未経験OK!学生OK!都合がいい時間帯OK!と何かと融通の利くバイトではありますが、いったいどのような仕事内容で給料形態になっているのでしょう。

この記事では倉庫バイト求人について詳しくご説明していきたいと思います。

倉庫バイトのおおまかな仕事内容

こちらではまず、大まかなお仕事の内容をご紹介していきます。

一言に倉庫内作業といっても様々なお仕事があります。

どういったお仕事の内容があるのかみていきましょう。

仕分け作業

よく、求人内容などで目にする「仕分け作業」、これは搬入され検品が終わった商品を届け先のスーパーや百貨店に、または配達先の営業所へ搬出する為の荷台に仕分けていく作業です。

商品の中には様々な物があり、重い商品から軽い商品までを積み上げていきます。

特殊な技術などは必要ありませんが、重たい物を下に置き傾かないように注意しながら積み上げていきます。

体力が必要になってくる場合もあるので、体力に自信がある方や体を鍛えたい方が応募されている傾向があります。

検品作業

こちらは搬入されてきた商品を専用のPCを使って検品済みのシールを出し、商品に貼っていく作業です。

搬入された商品は基本的に同じ商品で固まっている事が多く、その一つのバーコードをスキャンすると搬入されてきた数がPC上に表示されます。

その数があっている事を確認しシールの印刷を行って商品一つ一つに貼っていく作業になります。

搬入、搬出作業

基本的にはトラックから搬入された商品をフォークリフトを使ってトラックから下ろしていきます。

フォークリフトの資格をお持ちの方はこの作業を行う事ができますが、資格を持っていない方はフォークリフトを動かす事ができないので、基本的には仕分け作業や検品作業を行う事になります。

以上が大まかな作業内容となりますが、流れとして、搬入 → 検品 → 仕分け → 搬出 という流れです。

検品作業が終わると、レーンにどんどん流れていく仕組みで仕分けを行うスタッフは検品時に貼られたシールを元に搬出用の荷台に載せていきます。

倉庫バイトは会社でどういう役割を求められる?

仕分けを行うスタッフも、検品を行うスタッフもスピードと正確さが求められるでしょう。

検品時には商品がいくつあるかをPC上の個数と照らし合わせる際にスピードと正確さが必要です。

また仕分けを行う際には、検品シールを素早く確認し、間違えないように所定の荷台に積まなければなりません。

また、一日に何千という商品を仕分けたり検品したりする必要があるので、慣れるまでは商品を積む荷台が間違っていないかを確認しながら作業を行う必要があると思います。

倉庫バイトにはどんな種類があるの?

倉庫内でのバイトには色々な種類があります。

スーパーや百貨店へ向けた商品を仕分けたり検品する業種や宅急便など個人宅や企業へ届ける前に管轄の営業所まで配達する商品を仕分けたり検品したりする業種があります。

業種が違っても、基本的に行う作業は同じですしどちらも体力的な重労働である事に変わりはありません。

倉庫バイトの募集でよくある施設や事業形態のパターン

大手通販サイトの倉庫内バイト

皆様も一度は使われた事があるのではないでしょうか?

宅配便で運ばれてくる事や郵便で配達される場合が多いといえますが、大手通販サイトの倉庫では通販サイト企業が所有している倉庫から宅配便の営業所へ配達する作業になります。

倉庫内に在庫がある物を探し、仕分けていく作業になります。

大手スーパーや百貨店の倉庫内バイト

主な仕事内容はスーパーなどで取り扱っている商品の仕分け作業ですが、大手通販サイトの倉庫と違い搬入され検品が終わった商品からどんどん荷台へ積んでいく作業になります。

スーパーなどチェーン店が多い場合、搬出用の荷台もその分多くなり、入社時はまず荷台の位置を正確に覚える事がお仕事になります。

宅配便などの倉庫内バイト

こちらは個人間や企業間など宅配便を届けるまでに届ける管轄の営業所別に仕分けていく作業となります。

宅配便業者は多くの営業所を持っている為、いったん大元の倉庫に集められ、そこから営業所別に仕分けを行い運送というシステムをとっています。

倉庫バイトの募集でよくある職種

スーパーや大手百貨店の倉庫

この職種は主に食料品や飲料水の仕分けや検品を行います。

食品になるので、落としたり商品を傾けたりする事で中の商品が破損したりすると売り物にならなくなってしまうので食品を扱うという心構えが必要です。

破損させたからといって、商品自体を買い取ったりする事はありませんが、食品を扱う倉庫では注意が必要となります。

大手通販サイトや宅配便の倉庫

皆様も一度はご利用された事があるのではないでしょうか?通販サイトなどで商品を購入し、出品されている業者さんが発送を行い、それをお客様の元へ届ける中間のお仕事です。

宅配業者が集荷してきた商品を送り先に向けて仕分ける業務と各営業所へ輸送されてきた商品を届け先の営業所へ仕分けをするという業務になります。

注意すべき点は商品が多種多様にあることです。

食品ももちろんありますし、精密機械やガラスなどの割れ物の商品も多く扱う事になります。

業務を行うにあたって落としたり乱暴な扱いをしないように注意する必要もあります。

倉庫バイトでよくある募集内容とは?

多くの倉庫バイトでは主に仕分け作業がメインの募集事項だと思います。

現在、様々なお仕事がありますが、体を使う事でお金を稼ぐというとてもシンプルな内容ですので気兼ねなく応募する事ができると思います。

その応募内容の特徴を平均値でご紹介します。

給与相場

時給:850円~1200円(深夜手当がつく場合 25%UP)

勤務時間や休日、残業

休日について

フルタイムで勤務をされる方は基本的には週休2日となっています。

繁忙期や大型連休の際はお休みの希望が通らない場合もありますが、基本的には土日、平日関係なくお休みをとる事も可能だと思います。

残業について

倉庫バイトでは荷物がトラックで運ばれてこなければ、する事はありません。

ですが、交通状況や事故などでトラックの到着が遅れて到着する場合もあります。

その場合に残業が発生する場合もあります。

逆にトラックが早く到着する事や搬入量によっては、定時前に帰れる事もあります。

福利厚生

長期アルバイトの場合雇用保険の加入のみする場合が多いようです。

また、契約社員や正社員などに昇格した場合は雇用保険に加え社会保険の加入や有休などの福利厚生が入ってくるようです。

また、スーパーなどの倉庫に就業っした場合はスーパーで購入する商品を割引してくれる企業もありようです。

勤務場所

倉庫がある立地はやはり都会から少し離れている場所にあることが多くなっています。

また、女性のスタッフさんもいらっしゃいますが、多くは男性のスタッフさんが多くなっています。

従業員の人数は、大手のスーパーなど店舗がいくつもあるようなところの倉庫になるとスタッフも多くなる傾向にあるようです。

求められる人物像

倉庫バイトはとてもシンプルなお仕事内容で、様々な方に人気がある職業です。

その中でも企業や職場から求められる人物像をピックアップしていきたいと思います。

体力面で自信がある

やはり体が資本のお仕事になりますので、体力に自信がないと長く続かない場合もあるようです。

もちろん派遣などで単発で入る方や直雇用でフルタイムでお仕事をされる方もいらっしゃると思いますが長期的に就業を考えている方はまず体力と相談してみる事が大事かもしれません。

もちろん入社して体力をつけたい方にもおすすめです。

正確さ

仕分けを行う場合でも検品を行う場合でも、誤って別の商品を違う所に置いてしまったり、違う商品に検品シールを貼ったりする事で、倉庫で働く従業員以外に搬出先のお店にまで迷惑がかかってしまう場合があります。

体力を使うお仕事なので、集中力がなくなってくる事もありますが、お仕事に慣れるまではゆっくりと正確に業務を行う心がけが必要です。

必要なスキルや資格、経験

応募する際に必要な資格は特にありません。

最初からフォークリフトの資格をお持ちの方は特に優遇されますがもちろん、入社後に資格の取得も可能です。

企業によっては、資格取得支援制度を導入されている企業もあり、ステップアップが可能といえるでしょう。

倉庫バイトの雇用形態による違い

仕分けスタッフや検品スタッフの多くはアルバイトでの雇用や派遣会社からの派遣スタッフが多く在籍しています。

また、経験を積んで、アルバイトから正社員へのステップアップも可能な会社が多いと感じます。

ですが、業務内容は常に重労働を強いられる場合が多く体力面で離職される方も少なくはないようです。

正社員に求められる役割とは?

倉庫内での業務の全貌を把握でき、各部署への指揮を行う役割を担っています。

当日の搬入量や搬入されていない商品の対応、検品時にミスをしてしまった商品の把握など多くの責任が伴ってきます。

アルバイトや派遣の方に求められる役割とは?

正社員や配属された部署の責任者から指示される事を単調にこなす事が必要となってきます。

迅速に、正確に仕分け作業を行ったり、ミスがないようにチェックしながら行っていく事が重要視される場合もあります。

雇用形態によっての仕事の役割分担

正社員          ・・・当日の搬入量などの申し送りを行い、作業効率や現場の指導を行います。

責任者(契約社員や正社員)・・・引きついだ内容を把握し、現場のアルバイトスタッフや派遣スタッフへ指示を行います。

アルバイト、派遣スタッフ ・・・責任者からの指示をもらい、仕分け作業や検品作業を行います。

倉庫バイトの仕事が学生の皆さんにおすすめな理由

倉庫内バイトには多くの学生さんが就業されています。

重労働にもなりますが、それでも学生さんの応募が多い理由を見てみましょう。

特別な技術、資格がなくても体力さえあればすぐに働ける

このお仕事は体が資本のお仕事となっています。

荷物を指定された場所へ運ぶ事ができれば、特別な技術がなくてもお仕事が可能です。

時間帯が選びやすく、部活や学校の都合に合わせやすい

スーパーや大手の百貨店では大体夜間に商品の搬入を行います。

なので仕分け作業はその時間までに間に合うように作業を行います。

商品が全く来ないというイレギュラーな状態以外は常に荷物がある状態なので、時間帯に関係なく倉庫の作業には人材を必要としています。

通常の始業時間から開始する事もできますし、授業やサークルの合間にといった時間を都合できやすい事も特徴の一つだと思います。

給料が高め

肉体労働がメインのお仕事なので、他のアルバイトよりも若干給料が高めの設定になっています。

また、夜間にお仕事ができる場合は深夜手当がついたり繁忙期で残業がある場合はその分残業手当がつきます。

体を鍛えながら、お給料がもらえるとの理由で応募されている方も多くいらっしゃいます。

自分にあった倉庫バイトの求人の選び方や注意点

ここでは倉庫内バイトの注意点や選び方をご紹介していきます。

仕分けを行ったり検品を行う作業なので、誰にでもできるお仕事ではありますがその中でも注意すべき事なども含めご説明していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

多くの方が正社員に直接応募するよりも、アルバイトなどから経験を経て正社員になる場合が多いようです。

また、その倉庫を運営している企業から出向という形で倉庫内のお仕事をされている正社員の方も多いといえるでしょう。

【選び方②】職種から探す

職種が変わる事で大きく業務が変わる事はありません。

決められた商品を決められた所へ持っていくという単調な作業となります。

ですが、検品作業を行う場合、機械の操作などが変わってくる場合もありますが、職種で選ぶよりもエリアや給料で探す方がいいのかもしれません。

【選び方③】会社の業態から考える

最近では大手の通販サイトが運営する倉庫も増えている傾向があるようです。

特に、成長性のある通販サイトなどの求人は待遇もよく、正社員や契約社員へのステップアップも可能といえるでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

アルバイトの場合大半が時給制となりますが、倉庫によっては24時間体制で業務を行っている所もあります。

稼ぐ事を第一に考えられる場合は深夜のお仕事がおすすめです。

深夜手当がつく事で通常の時給が大きく変わってきます。

また、正社員や契約社員の雇用を狙っている方は早朝や、深夜など忙しいさがピークになる時間帯を選んで業務のすべてを把握していき、昇格を目指す方法もあると思います。

【選び方⑤】エリアから考える

多くの倉庫内バイトの就業地は都心よりも近郊にある場合が多いといえます。

倉庫の立地も大きく、騒音も伴う為近郊にある場合が多いです。

また交通の手段も少ない事が多く、多くの方がバイクや車で出勤されている方が多いようです。

派遣会社や、応募企業によって送迎をしてくれる場合もあるようですが、まずはご自身が負担にならない程度のエリアに

倉庫内バイトがあるかを確認された方がいいかもしれません。

倉庫バイトについてよくある疑問

応募方法は?

求人情報誌や求人サイトからの応募が多いでしょう。

また、最近はWEBサイトから応募を行い必要事項を記入して折り返しの連絡が入る場合が多いようです。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

面接では、スタッフの人柄や体力面を聞かれる傾向にあるようです。

仕分け作業などもくもくと行う作業が多い中で、コミュニケーション能力は必要ないとお思いの方が多いかもしれませんが倉庫内で働く方同士のコミュニケーションは必要で、自身をフォローしてくださったり助けてくれたりもしますので人柄重視で採用される場合も少なくはありません。

体力面に関してはやはり重たい荷物を長時間運ばなくてはならないので、必ずと言っていいほど聞かれる内容です。

体力に自信がなくても、体を鍛えたい方は正直にそう話す事で採用率が高くなる傾向もあります。

未経験でも応募できる?

ほとんどの企業が未経験OKで求人を出しています。

最初は仕分けの手順を覚え、慣れてスピードが上がってきたら検品作業を行っていったりとステップアップも可能です。

会社の雰囲気は?

働かれている従業員の方は体力に自信のある方が多く、さっぱりとした職場環境とも言えます。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

仕分け作業や検品作業などの多くが派遣社員やアルバイトでの募集が主体となっています。

また、正社員として応募する方は倉庫作業を主体と考えず、その企業で上り詰める為の布石として応募される方もいます。

倉庫作業から本社へ移動になり内勤としてステップアップできる機会も少なくありません。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

アルバイトの場合

時給制でなおかつ深夜手当が含まれたり、残業をした分の手当も含まれるのでとても稼ぎやすくなっていると感じます。

体力的に問題ないようであれば、がっつりと給料を増やす事が可能でしょう。

正社員の場合

月のお給料は月給制となり、アルバイトと違って稼ぎにくくなる事はありますが、賞与がついたり福利厚生が充実していたりとその部分でカバーが可能だと思います。

アルバイトの従業員を管理する側にもなるので、残業をしないようにする為に作業効率を考えたりとやりがいも多いお仕事になるでしょう。

残業って多いの?

搬入するトラックが天候によって到着が遅れたりする場合に残業が発生する場合もあるでしょう。

また、搬出先が繁忙期の場合、搬入される商品の数も多くなる場合が多いので残業が発生する場合もあります。

シフトの自由度ってどうなの?【バイトの場合入れて欲しいです】

倉庫作業では土日祝日など関係なく搬入と搬出を行います。

週休二日の企業も多いですし、繁忙期には週休一日となる場合もありますがシフトの希望を言えば、土日や祝日の休みを取る事は可能でしょう。

多くの倉庫作業の企業は繁忙期や人員が足りない場合は派遣会社からのスタッフを取り入れる傾向があり人員が少ないから出勤を強いられる場合も少ないと思います。

資格って必要なの?

仕分けや検品を行う場合に特別な資格は必要ありません。

ですが搬入や搬出でフォークリフトを運転する場合はフォークリフトの運転資格が必要になります。

フォークリフトの運転資格は企業によって資格取得支援をしてくれる場合もあるので自身のスキルアップとしても期待できる環境です。

注意する事ってなに?

重たい荷物を長時間運んだりするので体力的に限界がくる場合もあります。

少しでも気を抜けば商品を落としてしまったり、仕分けの際に違う場所へ商品を置いてしまったりする事も考えられます。

また、一番怖い事は怪我をしてしまう事です。

重い荷物を運んでいて、コケてしまったり足に落としたり危険も多く潜んでいます。

自身も痛い思いをするだけでなく搬出が遅れ、企業全体に迷惑がかかってしまう場合もあるので体力的に厳しい状況になってしまったら、まずは責任者に報告を行い、休憩や早退の処置をとる事を考えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お仕事の内容はとても単調な業務になりますが、体力面などが重視されるお仕事になります。

また、学生さんが多い理由の一つとして、給料が他のアルバイトに対して割高になっていたり、体力をつけたい方や体力に自信がある方にはもってこいのお仕事になるでしょう。

単調といっても正確さが求められる場合もあったりと大変な事もあるとは思いますが、倉庫作業を経験する事で様々な経験もできると思います。

一度、倉庫作業のお仕事に応募されてはいかがでしょう?くれぐれも怪我にはご注意を!


関連キーワード

倉庫求人