こんにちは!

世の中には色んなお仕事がありますね。

これから自分がどんな仕事に携わって行こうか、悩んでいる人も多いかと思います。

今日は、明るく楽しく働けるテーマパークのお仕事についてご紹介して行こうと思います。

誰もが笑顔になれる場所で働けるのはやりがいもあるものですが、詳しくはどんな業務が待っているのでしょうか?

テーマパークの仕事の種類と大まかな仕事内容

テーマパーク内には何種類ものロケーション(仕事の配置や種類)があります。

幾つかご紹介致しましょう。

入場口での受付・入場券販売

テーマパークの玄関、言わば顔ですね。

笑顔でお客さんをお出迎えし、チケットを販売するお仕事ですが、より詳しくご説明しましょう。

受付・入場券販売の仕事内容

お客さんの人数、大人・子供などの区分けを伺い、お求めの入場券を用意し、販売します。

テーマパークの運営者の一員として、心をこめておもてなしをすることで、お客さんに気持ちの良いスタートを切ってもらいます。

それには相応の接遇マナーが求められますが、お客さんにとっては入場口は通過点。

一刻も早く中に入りたいお客さんをお待たせしないように、迅速な対応も求められます。

お客さんとのふれあいを楽しむ余裕は無いかもしれませんが、次々に訪れるお客さんへの対応の繰り返しなので、テーマパークの接客の中では最も事務的で、考え方によってはラクかもしれません。

アトラクションの運営・案内

テーマパーク勤務を考える人は、アトラクション運営のポジションを最もイメージしやすいのではないでしょうか。

園内でも表舞台、お客さんからも注目も浴びます。

アトラクション運営の仕事内容

機械操作はどれも簡単なもので、未経験でも研修だけですぐに習得できます。

あとは慣れなので、それほど肩に力を入れなくても大丈夫でしょう。

ただし、それは「習得」についてです。

アトラクション運営で最も重要なことは何でしょうか。

お客さんを楽しませることもその一つですが、それはお客さんの安全が守られてこそ、成り立つものなのです。

アトラクションにはシアター系(シートに座って映画の様に鑑賞するもの)や、ライド系(乗り物に乗って館内を走行するもの)など、色々なタイプがあります。

ちょっとした気の緩みが大きな事故にも繋がり兼ねないですし、その様なトラブルは新人の頃よりも、仕事に慣れてきた時にこそ起こりやすいのです。

初心を忘れずに常に意識を保つことが必要になります。

お客さんを楽しませながらも、多くの確認事項を満たして安全を確保するという事に関しては、決して気を抜くことは出来ません。

機械操作以外には、入り口近くで待ち時間等お客さんへのご案内をする係、お客さんの人数を伺って素早くグループ分けをする係等があり、多くのお客さんが訪れるのでこれらを迅速に行って行きます。

お客さんをお待たせしない為、というのが大前提ではありますが、それ以外にも運営側の事情で、効率よくお客さんの回転を上げて行く必要があるのです。

販売・接客業務

おみやげ屋さんでの物品販売や、飲食店などがあります。

これも対人の仕事なので、テーマパークでは最低限の接客マナーが求められます。

販売・接客業務の仕事内容

レジでの販売・精算、店舗内でのお客さんへのご案内などの接客以外にも、仕入れ、品出し、ラッピングなども行います。

そのテーマパークのファンは、ただ無計画に店内を見て回るよりも、目当てのお土産を求めて来店される方も多いので、売り場の配置なども把握しておくと尚スムーズに業務をこなせるでしょう。

「知りません」「わかりません」は勿論あってはいけないですし、「お調べします」も出来るだけ用いずにご案内していきたいですよね。

飲食店ではお客さんからの注文を受け、入力業務、お渡しやテーブルまでのお届け等の接客、お会計などのフロア担当から、厨房での調理等に分かれます。

それ以外にも仕入れ、検品、食品を扱うので衛生管理なども行います。

そして物品販売店でも飲食店でも、現金を扱う所がほとんどです。

今では釣銭が自動で用意されるレジが導入されている所も増えていますが、渡し間違い、貰い間違いの無いように、金銭の授受には充分注意を払うことも大切です。

キャラクター等出演者

キャラクターに扮してお客さんとふれあう等、テーマパークのPRが主な仕事です。

キャラクター等出演者の仕事内容

身振り手振りでそのキャラクター独特の愛嬌を表現し、お客さんに親しんでもらうことでふれあい、一緒に記念写真を撮る等します。

もっともお客さんとの距離も近く、人を楽しませることが好きな人にとっては最もやりがいのある仕事でしょう。

ただし、時には着ぐるみのままダンスを踊ったり、夏の暑さや息苦しさ、着ぐるみの重さなど、かなりの体力勝負となってきますが、その為適度な休憩時間の確保は企業側の意識も高く、しっかりと休めます。

駐車場整理

車で来演するお客さんの駐車場料金の回収と、駐車場内を誘導する駐車場整理のお仕事です。

駐車場整理の仕事内容

テーマパークの規模にもよりますが、大規模な所だと複数の駐車場の整理を行います。

駐車場料金を回収し、効率良くお客さんの自動車を駐車場内へ誘導します。

声とジェスチャーで、お客さんがどっちに行ったらいいか、いかに正しく伝えるかが効率を左右させますし、お客さんのストレスも少なく済むので工夫が要になってきます。

清掃

多くのお客さんが訪れる園内は、どうしても汚れて行きます。

お客さんに最後まで気持ちよく過ごしてもらう為に園内を清潔に保つお仕事です。

清掃の仕事内容

園内を清潔に保つのが仕事とは言え、普通の清掃員とテーマパークでの清掃の仕事との違いは、ひたすら黙々と清掃をし続けるのではなく、常にエンターテイメント性を意識することです。

そしていつお客さんとのふれあいが待っているかもわかりませんので、最低限の接遇マナーも必要になってきます。

トイレでの、赤ちゃんのおむつ等の汚物処理も行うので、抵抗がある人は要注意です。

テーマパークの仕事はどんな人に向いている?

人には向き・不向きがありますね。

どんな人がテーマパークの仕事に向いているのか、少し挙げてみましょう。

接客好きな人

お客さんを楽しませることが何よりです。

それにはまず人が好きであることが前提となってきます。

現場はお客さんとの距離が最も近い職場で、お客さんの喜びの声がダイレクトに伝わって来ますし、そんな時は何よりやりがいを感じます。

温和な人

温和な人とは言っても、大人しくしっとりとしているだけではなく、お客さんを楽しませる明るさやユーモアも求められるので兼ね合いが難しいところですが、温和な人は親しみやすさも兼ね備えているので向いているでしょう。

お客さんをもてなすお仕事なので、技術等よりも人あたりの良さが最も重要視されるのです。

逆にテーマパークの仕事に向いていない人とは?

コミュニケーションが苦手な人

お客さんをおもてなしする上で、コミュニケーションを苦手とする人は不適合かもしれません。

お客さんとのふれあい、交流が満足や喜びを与えるからです。

これを踏まえて、黙々と事務的に作業をこなすことが得意な人は、それに合った活躍の場を探すと良いかもしれません。

気が短い、イライラする人

この短所を自覚している人も少ないので難しいと思いますが、この現場では、イライラする感情を出すことは厳禁です。

忙しい時に限って次から次へと道を聞かれたり、「20分待ちです」と大声で告知している横から「すみません、今何分待ちですか?」と聞かれたり、これが毎日毎日永久に繰り返されると、気が短い人は嫌な顔をしてしまったり、気持ちを表面化してしまう事もあるかもしれませんし、そんな事になったら台無しです。

好きでも無いのに仕事と割り切って感情を殺すのは難しい事です。

人を想う気持ち、もてなす気持ちが無いとこなせる仕事ではないかもしれません。

お客さんにストレスを感じる場合、適正は低いと思った方が良いでしょう。

集団より個人プレイが好き、オリジナリティを活かしたい人

テーマパークは大規模な組織です。

先輩や同僚たちと足並みを揃えたチームワークが要となってきます。

それが出来なかった場合、大きなトラブルが起きかねないですし、さらには事故にも発展する可能性が出てきます。

能力の有無ではなく、それぞれの向き・不向きというのがあります。

個人プレイでこそ真価を発揮できる人は、より適正な職場環境や条件があるはずなので、探してみるといいかもしれません。

テーマパークで働くやりがいとは?

やりがいを感じるということは、労働意欲の維持・向上に欠かせることが出来ません。

テーマパークではどの様なことにやりがいを感じることが出来るのか、ご紹介致します。

お客さんの喜びの反応がダイレクトに伝わってくる

お客さんに最も近い場所で働けるのが現場です。

お客さんが楽しんでくれている様子や、「どうもありがとう」なんていう声を直接聞くことが出来るのは現場だけと言っていいでしょう。

自分が必要とされている、感謝されている、と感じることが出来るのは、何より労働意欲の向上に繋げることが出来ます。

福利厚生や特典が充実

テーマパークで働いていると、フリーパスや、お土産などの割引が利いてお得になるなど、嬉しい特典があります。

特にそのテーマパークが好きで就業したという人にとってはたまりませんよね。

ただし、優待の詳細は各施設によって異なりますので、事前に確認することをお勧めします。

同世代のスタッフが多く、話が合い、団結しやすい

人間関係は労働環境条件の中でも重要な要素と言えます。

給料が良くても、人間関係が劣悪だと長続きしないものです。

仕事に楽しく勤しめる、それは、お客さんへのサービスの向上にもつながります。

テーマパークで働いた経験をどんな仕事に活かせる?

テーマパークでの経験を活かすことが出来る業界を幾つか挙げてみましょう。

営業職

テーマパークでの業務では、コミュニケーション能力が格段に身に付きます。

お客さんに楽しんでもらう、喜んでもらう為に、または、不快感を与えない、好印象を与えるための接遇の技術は、営業職等にも活かすことが出来るでしょう。

接客業

例えば、物販、飲食店等、どこでも良いのですが、対人の商売には必ず礼節や接遇マナー等が重んじられます。

テーマパークでの仕事はその習得に最も適しています。

営業職・接客業以外でもこのスキルは広く多くの業界で求められるので、必ず活かすことが出来るでしょう。

社会人としての基本的なマナーを身に付けるには最高の場と言えます。

テーマパークの仕事で大変な点は?

テーマパークでは、明るく楽しい雰囲気の中で仕事が出来るという最高のメリットが魅力ですが、逆に大変なこともあります。

繁忙期の多忙さ

ゴールデンウィークや年末年始、夏季・冬季以外にも、ハロウィンやバレンタインシーズン等、年間のイベント時の多忙さは普段よりもさらに輪をかけたものになります。

私も仕事中に、「分裂して10人くらいになりたい!」などとよく思いました。

それほど手が回らない状況下、お客さんには常に笑顔で、楽しんでもらうことを考え、行動しなくてはならず、この所業は仕事が好きな人でないと難しいかもしれないです。

天候の影響

テーマパークは屋外での仕事が多いです。

台風や災害など、一定レベル以上の状況なら閉園する事も無いわけではないですが、多少の雨風では運営は続行される為、天候の影響による仕事の苦楽は左右されやすいです。

夏の日照り、冬場の雨などは、覚悟していた以上の忍耐を強いられるかもしれません。

まして近年では夏場の暑さや冬の冷え込みは異常レベルに達しているとも言えますし、体調不良を起こすスタッフも少なくありません。

やはりこの仕事は体力勝負になることを予め認識し、特に夏の暑さは命にも関わるので、水分補給などの体調管理は自分でしっかり行いながら従事する必要があります。

冬場は、コートの下の全身にカイロを敷き詰めて業務に当たっているスタッフもいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

テーマパークでの仕事は、資格等の特別な技術等よりも、人柄などの適性が最も重要視されます。

未経験で不安な人でもその点は研修等でしっかり補うことが出来るので安心して従事することが出来ます。

最も大切なのは適性です。

自己分析の結果、自分がエンターテイメント向けであると感じることが出来るなら是非、自分を試してみてはどうでしょうか。

明るく素敵な環境で、皆さんのやる気が遺憾無く発揮され、多くの人に喜んでもらえる人材となることを願っております。

最後までお読みいただき有難うございました。

テーマパークの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!