け取ることが出来ます。

介護師

求人の多い職種です。

老人ホームなどで介護師として働く人が増えています。

大学で専門に学び、国家試験に合格すると、介護師として就職することが出来ます。

人気な理由

この10年、20年で高齢化が進み、人口の多い高齢者を支える仕事の求人が増えました。

就職先も多く、人手が足りない仕事です。

就職先が多いということで、この職業を選択する人が多いです。

実際に働くと大変そうですが、今後何十年かは求められる仕事でしょう。

総合職

求人が多く、人気のある職種です。

現在、色々な企業で「総合職」としての採用がかなり増えました。

人事や経理から、営業やシステム開発まで、数年ごとに様々な仕事を任されます。

人気な理由

人気の理由としては、特に新卒で総合職の採用が増えたことと、給与が高いことです。

総合職で様々な仕事を経験すると、幹部候補になってきますので、将来的に良いだろうと思う人が多いです。

鉄道

注目度の高い業界です。

JRや地下鉄、名古屋鉄道といった交通機関があり、名古屋駅を中心に張り巡らされています。

東海道新幹線の停車駅として名古屋駅が栄えていて、今後はリニア中央新幹線の乗り入れも控えています。

人気な理由

愛知県では、通勤や通学に電車を使う人が多く、活気があります。

名古屋駅にある高島屋はJRとの共同運営ですし、同じく名古屋駅にある名鉄百貨店は、名古屋鉄道が100%株主となっていてます。

鉄道会社の影響力が強いです。

自動車

人気NO.1の業界です。

トヨタ自動車は愛知県の豊田市に本社があります。

トヨタ自動車関連のビジネスは金額的に大きくなり、愛知県内にトヨタ関連の仕事が数多くあります。

人気な理由

愛知県の一番大きな企業であるトヨタ自動車には、小さい頃から触れる機会が多く、就職先としても優良とされており、給与も高いことから人気があります。

空港

人気の高い業界です。

2005年に常滑市に中部国際空港(セントレア)が開港し、飛行機の国際線と国内線の拠点となっています。

人気な理由

開港して10数年が経ちますが、華やかな職場であることから人気があります。

製鋼

安定した業界です。

自動車を作るための材料を作る製鋼業です。

港近くにあり、24時間体制で動いている工場もあります。

特に愛知製鋼は世界レベルの大きな工場を持っています。

人気な理由

トヨタ自動車関連の仕事であり、出荷数も多く、安定した業界と言えます。

テレビ局

人気のある業界です。

愛知県には、CBCテレビ、中京テレビ、東海テレビ、名古屋テレビ(メ~テレ)、テレビ愛知といった大きなテレビ局があります。

名古屋駅や栄駅など、街中にテレビ局のビルがあります。

人気な理由

華やかな業界であり、給与も高いため人気があります。

給与が高い職種と高くなる理由

前項では、おすすめの職種と業界を紹介しましたが、ここでは名古屋で特に給与の高い職種について、ご紹介します。

テレビ局の総合職

名古屋の会社員の中で最も給料が高いのが、中部日本放送株式会社(CBCテレビ)となっています。

現在は、アナウンサーなど専門分野ごとではなく、総合職として採用されています。

給与が高い理由

通常給料が高いというと、会社の利益率が高いためですが、テレビ局は平均的な利益率です。

なぜテレビ局の給与が高くなるのかというと、次の2つの理由があります。

1つ目は、テレビ局は売上額の割に正社員の数が少ないということです。

その分、下請けや非正規雇用でまかなっており、人件費を安く抑えることが出来ています。

ですので、正社員一人一人へ還元される給料が高くなると言えます。

2つ目は、勤務時間が昼夜問わず発生したり、視聴率を気にしなくてはいけないなど、体力的にも精神的にもキツい仕事であるため、様々な手当てが発生するためです。

テレビ局に就職することは狭き門であり、ハードな仕事ですから、給与も高くなっています。

商社の総合職

名古屋の商社と言うと、トヨタ自動車の商社である豊田通商株式会社が有名です。

総合職は転勤もあり、営業に出ることも多く大変ですが、給料は事務職よりもアップします。

女性の総合職も少しずつ増やしています。

給与が高い理由

商社は、給料が高いというイメージがありますが、理由として、固定費がかからず、利益率が高いことが挙げられます。

商社は、物を作る設備などが必要ありません。

そのため、利益が多く、社員に還元出来る額が多くなります。

いい部分である反面、高い交渉力が求められ、精神的な負担の大きな仕事でもあります。

出張や転勤も多いですが、その分手当も手厚くなっています。

三菱UFJ銀行の銀行員

名古屋だけではなく、全国に配属されますが、名古屋で働いている人の中で給与が高い職種となっています。

給与が高い理由

三菱UFJ銀行は三井住友銀行、みずほ銀行に並び、日本の三大メガバンクの一つです。

会社の資本金が多く、企業へお金を貸すことのできる金額が多くなる分、売上高も多くなっています。

また、大きな銀行であり、人々からの信頼が厚く、企業のメインバンクに選ばれています。

大企業の取引銀行となれば、送金手数料での利益も大きくなります。

利益が多いので、社員への給与も、他の職種や業界と比べて高くなっています。

公務員

名古屋でも根強い人気のある公務員です。

市役所勤めや、教員では、新卒から定年まで勤める人も多いです。

給与が高い理由

勤続年数によって給料が上がっていくのは、どこの会社でもあると思います。

ですが、公務員は、上がる金額が大きいのが特徴的です。

また、一般的な仕事であれば、その年の売り上げによって大きく左右されてしまいますが、公務員は決められた額をもらうことが出来ます。

公務員であれば、市などが主催する行事に出席したり、教員であれば、授業以外の仕事や部活指導などがあり、なかなか休むことが出来ない仕事ではあります。

市民の生活のために働く、責任感の強い仕事ですから、給与も高くなっていると言えます。

名古屋でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

名古屋でこれから注目を集めそうな職種や業界をご紹介します。

航空産業

愛知県で多くの企業が工場や倉庫を持っている飛島村というエリアに、三菱重工という、国内初の大型ジェット機MRJを作っている企業があります。

注目を集めそうな理由

まだMRJは完成しておらず、資金不足が報道されています。

しかし、完成して使用されるようになれば、とても大きな事業となります。

今後注目が高まると思われます。

鉄道

人々の移動が活発になる中、JRが全国に張り巡らされていて、リニア新幹線の話題もよく聞くようになりました。

一方、過疎化が進む地域では、バスの本数が少なくなってしまったり、運行取り止めの検討があったりと、利用者の数が減るにつれ、寂しい話も聞くようになりました。

ますます東京一極化が進むと言われており、東京行きの出発地である名古屋駅の発展が見込まれます。

注目を集めそうな理由

名古屋駅で最近活気を見せているのがJRです。

名古屋駅周辺に新しい商業ビルを建てたことで、賑わいを見せています。

2020年にはリニア新幹線も開通し、さらに人気が高まるでしょう。

また、名古屋駅方面に企業も多くあり、今後も増えていくことが見込まれます。

家は中心地から離れた場所に持つ人も多く、名古屋駅に行くまでの交通機関の利用者は多いです。

名古屋鉄道(名鉄)や、名古屋市営地下鉄などが利用されています。

もの作り等の職人

名古屋では、自動車や機械など、古くからもの作りの分野で世界的な商品を生み出してきました。

今後も、どんなものがヒットするのか楽しみです。

注目を集めそうな理由

最近では、無水調理のできるホーロー鍋のバーミキュラがヒットしました。

愛知ドビーという会社が開発し、販売しています。

ホーロー鍋自体は、海外製品のstaubなどありましたが、国内産のホーロー鍋であり、鍋の色をキラキラとした可愛いパステルカラーに仕上げたことで、注目を集めました。

名古屋の人は、アイディアを考えるのが好きだと感じます。

名古屋ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

名古屋ならではの面白い職種や業界をご紹介します。

外食業界

名古屋には、全国的に知られている外食の会社がいくつかあります。

株式会社壱番屋(カレー)、株式会社コメダ(喫茶店)、スガキコシステムズ(ラーメン)、株式会社矢場とん(みそかつ)などです。

おすすめポイント

壱番屋は愛知県一宮市に本社があり、今では国内の各地に店舗があり、海外進出もしています。

また、名古屋市の栄駅に「宗次ホール」という音楽ホールを運営していて、文化貢献もしています。

コメダは名古屋市に本社があり、最近では東京でも店舗を見かけるようになりました。

コーヒー代でトーストや卵が食べられるモーニングの文化が根差しています。

スガキコシステムズは名古屋市に本社があり、地元のスーパーを中心に店舗を持ち、東海地方にしか出店していませんが、幼い頃からよく親しむラーメン屋さんです。

矢場とんは、国内と、海外はタイ、バンコク、台湾に出店しています。

それぞれの会社が今後どのように展開していくのか、注目です。

陶芸家、陶器販売

愛知県は、瀬戸物や常滑焼などで有名です。

陶器の生産が全国1位となっています(『データでみる県勢 2019年版』より)。

また、陶磁器の販売で有名なノリタケ(株式会社ノリタケカンパニーリミテド)の本社は名古屋市にあります。

おすすめポイント

陶芸家の方の作品は、芸術品として富裕層に人気があります。

東京などで個展も開かれています。

陶器販売は、代々家族で行っていることが多いです。

職人さんとして、研修生や地元の人を雇っています。

また、絵付け体験などを一般の人が出来るビジネスにも力を入れています。

近年の日本食ブームもあり、和食器の売れ行きが気になるところです。

陶磁器のノリタケは、大正3年(1914年)に日本初のディナーセットを作った会社です。

精緻な美しさで贈答品として人気があります。

さらに、技術を生かし、工業機材、セラミック、エンジニアの3つの事業も展開しています。

食品業界

名古屋の食品では全国的知られているものがいくつかあります。

酢で有名なミツカン(株式会社 Mizkan Holdings)、ケチャップで有名なカゴメ(カゴメ株式会社)があります。

また、キャベツの収穫量が全国第2位、トマトの収穫量が全国第2位となっています。

畜産業では、養鶏が最も多く、名古屋コーチンというブランドがあります。

おすすめポイント

食品の生産はその年の出来高や、流行に左右されますが、人が生きていく上で必ず必要になる物です。

全国的に知られている会社であれば、取扱い量も多く、安定した売り上げがあります。

自分にあった名古屋の正社員求人の選び方や注意点

正社員の求人を探す際に、どのような点に気を付けたら良いのかをご紹介します。

勤務地に気を付ける

勤務地によって、通勤や仕事が終わった後のライフスタイルが異なります。

名古屋駅周辺ですと、華やかな反面、通勤で人混みが多く、仕事が終わった後の付き合いが多くなります。

電車を使う場合は、通勤疲れがあるかもしれないことを考えておく必要があります。

地下鉄の中では特に東山線が混みます。

名城線は、名港線であればあまり混むことはありません。

車で行く場合も、渋滞のある道があります。

また、日本全国に店舗や支店があったり、海外進出していたり、海外に工場・事務所がある場合、転勤が多くなります。

独身の時は身軽に動けると思いますが、結婚すると転勤による負担が大きくなります。

残業時間を確認する

最近は働き方改革によって、残業が減ってきていますが、どこの会社も良心的というわけではありません。

毎日夜遅くまで仕事があったり、休日も出勤しなくてはいけなくなったりして、体調を崩してしまう話も聞きます。

月末など、月に数日だけ遅くなることは除き、日々の残業時間と、休日出勤がどの程度あるのかは、確認しておきましょう。

会社の雰囲気に合うかどうか見極める

面接などで会社を訪れた時に、働いている人や、働く環境を見て、自分に合いそうかどうか考えましょう。

仕事に行きたいか行きたくないかの分かれ目として、人間関係や環境が大きな要因になります。

やりたい仕事であっても、その会社の一員としてやっていけそうかどうか、よく観察しましょう。

資格や免許を持っていると仕事がしやすい

あまり経歴・学歴にこだわらず、採用される世の中になってきました。

全く畑違いの仕事に就く人もいます。

そんな中、就く仕事に関係した資格や免許を持っている人は仕事がしやすくなります。

資格や免許のための勉強が、仕事をする下地を作ってくれるからです。

専門的な仕事であれば、免許がないと出来ない仕事もあります。

資格を取るためのサポートを会社がしてくれる場合もありますので、確認してみると良いでしょう。

まとめ

名古屋でおすすめの仕事について見てきました。

工業系の職業が多い地域で、特にトヨタ自動車関係のビジネスが目立ちます。

自動車の材料となる製鋼から、部品の製造、組み立て、販売まで、たくさんの企業と人が関わっています。

その一方、公務員や鉄道、テレビ局などの花形の職業は変わらず人気があり、狭き門となっています。

最近では男女ともに総合職で働く人が増え、20年前と比べて共働きの家庭がかなり多くなりました。

募集が多く、なり手が増えてきているのが介護師です。

大学卒業後からすぐに介護師として働く人をよく聞くようになりました。

名古屋で学生時代を過ごしても、就職するのは東京という人が増え、ますます東京一極化が進んでいるのを感じます。

中小企業では、業績の悪化から廃業する会社を聞きます。

生き残りのために、事業の転換を大胆に行い、成功させてきた会社が残っていると感じます。

長久手市を中心に、今まで何もなかった土地に一軒家の住宅や商業施設が増えて、人の数が少しずつ増えてきています。

中心地はビルが増えてきましたが、少し離れれば自然がまだ残っていて、ゆったりと過ごすことが出来ます。