歯科技工士という仕事は名前の通り、歯に関係する医療系の仕事になります。

あまり聞かない仕事かもしれませんが、歯科に行くといる可能性は高いですね。

ほとんどの人はお世話になっているのかどうか半々に分かれるかもしれません。

歯科技工士とは何か?

また、歯科技工士の仕事内容についてもご紹介していきましょう。

歯科技工士の大まかな仕事内容

歯科技工士の大まかな仕事内容は、入れ歯や歯の詰め物などを作成する仕事になります。

基本的に患者の前に姿を現すような仕事ではないため、作業室でこもって仕事をするという感じですね。

最近ではスポーツでも歯科の重要性が認知されてきており、ボクサーなどが使用する専用のマウスピースなどの制作も携わってきています。

歯科技工士の仕事は大きく3個の役割に分けられる 

歯科技工士の仕事は技工物の作成、CAD/CAMの技工、患者のカウンセリングの3つの役割です。

ほとんどは1日中技工物の作成に当たるのが主な仕事ではあるのですが、CAD/CAMの技工、患者のカウンセリングは場所によって行うと思ってください。

入れ歯などを作るだけでは?と思うかもしれませんが、現在はパソコンでCAD/CAMを使用し患者の歯のデザインを作成されているのです。

歯って結構軽く見ている方が多いようですが、じつは重要性が高い仕事なんですよ。

技工物の制作

技工物は詰め物や入れ歯などの作成にあたります。

昔は入れ歯というとお年寄りのようなイメージだったかもしれませんが、現在は若い方でも虫歯のせいで歯が欠けてしまい詰め物をされていますよね。

保険適用によって使用できる材料は大きく異なり、前歯や奥歯でも全然違うんですよ。

CAD/CAMの技工

CAD/CAMとはパソコンのソフトで、読み方としてはキャド/キャムと言います。

製品設計を行い設計されたものを加工するための機械です。

現在は歯科技工に使用されていますが、その他には数値制御の工作機械やプレス金型などの作成ができる優れものです。

設計自体は慣れれば上手くいけるかと思いますが、歯科技工士は昔と異なり精密さがより求められる仕事なので人ではなく設計には機械の力を必要とします。

そのためパソコンの知識は最低限度なければお話になりません。

患者のカウンセリング

患者と接する機会はほぼないと言っても等しい仕事ではあるのですが、歯科医院に勤めている方であれば患者と直接接することがあります。

患者から状態を聞いた上で、詰め物や入れ歯などを作成していきます。

どんな素材の物なら良いか、また保険適用であったとしても値段はこのぐらいかかるという説明も行うため自分勝手に作ることは出来ないのです。

金属アレルギーなどの有無も確認しなければいけませんしね。

技工物の制作の3つの業務

技工物の制作に関しての業務をお伝えしていきましょう。

入れ歯・詰め物などの作成以外にも、現在使用者が多いインプラントやマウスガードなどの作成も行います。

詳しくない人からすればたかが歯でしょ?と思うかもしれませんが、それぞれの用途において何が重要になってくるかが大きく変化してきます。

歯科技工士でない人の場合、実際に経験された方でないと何がどう必要なのかを理解するのは難しいかもしれません。

入れ歯・詰め物などの作成

主に歯科技工士が作成する技工物は入れ歯・詰め物などになります。

昔は銀歯が主流でしたが、現在は他者から見える位置だと銀歯って恥ずかしいという方もいるため、プラスチックやセラミックなどの材料で作成されているのです。

ただ保険適用によって患者のお金と相談になるため、まれに前歯でも銀歯になってしまう人も少なくないのですよ。

詰め物などの作成は短期間で作成するように指示されているため、なるべく早めに仕上げなければいけないと思ってください。

機械で削ってはいくものの、この辺は職人作業になるため自身の手先の器用さが要求されます。

インプラントの作成

お笑い芸人バナナマン日村勇紀さんが現在インプラントをされていることを明かしています。

日村さんはよくテレビで見かける方なのでイメージがつきやすいかと思いますが、テレビ越しで見てもインプラントとは分からないほどの美しさが売りなのです。

インプラントの場合は入れ歯・詰め物などと違って保険適用外の物になるのですが、歯にコンプレックスを抱いている方は近年インプラントにされている方もいます。

インプラントの作成が少し時間がかかるため、仮の歯の作成をスタートさせてかみ合わせなどの不具合を調整させるため一定期間生活してもらわなければなりません。

仮歯の調整を何度も行うため、インプラント製作には結構時間がかかると考えておいてください。

患者から仮歯で問題がなければインプラントを作成していく形となりますよ。

マウスガードの作成

マウスガードというとボクシングだけというイメージかもしれませんが、ラグビーや野球やバスケットなどの球技でも使用されています。

格闘技系は顔を殴ることもあるので理解はできるかもしれませんが、球技系は顔に当たってしまう可能性も考えられるためです。

2011年から発案されたスポーツ基本法にマウスガードの着用の効果などの普及啓発を図ることが明記されているんです。

マウスガードは当人の歯型とかみ合わせに合うように設定されているため、調整しつつ作成しなければいけません。

地域や場所にもよるかと思いますが、現在はマウスガード製作専門店というお店もあります。

CAD/CAMの技工の2個の業務

現在の歯科医療でもとても貢献されているソフトですね。

昔は歯の型取りを直に行っていましたが、肉体的な不快感を持ってしまう方も多く、また精密なやり方ではないため、ソフトで対応するようになりました。

CAD/CAMのソフトというと難しいようなイメージを持っている方も多いようですが、こればかりは慣れですね。

若い方であればパソコンに対してそこまで嫌悪感や苦手意識を持っている方は少ないため、気軽に使いこなすことは可能でしょう。

口内をスキャンする

歯科医もしくは歯科衛生士が口腔内スキャナーというものを使用し、歯型や上下の歯のかみ合わせデータなどを全て撮影します。

データ採取後CAD/CAMを用いて技工物をデザインし、削り出す作業を行う形となるのです。

歯科衛生士でも型を取ることは出来るのですが、ほとんどは歯科技工士がやっていますね。

3Dプリンタ後最終調整

スキャンした模型を読み取り、パソコンで患者の歯をデザインしていきます。

3Dプリンタによって製作された技工物は、歯科技工士が最終調整を行うのですがある程度ベテランの方が行うと思ってください。

ミスしたとしてもデータさえあれば再調整が出来るのですが、患者を待たせることはあまり良くないので早めにする必要があります。

患者のカウンセリングの2個の業務

歯科技工士は基本的に患者と接することは滅多にないため、この辺は場所によりけりであると思ってください。

患者と話し、どのような素材で作成するのか決めてもらった上で色んな説明などをしていかなければいけません。

歯科技工士が直接話す所もあれば、歯科衛生士とも話すことがあるのでこの辺はあるかもしれないという体で見て頂ければと思います。

患者と話す

患者と話しどのような素材にするかを説明し、金額がどのくらい負担になるのかまたどのくらいの期間がかかるのかを説明しなければなりません。

インプラントなどは結構な時間を費やすため、それも説明する必要があるのです。

歯科技工士は患者の歯を作る仕事ではあるものの、患者の口腔内を見る訳ではないので説明と提案のみを行います。

プラスチックやセラミックなどの素材はどのような効果があるなども説明しなければいけませんし、患者と直接対応するので多少コミュニケーション能力はいりますよ。

患者に直接納品する

患者に直接納品をするのも歯科医院で働く歯科技工士の仕事となります。

差し歯やインプラントは仮の歯を作成しなければいけないのですが、その仮の歯で調子を見ていけたら作るという作業にかかるのです。

特にインプラントなどの場合は患者のかみ合わせなどの調子により当人からOKをもらわなければ、何度も調整しなおしになってしまいます。

大体の所は患者からまた聞きする形になるのですが、歯科医院で働く歯科技工士のメリットは患者と直接話せる所でしょう。

患者からこうしてほしいとか気になるところなどを言ってくれたり、また自分から質問できるので細かな微調整が可能となります。

歯科技工士の仕事の良いところ

歯科技工士の良いところとはどこか?

仕事は基本的に黙々とこなす感じです。

歯科医院でも働いている歯科技工士はいるとは言いましたが、ごくわずかですね。

やりがいを感じるポイント、面白いポイントについてご紹介致しましょう。

やりがいを感じるポイント

歯科技工士はパソコンソフトでも作成しますが、肝心な所は1つ1つて作業で行います。

ちょっとした職人と言っても良いかもしれません。

医療業界にはある意味珍しい職人技術なんですよね。

そのほかにも患者の歯の健康をサポートするという大きな役割を持っています。

1つ1つ手作業で行う

まさに職人技と言っても良いほど、ミリ単位で歯を削っていきます。

正確に言うとミリ単位というよりかは、それ以上の細かい制度を要求されると思ってください。

本当に触れるか触れないか程度で削らなければいけないので、丁寧に仕事を行わなければいけないのです。

パソコンでも作成はしますが、微調整などはパソコンでは難しいでしょう。

歯の健康をサポート

歯って当たり前のように思っているかもしれませんが、口や歯に通っている神経などはとても繊細であるため、多少の違いであっても患者からは違和感を感じます。

かみ合わせが悪いと、頭痛が起きたりするという話を聞いたことはありませんか?

本来の自分の歯ならともかく、差し歯や入れ歯などは人口の歯です。

下手をすれば顎関節症や歯周病になってしまうことも多いんですよ。

直接患者と接する機会がない歯科技工士の方が圧倒的に多いのですが、歯科技工士がミリ単位以上の精度で調節しているため患者は人口の歯でも不自由なく健康に過ごせます。

歯って口の中だけではなくて、全身に負担がかかってきますからね。

面白いポイント

面白いポイントとしては、職人気分が味わえることや努力すれば上達が出来ることでしょうか。

医療系の仕事ではあるものの、やっていることはほとんど職人の域になります。

起用さが重視の仕事ですが、基本的に同じ仕事であるため努力すれば上達が出来るというメリットもあるのが大きいかもしれませんね。

職人気分が味わえる

入れ歯や差し歯を黙々と作り続けるため、本当に職人と言っても過言ではありません。

手先の器用さは要求されるものですが、誰もが誰も最初からうまくは出来ないものです。

何度も何度もトライを重ねて上手く微調整できるようになれば、知識と技術を自分のものにできます。

作業中は本当に自分は職人だ!と思ってやっていると地味に笑いがこみあげてくるんですよ。

またこれは思い込みでもあるのですが、職人だ!と思えば思うほどテンションが上がるという方もいます。

努力すれば上達出来る

手先の器用さは要求されるものですが、不器用な方でも数をこなしていけば何とかなります。

確かに手先が器用であれば上達も覚えも早いですし、削りすぎというミスを防ぐことも可能です。

だからと言って不器用な人はなれないというものでもないですよ。

それぞれの能力が違う部分があるため、そこをどうやって磨いていくかでしょう。

努力すればするほど上達が可能ですし、身体にしみ込ませてしまえば自然とミリ単位の注文にもこたえられることが出来ます。

まとめ

歯科技工士の仕事はとてもシンプルなものです。

どちらかというとマイナーな仕事なのかもしれませんが、近年インプラントなどが流行っているため歯科技工士の仕事が徐々に見直されています。

ただ歯科技工士の仕事は将来的になくなる可能性があるという噂が広まってはいるのですが、細かい微調整などに関しては機械では頼り切れません。

最終的な判断や細かい単位を削るのは機械よりも職人の手によって行う方が患者も安心される方が多いですからね。


関連キーワード

歯科技工士仕事