お仕事といっても通勤だけではなく、お宅にいながら稼ぐ事の出来る在宅ワークも、最近では魅力的なお仕事のひとつですよね。

特に女性はメイクや服装など、通勤のお仕事では仕事を始める前に色々と気を使わなければいけないことが多すぎて、気疲れしてしまいます。

在宅ワークは人前に出なくて良いので、すっぴんでも人前に出れない服装でも全然オッケーなところが一番の魅力ではないでしょうか。

その他にも「好きな時間に初めて終われる」だとか、人と余計なコミュニケーションを取らなくて良いだとか、色々メリットはあり、特に子育て中の主婦の方などにも便利なお仕事形態になります。

そんな在宅ワークですが、「時間が自由になる反面お給与は安い」という内容から、「個人の知識や技術を活かして稼ぐことができる」お仕事内容に変化しつつあります。

今回は岡山での在宅ワークのお仕事の種類と、それぞれの仕事に向いている方の特徴、仕事を始める際の注意点などをご紹介してみたいと思います。

皆さんにぴったりとあった稼げる仕事が見つかるといいですね。

「在宅ワーク」が自分に向いているか診断するにはこちら →

在宅ワークと内職の違い

お仕事のご紹介をする前に、簡単に在宅ワークと内職の違いを述べておきたいと思います。

内職という仕事は、一言で言うと「製品づくり」であり、シールを貼ったり、袋詰めをしたりなど単純作業で様々な製品を自宅で作るお仕事になります。

在宅ワークと違って、内職は家内労働法という法律が適応されるため、最低賃金や安全面などの労働環境が保証されています。

作る製品は繊維工業や雑貨のものが多く、特に繊維工業が多くある岡山県では盛んなお仕事でもあります。

それと比較して在宅ワークは下請法という法律が適用され、内職のように最低賃金が保証されるわけではなく、お仕事の内容も、製品を作るよりは技術を活かした設計やデザイン、データ入力、翻訳などがメインのお仕事になります。

賃金的に保証されているわけではありませんが、個人ごとの持っている技術や特技によっては大きな収入を得ることができることが、内職と違う点です。

コツコツとした作業で安定した収入を得たい方は内職を、自身の特技を活かして稼ぎたい方は在宅ワークを選ぶと良いでしょう。

岡山で出来る在宅ワークの探し方

岡山に住んでいる人は、どうやって在宅ワークを探せば良いか悩みますよね。

でも住んでいるエリアは関係なく、お仕事を受けられるのも在宅ワークの良いところ。

全国で見るとは色々な仕事が募集されています。

ここで紹介する方法であれば、自分に合った在宅ワークも探しやすいのでぜひやってみて下さいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本トップクラスの転職エージェントです。

転職支援実績がNo.1で、岡山にも支社があります

求人の取扱も多いため、在宅でできる仕事の取り扱いもあり、紹介してくれます。

正社員で働けるものがあるので安定して働きたい人にはオススメです!

また、面接に行かなくても、電話で面談や相談が出来るので在宅ワークを求めている人にも優しいですね。

確認した時点だと「予約センターのスタッフ」「ライター」「人事」などの仕事があったので、皆さんもこちらから確認してみて下さい。

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシング専門のマッチングサイト。

上場もしているのでちゃんとしている会社です。

このサイトでは、在宅でできる「ライティング」や「翻訳」「データ入力」など細かいお仕事を受けられます。

気になる人はこちらからチェックして見て下さいね。

在宅ワーク岡山でおすすめな職種や業界とその理由

それでは、ここからは岡山県で現在求人されている在宅ワークのお仕事の中から、働く条件ごとにいくつかオススメなお仕事をあげてみたいと思います。

簡単ですぐできるお仕事

アンケートモニター

とにかく現在一番求人が多いお仕事ではないでしょうか、そしてスマホさえあればいつでもどこでも取り掛かれる仕事ですし、10分〜15分程度のスキマ時間を使ってサクサクできてしまうお仕事です。

仕事内容はサイトに登録して表示されるアンケートに答えるだけ。

個人の意見で十分ですし、難しい知識や経験も全く必要なし!

とにかく簡単に始められるお仕事なので在宅ワークをこれから始める方にはぴったりではないでしょうか。

チャンネルモニター

YouTubeなどの動画を視聴してアンケートに答えるお仕事です。

アンケートモニターと比較して動画を見る分だけ、一動画につき約15分ほど時間を取られますが、視聴した動画に対してのアンケートなのであまり回答を考える必要なく行うことができるというメリットがあります。

暇な時に動画アプリをなんとなく見てしまう方などにはオススメかもしれません。

音声チェックスタッフ

パソコンなどで音声を聞いていただき、その内容に間違いがないかチェックするお仕事になります。

パソコン環境が必要ですが、目ではなく耳を使いますので、モニターを継続して見ることによる目の疲れや肩こりなどは生じません。

意外とパソコンやスマホを使ってするお仕事は眼や肩に疲労が溜まりますので、そのような仕事の合間に、このお仕事を挟むと、良い小休止になったりします。

データ入力スタッフ

Excelなどを使用して、分析のためのデータを専用シートに入力するお仕事です。

ほぼ自分のペースで進めることができ、パソコン一台あればどこでも作業可能です。

音楽を聴きながら進めたりなど、仕事に対する負荷は少ないですが、ブラインドタッチなど、ある程度パソコンに関する技術は必要になってきます。

「データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

それぞれの特技を活かすお仕事

ライター

パソコンを使用して文章を書くことが得意な方はライターのお仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

一口にライターといっても、記事テーマは様々であり、自分の興味のある事柄や持っている知識や経験を活かす事の出来る分野は必ずあります。

内容もインタビューなど取材を必要とするものや、インターネットで調べた知識だけで書けるもの、何も調べなくても自分の知識だけで書けるものと多岐にわたり、文字数も300字〜10000字とバラエティに富んでいます。

最初は少ない文字で多くのテーマの中から選択できる記事作成から初めて、だんだん実績を作っていくにつれて長文に挑戦して見ると良いでしょう。

アンケートモニターなどと違うことは、内容はどうであれ、作成した記事が自分の作品として形に残ることです。

その様な「ものを作り出す喜び」が味わえる点が、収入以外にもやりがいを感じるお仕事ではないでしょうか。

また、どうしても自分で記事を書けない人は、テープの音声を文字に起こす「テープ起こし」のライティングのお仕事もあります。

まずは文章を書く練習としてこの様なお仕事から初めて見るのも良いかもしれません。

デザイナー

文章を書くのが苦手な人はデザインのお仕事を選んでみてはいかがでしょうか。

ホームページやDTP(パソコンで印刷物などの構成をデザインすることです)などのデザインのお仕事は在宅ワーク求人の中でも多くを占めています。

ホームページビルダーやイラストレーターなどのソフトを使う必要がありますので、未経験の方は操作方法を学ぶ必要がありますが、ソフトの操作自体はそこまで難しくありませんので、パソコンが使える方であれば問題ないと思います。

一度ソフトの操作方法を覚えてしまえば、あとは自分自身のセンスに従い作業するだけです。

ライターと比較してより視覚的なアプローチが必要になりますが、その分完成した作品に対する達成感も大きくなります。

お仕事を通じて自分自身の感性を磨きたいという方にもオススメのお仕事になります。

とにかく稼げるお仕事

コールスタッフ

パソコンなどを使って企業や個人に電話をかけ、製品やサービスの営業を行うお仕事です。

自身でお話をする必要がありますので、言葉遣いや声のトーンなど、営業トークを身につける必要があります。

ある程度の訓練と経験が必要ですが、その分収入が多くなるお仕事になります。

人にものを勧めたりするのはあまり得意でない方には、営業ではなく受注のコールスタッフのお仕事もあります。

こちらは注文のお電話を受けて対応することになりますので、営業と比較してお仕事にも慣れやすいですが、その分収入は低くなります。

人と話すのが好きだったり、家に長くいるのが苦手で、外部と常にコミュニケーションを取りたいタイプの方にはぴったりのお仕事になります。

「コールスタッフ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カウンセラー

電話で相手のお話を聞いて様々なアドバイスを行うお仕事です。

相談内容はメンタルヘルス的なものから、ファイナンシャルプランナー、キャリアアドバイザーなど専門的なものまで多岐にわたります。

自身の経験や知識に応じてジャンルを選ぶと良いでしょう。

コールスタッフと違うことは、まず「相手の話をよく聴く」、そしてその内容に応じてリアクションをするということです。

つまり相手の想いを汲み取ることが必要になります。

コールスタッフは特に営業の場合は、ある程度相手に対する押しの強さが必要になりますが、カウンセラーの場合は相手の気持ちを第一に考え行動します。

人の役に立ちたいとか、人に奉仕したいという気持ちをお持ちの方には向いているお仕事と言えます。

事務代行

Excel、Wordなどの資料作成や請求書の作成、スケジュール管理や会議室の予約など、いわゆる総務事務の業務を在宅で行うお仕事になります。

オフィスで行う仕事がそのまま在宅になっていますので、業務時間中は在宅と言えども拘束されますし、仕事に集中しなければいけません。

いわゆる「デスクが家にあるだけ」になり自由はききませんが、総務事務のご経験がある方はすぐにでも仕事をすることができますし、「通勤しない」ことだけが違いとなりますので、他の在宅ワークと比較しても収入は良くなります。

パソコンなどのインターネット環境や電話、コピーやファクスなども必要となる場合もありますので、設備に関して自前で揃えるのか、勤務先が準備してくれるのか、確認する必要があります。

自分にあった在宅ワークの求人の選び方や注意点

それではここからは自分にあった在宅ワークの選び方や、仕事を始める時の注意点について紹介させていただきます。

【選び方①】報酬について

仕事の報酬について時給制なのか出来高制なのか、あるいはその併用なのかをチェックしておく必要があります。

時給制の場合はある程度の拘束を前提としておかなければいけません、出来高の場合は、作成した製品や文章、コールした件数などにより報酬額が変わってきます。

この場合は、「製品の完成やノルマの達成までに何時間かかるか」を考えて仕事を始めなければいけません。

報酬が良い仕事でも、その完成までに膨大な時間を必要とし、時給換算してみたらすごく低かったなどは良くあることです。

特に出来高制の場合は自由に時間を使える反面、働いた時間単位の報酬も低くなりがちですので、注意する必要があります。

【選び方②】時間について

特に時給制の場合は何時から何時までの勤務シフトなのか、そのシフトが続けていくことが可能なのかの確認は必要です。

在宅ということでどうしても時間に対しては軽視しがちですが、オフィスが自宅になっているだけで、しっかりと拘束される場合もありますので、注意が必要です。

また出来高制の場合はノルマの有無の確認も重要です。

時間に制約がないとは言え、ノルマが生じていてそれをこなすのに多くの時間が必要な場合は、制約されているのと同じ状況となります。

自分で決めることができるからこそ、「仕事量」と「仕事時間」にはしっかり気を配ってください。

【選び方③】仕事をするのに必要な設備について

在宅ワークを行うに当たって必要な設備が準備されているのかを確認する必要があります。

スマホがあればできるお仕事から、パソコンが必要だったり、専用ソフトが必要だったりと、お仕事によって必要な設備は変わってきます。

仕事のために、まず必要な設備を買い揃えることは、その仕事が続けれるかどうかわからない状況では、投資したもののすぐ仕事を辞めてしまうなど、リスクが高くなります。

まずは現状ある設備で始めれる仕事を選び、収入を確保しつつ仕事の幅を広げていくのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は岡山で今求人されている在宅ワークについて、主要なものをご紹介させていただきました。

在宅ワークのお仕事は育児や家事の片手間に、お小遣い稼ぎで行うというイメージが強いと思いますし、現実その様にして働いている方も多いです。

しかし、最近の人手不足の状況や、ワークライフバランスの取り組みの強化などの状況より、より多様な働き方の一環として、在宅ワークのお仕事も単純作業だけではなく、個人の記述や能力を活かして、しっかり働けるものに変化しつつありますし、企業も従来の通勤型のお仕事から、在宅ワークを中心としたお仕事の外注を増やしていくなどの取り組みを行なっています。

在宅だからあまり収入が期待できないということではなくなってきていますので、しっかりと自分の能力を把握しそれを活かせるお仕事を見つけていただければと思います。

ただ収入のために働くのではなく、できればやりがいのある仕事を在宅ワークで続けながら、仕事もプライベートも充実した人生を送れるよう、まずは自分に合ったお仕事選びから始めてみてください。

実際に在宅ワーク求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

在宅ワーク求人

在宅ワーク求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ワークの高収入求人でよくある募集内容や仕事の種類は?プログラミング・デザインなどスキルが必要なものから初心者向けなものまで!

ある程度以上の収入を求める場合であっても、なるべく人間関係を省エネにしたい、自分のペースで仕事がしたい、住んでいるところの近くにいい仕事がないなどなど、在宅ワークへの需要は高まっています。また、家をあまり空けられなくなってしまったけれど稼がなきゃ生活できないという方もいらっしゃいますよね。在宅ワークというと内職などあまり稼げないイメージがありましたが今は高収入が得やすい募集も増えてきています。在宅ワーク高収入求人について、どんな種類があるのかや仕事内容などを解説します。在宅ワークのおおまかな仕事内容そもそも在宅ワークにはどんな仕事内容があるのか、会社でどんな立ち位置にあることが多いのかはご存知

在宅の内職求人にはどんなものがある?PCを使うものからシール貼りなど昔ながらのものまで!

最近では在宅でできる仕事を始める人が増えてきました。今回は在宅での内職求人にはどのようなものがあるのか、仕事内容や実際の募集内容についても見ていきましょう。在宅の内職求人にはどんなものがある?在宅の内職求人のおおまかな仕事内容在宅の内職はパソコンが普及したこともありたくさんの仕事があります。基本的にはパソコンを通じてメールやチャットでやりとりを行い、パソコンでファイルを送信して納品を行うものと、昔ながらの手作業で行い郵送にて納品を行うものとがあります。在宅は時給制ではなく、その仕事を行えば何円もらえるというように完全出来高制となっています。在宅の内職求人にはどんな種類があるの?在宅の内職求人で

在宅仕事はどれくらい稼げる?向き不向き特におすすめな仕事を徹底解説!

家事や育児で忙しい人など、自分の自由な時間が限られる人にとっては、外で長時間働くのは難しいですよね。そんな人に最適なのが、家にいながら仕事が出来る、在宅ワークです。在宅ワークは最近では当たり前に耳にするようになりましたが、実際にはどの程度稼げるのでしょうか?お小遣い程度なのか、それとも家に居ながらガッツリ稼げるのか、興味がある人にとっては気になるところでしょう。そこで、在宅での仕事がどの程度稼げるのか、また向き不向きやどんな仕事がおすすめなのかをご紹介していきます!在宅の仕事ってどんな仕事があるの?あなたは在宅の仕事と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?少し前までは、在宅といえば女性が家事や