色々な場所へ仕事とはいえ、行くことができる添乗員の仕事に憧れている方は多いのではないでしょうか。

非常に魅力的な仕事に見えますが、いざやるとなると給料がどれくらいなのか気になりますよね。

今回は添乗員の給料がどれくらいなのか、私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します。

添乗員の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!  

正社員

正社員の添乗員の年収は平均で350万円前後です。

世間一般的には決して多いとは言えません。

しかしながら、他の雇用形態の添乗員と比較して安定しているのが強味です。

また、大手旅行社と中小の旅行社でも年収格差はあります。

更には正社員には退職金もあるのが大きなメリットです。

福利厚生も充実しています。

社員価格で自社旅行を購入できるのもメリットです。

契約社員

契約社員添乗員の年収は平均で300万円前後です。

大手旅行社の契約社員添乗員は福利厚生など充実していますし、昇給や正社員への登用機会にも恵まれます。

他業種からの転職も、正社員よりは契約社員の方が求人数が多いので、契約社員の方が採用率は高いです。

派遣社員

派遣社員添乗員の年収は平均で300万円前後です。

派遣先の旅行会社も多種多様なので、仕事を選り好みしなければ、契約社員添乗員よりも仕事量は安定し、年収は上がります。

少し前までは、日当制が主流でしたが、最近は時給制の会社が増えてきました。

色々な旅行会社の仕事をすることで、どこの旅行会社が自分に合っているかを確かめられるのが利点です。

パート・アルバイト

パート・アルバイト添乗員については本人都合で年収にかなりの開きがありますが、稼働日数が契約社員添乗や派遣社員添乗員と同じ程度の場合、年収は250万円前後です。

給与面では最も恵まれていませんが、最も自分の都合よく働けるのはパート・アルバイトの最大のメリットです。

会社によっては、稼働日数によって社会保険の加入が可能なところもあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

年収にも響いてくる基本給以外のものはどうなっているのかご紹介します。

賞与

賞与については、会社によってまちまちです。

大手の旅行会社ですと、年二回支給される会社がありますし、年一回支給される会社もありますし、全く支給のない会社もあります。

支給される対象は正社員か契約社員に絞られます。

賞与の支給を希望される方は正社員か契約社員になられることをおすすめします。

昇給

昇給については、会社ごとに違ってきます。

大手旅行社は正社員はもちろんのこと契約社員に関しても定期的に昇給があります。

中小の旅行会社ですとあまり昇給のない会社もあります。

正社員や契約社員ですと、インセンティブのような形で能力給を設けているところがあり、定期的な昇給ではなく、業績に応じて社員に還元していくやり方を取っているところが多いです。

各種手当

各種手当ですが、役職手当や住宅手当、家族手当、寒冷地手当など支給される手当は旅行会社によってまちまちです。

やはり、大手の旅行会社は各種手当が手厚く支給されるようです。

一般的に、旅行業界は他業種よりも年収面は恵まれているとは言い難いですが、若い方が能力を発揮しやすい環境ではあります。

給与が高い人は何が違うの?

どんな職種にも言えますが、給与が高い人は何もせずにいきなり給与が上がった訳ではありません。

それなりに努力した結果、高い給与を得られるようになったのです。

では、給与が人は何が違うのかについて触れて参ります。

スキル

スキルについては、対人スキルが高い方は給与が高くなるケースが多いです。

添乗員から更にマネージャークラスの仕事が出来る人材として、出世コースに乗る可能性が増します。

添乗員という仕事はコミュニケーション能力が必須の仕事ですから、コミュニケーション能力が高ければ高いほど添乗員として良い評価をして貰えますし、更に活躍の幅が広がるのです。

役職

役職につけば当然、役職手当が付きますので、収入は安定します。

こういう部分は、正社員の利点の一つでしょう。

但し、添乗に出る機会はおのずと減少し、逆に添乗員をマネージメントするポジションになります。

添乗でも大きな団体のチーフとしての役割を担い、全体の統括を行います。

責任は増しますし、大変なポジションですが、やり甲斐はあります。

勤続年数

勤続年数は、添乗員のベースアップには大変重要な要素です。

添乗員の仕事は、アメリカの大学みたいに入ることよりも続けることのほうが難しい仕事です。

10人入社して、1年後に残っているのは1人か2人という程、離職率の高い仕事です。

ですので、積み重ねてきたキャリアに対する評価は、ほとんどの旅行会社で尊重されています。

地域

地域によって、給与格差があります。

添乗員の賃金は「地域別最低賃金」に則って決められるため、東京や大阪、名古屋といった三大都市圏は、他の地域と比べて賃金は高くなりますし、地方は低くなります。

地方に在住の方の場合、三大都市圏に引っ越せば給与面に恵まれた会社を探すことができるでしょう。

仕事の単価

難易度の高い仕事は、単価が高く、その分給与に反映されます。

難易度の高い仕事を数多くこなしている方は必然的に年収は多くなります。

登山や写真、ゴルフ、クルーズなど専門性の高い分野は対応可能な添乗員が少ないため、特殊添乗手当の対象になるので、これらの趣味をお持ちの方は積極的に会社にアピールしてみてはいかがでしょうか。

雇用形態ごとの給料以外における良い点と悪い点

雇用形態ごとの給料以外における良い点と悪い点をご紹介します。

正社員

正社員の良い点ですが、福利厚生が充実していること、待遇がしっかりしていること、将来性があることが挙げられます。

是非とも正社員を目指したいものです。

正社員の悪い点ですが、残業が他業種と比較して多いのでなかなか自分の自由な時間が取れないことです。

最近では、少しずつ改善されてきましたが、派遣社員やパート・アルバイトと比較すれば仕事量が多く責任も増します。

契約社員

契約社員の良い点ですが、旅行会社からの直接雇用ですので、仕事の受注が安定することと、雇用保険や年金などが正社員のように加入できることです。

また、旅行会社によっては、契約社員でも賞与の支給や退職金の支給があるところもあります。

契約社員の悪い点ですが、一社専属なのでその会社と折り合いが悪くなると、仕事がしづらくなるデメリットがあります。

ですから、職場の人間関係については正社員並みに気を遣わなければならないところがデメリットです。

派遣社員

派遣社員の良い点ですが、色々な旅行会社の仕事ができることです。

その中である程度、自分と相性の良い旅行会社が見えてきます。

季節波動がある仕事ですので、シーズンオフの仕事の確保が容易であったりします。

派遣社員の悪い点ですが、一社だけの添乗をするわけではないので、各旅行会社のルールを覚えなければならないことです。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの良い点ですが、自分のペースで仕事ができることです。

添乗員以外に仕事がある方には最適な働き方です。

パート・アルバイトの悪い点ですが、仕事の依頼が不安定で収入がなかなか安定しないことです。

毎月の収入を安定させたい方には不向きな働き方です。

添乗員の給料の決まり方

勤続年数

勤続年数は、添乗員の給料の決まり方の大きな基準となります。

年数毎にカウントするやり方を取る会社もあれば、ツアー本数毎にカウントする会社もあります。

机上の勉強よりも、経験がものをいう仕事ですから、その経験というのはかけがえのないものなのです。

他業種と比べて、勤続年数が給料の決まり方に占める割合はかなり高いです。

役職

役職についてですが、主任手当、係長手当、課長手当という名目で一律同じ金額のところもあれば、あくまで部署の業績で役職手当が決まるところもあります。

いずれにしても、他業種と比較しますと金額が低いと言われていますので、収入アップを前提に旅行業界のマネージャー職に転職を検討されている方はそのことは強く認識された上で転職を考えられたほうがいいでしょう。

アンケート評価

アンケート評価はかなり重要な査定基準となります。

ツアー中は、ツアーに参加のお客様しか添乗員の仕事を客観的に見る人がいないため、添乗員の評価はアンケート頼りになってしまうのです。

アンケート評価に対して賛否両論ありますが、それに代わる客観的な評価基準がない為、今後もアンケート評価が大変重要な基準とされるのは間違いないでしょう。

貢献度

会社への貢献度も給料の査定基準となります。

会社というところは、自分の仕事だけをこなしていればよいという考えでは回っていきません。

自分の仕事を確実にこなすことはもちろんですが、上司や部下の手の回っていないところを手伝う姿勢が大事です。

そういう姿勢がゆくゆくは自分に返ってくることでしょう。

資格

会社によっては資格手当を支給する会社があります。

該当する資格に関しては、旅行業務取扱管理主任、TOEIC、英検、などが該当します。

これらの資格をお持ちの方は積極的に会社にアピールしましょう。

また、会社によっては、資格取得応援制度があるところもあるので、この制度が会社にあるようなら積極的に活用しましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

3年目の契約更新の時、新人の指導が認められたため

添乗員の仕事に慣れてきた頃、新人添乗員の同乗研修やレクチャーなどを会社から依頼されるケースが増え、その指導ぶりが認められ、入社後3年目の契約更新の時に月収が8000円程アップしました。

アンケートの年間平均点が良かった時

アンケートは添乗員評価の一番大きな比重を占める基準となります。

アンケートの年間平均点が社内で一番になった時、翌年から月収が10000円上がりました。

とにかく、給料を上げたい人はアンケートの点数を上げることが近道です。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

正社員に関しては、誰もが希望してなれるものではありませんが、旅行業界で長く働きたいという希望をお持ちの方は、是非、正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

添乗だけではなくて、営業や企画や手配など他の仕事をしながらにはなりますが、一社で腰を据えて、実績を積んでいくのは何ものにも代え難いやり甲斐となるでしょう。

真剣に旅行業界に携わりたい人には正社員の働き方は向いています。

契約社員

契約社員は、将来的にその会社の正社員として働く希望がある方にはおすすめです。

正社員と比較して、契約社員は求人数が多く、採用される確率が高いので、まずは契約社員で希望の会社に入社してから、徐々に仕事を覚えてから正社員を目指すのが宜しいかと思います。

派遣社員

派遣社員は、色々な旅行会社のツアーや色々な種類の仕事をしたい方におすすめです。

派遣という形で様々な旅行会社のツアーの仕事をして、比較検討をして自分と相性の良い旅行会社の正社員なり契約社員として就職する手法を取るのもよろしいのではないでしょうか。

パート・アルバイト

パート・アルバイトは事情があってフルで働けない方におすすめの働き方です。

元々、旅行会社に勤めていた方が結婚退職して、家庭生活の合間でかつての経験を活かすのに大変適した働き方です。

また、ご主人の扶養に入られている方が扶養の範囲内で働くことにも適しています。

まとめ

今回は、添乗員の給料はどのくらいで、私の周りの相場や給料の決まり方を紹介しました。

参考になりましたか。

給料が高く感じた方もいらっしゃれば低く感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何度か触れましたが、他業種と比較すると決して恵まれた仕事とはいえません。

最近、かなり改善されてきたとはいえ、まだまだ残業や休日出勤の多い仕事です。

ライフワークバランスを大事にされている方にはあまり魅力的ではない職業かもしれません。

しかし、旅行が好きで人と接することが好きな方には大変やり甲斐があって魅力的な仕事なのではないでしょうか。

今は、以前と比べて年齢制限がない為、シニア世代の方々が大変増えており、その豊富な人生経験を活かして活躍されています。

もし、年齢が障害となって二の足を踏んでいる方がいらっしゃいましたら、遠慮せずに飛び込んでください。


関連キーワード

添乗員年収