倉庫求人での業務はどのようなものがあるのか、具体的に解説します。

向いている人の傾向や、倉庫の仕事で身に付くスキルについても触れていきます。

倉庫での仕事ってどんな内容? 

お店にはたくさんの商品が並んでいます。

その商品がお店に並ぶ前は倉庫で検品、仕分け、出荷準備をしてお店に届けられます。

倉庫には、毎日トラックで商品が運ばれてきて、それをフォークリフトで倉庫内に運び入れ、今ある在庫と新たに入ってきた在庫をパソコン上で管理していきます。

検品、ピッキング、出荷をその日1日同じ仕事を担当したり、時間で仕事内容を交代してやったりします。

荷物積み下ろし

倉庫に届く荷物は大きくて重いものがほとんどです。

トラックからはフォークリフトで運び入れますが、作業場まで手で運んだりもします。

一人で運べないものは2人で協力して持っていく事もしますが、力も使う仕事なので倉庫=簡単、楽だけではないのです。

ですが、本当に重いものは男性にお願いすると手伝ってもらえるので無理はしなくても大丈夫です。

男性は基礎的な体力づくりはしておいた方が良いかもしれません。

仕分け、ピッキング、梱包作業

仕分け

衣類でいうと1箱は大抵同じサイズ、カラーですが、まれに1箱に2種類のサイズ、2種類のカラーと複数のパターンが混ざっている場合があります。

その場合はまず、同じサイズ、カラーに分けていく所から始まります。

一見分かりづらい、グレーとライトグレーもしっかりこの時に分けていないと間違ったまま出荷してしまうことになり、大変なことになってしまいます。

その見分け方として重要なのが、JANコード。

いわゆるバーコードや、品番を見て判断していきます。

同じサイズ、カラーには同じバーコードが書かれています。

それを見分けて仕分けします。

難しいことはないのですぐに慣れると思いますが、先にも言ったように信用にも繋がっていきますので、間違うことなく仕分けていきます。

まず、その日に注文が入っているそれぞれの商品のトータルの数を仕分けの段階で、品番別に分けておきます。

高いところにその商品があったり、奥まったところにあったりもしますので、自分で取れない場合は女性は無理をせず男性に頼みましょう。

こうして事前に注文が入っている商品を用意しておくとピッキングがスムーズ、かつ最後に商品が残るはずがないので入れ忘れを未然に防げます。

ピッキング

注文リストというものが用意されているのでそれを見て、それぞれのお店が注文をしている商品を1つずつ箱に入れていきます。

これをピッキングといいます。

1店舗の注文数としては3個程度のものから、多ければ20個など。

アクセサリーなど細かいものでは500個という時もあったりしますが、その場合100個入りの袋をそのまま入れるだけでいいのである意味楽だと言えます。

ここでも重要なのがバーコードです。

注文リストに書かれている商品のバーコードと、実際の商品に付いているバーコードを照らし合わせ、合っているかを確認してから箱に入れていきます。

この商品は2つ、この商品は5つと商品の個数が違う場合も多いので、よく確認することがとても重要です。

ピッキングは商品を取って歩くので、軽い動きがありずっと同じ場所で立って仕事するよりは疲れないと思います。

梱包作業

ピッキングで注文が入っていた商品を集めたら次は梱包です。

大抵、ピッキングをした人とは別の人が梱包を担当するため、二重チェックが出来るので万が一ピッキングで漏れがあっても気づきやすい事が多いです。

梱包する人も、同じ注文リストを見て商品に付いているバーコードと照らし合わせ、合っているかの照合と個数のチェックをします。

ここで漏れや間違いがあったらピッキングの人に伝えて、商品をもらうなどします。

梱包作業は出荷前の最終段階なので、間違いがないように一番慎重にやらなければいけません。

すべて確認してOKならテープで止めて出荷準備に入ります。

出荷、在庫、発注管理

出荷

発送する店舗ごとに送り状が用意されるので、ここでも間違うことなく箱詰めされた商品の箱にそれぞれ送り状を貼ります。

そのあとはパレットという台に荷物を積んでいきます。

高さが出てくると女性では持ち上げられないので無理せずに男性にお願いをします。

荷物が積みあがってくるとトラックで配送の際にも、崩れるので梱包専用ラップの様なものでぐるぐる荷物を巻いて固定します。

そのあとはフォークリフトでトラックにどんどん積み入れていきます。

これで一通りの仕事が終了します。

在庫管理

月に1度、棚卸があります。

倉庫の棚卸は数が多いのでなかなか大変です。

発注、入荷した商品と、出荷した商品、今ある在庫の数が合っているかのチェックですね。

箱に数量が書いてあるので、開けていない箱なら同じ種類同士を足していきます。

端数も数え忘れがないように足します。

すべての商品を数えなくてはならないので結構大変ですが、数人で行うので手分けをして数えていきます。

もちろん電卓も使っていいので、計算が苦手な人でも大丈夫です。

パート・アルバイトスタッフも担当するので、棚卸も大事な仕事です。

数が数なので、その日はちょっと気合を入れなければいけませんが。

発注管理

発注に関しては、すべての事を把握できていないと出来ません。

倉庫は出入りする商品の数がものすごくあるので、普通のパート・アルバイトはまず任されることはないと思います。

社員や責任者がパソコンや電話で発注や在庫の管理等をします。

フォークリフト運転

男性で倉庫の仕事を考えているなら、フォークリフト免許はあった方が良いと思います。

倉庫はとにかく一箱が重いです。

奥にある荷物を一箱ずつ持ってくるのはかなり大変ですし、時間のロスにもなります。

そんな時、パレットごと持ってくる方が楽です。

会社からもパートさんたちからも頼りなる存在になると思います。

お給料面でもフォークリフトを乗れる方が多少良かったりします。

ただ気をつけたいのが倉庫内は、フォークリフトぎりぎりの所でアルバイト、パートさんたちも作業をしているので慎重かつスピーディーにやらなければいけません。

事故は絶対あってはならないので慎重さは必要です。

何時間もフォークリフトで荷物の積み下ろしをする場合もあるかもしれませんが、そのような時は休憩でしっかり休んでリフレッシュすることが大事です。

フォークリフトの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

商品検品

検品作業というのは分かりやすくいうと間違い探しです。

汚れがないか、穴やほつれ、変形、印刷不良など。

検品前に上の人からこの程度ならOK。

このようなものだとNGと言われます。

取引先によっては多少の汚れなどはそれほど気にしなくてもいいという所もあれば、ちょっとの汚れも許されないなどあるので、その時の上の人の指示に従っていれば大丈夫だと思います。

ある程度は個人の判断でもあるので、判断を自身がするという面ではある意味難しいかもしれませんね。

判断ができない時は他の人に相談して判断をしてもらいましょう。

検品作業は裏表も見て、ひたすら商品を眺める感じです。

もし不良品があった時は、検品済みのちゃんとした物に交換します。

検品は同じ位置で同じ態勢でするので、少し疲れてしまうかもしれませんが、動きが少ない方がいい人、間違い探しが得意な人におすすめです。

倉庫求人の募集内容とは?

稼働時間は9時~17時または18時までは基本です。

週1日、3時間~OKの求人が多いです。

シフトは1週間ごとの提出という場合もあり、細かく組んでいける場合が多いでしょう。

テスト期間、お子さんの急な発熱時の休みも対応してくれるところが多いです。

倉庫は何といっても融通が利くので、小さなお子さんがいる方にもおすすめです。

大抵、平日のみなので友人と予定を合わせることができたり週末家族で出掛けたりできるので、フリーターや主婦がアルバイトに多いです。

交通費は出ない所が多いので、交通機関を使う場合はその辺りも考えてから決めた方が良いです。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

正社員で募集している所もありますが、社員より派遣アルバイトもしくはアルバイト、パートで募集しているところが多いです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

社員の場合は20万円前後~が基本です。

派遣アルバイト1000~1200円、パートは870円~の時給が相場でしょう。

勤務地や会社によって変わってきますが平均的な給料だと思います。

アルバイトで働くなら個人的におすすめなのが、派遣アルバイトです。

同じ仕事をしていてもその会社の直接のアルバイトより時給が高いです。

勤務日数は自分で決められますが、勤務時間は短時間ではなく、その会社の就業時間までいなくてはいけないという難点はあります。

フリーターなら派遣アルバイトの方が断然稼げます。

派遣だからといって色々な会社に行かなくてはいけないわけでもなく、同じ会社が良かったらずっとそこで働ける場合もあります。

残業って多いの?

面接時の契約で残業をできないと言ってあるなら無理にお願いしてくることはありません。

ですが繁忙期や納期が迫っていたりするとお願いされることもあるかもしれません。

短時間でも協力ができるのであれば会社としても嬉しいとは思いますが、できないのなら無理をしてやることはありません。

残業する人が少ないと社員は夜中まで残業することもあるので社員になると大変かもしれないですね。

仕事の1日の流れとは?

午前

朝9時に朝礼から始まります。

今日の仕事内容、出荷するもの、いくつやらなければいけないなど、パートさん達にも把握してもらいます。

人の配置発表があります。

検品、ピッキング、出荷などそれぞれ担当する人を上の人から指示をされます。

途中、担当する場所が変わる時はその都度指示をされます。

午前10時頃から10分程度の休憩時間が与えられます。

午後

正午12時~13時まで昼休憩時間があるため、昼食はこの時間にとります。

午後15時から10分程度の休憩時間があります。

17時終了です。

ごみ捨てなど掃除をして1日が終わります。

資格って必要なの?

資格は必要ありません。

フォークリフトを運転する人は免許が必要です。

初心者でもできるの?

初心者でもできます。

派遣アルバイトのように単発で来る人でもすぐにできてしまうので簡単作業です。

実際、求人で未経験でもOKと書かれている事が多いです。

年配の人は未経験だと覚えること、計算することが結構あるので苦戦してしまうかもしれません。

倉庫のお仕事に向いている人ってどんな人?

黙々と仕事がしたい人

仕事中は会話をしない事が多いので、人とあまりかかわりたくない人にはおすすめです。

数字が得意な人

決して難しくはないのですが、数を数えたり、数字を見たりするので計算が早い人は頼りになります。

製品・商品の工程を見たい人

自分が作業したものがお店で売られていると、つい見てしまうかもしれませんね。

好きな洋服屋などの倉庫で働くと違う視点から見られて楽しいかもしれないです。

自分の都合で働きたい人

子供がいると急なお休みが続くこともあり、働くこと自体が難しかったりします。

倉庫は週ごとに都合のいい日数で出勤できるので、子供の参観や急な休みも取りやすいです。

実際、主婦の方は非常に多いです。

趣味もめいっぱい楽しみたい人にもおすすめです。

倉庫での経験は他の仕事に活かせる?

数を数えることが多いので、正確にやることが身につきます。

1日にたくさんの数の商品を仕分けるので、テキパキした動きや効率よくできる方法を自然に考えられるようになります。

これらの事はすべての職業に必要になると思うので他の仕事にも活かせます。

事務職、データー入力、伝票整理、受付などでは数を数え、計算することが常にあるので、正確さやコツコツとやる、整理するということはこれらの職種で活かせると思います。

設備等について

倉庫は基本的に冷暖房完備の所は少ないです。

そのため、夏は暑く冬は寒いです。

夏場は熱中症に気を付けて首元は冷感タオルや、冷却スプレーなどでの対策は必須です。

冬場も手がかじかんで手先を思うように動かせない時もあるのでカイロは必須です。

まとめ

倉庫は派遣アルバイトで1日だけ来る人にも簡単にできる仕事です。

ですが数の数え間違いなどミスがあってはならないので正確性が求められる仕事です。

言われたことをただやればいいのですが、大きな数を取り扱っているだけに、1つのミスが大きなミスに繫がります。

自分で判断できないこと、少しでも疑問に思うことはそのまま続行しないで周りの人に聞くことは大事なことです。

そうゆう面では黙々とできるとはいえ、多少のコミュニケーションは必要です。

とはいえ、作業的には単純なので上記のことを踏まえて仕事をすればいいのです。


倉庫求人についてもっと深堀りした情報を見る

倉庫の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

倉庫の仕事に関しては、短期派遣などをされた方はご存知ではないでしょうか?私も昔派遣をしていた事があり、いくつかの倉庫で働いたことがあります。誰にでも出来る仕事なのですが、体力はいると思って下さい。では、倉庫の仕事内容や向き不向きなどについてご紹介いたします。倉庫の仕事はどんな仕事?倉庫の仕事というのは、誰でも出来る仕事ですね。食品系や衣類、その他のものなどもあります。ピッキングや梱包、仕分け作業、検品作業と言った感じです。倉庫の仕事の大まかな仕事内容主に軽作業というものですね。よく勘違いされるのですが、簡単な作業という意味ではありません。これは相手の認識にもよるのですが、主に作業自体は簡単では

倉庫バイト求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との役割分担や、学生にもおすすめ出来る理由を経験者が解説

未経験OK!学生OK!都合がいい時間帯OK!と何かと融通の利くバイトではありますが、いったいどのような仕事内容で給料形態になっているのでしょう。この記事では倉庫バイト求人について詳しくご説明していきたいと思います。倉庫バイトのおおまかな仕事内容こちらではまず、大まかなお仕事の内容をご紹介していきます。一言に倉庫内作業といっても様々なお仕事があります。どういったお仕事の内容があるのかみていきましょう。仕分け作業よく、求人内容などで目にする「仕分け作業」、これは搬入され検品が終わった商品を届け先のスーパーや百貨店に、または配達先の営業所へ搬出する為の荷台に仕分けていく作業です。商品の中には様々な物