生きていくためには必要な仕事。

毎日満員電車に乗ったり、職場の人間関係で悩んだりとストレスフルな日々を送っていませんか。

社会に出て他人とともに仕事をするというのはどうしてもプレッシャーやストレスがかかり忍耐力が必要です。

休みたい日に休めない、上司とウマが合わないなどの悩みを抱えている方。

そろそろそんな悩み事から解放された働き方をしてみませんか。

インターネットの利用が当たり前になった現代では在宅でしっかり稼げる新しい仕事がたくさん登場しています。

もしあなたに英語のスキルがあるなら、英語を使った在宅ワークがとってもおすすめ。

通勤時間をなくして自分の好きな時間で働くことが可能な世界が広がっています。

会社員の方も副業を解禁している会社が増えていますよね。

月に数万円でも在宅ワークで稼ぐことができれば生活に余裕が出ます。

今回は、英語を使った在宅ワークと言う視点で新しい働き方をご紹介して行きましょう。

在宅での働き方はどんな働き方?

まずは在宅ワークって一体どんなもの?という方に家の中でできる仕事についてご紹介して行きましょう。

通勤を必要としない仕事は在宅勤務と在宅ワークの2つに分けられます。

在宅勤務

在宅勤務は会社に所属しながらも家庭内で仕事を行うことができるものです。

会社員ですから安定した収入が得られ、社会保険などについても心配することはありません。

もちろん一日に仕上げる仕事の数などは決められているのでいえでのんびり、と言うわけにはいきません。

近年、大手の企業であっても在宅勤務を取り入れ始めています。

在宅勤務は通勤時間がないこと、人間関係のストレスがないことなどからとても効率の良い働き方として注目されています。

子育て中の主婦の方や何らかの理由で家から出られない方、コミュニケーションが苦手な方にとてもおすすめの働き方です。

在宅ワーク

続いて在宅ワーク。

在宅勤務とは似ていますが違います。

在宅ワークを行う人は会社に所属せず、自分の力で全てを行います。

クラウドソーシングやノマドワーカーなどと呼ばれる人がこの在宅ワークをこなしている人に当たります。

今はたくさんの在宅ワークを請け負うサイトがあるのでそちらで登録をし、仕事を探して契約を行います。

長期的に納期のある仕事もあれば単発的に発生する仕事もあります。

英語を活かした方が報酬や給与がアップするのでおすすめです

在宅ワークにもたくさんの種類があります。

誰でも簡単にできるアンケート調査から、確かな技術を必要とするもの、デザイン性を問われるものなど様々。

そんな在宅ワークの中でも報酬が高く設定されているのが英語を活かした仕事です。

もしあなたが英語能力を活かして働きたい!と思っているなら、今すぐにでも可能なんですよ。

日本人は他言語が読めても話すのが苦手な人も居ますよね。

在宅ワークの種類によっては話す必要がないものもあります。

英語能力のレベルによって取り組める仕事内容が変わってくるので、まずは自分にできそうだなと思う仕事に取り掛かってみましょう。

在宅で英語を活かせる求人のおすすめ職種10選

続いて英語能力別、在宅で英語を活かせる仕事をご紹介して行きましょう。

具体的にTOEICの点数で表していきたいと思いますので、ぜひご自分の英語能力と照らし合わせてみてください。

TOEIC 500~

まずはTOEICで500点台を獲得できるあなたにおすすめの仕事からご紹介していきましょう。

TOEIC500点台と言うと、英語がなんとなく理解はできる、範囲を限定すれば受け答えができるレベルの英語能力と言われています。

ちなみにTOEICの平均点数は580点前後ですので平均点数よりも少し下くらい、と言ったところです。

TOEIC500点台の方が英語を使って仕事をしようとすると、実際の社会ではなかなか難しいのが現実。

ですが、在宅ワークの中でも反応の速さを必要としない、辞書が使える状況でなおかつ短い英文を使うものであればこなせる可能性があります。

システムエンジニア 

TOEIC500点と言うと英語だけを武器にして高収入を得ることは難しくなります。

しかし、何か特定の技能を持つ人がプラスでTOEIC500点を持っていると相乗効果で在宅の仕事を得られるでしょう。

その筆頭がシステムエンジニアやWEBデザイナー。

基本的にクライアントさんは日本の方が多いですが、これからの時代は海外からも仕事の依頼が発生する時代。

センスの良いWEBデザインや確かな知識に少しの英語能力で仕事量が増えることも十分に考えられます。

データ入力

英語で書かれたデータをもらい、その入力をして行く作業もあります。

もらえるデータが英語なので、データ入力と言えどもある程度の英語能力は必要。

英語を使った仕事を始めるにはピッタリです。

採点

塾や通信教育などの各種採点業務にも取り組めます。

英語の基礎を学び直したいと言う方は報酬を頂きながら基礎文法に触れることができるので向いていますよ。

TOEIC 600点~

TOEICで600点以上を取れるあなたはすぐに英語を活かした仕事に取り掛かることができるでしょう。

600点と言うのは大学生の平均点数よりも上回るので多くの人よりも英語を理解している状態。

高校や中学の英語教師の平均スコアも大きく上回っています。

ただ、文章として理解することができても自分の意見や考えを正確に相手に伝えられるには今一歩足りない状態です。

スムーズな会話を成り立たせるにはもう少し努力が必要ですが、早いレスポンスが必要でないなら十分に仕事を見つけられるでしょう。

秘書

在宅でスケジュールの管理や簡単な予約などを英語で行う秘書業務はいかがでしょうか。

企業から請け負うものもありますし、今は海外のレストランなどに電話をかけて予約をすると言う観光客向けのビジネスもあります。

予約時の英語は決まっていますし、アレルギーなどがあることを伝える場合でも事前に調べておくことが可能です。

TOEIC600点台の方は辞書を片手にしておけば英語を活かして無理なく仕事ができるでしょう。

英文事務

普通に企業で募集されている英文事務の多くもTOEIC650点以上が目標です。

募集要項にも650点以上と記載されていることが多いでしょう。

在宅の英文事務と言う働き方も可能です。

クラウドソーシングサイトで見つけても良いですし、在宅勤務を認めている会社に入社して安定した収入を得ることもできます。

ただ、覚えておきたいのが会社に所属して在宅勤務をする場合、週に何度かは会社への出勤を求められる場合が多いと言うことです。

在宅勤務ができる日数を予め決めている会社が多いので、100%在宅で仕事ができるとは限らないと言うことですね。

週に何度かは家の外で働きたい方は良いのですが、完全在宅を目指している方は企業に所属するのはおすすめできません。

TOEIC 700点~

英語を使って仕事をしている!と確固たる自信が持てるようになるのは、TOEIC700点以上からでしょう。

700点と言うのは日常会話はもちろん、ビジネスのシーンでも困ることはないと言われる英語力。

スムーズに会話を組み立てることができ、英語でのレスポンスが早くなるのもこのスコアが基準になります。

しかし、専門的な会話になると単語が拾えないことが起こるのもこのレベルの英語力です。

英文ライター

日本語を英語に訳す英文ライターの仕事はいかがでしょうか。

日本語で書かれた資料やブログを英語に訳したり、英語で簡単な観光紹介などの記事を作成する仕事があります。

英文ライターは翻訳に比べると難しいのでTOEIC700点台後半の方に特におすすめです。

翻訳

英文を作るよりも比較的簡単にできるのが翻訳です。

翻訳の一番難しいところは英語を訳すことではなく文章を書くこと。

英語をそのまま直訳してしまっては意味が通じない、通じにくい文章もあります。

原文の意味を保ったまま、意味のわかりやすい日本語に直すことは英語能力に加えて日本語能力も必要になる難しい仕事です。

翻訳業務で多いのが医療品に関することです。

専門的な用語が多数出てきますが、辞書を引きながら訳すことができ、レスポンスの速さは求められませんので心配いりません。

TOEIC 800点~

TOEIC800点レベルになるとネイティブとの会話もスムーズになります。

日常会話で困ることはほとんどなくなり、単語量も十分になるでしょう。

リスニング力が人によってまちまちではありますが、聞き取りが得意な方なら800点以上でスカイプなどを使って実際に会話をしながら仕事をできるようになります。

800点以上の英語力を必要とする仕事は報酬も跳ね上がります。

在宅コールセンター・オペレーター

在宅で英語圏からの相手の電話を受け付ける在宅オペレーターの仕事はいかがでしょうか。

会話が100%英語であることに加えて相手は困っていたり、何かトラブルに見舞われていることが多いため聞き取り能力が重視されます。

早いレスポンスを求められるので辞書を引いている時間はありませんし、顔が見えない会話ですから不安なこともあるでしょう。

しかし、続けていればトラブルには対処できるようになりますし、マニュアルもしっかりとしているのでTOEIC800点以上の英語能力があれば十分に仕事ができるはずです。

オンライン通訳・ガイド

英会話ができる人、在宅で仕事をしたい方の注目を集めているのが「オンライン通訳」です。

必要な人が必要な時にオンライン上の通訳を呼び出せる便利なサービスで、スカイプなどを使って会話の補助をします。

手軽に使える通訳として人気を集めており、これからますます必要とされる分野なので需要も上がっていくことが期待できます。

オンライン通訳の仕事はビジネスの場の会議であったり観光客の手助けであったりと様々です。

英語能力を活かして在宅で働くにはぴったりの仕事ですよ。

ただ、必要な時に必要なだけと言う条件があるのでまとまった時間が取れる方におすすめです。

語学講師

オンライン上で語学の講師をするのも良いでしょう。

英語を教える立場でも良いですし、もし日本語教師の資格を持っているのなら日本語を教える立場でも良いでしょう。

オンラインで語学の講師をしたいならどこかの企業に所属することをおすすめします。

英会話教室などの仕事で在宅の英語教師の仕事があります。

人に教えると言う責任のある立場ですから、こちらも決められた時間に必ず授業が行える方におすすめの在宅ワークですね。

在宅の仕事を始めるにあたっての注意点は?

魅力いっぱいの在宅ワークを始めるにあたっての注意点をご紹介していきましょう。

条件が揃えばすぐにでも始めることができる在宅ワークで必ず必要なことや意識の持ち方をご紹介して行きましょう。

人に見られていない在宅ワークは自分自身を律する心や意識の高さがとても必要になります。

休みたい時に休んで良いと言うわけでは決してありませんので注意しましょう。

パソコンとネット環境が必須

まず在宅ワークの必需品がパソコンとネット環境です。

特にオンライン通訳やガイドの仕事をする方は決められた時間に必ずオンライン上にいることが求められます。

オンラインの英語講師もパソコンのトラブルがあり繋がらない、と言う事態があっては信用を失ってしまうので必ず良いネット環境でアクセスできるよう準備を整えなければいけません。

レスポンスの速さが求められない翻訳や英文事務であっても、在宅ワークの場合は全てがインターネットを使った仕事ですからパソコンは欠かせません。

タブレットや携帯電話などでも良いとされている仕事もあります。

仕事によって条件が異なりますので確認をしておきましょう。

ウイルス対策もしっかりしよう

パソコンを使った仕事を行う上で重要なのはパソコンのウイルス対策です。

様々なサイトにアクセスする上、クライアントへのファイルの送信なども多くなるのでウイルス対策は必須ですよ。

仕事の納期や勤務時間は絶対厳守

在宅ワークを始める人は「自由な時間が欲しい」「ストレスを感じずに働きたい」と言う方から「副業として少しの収入が欲しい」と言う方まで様々です。

家の中での仕事と言うことで、周りに自分を律する人がいなくなることもあり気が抜けてしまう方も。

職場に出向いて他人と一緒に働く方が向いている方もいます。

仕事の時間や納期を必ず守ることができないと、クライアントからの信頼は失われてしまいますし、顧客に迷惑をかけてしまいます。

在宅と言う特別な環境での仕事ですが気を抜くことなく、通常の仕事と同じような姿勢で臨みましょう。

もし、あなたが普通に出勤する仕事をしている時にも度々遅刻をしてしまう、納期の遅れがよくあると言う方なら在宅ワークはおすすめしません。

プロ意識を持つこと

在宅ワークは気軽に始めることができる分、プロ意識が希薄になりがちです。

これは「在宅ワークに向いている人」「向いていない人」が存在する以上避けて通れない問題なのですが、在宅ワークでしっかりとお金を稼げている人はプロ意識を自然に持つことができている人です。

先程もお話したように納期を守る、時間を厳守する、メールなどの返信が早いことなどに加えて翻訳の分野でも適当な仕事をしない、クオリティの高い仕事をすることで単価の高いお仕事をいただけるようになってきます。

在宅ワークも初めて最初の頃は割にあわないような低い単価のものもあります。

徐々に実績を積んでいくことで高い単価の仕事を請け負えるようになるので、まずは続けることが大切ですよ。

在宅ワークってどこで探せば良いの?

在宅ワークをする心構えが十分にできた方、英語能力も問題ない!という方はさっそく在宅ワーク探しに取り掛かりましょう。

と言っても、まずは在宅ワークって一体どこで探すの?と思っている方も多いでしょう。

次は在宅ワークの探し方をご紹介して行きましょう。

クラウドソーシング

インターネット上には在宅の仕事を探せる「クラウドソーシング」サイトがいくつもあります。

有名なものであれば「クラウドワークス」「サグーワークス」「ココナラ」「シュフティ」などでしょうか。

アンケート調査や簡単なライティング業務、WEBデザインなどあらゆる在宅ワークが常時募集されています。

このクラウドソーシングサイトを上手に活用することで英語を使った在宅ワークに出会えますよ。

クラウドソーシングサイトを使って良いクライアントさんと出会うことが在宅ワークを成功させる鍵になります。

クライアントさん、請け負う側共に評価や仕事実績などが見られるようになっているので、まずは登録をして実績を積んで行きましょう。

仕事の応募をする際にもクライアントさんの評価が良いものを選ぶようにすれば安心です。

オンライン英会話のサイト

オンライン英会話の講師は上記のクラウドソーシングサイトよりも英会話教室のサイトや一般的な求人サイトで見つけることができます。

英会話教室に所属することになるのでスカイプを使った面接が行われたり、一度だけ実際に教室に足を運ばなければならないこともありますので時間がしっかりと取れる方、在宅ワークを副業ではなく本業にしたい方におすすめです。

在宅ワークの報酬事情

次に気になるのが「在宅ワークって本当に稼げるの?」ということでしょう。

在宅ワークが当たり前になっていると言っても実際に行っている人に出会うことはなかなか少ないのではないでしょうか。

加えて在宅で行う仕事ですから、ご本人が話をしてくれないと全く気が付かない部分でもありますよね。

在宅で英語を使う仕事が本当に収入になるのかどうかをご紹介して行きましょう。

在宅ワークは最初は稼げない

在宅ワークは正直に言うと最初は全く稼げません。

通常の企業であっても、新入社員の時はいただける給与は低く、会社からの評価を受けて徐々に昇給していくものですよね。

在宅ワークでも同じです。

最初から高報酬の責任のある仕事を任せてくれるクライアントはいませんし、高報酬の仕事を見つけて応募をしても全く実績がない時であれば断られることもあります。

在宅ワークの落とし穴はここで、稼げないから道半ばにしてやめてしまう人が多いのです。

しかし、在宅ワークは高い能力がある人でも、まずはいただいた仕事をコツコツ続けて行くことが何よりも大切になります。

実績を積み、信頼を得ていくことが一番重要なのです。

そのため、軌道にのるまでには時間がかかります。

時間がかかりますが、本当に能力のある人であれば通常の企業に比べると報酬が上がっていく速度も早いと言えます。

時給タイプと報酬タイプがある

在宅ワークのお給料には仕事をした時間分お給料がもらえる「時給タイプ」と、請け負った仕事の数によって給与がいただける「報酬タイプ」があります。

時給タイプは一コマ何円と決められているオンライン英会話やオンライン通訳、ガイドの仕事が多いですね。

報酬タイプは納期が決められている翻訳や英文ライターの仕事が多いです。

どちらが良いと言うわけではありませんので、自分に合った仕事を選択しましょう。

時給タイプは決められた時間にオンライン上にいることが求められますので働けば働いた分必ずお給料が発生します。

報酬タイプは本当に能力によりけり。

英語力が高く、翻訳に時間がかからない方であれば時給タイプより短い時間で高い金額を稼ぐこともできます。

最初は通常の仕事と掛け持ちで行おう

在宅ワークを始めてみて、上手く自分とマッチする人であれば収入が増えていきます。

自分の能力を活かして働けていると言う実感を持つことができ、やりがいも感じられる仕事が多いので、中には今勤めている仕事を辞めて在宅ワーク一本に絞ってしまう人も。

でも少し待って下さい。

個人的な意見ですが、在宅ワークを始めてから3年は一本に絞ってしまうのは危険です。

在宅ワークは毎月仕事が必ずある、と言う保証はありません。

雇用の契約があるわけでもありませんし、もし仕事で求められる能力が自分の能力以上のものであればクライアントさんからの契約はいただけません。

かなりシビアな世界でもあります。

最初はコツコツ、月に数万円稼げる副業としておくことをおすすめします。

あなたが能力のある在宅ワーカーであれば、仕事が自然と増え続けいつか時間が足りなくなるときが来ます。

そうなった時に初めて在宅ワーク一本に絞るのかどうかを考えるようにしましょう。

まとめ

今回は英語を使った在宅ワークについてお話をしました。

いかがだったでしょうか。

英語を使った在宅ワークはプロ意識を持って行える方であれば必ず稼げる仕事です。

自分の英語力を活かして働きたい方、在宅で働きたい方はぜひチャレンジしてみましょう。

これからの時代に合った働き方ですからこれから増えていくことも期待できます。

まずは最初の一歩を踏み出しましょう!


関連キーワード

在宅ワーク求人

在宅ワーク求人についてもっと深堀りした情報を見る

岡山の在宅ワークおすすめ3選。タイプ別のおすすめ職種から岡山らしい仕事まで!

お仕事といっても通勤だけではなく、お宅にいながら稼ぐ事の出来る在宅ワークも、最近では魅力的なお仕事のひとつですよね。特に女性はメイクや服装など、通勤のお仕事では仕事を始める前に色々と気を使わなければいけないことが多すぎて、気疲れしてしまいます。在宅ワークは人前に出なくて良いので、すっぴんでも人前に出れない服装でも全然オッケーなところが一番の魅力ではないでしょうか。その他にも「好きな時間に初めて終われる」だとか、人と余計なコミュニケーションを取らなくて良いだとか、色々メリットはあり、特に子育て中の主婦の方などにも便利なお仕事形態になります。そんな在宅ワークですが、「時間が自由になる反面お給与は安

在宅ワークの高収入求人でよくある募集内容や仕事の種類は?プログラミング・デザインなどスキルが必要なものから初心者向けなものまで!

ある程度以上の収入を求める場合であっても、なるべく人間関係を省エネにしたい、自分のペースで仕事がしたい、住んでいるところの近くにいい仕事がないなどなど、在宅ワークへの需要は高まっています。また、家をあまり空けられなくなってしまったけれど稼がなきゃ生活できないという方もいらっしゃいますよね。在宅ワークというと内職などあまり稼げないイメージがありましたが今は高収入が得やすい募集も増えてきています。在宅ワーク高収入求人について、どんな種類があるのかや仕事内容などを解説します。在宅ワークのおおまかな仕事内容そもそも在宅ワークにはどんな仕事内容があるのか、会社でどんな立ち位置にあることが多いのかはご存知

在宅の内職求人にはどんなものがある?PCを使うものからシール貼りなど昔ながらのものまで!

最近では在宅でできる仕事を始める人が増えてきました。今回は在宅での内職求人にはどのようなものがあるのか、仕事内容や実際の募集内容についても見ていきましょう。在宅の内職求人にはどんなものがある?在宅の内職求人のおおまかな仕事内容在宅の内職はパソコンが普及したこともありたくさんの仕事があります。基本的にはパソコンを通じてメールやチャットでやりとりを行い、パソコンでファイルを送信して納品を行うものと、昔ながらの手作業で行い郵送にて納品を行うものとがあります。在宅は時給制ではなく、その仕事を行えば何円もらえるというように完全出来高制となっています。在宅の内職求人にはどんな種類があるの?在宅の内職求人で

在宅仕事はどれくらい稼げる?向き不向き特におすすめな仕事を徹底解説!

家事や育児で忙しい人など、自分の自由な時間が限られる人にとっては、外で長時間働くのは難しいですよね。そんな人に最適なのが、家にいながら仕事が出来る、在宅ワークです。在宅ワークは最近では当たり前に耳にするようになりましたが、実際にはどの程度稼げるのでしょうか?お小遣い程度なのか、それとも家に居ながらガッツリ稼げるのか、興味がある人にとっては気になるところでしょう。そこで、在宅での仕事がどの程度稼げるのか、また向き不向きやどんな仕事がおすすめなのかをご紹介していきます!在宅の仕事ってどんな仕事があるの?あなたは在宅の仕事と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?少し前までは、在宅といえば女性が家事や


在宅ワーク求人に関するコラム

在宅ワークの種類にはどんなものがある?4パターン、21種の仕事を経験者が分かりやすくまとめました!

普段外で働いている人や、主婦をしている方の中では在宅で仕事がしてみたいなと思う方もいらっしゃると思います。在宅業務は通勤する手間も省けますし、雇用されている立場と比較すると勤務時間も拘束されず自由に働くことができます。では、実際に在宅で働くためにはどうすれば良いのでしょうか。「在宅ワーク」といっても、「どのような仕事」なのか「自分でもできる仕事があるのかどうか」なんて考える人も少なくはありません。在宅ワークといっても仕事内容は様々あります。そんな疑問を解決するために、または在宅ワークに興味がある方のために、ここでは在宅ワークの種類をご紹介していきたいと思います。在宅ワークとはどのような仕事なの

在宅ワークを安心してやるための2個の注意点・仕事の探し方や在宅仕事を探せる4個のサイト

在宅ワークとは、完全在宅のみが該当するわけではありません。常駐を前提とした在宅ワークもありますし、前述の完全在宅のケースもあるのです。今回は、そんな在宅ワークの仕組みだけでなく、注意点、仕事の探し方も案内しているので、在宅ワークに詳しくなりたい人は、記事を参考にして自分の希望に該当する仕事を探してみてください。今、注目の在宅ワークとは?在宅ワークの中で注目されるようになってきているものは、専門的な仕事に該当するものです。例えば、イラストレーターだけでなく、webプロデューサー、システムエンジニアの仕事についても、在宅ワークという形で募集がかかることも増えてきました。それだけ、専門的な仕事に関す

在宅ワークのおすすめ19選。女性・主婦・学生・子育て中などパターン別のおすすめを紹介!

家を空けられる時間が限られていたり、人間関係に疲れてしまったり、家でできるお仕事があったらいいなと考える人は多いですよね。昔はモノづくりなどの内職のイメージが強かった在宅ワークですが、今はそれだけではなくインターネットの普及によって随分広がりを見せています。特におすすめの在宅ワークについて、パターン別におすすめするのでぜひチェックしてみてください!在宅ワークとは?在宅ワークとは文字通り家に居ながらにしてできるお仕事のことです。最近ではスマートフォンを使ったアンケートなど、隙間時間を活用するようなものも多くなっていますが、ホームページ作成関連やライターのお仕事などがっつり稼げるお仕事もあります。