在宅ワークとは、完全在宅のみが該当するわけではありません。

常駐を前提とした在宅ワークもありますし、前述の完全在宅のケースもあるのです。

今回は、そんな在宅ワークの仕組みだけでなく、注意点、仕事の探し方も案内しているので、在宅ワークに詳しくなりたい人は、記事を参考にして自分の希望に該当する仕事を探してみてください。

「在宅ワーク」が自分に向いているか診断するにはこちら →

今、注目の在宅ワークとは?

在宅ワークの中で注目されるようになってきているものは、専門的な仕事に該当するものです。

例えば、イラストレーターだけでなく、webプロデューサー、システムエンジニアの仕事についても、在宅ワークという形で募集がかかることも増えてきました。

それだけ、専門的な仕事に関する注目度が上がっているのです。

在宅ワークに多い職種は?

実際に在宅ワークの職種を求人サイトで探してみると、圧倒的に多いのは事務系の在宅ワークです。

例えば、事務作業の一部を請け負うもの、もしくはライターとして働くものなどが該当します。

今では、在宅ワークとして勤務するケースが珍しくないため、このような作業が増えてきているのです。

昔であれば、外に出て働く人が多かったため、在宅ワークの存在そのものを知らないという人も少なくありませんでした。

ですが、今ではテレワーク勤務という言葉を知る人が増えてきたため、在宅ワークの存在を知る人も増えてきたのです。

ライター

在宅ワークのライターの仕事は多種多様です。

そのため、以下のような仕事が存在しますし、在宅ワークの中でも未経験者が多いことで有名です。

ライターの仕事は、基本的に定められたマニュアルに沿って、記事を書くことです。

パソコンのキーボードを用いて記事を書くケースもあれば、スマートフォンを用いて記事を書くケースもあるので、どのような状況で記事を書くのが正しいのか、この辺りはハッキリとしていません。

ただ、パソコンのキーボードのほうがブラインドタッチを行える分、ライターとしての能力を高く評価されることが多いです。

実際に在宅ワークのライター求人を探してみると、スマートフォンを用いたライティングはNGというケースもあります。

ライティングとは執筆のことで、パソコン、スマートフォンなどで行える入力作業をまとめて、ライティングということが多いです。

ただし、コピペ問題を理解していない場合、ライターとして活動を続けることは難しくなるでしょう。

コピペ問題とは、誰かが作り出したコンテンツや記事の内容をそのままコピーしてペーストすることです。

過去には、このような方法でライターとして活動する人もいたのですが、今ではコピペチェックツールが普及しているため、コピペを素早くチェックできますし、内容が酷い場合には訴えられることもあります。

また、ライティングといっても簡易的作業の繰り返しであることが多いです。

中には専門的な知識がないと書けない記事も出てきますが、そのようなライティングほどテクニカルライターとして募集がかかっており、差別化が図られるようになってきました。

イラストレーターやデザイナー

在宅ワークのイラストレーター、デザイナーは、大きく分けて2種類の仕事があります。

1つは加工するだけの仕事、もう1つは企画を練るところから参加する仕事です。

加工するだけの仕事とは、例えば、すでに出来上がっている原案を参考にして、定められたキャラクター、アイコン、バナーなどを生み出すという仕事なので、最低限の仕事を学ばれている場合、それほど苦労することなく対処できるでしょう。

ですが、企画を練るのは簡単ではありません。

在宅ワークであっても、定期的にクライアントのもとに足を運び、そこでプロジェクトをまとめる作業を繰り返さないといけません。

そして、企画を練り上げてから、ようやく次の仕事に進めるのです。

また、イラストレーター、デザイナーともに在宅ワークで使用するツールを、使いこなせるかどうかが重要となってきます。

Adobe製のIllustrator、Fireworks、Dreamweaverといったソフトを使いこなせる、もしくは、実績と呼ばれるものを提出できない場合は、仕事に就くことができないこともあります。

その代わり、専門的な仕事に就くことができるようになるので、長くプロジェクトに関わることができるだけでなく、他の在宅ワークより給与が高いという利点を手にすることもできるのです。

エンジニア

在宅ワークのエンジニアは、検査、もしくは開発で求人をかけていることが多いです。

エンジニアとは、在宅ワークの場合も常駐と同じで、プログラミング言語を駆使して検査、もしくは開発に望む人という意味です。

検査の場合は、デバッグツールを用いて、仕様通りの動きを見せるかどうかをチェックするだけなので、それほど難易度の高い作業ではありません。

ですが、開発の場合はHTML、CSS、JavaScript、PHP、C言語などを使いこなせないと、仕事を進めることが困難になるでしょう。

そのため、在宅ワークのエンジニアは、技術者であり経験者のみ応募可能という求人が多いのです。

また、イラストレーター、デザイナーの企画と同じで、プロジェクトを立ち上げた時から、定期的に企業でプロジェクトを進めないといけません。

そのため、完全在宅という形式で在宅ワークに望めることも少ないため、そもそも求人数が限られているという特徴があるのです。

データ入力

在宅ワークのデータ入力は、ライターの仕事内容と似ているようで別物です。

データ入力の場合、ライターのようにライティングを行うのではなく、数値などを正確に処理するのが仕事です。

例えば、Aファイルの情報をBファイルに移す場合、決められたセル内に情報を入力しないといけないというもののため、Excel(エクセル)などを使用できないと、求人に応募できないこともあるのです。

また、在宅ワークのデータ入力は求人数が多いという特徴があります。

その代わり、時給にして1000円未満の仕事が多いので、在宅ワークの中でも収入が高くないという特徴もあるのです。

そのため、若い男女が応募する在宅ワークというより、中高年の方が応募することの多い在宅ワークという特徴があります。

通信セミナーの講師

今では、塾だけでなく資格取得もネットのみで行える時代です。

そのため、在宅ワークに特化した通信セミナーの講師も存在します。

通信セミナーの場合、講師として定められたマニュアルに沿って、授業を進めていくという内容になります。

例えば、生徒、講師で同じ参考書を用いて、定期的にテストを行うという形式になっているのです。

近年では、ウェブカメラを用いて、テレビ電話を用いたセミナーを行う講師も増えてきました。

この方法であれば、実際に授業を受けているような形で、講義を進めることが可能になりますし、わからない部分に対して徹底的に教えてあげることも可能になるのです。

また、講師といっても資格に関する勉強ばかりを教えるわけではありません。

近年では、方言を正しく発音する際の通信セミナーもありますし、新しい趣味を始める前に、趣味の正しい楽しみ方をレッスン形式で学べるものも増えてきました。

このように、昔と比べて斬新な通信セミナーが増えているのです。

それと、通信セミナーの講師はブロック制で給与が発生します。

ブロック制とは、1ブロックを1時間として、何ブロックで勤務されたかを給与に反映する方式です。

セミナーによって1ブロックの長さ、給与が違ってくるため、通信セミナーの講師として働きたい場合は、給与計算がどのようになっているかをチェックしてから、在宅ワークの申し込みを行ったほうが良いでしょう。

ブログ投稿、更新

この仕事は、そのまま在宅ワークのブログ投稿、更新で求人がかかっているケースもあれば、サイト運営、更新で求人がかかっているケースがありますが、本質的にはどちらも同じ性質の求人です。

近年では、ブログ、もしくはサイトの設営を運営者本人が行い、その後は、在宅ワークの求人で対応というケースが増えてきました。

つまり、ブログ、サイトの運営を代行してくれる人に対する求人が、前述の在宅ワークのブログ投稿、更新の求人なのです。

運営といっても、定められたページの更新を行うだけなので、今までブログ、サイトを利用したことがある人であれば、作業に慣れるまでに大して時間がかかりません。

また、運営用のマニュアルを渡されるので、運営として行ってはいけないことなどは、マニュアルのみで理解できるようになっています。

他にも在宅ワークの種類は、こちらの記事を参考に!

「在宅ワーク」が自分に向いているか診断するにはこちら →

在宅ワークのメリットは?

一番大きなメリットは、自宅のみで仕事を請けられる、仕事を進められるところでしょう。

そのため、すでに仕事に関するスキルをお持ちの方、もしくはキャリアをお持ちの方であれば、すぐにでも在宅ワークの活動を行うことができるのです。

また、その他のメリットとして、自分で仕事を起こすことができるというメリットもあります。

人によっては、趣味が講じて仕事につながったという人もいますが、在宅ワークの場合は、ちょっとしたスキルを有しているだけでも、ネットを通じてお金を稼ぐことができるのです。

例えば、ブログ投稿を行って収入を得ている、イラストを描いて収入を得ている人もいますので、それほど敷居が高いわけでもありません。

通勤がないので自分の好きな時間に仕事ができる

男女関係なく、在宅ワークを始めようと思ったキッカケに、人間関係が煩わしい、もしくは通勤が面倒臭いというキッカケがあります。

昔であれば、在宅ワークそのものがありませんでしたし、仕事内容、収入形態が不透明だったので、このような仕事を始めることにメリットはあるのか、と感じている人が多くいました。

しかし、今ではネットのみで在宅ワークの仕事内容を把握できますし、さらに、現時点で100万人以上の人が在宅ワークの経験あり、もしくは現在も活動を継続しているのです。

そのため、在宅ワークに対する不安感がかなり薄れているため、今であれば始めやすいと感じるところも、在宅ワークのメリットかもしれません。

また、作業時間が定まっていないので、午前中は家事で忙しいという女性の場合、午後のみ在宅ワークを行うということも可能です。

さらに、仕事内容にもよりますが、タイムカードのようなシステムもありません。

作業を監視する人はいませんし、休日を取りたい場合も報告を入れなくて良いので、自分の都合で気楽に仕事ができるというところを気に入って、在宅ワークにのめり込む人も多くいます。

自分の都合でスケジュールが組める

作業時間ですが、自分で決めても特に問題がありません。

というのも、納期が定められているだけなので、納期を守っている以上はクレームが発生せずに済むからです。

また、在宅ワークは作業量を調整できることも多いので、作業量を自分好みに調整できるのも、在宅ワークならではのメリットかもしれません。

ちなみに、祝日でもない曜日に休みを入れてもトラブルは起きません。

前述の納期を重視して作業スケジュールを組めますので、毎週で3日間は休みを入れるといった、常駐の仕事では不可能な休日スタイルを形成できるのです。

人間関係の悩みが少ない

在宅ワークは、連絡のほとんどがメール、もしくは電話のみです。

面接ありとなっている場合も、面接を行う会場が遠い場合は電話のみで対応可能なので、かなり柔和な対応を求められることが多くあります。

また、これといって厳格なルールが存在するわけではありません。

例えば、服装は自由、コミュニケーションの強要が無い、報連相のようなルールについても最低限の理解のみで問題ないため、これから在宅ワークを始める上で知っておかないといけないことは、在宅ワークは求人に応募する必要があることと、連絡ツール(パソコン、携帯など)の用意が必要なくらいでしょう。

近年では、ネット上のチャットツールのみで連絡を終えられるケースも少ないです。

そのため、面と向かって会話を行うのは苦手という人ほど、在宅ワークのほうが相性が良いと感じるかもしれません。

スキルが評価される

常駐の仕事と同じで、在宅ワークであってもスキルは評価されます。

例えば、今までにインターネットを用いて、なにかしらの活動を行った経験があるという人は、その活動を連絡するだけでも評価が変わってくるでしょう。

具体的には、ブログの運営を行っている、イラストを描いて投稿している、ネット上でライブ配信を行ったことがある、WordPressなどのツールを使える程度で問題ありません。

このような活動、実績に基づく求人もありますので、この程度のスキルしか無いと諦めてしまうのはもったいないでしょう。

後、求人の仕事内容を確認すると、具体的な資格、実績に関する注意書きが掲載されています。

なので、慌てて求人に応募するのではなく、本当に申し込んでもスキル的に問題がないか、そのことを理解した上で申し込むようにしてください。

在宅ワークのデメリットは?

在宅ワークの求人数は多いのですが、多すぎると感じる場合もあります。

なので、ハローワークの求人探しと同じで、経験を積むまでは煩わしさを感じることが多いでしょう。

その他のデメリットとして、仕事の給与計算が面倒というデメリットもあります。

自分で計算しないといけませんし、請求書をクライアントに送りつけないと、正しく給与を支払ってもらえないケースもあります。

給料の保証がない

在宅ワークの契約は、雇用契約を結んでいるわけではありません。

そのため、毎月の収入はかなり不安定になると思ったほうが良いです。

ただし、このような問題を解決する手段もあります。

例えば、毎月の収入が固定になっている求人に応募し、トライアル後の契約を結ぶことです。

この方法であれば、毎月の収入が乱れるということもありません。

ですが、正社員として勤務できるわけではないので、いきなり雇用契約そのものを失ってしまうこともあります。

なので、具体的な収入について書かれていない求人に申し込まない、信用できる企業と契約を結ばないといけないところが、在宅ワークならではのデメリットかもしれません。

老後の資金確保は自己責任

在宅ワークを始める場合、いつまで雇用が可能なのか、スキルに応じて収入が上がるのか、この2点については不透明だと思ったほうが良いです。

なので、本気で在宅ワークを続けていく予定がある場合、個人事業主として仕事を続けるのか、それとも、正社員により近い雇用形態で契約を結ぶのか、そのことを早い段階で決めないといけません。

個人事業主であれば、本人の努力により収入を上げていくことが可能です。

正社員により近い雇用形態で契約を結ぶ場合は、契約が打ち切りになるまで安定した収入を得られるかもしれません。

ただ、老後の資金確保を前提とした保証は、在宅ワークのすべてで存在しません。

このような面でトラブルが起きるのは辛いと感じる人は、在宅ワークで収入を得るより、常駐の仕事で収入を得たほうが、より安全な生活を送れるようになるでしょう。

在宅ワークに向いている人は?

マイペースで仕事をこなせる人、あまり収入にこだわらず仕事に望める人であれば、在宅ワーク向きの人物だと言えます。

在宅ワークの仕事量は安定しているわけではなく、且つ、収入が常駐の仕事より多いわけではありません。

そのため、このような厳しい現実も理解して、自分なりの計画を立てて行動を取れる人であれば、在宅ワークを続けていく最中に辛いと感じることも少なくなります。

子育てや介護をしている人

在宅ワークの求人を確認するとわかりますが、主婦、専業主婦であれば応募可能というものが多いです。

簡易的な表現では、女性であれば応募可能となっているものもありますので、男性より女性のほうが、在宅ワーク向きと判断される傾向にあります。

また、年齢不問のケースが多いので、中高年の方は応募不可能というケースが少ないです。

そのため、年齢を気にして在宅ワークの求人を見る必要はなく、また、特別なスキルを有していないと、在宅ワークを始めることが困難という状況でもありません。

自分のスキルを試してみたい人

今までに、ブログの運営を行ったことがあるなど、ネットに関する最低限の知識、経験がある人であれば、在宅ワークを始めることが楽になりやすいです。

というのも、ほぼすべての在宅ワークでマニュアルが完備されているからです。

在宅ワークの仕事のほとんどは、マニュアルを見ながら、大まかなデータの入力を行うだけですし、ブラインドタッチのスキルが必須ではありません。

そのため、現在のスキルをとりあえずネットで活かしたいという人でも、在宅ワークを始めることができるのです。

自由な時間で働きたい人

作業時間の拘束はほとんどないと思って問題ありません。

在宅ワークの強みでもあるのですが、午前から午後にかけて仕事を行わないといけない、定められた時間内で勤務、シフト制が存在するケースは稀だと思ったほうが良いでしょう。

また、このような仕組みになっているので、お昼休憩などの時間も定まっていません。

なので、在宅ワークは職業が専業主婦の女性でも、対応可能な仕事となっているのです。

人間関係で悩みたくない人

在宅ワークは、電話連絡も含めた会話を強要されることがほとんどありません。

そのため、コミュニケーション能力に自信が無い人であっても、仕事を適切にこなせる人であれば求人に応募できるのです。

また、複数人で1つのプロジェクトをこなすことが少ないため、連絡を行う相手が限定的です。

なので、付き合わないといけない相手が変わらない職場を希望している人は、在宅ワークと相性が良い人だと言えます。

連絡についても、作業を始めたばかりの頃はアドバイスを受けないといけないので、その時だけは、コミュニケーションを良く取ることがある程度です。

自分のプライベートな時間も大切にしたい人

在宅ワークは、好きなタイミングで仕事を終えて良いです。

そのため、特定の日、曜日だけは早めに仕事を終えたいという場合も、在宅ワークであれば対応可能です。

ただし、事前にどの日、曜日であれば仕事を行えるのか、こちらを報告していないとトラブルが起きることはあります。

「在宅ワーク」が自分に向いているか診断するにはこちら →

在宅ワークを安心してやるための2個の注意点

無理な作業量で受注しない

在宅ワークを始めたばかりは左も右もわからない状態となります。

そのため、自身の力量を過信してしまい、在宅ワークの作業量を多くしてしまう人、経験が無いのに作業をこなせると思い込み、良く知らない仕事を受注してしまう人もいるのです。

ですが、このような雑な対応をしてしまうと、かえって作業ミスが増えてしまい、その後、修正の多さで単価に見合わない仕事になることもあります。

なので、自身の力量であれば確実にこなせる、この辺りで作業量を見極めたほうが良いでしょう。

契約先を増やし過ぎない

契約先とは、在宅ワークの依頼を行ってくれる人物、もしくは企業のことです。

在宅ワークを知らない人は、在宅ワークの求人サイトを訪れた際、多くの契約先が存在することに驚きますが、契約が多い状態で在宅ワークを始めてしまうと、納期ミスを起こしてしまうことがあります。

納期とは、納品日として約束されている期日のことで、納期を過ぎてしまうと、次から仕事の依頼をもらえなくなるなど、なにかしらのデメリットが発生するようになるのです。

在宅ワークにまだ慣れていない時は、多くても契約先を3つ以内に絞って仕事を始めるようにしましょう。

それと、単価が高い在宅ワークはベテラン向けの案件となっていますので、能力的に辛く感じる仕事が多いので注意してください。

このような面倒も存在しますので、契約先を無理に増やそうとするより、案件の性質、そして責任を持って対処できるかどうかに注意したほうが、より良い在宅ワークを継続して行えるようになります。

仕事の探し方や在宅仕事を探せる4個のサイト

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

多数の在宅ワークを探しているのであれば、クラウドワークスが最適です。

最近になって誕生した在宅ワーク専門の求人サイトで、特徴としてアカウントIDのみで仕事の発注者、受注者になれる性質があります。

人によっては、複数の企業と結びつく形で能力を活かしたい、このような考えをもって在宅ワークに挑む人もいるでしょう。

このような要望を叶えてくれる求人サイトが、クラウドワークスです。

クラウドワークスは、ライティングといった在宅ワークの中でも定番の仕事だけでなく、ホームページ制作、プログラミングといった技術的な仕事の斡旋も行っていますし、なにより案件数が多いので、様々な仕事に挑戦できる確率が他のサイトより高いのです。

しかも、本気で在宅ワークに挑みたい人のために、ネットを介したセミナーまで用意してくれています。

まだ在宅ワークに自信がないという人は、このようなサービスを活用することで、初心者以上の知識、技術を獲得することも可能です。

Indeed(インディード)

https://jp.indeed.com/

テレビCMでお馴染みのインディードは、検索でまとめて自分好みの求人サイトを探すことができます。

地域、企業などを検索でまとめて探すことができるので、すでにスキルをお持ちの方、キャリアを積んでいる人であれば、自分の能力に見合った求人先が見つかるかもしれません。

ただし、インディードは求人サイトを検索で照会できるだけです。

そのため、求人への応募、面接に関する連絡などのサービスは存在しないため、すべて自分で対応しなければなりません。

特徴として、インディードは他の求人サイトで見つからないような、高単価の求人が多いという特徴があるので、このような在宅ワークを探している人はインディードと相性が良いかもしれません。

マイナビバイト

https://baito.mynavi.jp/

マイナビバイトの場合は在宅ワークではなく、在宅ワークと内職がセットになって、仕事に関する検索をまとめて行えるようになっています。

マイナビバイトだけの特徴は、短期の在宅ワークが見つかることでしょう。

人によっては、それほど真剣に在宅ワークに打ち込むわけではない人もいますが、とりあえず平均的な在宅ワークの仕事を探している場合、雇用がバイト、パートに近いものでも問題ない場合は、マイナビバイトから申し込みを行ったほうが良いでしょう。

また、マイナビバイトでは季節ごとの求人も出ています。

最近では、ネットのみで講師を行える人の求人も出ているため、時代に合った仕事が見つかるのも、多くの職種、仕事を手がけるマイナビバイトらしいと言えるでしょう。

ただし、バイトのような雇用契約が目立つため、常駐型の求人は少なく、正社員雇用制度に関して触れている求人も少ないです。

バイトとして雇用されるより派遣社員、正社員が良いという場合は、マイナビバイトではなく、マイナビの求人サイトを利用したほうが、正社員として雇用されるチャンスが高くなります。

バイトル

https://www.baitoru.com/kanto/

バイトに関する求人を多く掲載している求人サイトで、地域別で仕事を見つけることができるという特徴があります。

バイトルの場合、人気エリアから探すことも可能なので、人気エリアを中心として在宅ワークを探したい場合は、バイトルと相性が良いかもしれません。

また、高単価の求人を多く取り扱っているので、能力を少しでも活かして、収入を上げていきたい場合もバイトルであれば可能かもしれません。

バイトルでは高単価の求人だけでなく、長期間の契約が可能な求人も取り扱っています。

そのため、1つの契約先でしっかりと腰を据えて仕事をしたい、このような考えを持っている人とも相性が良いのです。

新着求人情報もバイトルであれば、細かくピックアップしてくれるので、探すのが困難になることも少ないでしょう。

このように、丁度良いサービスがシンプルにまとまっているのも、バイトルならではの特徴ですし、人気の在宅ワークなど、在宅ワークを始める上で知っておいたほうが良い情報も掲載されているので、完全に初心者であってもスムーズに知識を得て、仕事探しに移行できる利点があります。

まとめ

在宅ワークの求人数は多く、また、今では多くの人が在宅ワークを通じて収入を得ている時代です。

そのため、昔に比べて抵抗なく仕事できるようになってきました。

ですが、自分に合わない仕事を選んでしまうと、在宅ワークの仕事でも苦労することはあるので、仕事先は慎重に決めたほうが良いでしょう。

また、在宅ワークは男女に関係なく求人を出しているため、能力、年齢が問われるケースも少ないです。

そのため、スキルに自信がある人であれば、自由な時間を使って在宅ワークで成果を出すことも可能でしょう。


関連キーワード

在宅ワーク求人