普段外で働いている人や、主婦をしている方の中では在宅で仕事がしてみたいなと思う方もいらっしゃると思います。

在宅業務は通勤する手間も省けますし、雇用されている立場と比較すると勤務時間も拘束されず自由に働くことができます。

では、実際に在宅で働くためにはどうすれば良いのでしょうか。

「在宅ワーク」といっても、「どのような仕事」なのか「自分でもできる仕事があるのかどうか」なんて考える人も少なくはありません。

在宅ワークといっても仕事内容は様々あります。

そんな疑問を解決するために、または在宅ワークに興味がある方のために、ここでは在宅ワークの種類をご紹介していきたいと思います。

在宅ワークとはどのような仕事なのか、どのような仕事内容があるのかなどをご紹介できればと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークとは?

簡単に「在宅ワーク」を説明すると「自宅で行う仕事」になります。

・・・といっても皆さんご想像通りかと思いますが、在宅ワークは雇用されている「サラリーマン」とは違い、仕事の受注から仕事の作業・完了まですべて「自分」で行うことになります。

雇用されている「サラリーマン」が仕事を与えられているのに対し、在宅ワークは1から仕事を探して完了させます。

一般的に「起業家」のようなイメージでしょうが、ここでご紹介する在宅ワークのイメージは「アーティスト」「作家」と近い形であると思っていただくと理解しやすいと思います。

では、実際に在宅ワークとはどのような仕事があるのかというと、働き方や仕事内容は様々です。

もちろん未経験の仕事内容からスタートする方もいらっしゃいますが、前歴の職歴の経験を活かして在宅ワークに活かしている方も多くいらっしゃいます。

また、仕事の受注方法も様々です。

独立して仕事をクラウドに紹介してもらう方や、委託という形で企業から定期に仕事を依頼されている方もいらっしゃいます。

在宅ワークにはどんなパターンがあるの?

では、実際に在宅ワークで働きたいという人は、どのような仕事からチャレンジしていくことが良いのでしょうか。

在宅ワークといっても働き方やタイミングは様々です。

「実際に在宅ワークなんて経験したことがない」「そもそも在宅で仕事なんてできるのか?」なんて疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、そんな疑問を少しでも解決していただければと思い、様々なパターンに沿って在宅ワークのどのような仕事が適しているのかをご紹介していければと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

初心者・未経験向けの在宅ワーク

ここからは初心者や未経験者におすすめできる在宅ワークの仕事についてをご紹介していきます。

在宅ワークの仕事を始める方にとっては参考にできる情報をご紹介できればと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

データ入力

初心者に一番おすすめできるのが「データ入力」の在宅ワークになります。

データ入力とは、言葉の通り、パソコンで依頼されたデータを入力する作業の業務内容となります。

データ入力の仕事は簡単で、仕事の依頼主より指定されたフォーマットに仕事の内容に合わせてデータを入力していく仕事になります。

データといっても数字であったり文字であったりと様々ですが、データ入力の仕事は依頼される仕事内容やフォーマットなどが細かく指定されていることも多く初心者の方でも安心して始めることができる仕事です。

データ入力の仕事では特に必要なスキルを求められない仕事依頼も多く、作業もパソコン一つあれば簡単に開始することができるのですぐに仕事を始めることが可能です。

では、データ入力の仕事とはどのような場所で仕事依頼があるのかというと、各種求人媒体での依頼もありますし、インターネット上での仕事依頼もあります。

在宅ワークでは、会社に在勤するのではなく自宅での仕事となるため仕事の受注から作業まで自分自身で管理しなければなりません。

そのため、「仕事を探す」ということとなると通常の求人広告内になる「在宅勤務可」と表記されている求人に応募するのが在宅ワークの一歩となるでしょう。

また、インターネット上での求人依頼というと、初心者の方でもお勧めできる仕事の探す場所は「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」などのクラウドサービスコンテンツ内の仕事受注になります。

どのサイトでも無料登録をしてから仕事をすぐに探すことができます。

ログインすると、仕事依頼件数が様々で、データ入力などの仕事も数多くあります。

まずは未経験からでもできそうな仕事の受注をして仕事を始めることをお勧めします。

ライティング

次にご紹介するのは「ライティング」の在宅ワークになります。

在宅ワークの中でも多くの方が始めているのがこの「ライティング」という仕事になります。

よくインターネットで検索をする方は多くみることがあるかもしれませんが、自分が気になったキーワードを検索すると「まとめサイト」「紹介サイト」などの指定されたキーワードに沿った情報ページが検索欄に上がってくることがありますよね。

そのページでは文章によって様々なものが紹介されています。

まさにライティングとはそれらの紹介ページの文章構成を担う仕事なのです。

ライティングの仕事といっても様々で、上記でご紹介した「まとめサイト」「紹介サイト」の文章構成依頼や、ブログ記事の文章執筆、論文の作成などが仕事内容としてよく見られます。

依頼主の希望、要望、条件に合わせた記事を執筆して入稿して仕事が完了します。

このライティングの仕事が初心者におすすめな理由は、ライティングのスキルは自分自身が「経験」したことが活かせる仕事でもあるからです。

特にこの資格が必要という条件もありませんが、自分が取得している資格を用いたライティング構成、自分が経験した職歴の情報・経験などが活かせる場面が多くあります。

ライティングの仕事依頼の中で、各職種の紹介ページなども依頼内容としてはあります。

仕事依頼の中で自分が経験したことのある仕事があればその仕事に挑戦することができます。

また、文章の読み書きが好きな人やパソコンのタイピングが得意な人にもおすすめできる仕事でもあります。

在宅コールセンターオペレーター

近年では各種通販サイトが多く存在している中、商品の発注や依頼を受ける際にお客様にサポート役であるオペレーターが必要となることも多くあります。

通販サイトの中には会社という事務所を正式に構えずに人材の少ない状態で経営しているところもあります。

そのような会社などが在宅業務として「コールセンター」業務、「オペレーター」業務などを依頼することもよく聞く話です。

そのことから、コールセンター業務やオペレーター業務の在宅勤務依頼が仕事として多く依頼されています。

では、実際に在宅でのコールセンター業務やオペレーター業務とはどのような仕事があるのでしょうか。

実際に想像できない業務でもありますが、簡単に言うと在宅で「電話対応」をする業務になります。

よく聞くコールセンター業務やオペレーター業務の内容とは、仕事を受注すると、依頼者からマイクフォンとカメラが送られてきます。

これらは業務上必要なものとなりますので無料貸与という形がほとんどです。

各種仕事に必要なものがそろった上で仕事が始まります。

決められた時間内にオンライン状態にして問い合わせが届いたら対応するという形になります。

各種依頼先によってはマニュアルなどもそろっている場所がありますので、受注する前にそれらのマニュアルがしっかり整っているかどうかも安心して仕事ができるポイントとなります。

最近ではSkypeやLINE電話などで対応する仕事もあるようです。

また、メール対応という形の仕事内容もありますので自分に合った仕事を受注することをおすすめします。

商品モニター

「商品モニター」という仕事も初心者にはおすすめできる仕事になります。

商品モニターとは試作品を実際に試して乾燥・評価を報告する仕事になります。

この次に紹介するアンケートモニターに近い仕事になりますが、商品モニターの場合は実際に商品を試してその報酬を得るという形になります。

試作品をためした後に各種アンケートに答える仕事もあれば、Wordなどで指定された文字数や感想をまとめることもあります。

これらの商品モニターは広告などでも募集がありますが、特にアンケートを依頼する系統のインターネットサービスに多く募集があります。

まずは簡単な依頼から始めてみるのも良いでしょう。

アンケート回答・モニター

上記でもご紹介した商品モニターの仕事と似たような仕事で「アンケート」の回答や「各種モニター業務」なども在宅業務としてはおすすめです。

簡単なアンケートを回答して収入を得たり、商品モニターと似たように各種試作品を試して簡単なアンケートを回答したりする業務になります。

商品モニターと似たような業務もありますが、商品モニターが「新商品の試作」に対してモニター業務は「体験などの試験的業務」もあると思っていただくとスムーズに理解ができると思います。

試すものが「もの」だけではないモニター業務も仕事内容として依頼されることがあります。

例えばレジャー施設での体験談や、各種サービスでの体験なども業務として依頼されることがあります。

これらの仕事は「アンケートモニター」「げん玉」などの有名なホームページサイトで仕事件数が多くあげられます。

無料登録なので何も準備せずに仕事に取り組むことができるので安心して仕事ができるでしょう。

写真素材販売

近年では「写真素材の販売」も在宅業務として存在します。

インターネット検索をすると良くみられる無料画像のページなどもその仕事依頼の一つです。

また、写真素材の販売はホームページ上で販売することもできますが、コンペ形式で商品を獲得する内容としても有名です。

特にカメラなどの写真を撮る事が趣味である方は趣味の延長で収入を得ることができるので楽しみながら仕事をすることができるでしょう。

内職系在宅ワーク

在宅ワークといって皆さんが想像するのが「内職」などの仕事ではないかと思います。

在宅で仕事をすることで一番想像がつく手段の一つでもあり、誰でも手軽に仕事を始めることができることでも認知度の高い仕事ではないかと思います。

そこで、ここからはお勧めできる内職の在宅ワークについてをご紹介していきます。

シール貼り・宛名書き・袋詰め・パッケージング・組立・名札付け

まずは簡単なものから始めたいという人には、「シール針」「あて名書き」「袋詰め」「パッケージング」「組立作業」「名札付け」などの軽作業の内職作業が良いでしょぅ。

内職が未経験の方は、まず軽作業の内職から始めることをお勧めします。

作業内容や仕事として求められることも簡易的な条件ばかりです。

依頼者からのノルマに合わせて在宅で作業をはじめて依頼されたものの作業が完了して提出する形になります。

上記の仕事は比較的簡単な作業ばかりであることから未経験者でも安心して始めることができます。

アクセサリー制作

次にご紹介するのが「アクセサリー制作」になります。

上記でご紹介した内職作業よりも精密な作業となります。

アクセサリーを一つ作ることが作業の一つにもなるため、軽作業と比較すると報酬は上がります。

主に細かい作業が好きな人にはお勧めできる仕事になります。

アクセサリー制作の中でもビーズをつなげるものや樹脂を使うものまで様々です。

自分に合った作業のできる仕事を選ぶこともより良い内職作業をする上で大切なものとなります。

縫製作業

さらに細かい作業かつ、作業内容の条件等が厳しいものが「縫製作業」のある内職になります。

衣類の制作や鞄類の制作なども手掛けることがあります。

こちらの仕事は趣味で手芸の方におすすめできます。

縫製作業の内職はミシンの技術や手縫いの知識などが必要とされる内職です。

その分成功報酬も高く、手芸がお手の物という方は自分の得意分野で勝負する良いきっかけにもなるでしょう。

経験者向け在宅ワーク

ここからは在宅ワークの中でも各職歴や経験から活かすことのできる在宅ワークの仕事についてをご紹介していきます。

現職のスキルや過去に経験した技術を活かす仕事が見つかるきっかけになればと思います。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

イラストレーター

「イラストレーター」として在宅ワークの仕事をする方もいらっしゃいます。

イラストレーターとは、依頼された要望に合わせてイラストを提供して報酬を得る仕事になります。

用紙での仕事作業ももちろんありますが、近年ではパソコンで制作するイラスト作業でのイラスト提出を求める顧客が多くいらっしゃいます。

そのためイラスト作業で必要な知識としてはイラスト制作のツールが使用できることが求められることがあります。

「クリップスタジオ」などのイラスト制作プログラムを使用できたり、「ペイント」を用いてイラストを制作することができる技術があればイラストレーターへの道は切り開かれるでしょう。

また、提出条件として用紙のサイズの指示もあります。

ある程度のパソコンの知識も求められます。

ネット声優

近年では「ネット声優」という在宅ワークもあります。

ネット声優というと聞きなれない仕事でもありますよね。

ネット声優とは仕事によって様々ですが、近年でよく利用されている動画配信サービスでよく見られる仕事で、制作されたアニメや吹き出しなどに合わせて声優業をする業務になります。

また、アニメ声優。

吹き出し声優のほかにも動画の実況や解説なども仕事内容としてあります。

ネット声優に求められるスキルは声優業の経験以外にもナレーター業務の経験やボイストレーニングの経験なども求められます。

商売道具こそ「声」になるため声を用いた仕事経験などはネット声優としては大きなスキルになります。

Web系エンジニア、デザイナー

在宅ワークとしても特に職務経験やスキルを用いて仕事をしている分野で多いのが「Web系のエンジニア」や「デザイナー」になります。

これらの仕事は特に職種経験が活かせる仕事としては最も大切な仕事内容で、在宅ワークとしても働いている方が多い分野でもあります。

エンジニアとしての仕事は、主にホームページ運営の開設補助業務や相談業務になります。

近年では様々なホームページがあり、大手企業が運営しているホームページや個人が開設しているホームページまで様々です。

それらのページの制作依頼を受けたり、ホームページの制作の相談業務などがあります。

デザイナーの仕事としては、各商品のデザイン依頼を受注する仕事や、コンペに提出して賞金を得る方法などが挙げられます。

これらの業務を在宅で行う方のほとんどは「独立」して業務に携わっている方がほとんどです。

在宅運営をすることで報酬や収入が上がることも多く、以前の職歴を活かして「作家」「アーティスト」として活躍されている方もいらっしゃいます。

また、現職と掛け持ちして兼業として活躍されている方もいらっしゃいます。

システムエンジニア、プログラマ

エンジニアとは異なった知識としてパソコンの知識や技術が活かせるのが「システムエンジニア」「プログラマ」の在宅業務になります。

パソコン業務の中でも特に専門知識が必要な在宅業務になります。

システムエンジニアは、主にホームページや各種システムの運営管理の仕事がほとんどです。

最近ではウイルスなどによってホームページ運営の侵害を受けることも多く、システムエンジニアは、それらの対抗作業を行う仕事があります。

また、システムの改善などで相談業務を受けることもあります。

プログラマは、各種システムのプログラムの構成業務があります。

よく見られるのがアプリ開発のプログラムなどで、最近では様々なアプリが配信されていることからアプリ制作の仕事依頼が多くみられます。

翻訳

外国語の知識が豊富な方にお勧めなのが「翻訳」業務になります。

翻訳業務は音声の翻訳であったり書籍、論文の翻訳依頼など様々です。

職務経験を活かすことができる仕事としても有効な在宅ワークで、独立して在宅ワークをしている方もいれば、兼業で翻訳作業をしている人もいます。

最近では英語のほかにも中国、欧州などの翻訳業務の仕事依頼が良くみられます。

職歴や経験・知識に応じて仕事を選択しましょう。

CADオペレーター

CADオペレーターとして在宅ワークを行っている方もいらっしゃいます。

CADオペレーターとして活かすことのできるスキルや資格は主に図面などの設計業務に携わった職歴のある方が在宅ワークとして活かすことができるでしょう。

主に設計業務や図面制作などの動作ができることや、Word・Excel・PowerPointのスキルも求められます。

仕事依頼としても多いことや、主に独立して在宅ワークをしている方が多くいらっしゃいます。

DTPデザイナー

「DTPデザイナー」として活躍されている方もいらっしゃいます。

「DTPオペレーター」とは名称や仕事が異なりますが、主な仕事依頼としては印刷面のデザインの作成などが主な仕事内容となります。

在宅ワークとしても仕事依頼が多い分野でもあります。

よく見られる仕事の流れとしては、依頼された仕事内容の条件や希望に沿って文面のデザインを制作します。

また、企画を提示するコンペ型としても在宅の仕事ではよくみられます。

この仕事は主にデザイナー業務に携わり、かつパソコン上のデザイン業務の経験がある方には有利な仕事です。

自分の得意とする分野や、得意とするデザイン面の仕事を探すことで効率的な在宅ワークをすることが可能です。

在宅ビジネス

また、在宅ビジネスとしても在宅ワークは有効になります。

「在宅ビジネス」といっても仕事内容は多岐にわたりますが、簡単に説明するなら「企業」「独立」をしている在宅ワークの形になります。

では、在宅ビジネスというとどのような在宅業務があるのかというと、ここまでご説明させていただいた仕事すべてともいえます。

つまり、「この仕事で在宅ワークをしたい」→「副業として働くアーティスト・作家型」に対して、在宅ワークは「在宅を会社の経営母体としてビジネスを展開したい」→「商業目的で在宅で利益を受ける起業・独立型」という括りになります。

まとめるとはじめに起業をしてそこからビジネスを展開する流れが「在宅ビジネス」という仕事になります。

起業をしたのちに在宅内でどのようなビジネスを展開するかを考えるという仕事です。

漠然としていますが、市場の「商品」を選び始めてビジネスを展開する方も少なくはない仕事なのです。

最近ではインターネット環境内でショップを立ち上げたりするなどして利益を得ている方をよく見ます。

せどり

在宅ビジネスに似たような形になりますが、「せどり」という形で在宅ワークを展開している方もいらっしゃいます。

様々な場所で売る商品を購入して転売するという商法になります。

売り方も多岐にわたりますが、最近ではフリマアプリで商品を販売して利益を設けている方もいらっしゃいます。

アフィリエイト

無料のブログを立ち上げてブログ記事に広告を貼りつけて広告料として収入を得る「アフィリエイト」も在宅ワークとしておすすめです。

在宅ワークの中でも最近ではアフィリエイトを利用している方も多く、近年のアフィリエイトでは広告として載せている商品が購入されることで収入として還元されるだけではなく、クリックして収入を得るタイプのものもあります。

おすすめの方はブログを立ち上げたことがある方ともいえます。

どのような記事を書くかもアフィリエイトでは大切な要素になります。

ネットショップ運営

「ネットショップ」の運営をして利益を得る在宅ワークもあります。

インターネット上でネットショップを展開し、商品を仕入れて販売する方法です。

ネットショップを立ち上げるメリットとしては、店舗を構えるコストも最低限のものとなるため、少額で自分の店を持つことができることにあります。

販売する商品も自分が目利きのできる商品の分野にすることでネットショップ運営もより良いものとなるでしょう。

トレーダー

株を売買して利益を手に入れる「トレーダー」という仕事も在宅ワークとしては利用できます。

最近では株を売買する手段も様々で、アプリなどでも売買する手段ができるサービスもあります。

投資家と異なる点はトレーダーのほうが投資額、時間などを手軽に行っていることにあります。

誰でも簡単にサービスを利用することは可能ですが、株や経済の知識を必要とします。

習い事教室

様々な資格や経験を用いて「習い事教室」を開設するのも在宅ワークとしては良いビジネスとなるでしょう。

「習字」「ピアノ」などの技術を持っている方は、教室を開いて休日や平日の空いた時間に教室を開くことで在宅ワークとして副収入を得ることができます。

まとめ

ここまで在宅ワークについてをご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

ぜひ、自分の知識や経験、相性に合った仕事を選んでより良い在宅ワークライフをお過ごしください。


関連キーワード

在宅ワーク求人