新しくバイトを始める理由は様々あります。

生活のため、夢のため、ちょっとしたお小遣いのためなど人それぞれです。

ただ、求人雑誌やインターネット上などにある数々の求人情報から自分に合ったアルバイトを探すのは中々難しいですよね。

貴方はアルバイトを探す時に、まず求人のどの項目をチェックしますか?

時給はもちろん大事ですよね。

他にも時間帯・曜日・勤務地・交通費の有無など自分の生活スタイルと照らし合わせたい項目は沢山あります。

ですが、おそらく皆さんが最初に求人雑誌で目を向けるのは目次部分でもある『職種・業種』ではないでしょうか?

まずは働いてみたい職種をなんとなく決めて、それから他の細かい条件を照らし合わせていく。

そうすると当然人気のあるモノとそうでないモノに分かれます。

興味の無い情報は全く見ないですよね。

その人気のない側に清掃のアルバイトがあります。

人気の無い理由はズバリ『きつそう』。

今回はとある清掃バイトを数年経験した私がそんな清掃バイトの『きつい』部分とその先にあるすごい魅力についてご紹介します!

清掃バイトのおおまかな仕事内容

私が清掃のアルバイトとして勤めたのは大型商業施設のゴミの回収でした。

様々な業種のお店が入っている大型商業施設ではそのゴミの量も種類も段違いです。

仕事内容はいたって単純。

各区画に設けられたゴミの集積所に決められた時間に決められた種類のゴミを台車で回収しに行く。

これだけです。

施設の完全な裏方として営業をバックアップする仕事でした。

働いていた方々の年齢層も幅広く、皆さん同じように活躍されていました。

しかし、この文字だと単純で簡単そうな仕事内容ですが、『慣れる』前に辞めたくなるしんどい部分がいくつもあること、そしてこの仕事に付きまとう昔からのイメージが清掃がアルバイト選びで不人気になる大きな原因となります。

清掃バイトのイメージと実際にきつい理由

3K。

これは、きつい・汚い・危険の頭文字をとったもので、過酷な労働環境や作業内容を連想させる肉体労働を指すネガティブな用語です。

上記に記載した清掃バイトの大まかな仕事内容を「ゴミを台車を使って回収する」と紹介しましたが、その文章を読んだだけでも「台車で回収=きつい」、「ゴミの量も種類も段違い=汚い」と言うイメージは容易に想像できたのではないでしょうか?

ゴミの中には割れ物や廃棄物なども含まれますので「危険物・廃棄物の回収=危険」と言う3Kのイメージに見事に応える職場になってしまいます。

そして残念ながら仕事内容に限って言えばその部分はどう言い訳しても避けることが出来ない職種が清掃バイトです。

ではイメージだけでなく実際はどうだったか、私の体験を元にいくつか挙げてみましょう。

清掃バイトがきつい理由① 体力的な負担

清掃バイトはどのような形態の現場であっても基本的に肉体労働です。

汚れた部分にモップがけするのも、、次のお客様を迎え入れるためにベットメイキングするのも、ゴミ捨て場からゴミを回収し運ぶのも人の手で行われます。

文字にすると何とかなりそうな気がするんですが、実際に現場に行くと想像以上に『きつい』はずです。

体験例

大型商業施設内でのゴミの回収と簡単に書きましたが、各区画にあるゴミの集積所に台車を押して歩いて向かい、その台車に戻ってくるときはゴミを山盛りにして帰ってくるわけです。

行きよりも帰りの台車の方が重いですし、集積所までの移動距離もまちまちで半日で万歩計が20000歩を刻むことも珍しくありませんでした。

普段あまり運動をしない人にとっては回収以前にこの移動距離だけでしんどくなってしまう方も結構いらっしゃったように思います。

ちなみにこれは平常時の話で年末やゴールデンウィークは2倍以上忙しくなります。

清掃バイトがきつい理由② ゴミを扱うという事

ゴミとはそもそも不要な物です。

分別が厳しくなったとは言え綺麗なものではありません。

臭いも出ますし、見た目からして触りたくないようなモノも中にはあります。

加えて害虫・害獣と呼ばれる存在もあります。

そもそもゴミ自体に最初からいいイメージは無いですよね?

それを扱う仕事となれば業務的にも気持ち的にも『きつい』仕事といえるかもしれません。

体験例

夏場のゴミの回収はやはりしんどくなります。

重さもありますがどう分別してもやはり臭いがでます。

臭いが出るとそれに誘われて害虫も発生したりします。

害虫の駆除はその専門家が居るため特に私が何かをすると言う事はありませんでしたが、暑さ、臭い、重さ、害虫などゴミを扱う仕事はげんなりする機会が他の仕事より多いかも知れません。

清掃のバイトがきつい理由③ 時給が安い

全部の清掃の仕事がと言う訳ではありませんが、基本的に清掃バイトは仕事の内容に対してその報酬は低いです。

それは清掃の仕事が商品を売ったり、新しい何かを提案していく業種などとは違い、決められた作業を決められた分やると言う受身の仕事だからです。

新たな収入源を得るためには新たに集積場所を増やす等仕事量を増やす必要があります。

そうなると結果的に人員や機材がさらに必要になるため結局収入アップに繋がらないようです。

体験例

私が働いた清掃バイトは主要都市の繁華街にある商業施設でしたが周りの他の業種のアルバイトに比べ時給は安かったです。

仕事内容も決して楽な訳ではありませんでしたが雇用条件が私の事情とぴったりだったので時給面は諦めたと言うのが正直なところです。

アルバイトに高収入を求めるのでしたら清掃バイトはやや『きつい』と言わざるを得ないかもしれません。

この3つが私が体感した清掃バイトのきつい部分です。

一つ一つがバイトを辞める、もしくは選ばない理由になり得る大きなウィークポイントです。

この『きつい』部分を乗り越える方法は一つです。

それは慣れる事。

これは我慢できるようになる『慣れ』とはちょっと違います。

体力的な問題は徐々に体をそのサイクルに慣らす事で解決します。

ゴミを扱う仕事についても臭いはマスクをつけたり、汚れに対しては常に自分が清潔であるように心掛けるようにすればその作業に従事することに気後れする必要は全くありません。

時給に関しては自分が何のためにアルバイトをするのかと言うことが重要になってきます。

今回、なるべく包み隠さず清掃バイトの『きつい』部分についてご紹介しました。

逆を言えばこれ以外に私が考える清掃バイトのみにある『きつい』部分は無いとも言えます。

この大きなウィークポイントに慣れるにはおそらく最低でも3ヶ月はかかると思います。

実際しんどいでしょう。

しかし、その期間を越えた先には今回ご紹介する中で最も紹介したい『きつい』けど清掃バイトがオススメな理由が沢山あるんです。

キツい時もあるけど、清掃バイトがおすすめの理由

清掃バイトのしんどい期間を乗り越えたさきにあるオススメポイント。

これも私の実感からくるものをご紹介しますね。

キツかったけど清掃バイトがオススメな理由① 健康になる

これは大きいです。

時間帯や仕事内容にもよりますが一日20000歩も歩けば帰宅後ウォーキングに時間を費やすなんて健康法は不要です。

新しく買ったスマートフォンにたまたま万歩計あることに気が付き発覚したんですが、それ以来仕事中は歩数も気にするようになりました。

次第に体がその運動量に馴染んでいくのが良くわかります。

また清掃の仕事は綺麗にする事はあっても汚くすることは絶対にありません。

汚い場所が自分の手によって綺麗になると不思議と気分が晴れやかになります。

そう言う意味でも取り組み方次第では心身を働く以前より健康にすることが出来ます。

キツかったけど清掃バイトがオススメな理由② 時間が有効利用できる

清掃が行われるのは基本的にお店などが稼動していない時間帯になります。

つまり営業が開始する時間帯には仕事は終わっていることになります。

それは深夜であったり早朝であったりすることが多いです。

例えば早朝に仕事がはじまり掃除をしているお店の営業開始時間が午前十時だった場合、午前十時以降の時間はフリーになるわけです。

自分の夢を追い求めている人、本業に迷惑をかけず昨今規制が緩和された副業をしたいと考えている人などにとって、通常ならその時間帯からこそ働かなくてはならない時間に体が空くことは大きな利点になるはずです。

清掃バイトにはそんな自分の事情に合った時間帯の仕事が他のバイトよりもかなり多いです。

実は私が高い時給のアルバイトよりも清掃バイトを選んだ理由もこの時間帯の自由を優先し、重要視したからです。

キツかったけど清掃バイトがオススメな理由③ 環境への取り組みを知る

今まではあまり大きく取り上げられなかった企業の環境問題への取り組みですが、昨今はむしろ環境問題にどう取り組み社会に貢献しているかが問われる時代になりました。

エコカーや環境に配慮した商品の開発、徹底したゴミの分別や植林植樹。

すでに多くの企業が環境への取り組みを実行しています。

これは環境問題に取り組まない会社が今後生き残っていく事が難しくなっていく大きな流れになっています。

これから起業する方や新たな事業を始めようとする方には必ず突きつけられる命題となっていくでしょうし、勤め先に今は無くても環境に関する部署が置かれることが当然となってくるはずです。

百聞は一見にしかず。

まずは清掃の現場がどうなっているのかを知るのに清掃バイトはもってこいです。

今後の社会に必要になってくる能力の一つとして持ち合わせておいて損は無い知識となるはずです。

キツかったけど清掃バイトがオススメな理由④ 資源について考える

ゴミを扱うバイトは時給が上がりづらいと紹介しました。

それはゴミを回収し廃棄するだけでそこから生み出せるものが少ないからです。

リサイクルと言ってもそれが出来るのはごく一部でほとんどは焼却処分になってしまいます。

その理由は何故か。

それは分別がまだまだ足りないからです。

私たちがプラスチックとして捨てているゴミですが全てをリサイクルするためには少なくともさらに7種類に分別する必要があるそうです。

それが中々難しいからリサイクルに至らない多くの資源が焼却されています。

逆にそれがしっかり出来ていれば焼却されていた資源は再び商品として販売出来る物になります。

生ゴミにも厳しいルールがあり、飼料として扱う場合は爪楊枝一本でも混入していては駄目なんだそうです。

だから多くは焼却されているのですが、この焼却されたら1円にもならない生ゴミを有効利用した例があります。

異物が混入して飼料や肥料に出来ない生ゴミを微生物分解してメタンガスを作り、それを電気や都市ガスに変換するバイオマス発電です。

これは現在注目されているゴミビジネスの一例です。

このように環境への取り組みと同時に今は1円にもならないゴミを資源として再利用するビジネスが大きく動き出そうとしています。

新たなビジネスを考えている方には魅力的な市場となるかもしれません。

キツかったけど清掃バイトがオススメな理由⑤ 自分の視点が変わる

消費することに自分がいかに慣れているかを実感するのがゴミを扱う仕事です。

回収したゴミを見ながら何度「もったいない」と思う瞬間があったか分かりません。

その度に自分もその「もったいない」と誰かを思わせる消費をしていることに気づかされました。

なんとなく知っていても目をそらしていたように思います。

それを知ることにどれほどの意味があるかは分かりませんが、そう言う機会が多いことも清掃バイトの良い特徴です。

以上が私が考える清掃バイトのオススメな点です。

後半の方は現在の環境問題などの話になってしまいましたが、私はこれからの将来性に期待できる話として紹介させていただきました。

明日すぐにと言う訳では無いので実用的な話ではないのですが、長い目で見れば必ず役立つことだと考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海の水が蒸発して雲になり、山に雨として降り注ぎ、それが川になって再び海に戻る。

自然の仕組みの全てはこのような循環によって成り立っています。

しかし私たちが生み出すゴミはそのサイクルから逸脱し、循環の輪をせき止めているものが多いのが現状です。

今、そんなせき止められている循環の輪を取り戻そうとする取り組みが世界的に起こっています。

その一つの形を『クローズド・ループ・リサイクル』と言います。

これはダンボールのように何度でも何度でもダンボールとしてリサイクル出来る状態、一つの資源が循環し続ける形のことを指します。

これが実現すれば全てのゴミが資源として扱われる日が来るかもしれません。

そんな大きな市場になるかもしれない環境ビジネス。

その一端を知る事ができるということだけでも清掃バイトはオススメです。

実際に清掃バイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

清掃バイト求人

清掃バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る