今回はレセプションに転職したいと考えている方に、是非参考にしていただきたい内容をまとめてみました。

レセプションというと、企業の受付、ホテルや美容院など様々あり、まさに会社・お店の顔というイメージですよね。

そんな職業に憧れている人もいるのではないでしょうか。では一体レセプションに転職するにはどうすればいいのでしょうか?

転職を成功させるためにやるべき事や必要な心構え等をお教えいたします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「レセプション」の仕事例をチェック

レセプションで転職する人は多い?

レセプションで転職する人は意外と多いと感じます。

レセプションは、お客様をご案内することがメインの仕事で、何かをやり遂げるというより、人をアシストするお仕事です。

もともと販売員だった方がレセプションをやっていたりします。

その業界で活躍することを夢見る卵達が、レセプションをしていることもあります。

また、レセプションだった方が同じ業界の事務職についたりと、様々です。

それでは、レセプションの転職を成功させるためにやるべきことについて、お話したいと思います。

レセプションになりたい人が転職を成功させるためにやるべき4個のこと

レセプションへの転職を成功させるためにやるべきことをお伝えします。

レセプションに転職したいと考えた時、どのような人材が求められているのかを知り、そこへ自分を近づけていくことが大切です。

そのためにやるべきことをお伝えします。

笑顔と話し方のトレーニング

レセプションはお客様から常に見られる存在です。

色々な場所で受付として働いている人を見ると、皆さんとてもにこやかな顔をしていることに気づくと思います。

お客様とお話している時だけでなく、どんな時も常ににこやかです。

普段から意識していないと、悲しいことに真顔になってしまっています。

一人でいる時に笑顔を作ることはとても大変です。

やはり、トレーニングが必要だと感じます。

また、聞き取りやすい話し方になるように、発声練習と早口言葉のトレーニングがお勧めです。

身だしなみについて研究する

レセプショニストは、とても感じが良く、爽やかに見えます。

どうしたら自分もそうなれるのか、髪型やメイク、肌のお手入れ、歯のお手入れ等、見た目の研究が必要です。

接客の経験のある人はアピールする

接客の経験がある人は、履歴書や面接でアピールすると良いです。

自分がどんな工夫をしたか、それによってどんな変化が生まれたのかですとか、どんなことを心に留めて仕事をしていたのか、話しましょう。

外国語での案内が出来るようにする

これから外国人の方が日本にも増えていくことと思います。

外国語での案内が出来るようになると、採用側に喜ばれます。

流暢に話せる方は特にアピールポイントになります。

外国語を習得するにはとても時間がかかります。

語学検定を受けるという目標を持つと、それに向かって頑張ることが出来ます。

特にリスニング力が大切になりますので、CDを聞いたり、英会話に通うなども良いでしょう。

誰もが外国語が大切なことは分かっていますが、実際に習得できるのは一部です。

その一部になれば、採用の確立が上がると考えましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

レセプションで転職するにあたっての必要な心構え

転職の際に必要な心構えについて、お話します。

別の職種からレセプションに転職する場合

まず、別の職種からレセプションに転職する場合です。

第一印象がとても大事

今まで接客をされていた方はお分かりかと思いますが、第一印象がとても重要視されます。

立ち居振舞いや、表情を作ること、声、メイク、髪型などを磨いて第一印象を良くする努力が必要です。

色々試してみたり、それぞれのプロに助言をもらうなどしましょう。

休日出勤が多い

レセプションは、お客様が多い日の出勤が多いので、休日出勤が多いです。

ただし、企業のレセプションの場合、土日休みになるかと思います。

家族や友人と予定を合わせるのが難しくなるかもしれない、と思っておいた方が良いです。

その点、理解してもらえるように話し合っておくと良いでしょう。

待ちの時間も多いけれど、自分がすべきことを考える

レセプションは、お客様のご案内をひっきりなしにすることはなく、待ち時間が多いという特徴があります。

その時間をボーッと過ごすのではなく、自分がすべきことを考えて、次のサービスに繋げていく必要があります。

他の人が気づかないことにも気付けるようなレセプショニストを目指しましょう。

接客やサービスに関する本を読む

接客やサービスに関する本はたくさん出版されています。

まずは読みやすい本から、業界問わず読んでみると良いです。

レセプションから別の職種に転職する場合

次に、レセプションから別の職種に転職する場合です。

自分がやってきたことを振り返る

まず、レセプションの仕事を始めて、努力したことは何か、何が変わったか、何を習得出来たか、という自分自身のことを振り返ります。

次に、周りの仲間とどのように関わってきたか、というチームワークに関することを振り返ります。

レセプションの仕事は、人と関わる仕事なので、その経験が生きる職種だと良いですね。

レセプションの仕事をして、上手くいかなかったことや、苦手なことより、ポジティブなこと、克服してきたことを思い出しましょう。

それらが採用面接で生きてきます。

なりたい職種について調べる

なりたい職種について調べることは、これまでを振り返ることより、もっと重要です。

本や、インターネット、今はYouTubeもありますので、仕事内容について調べましょう。

応募する会社が決まったら、その会社のウェブサイトをチェックして、どんな理念を持っているか、企業情報などメモしておきましょう。

レセプションの転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

レセプションに転職し、年収を上げるためにやるべきことをお話します。

極めようという気持ちで、色々な経験をしながら、長く続けると心に決める

レセプションの仕事は、人相手なので、色々嫌だと思うことや、失敗したと思うこともあります。

そういう時は、リフレッシュしたり、どんなレセプショニストになりたいか見直したり、足りない部分を勉強して、長く続けていくことが大事です。

経験が力になります。

自分の知識や経験をシェアして、人を育てられるようになる

まずは自分が出来るようになることが第一ですが、その次は、自分の知識や経験を後輩や同僚と共有して、チームワークの良さや、みんなで良くしていこうという行動に出ましょう。

そうすると、必要とされる人材になりますし、給与も高い立場になっていきます。

お客様や他の従業員から覚えられるスタッフになる

お客様や、他の従業員ともよく話し、覚えられるスタッフになりましょう。

会社の外の人にも中の人にも好かれるスタッフになると良いですね。

まとめ

レセプションは、様々な経歴の人が働いています。

どんな職にも生かせる、人との関わり方を学ぶことが出来ます。

興味のある方は、一歩踏み出して、転職してみてはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




レセプション求人についてもっと深堀りした情報を見る

レセプションの面接で聞かれる5個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

レセプションの面接を受ける時の注意点などをご紹介します。そもそも「レセプション」とは劇場やコンサートホールでお客様を案内したりする業務のことで、今回はアルバイト・パートの採用面接ではどんなことを聞かれるのかや、レセプションの服装や髪型、メイクまでおすすめな方法をお教えしちゃいます。また、レセプションの志望動機については受け答えのコツについてもお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。レセプションの仕事内容レセプションは、劇場やコンサートホールに訪れるお客様のご案内をする仕事です。ホールの顔とも言える華やかな仕事です。仕事内容は主に「チケットもぎり」、「公演プログラム配布」、「座席

レセプションの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

レセプションの仕事はあまり馴染みがなく、どんなお仕事なの?と思ってしまいますよね。レセプションは「受付」という意味で、病院やクリニック、レストラン、美容院、劇場での求人のあるお仕事です。その中でも、ここではクラシックホールのレセプションについて触れていきたいと思います。まず、コンサートホールでのレセプションにはどんな仕事があるのか、一つずつ詳しくお話します。レセプションの仕事の種類と大まかな仕事内容身だしなみを整えるまず初めに、身だしなみを整えることから始まります。レセプションには、決められた髪型と制服があります。劇場に来られるお客様をご案内しますので、第一印象がとても大事になります。お客様に