物流とは、販売者や生産者から、消費者へ商品が届くまでのことを指し、私たちの生活になくてはならないものです。

みなさんも配達されてきた荷物を受け取ったことがあると思いますが、荷物が手元に届くまでに「物流センター」という施設が関わっているのは、ご存知でしょうか?

今回は、その「物流センター」について紹介していきます。

どんな施設なのかということはもちろん、仕事内容や求人についても解説します。

さらには、物流センターの気になる疑問にもお答えします!

物流センターって、どういうところ?

物流センターとは、荷物、貨物の輸送における、拠点となる施設です。

様々な拠点から集荷した荷物を一時的に保管したり、商品として必要な加工をしたり、種類別、行き先別などの目的に応じ分別し、次の拠点に出荷する準備をします。

つまり、物品「荷物」が、私たちの手元に「商品」として姿を変えて届く過程にあるということです。

主な仕事内容

鮮度・品質管理

荷物(商品)の品質を保つよう留意し保管します。

温度、湿度管理のほか、製造日や賞味期限も管理し、良質な状態で出荷できるような仕組みを整えています。

入荷検品

入荷される荷物の品質、種類、個数を確認します。

賞味期限や消費期限が切れた食品、壊れた荷物などが流通しないように確認をしています。

出荷ピッキング

指示書に基づき、出荷先ごと決められた種類、個数に荷物(商品)を集めます。

格納・補充

センター内での荷物の移動や整理をします。

棚への上げ下げは、フォークリフトによって行います。

加工作業

商品として必要な加工をします。

シール貼り、タグ取り付け、袋詰め、組み立てなどを指します。

事務作業

入出荷に関わる伝票作成、受領書の発行、荷物の発注や鮮度管理をします。

物流センターにはどんな種類があるの?

物流センターの求人でよくある施設のパターン

ディストリビューション・センター(DC)

商品の保管と、配送に備えての仕分けや積み替え作業を行う施設で、配送拠点といえます。

配送に備えて在庫を持つことが特徴として挙げられます。

物流センターなかでも、最も一般的なタイプです。

庫内作業として、仕分け、ピッキング、簡単な加工、検品、梱包、それに伴う補充などがあり、そのための設備(棚・ベルトコンベア・空調など)も整っています。

庫内で多くの人が作業をしています。

デポ

ディストリビューションセンター(DC)に比べ小規模で、一時保管や仕分けを目的としています。

小型の配送拠点といえます。

トランスファー・センター(TC)

ディストリビューションセンターが配送に重点を置き在庫を持つのに対し、こちらは「通過型施設」といい、入荷された商品を保管せずに、仕分けして出荷します。

そのため、在庫を持たず、庫内作業は入出荷と仕分けに重点が置かれ、ピッキングなどの作業はありません。

プロセス・センター(PC)

商品へ加工を施す機能を備えています。

シール貼りやタグの取り付けも加工の一部ですが、これらの簡単なものはDCでも行うことができます。

さらに、このPCは、DCでは行うことが出来ない加工を行えるように、それに応じた機能、設備を持ちます。

肉や魚をさばいたり、パックに詰めたり、部材の組み立てなど、その機能に合わせた特殊な設備を備え、工場のような機能も備えているのが大きな特徴です。

このPCにDCの機能も加えた施設もあり、こちらはプロセスディストリビューションセンター(PDC)と呼ばれています。

物流センターの募集でよくある職種

ピッキング

出荷作業の一部で、指示書に従い、配送先ごとに定められた物品、数量を集める作業です。

台車やパレットという荷物を載せる板状の物に荷物を載せて、指定の場所まで運びます。

検品

入荷およびピッキングされて集められた出荷の荷物(商品)が、指示書に定められた種類、個数、品質であるかを確認します。

指示書と異なる場合は、この時点で修正します。

フォークリフト

センター内での荷物の移動や整理、補充作業をフォークリフトという特殊な機械により行います。

運転には免許証(講習修了証)が必要になります。

事務

納品書および受領書発行等、伝票整理をします。

また、発注や鮮度管理も行い、賞味期限切れの商品の返品なども扱います。

業務に就くにあたっては、パソコンのスキルを求められることもあります。

加工・組み立て

商品の加工を行います。

食品の袋詰め、肉や魚をさばいたりパックに詰めたり、値札などのタグやシールを貼り付けたりします。

物流センターでよくある募集内容とは?

「出荷ピッキング」「簡単な加工作業」が多くみられる傾向があります。

業務内容が比較的簡単で分かりやすく、未経験者でもすぐに覚えることができるからでしょう。

また、時期や需要に応じて多くの人員が必要になる場合が多々あるので、募集の機会が多くなります。

その他、フォークリフト業務も多くありますが、こちらは免許取得が必要です。

給与相場

場所にもよりますが、時給1000円前後が多いようです。

早朝や深夜時間帯に別途手当があります。

また、フォークリフト業務は一般業務(ピッキングなど)よりも、やや高めに設定されています。

雇用形態

アルバイトまたはパートタイムがほとんどで、勤務時間帯も様々です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間

物流センターは24時間稼働状態の場合が多く、業務に応じて時間帯は様々です。

人員が多く必要な部署への配置を考慮しているからか、短時間勤務が可能なところが多いです。

物量や繁忙期、閑散期によっては残業、早退がある場合があります。

休日

最近は、週休2日制が増えてきました。

しかし、物流という、時間に関わらず稼働している業務なので、多くはシフト制です。

そのため、休日の曜日は一定していないと考えたほうが良いです。

有給休暇は、法律の範囲内で取得できます。

福利厚生

アルバイトやパートタイムでの雇用の場合は、センター運営会社と同様ではない場合があります。

勤務場所

物流センターは広い敷地が必要であったり、交通の拠点(高速道路インターチェンジ・貨物駅・港湾など)に設置されることが多いことから、交通機関が不便な場所になることもあります。

場所によっては最寄り駅からの送迎バスなどがありますが、早朝や深夜の勤務の場合は、車や自転車などでの通勤となることもあります。

職種別でみる、求められる人物像

ピッキング

多くの場合は、一人での作業になります。

一人で目的を達成することで充実感を得られる人に向いていると思います。

商品によっては重さを伴うものもあります。

その場合、力に自信がある人には最適です。

加工作業

商品の品質に直接関わる作業でもあります。

細かく丁寧な作業ができる人材が求められます。

入荷作業

納品ドライバーと常にコミュニケーションを取りますので、会話が好きな人、チームワーク作業が得意な人に向いていると思います。

また、破損など様々な理由で荷受けが出来ないときは、きちんと説明して断ることができないといけません。

検品

常に品質を確認する業務ですので、品質向上の意識が高い人に向いていると思います。

また、ピッキングされた商品が指示書通りに集められているかの最終的な確認も業務の一つなので、正確さも重要です。

フォークリフト

機械や乗り物の操作が好きな人には取り組みやすいと思いますが、扱いによっては事故や損害が出る恐れもあるので、集中力や注意力が特に求められます。

必要なスキルや資格、経験

フォークリフト

免許証(講習修了証)が必要です。

ピッキング・加工作業

未経験でも業務可能です。

必要な技術や知識は、就業後に指導を受けることになります。

各職場によってその内容は異なります。

事務作業

最近はパソコンによるデータ入力を行うところが増えているので、一定のスキルを求められることがあります。

物流センターのおすすめ求人のポイント

業界初心者なら、ピッキング

誰でもすぐに取り組める仕事です。

物流の仕組みや商品知識が同時に身に付き、将来ステップアップする際の基本的な知識も身に付きます。

この業界に興味を持ったら、挑戦していただきたいです。

流通過程を知ることができる、商品の加工作業

「荷物」が「商品」としての機能を持つ過程に関わるものです。

値札などのタグ付け、袋詰め、魚や肉であればカットしたりパックに入れたりして、私たちが日常的に見かける「商品」になります。

時期によっては、商品に景品など付属品の取り付け、シール貼りもあります。

私たちが店頭で見かける商品の流通過程などを知ることができ、身近に感じることができます。

高収入を狙うなら、フォークリフト

ピッキングなどに比べて給与水準が高く、高収入が見込めます。

機械操作なので危険や緊張が伴うものですが、センター内の荷物を具体的に動かす、動脈の役割です。

センターの全体像も見え、やりがいを得ることができるでしょう。

物流センターについてよくある疑問

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

単純作業の繰り返し、時には残業や力仕事を求められることもあるので、まずは「やる気」を問われます。

また、終日稼働している職場がほとんどなので、勤務できる曜日や時間をよく確かめて応募するようにしましょう。

勤務時間の融通がきく人は、とくに喜ばれます。

職場によっては服装や髪型などの規定があるので、面接の際は最低限の身だしなみを心がけると良いです。

未経験でも応募できる?

ピッキングなど、未経験でも応募できる業務が数多くありますから、この点は安心です。

むしろ、就業後の意欲の有無がポイントになります。

雇用形態によって任される仕事はどう違うの?

ピッキングとフォークリフトなど、雇用契約が異なる場合(主に給与水準が異なる)は、仕事の内容が異なる場合があります。

しかし、入出荷等の需要によってその日の人員配置が異なることが多々あるので、どの部署でも対応できることが望まれます。

例)ピッキング作業として契約しても、検品や事務など他の業務も命じられることがある

残業って多いの?

需要により異なります。

取り扱っている商品の需要が高い繁忙期には残業があり、逆に需要が低いときには早退や休日となる場合があります。

多くの場合の雇用形態がパートやアルバイトのため、需要による細かい調整が入ることがありますから、その辺は面接時に確認してみるといいと思います。

「軽作業」として募集されていることが多いけれど、力仕事は本当にないの?

ピッキングや加工作業は「軽作業」と説明されることが多くあります。

言葉だけを聞くと、軽くて楽な印象があり、女性でも容易に取り組めるように思われます。

しかし、この「軽作業」には具体的な定義はありません。

そのため、実際には10㎏以上の重さがあるような物の移動があったとしても、「軽作業」の部類に入ります。

ピッキングでは、商品によりますが、例えば飲料のケース(24本入)一つで15㎏ほどあるものを積み上げたり、個々では軽い雑貨でも、入荷された状態(箱に詰まった状態)であれば、ある程度の重さがあるものを扱うことになります。

重量のある仕事は男性が割り当てられることが多いですが、女性の場合でも決して「軽くて楽」とは言えませんから、面接の際に業務内容をよく聞き、可能であれば見学をさせてもらい、納得してから就業することをおすすめします。

業務に携わるうえで必要なものはある?

扱う商品にもよりますが、軍手、安全靴、帽子、エプロン、動きやすい服装を心がけます。

その他、配属先によって特殊な物が必要になる場合もあります。

物流センターで働く際の注意点

事故、怪我に注意する

物流センターは、多くの物が集まり、フォークリフトが走行していたり、特殊な機械なども多くあります。

そのため、事故や怪我のないように注意が必要です。

各センターには、事故防止対策として様々な規定があるので必ず守りましょう。

安全靴は必須、帽子、ヘルメット着用を義務化しているところもあります。

守秘義務を守る

業務で知り得たことは、外部に漏らさないことです。

物流センターに集まる物のなかには、業務のみで使用するものや、発売や発表前の物もあります。

これらの情報を外部に漏らすと、取引先との信用を失うことなり、果てには自分の仕事そのものを失うことに繫がります。

時間の意識を持つ

ピッキングなどの出荷作業には、配送などの都合により、時間の制限があります。

「◯時までに◯をやる」など、時間で目標を立てて業務に取り組むことがあります。

「安全、正確に素早く、効率よい」仕事が求められます。

破損させない

荷物を落としたりして壊してしまうと「破損品」として出荷できなくなり、多くの場合は廃棄処分となり会社の損害になります。

荷物(商品)の扱いには十分な注意が必要です。

まとめ

物流は字のとおり「物の流れ」です。

普段何気なく使用している様々な物品は、多くの人々の手によって運搬、仕分け、加工され、私たちの手元に届きます。

その仕組みを知ることができるのが、この物流センターの仕事です。

仕事を通して、この流れの一端に関わる喜び、やりがいを感じることができます。

また、身体を使い、動き、組み立てたり作り上げたりする仕事をしていく中で、自分が、ほんの一部ではあるものの、この世の中を動かしている、そんな実感が得られると思います。

これまでより自分の世界が広がるこの仕事に携わってみませんか?