仕事を探している時によく目にする求人に、「ガソリンスタンド」での仕事があります。

時給が比較的高かったり、作業着のような制服が格好良いなどの理由から、「ガソリンスタンドで働きたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし車に乗らない人はガソリンスタンドに立ち寄った経験が少ないため、どんな仕事なのかイメージするのが難しいかもしれません。

また、普段ガソリンスタンドに立ち寄る機会があっても、スタッフの立場を意識して見たことがなく、具体的にどのような業務があるのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

この記事ではガソリンスタンドでの仕事内容や、求人のオススメポイントなど、様々なテーマで解説していきます!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ガソリンスタンドのおおまかな仕事内容

車の誘導や給油、洗車、接客業務など

店舗によって順序は様々ですが、車の誘導や窓拭き、車内のゴミや吸い殻の清掃、洗車、給油、会計などがメインの仕事になります。

スキルアップすれば、オイル交換やタイヤ交換などの業務を行う場合もあります。

最近ではセルフのガソリンスタンドが多いので、給油に関してはお客様が自分で行う場合も多いです。

また、会計もお客様自身が機械で行う店舗も多いため、セルフのガソリンスタンドであればこういった業務は省略されることもあります。

ガソリンスタンドの募集職種にはどんなものがあるの?

基本としてお客様への「接客業務」がありますが、ここでは具体的にどのような募集職種があるのか説明していきます。

給油

ガソリンには「レギュラー」「ハイオク」「軽油(ディーゼル)」の3種類があります。

車によってどの種類のガソリンを給油するかが違ってくるので、間違えないようしっかり確認してから給油を行います。

ガソリンを入れる量に関しては「満タン」や「3000円分」などお客様に自由に選んでもらえるので、必ず最初にきっちりと意思確認を行いましょう。

その他注意点としては、ガソリンの吹きこぼれに気をつけましょう。

最初は「こぼしたらどうしよう」「あふれてしまいそうで怖い」と不安になるかもしれませんが、実は給油に使用しているノズルがガソリンが満タンに近くなると合図を出してくれるのです。

少し詳しく説明すると、ガソリンの油面がノズルの先に触れることで、給油レバーが勝手にカチャっと止まる仕組みになっています。

レバーが止まったということは、もうガソリンがすぐそこ(ノズルの先辺り)まで来ているということになります。

その後はまたレバーを握り直すとガソリンが出てきますので、満タンに近くなってくると慎重に給油することができるのです。

このように実際は特別難しい作業ではないので、研修などでしっかり教わっていれば、あまり不安になる必要はないでしょう。

洗車

洗車には、機械洗車と手洗い洗車があります。

機械洗車は、機械に車を入れるだけで自動的に洗車が行われます。

手洗いは、スタッフが自ら手を動かして車を綺麗に洗います。

また、ガソリンスタンドの一角に洗車スペースが設けてあり、お客様自身で洗車を行える店舗も多いです。

注意点として、スタッフ自ら手洗いで洗車する場合、傷がついてしまわないようにポイントをおさえて行いましょう。

例えば、「まずは水をしっかりかけて砂埃を落としてから洗っていく」などです。

砂埃が車に付いている状態で洗ってしまうと、その砂埃が原因となって車に傷を付けてしまう場合があるからです。

洗車のポイントは必ずしもこの限りではありませんので、詳しい先輩スタッフがいれば教えてもらうと良いかもしれません。

もしくは、研修の際にやり方一つ一つを丁寧に教えてくれる先輩もいるかもしれないので、教わったことはしっかり実践しましょう。

「アルバイトスタッフに洗車させて大丈夫なの?傷付けられたりしないのかな…」と、実は不安に思っているというお客様も多いようです。

見ても分からないほどの小さな傷さえ一つもなく、というのは不可能なことかもしれませんが、お客様の不安を安心に変えられるよう努めましょう!

車内クリーニング

お客様のご希望で、車内の清掃をする場合もあります。

マットを洗ったり掃除機をかけたり、ゴミや吸い殻を捨てて車内をきれいにする作業です。

注意点としては、「お客様の捨ててほしくない物まで勝手に捨ててしまった」などのトラブルを防ぐため、必ずお客様への意思確認を行いましょう。

確認を怠らず判断を間違えなければ、車内クリーニング自体は部屋掃除みたいなものですので、難しい作業ではありません。

オイル交換やタイヤ交換

車は定期的なオイル交換やタイヤ交換が必要になります。

それぞれに交換が必要なタイミングが目安として設けられていますが、「めんどくさい」や「よく分からない」といった理由で、交換時期が来てもそのままにしてしまうお客様も多くいらっしゃいます。

しかしこれらをあまりに放置してしまうと、車のトラブルに繋がりかねません。

よく分からないといったお客様へは納得していただけるような説明をし、それぞれのお客様に合った提案をするということも大切な仕事の一つです。

ただし、オイル交換やタイヤ交換などの業務は車の安全に直結する作業であり、簡単にできるものではありません。

そのため、こういった業務はアルバイトスタッフにはさせないという店舗も多く、社員やスキルアップした者が担当することが多いようです。

ガソリンスタンド求人でよくある募集内容とは?

仕事内容の他に働く上で気になるのが、給与や勤務時間、応募資格などですね。

ここではガソリンスタンドの求人でよくある募集内容を説明します。

給与相場

一般的に平均時給は900円~1,300円ほどに設定されており、数あるアルバイトの中でも高時給バイトと言えるのではないでしょうか。

勤務する時間帯によって時給が変動する場合も多いので、こちらはしっかりと確認しましょう。

また、経験や能力によって昇給や手当等もある店舗が多いようなので、がっつり稼ぎたい人やどんどんスキルアップしたいという人にもオススメバイトの一つだと思います。

勤務時間や休日、残業

勤務時間については「フルタイム」はもちろん、「週2回~」や「1日3時間~」など、かなり幅広い枠を設けて募集している店舗が多いようです。

また「平日のみ」や「土日のみ」などの募集も多く見かけるので、主婦の方や学生の方でも働きやすいかもしれません。

残業については、基本的にはほとんどない職種だと思います。

ただし、店舗によってスタッフが足りていないなどの場合は、残業を求められることもあるようです。

不安がある人は、応募する前や面接の段階できっちりと確認しておいた方が良いでしょう。

福利厚生

「制服貸与」「随時昇給」「交通費支給」「正社員登用」などがあります。

中には「賞与」や「各種手当」「従業員割引」など、更に嬉しい待遇を用意されている店舗もあるようです。

これらは店舗によって違いがありますので、自分の働きたい店舗や検討中の店舗などを比較、確認することをオススメします。

求められる人物像

ガソリンスタンドでは、明るく元気な人が求められる傾向にあります。

お客様との対話も多くあるため、笑顔で元気に接客できる人は歓迎されるでしょう。

未経験で働き始め何の知識もない状態であっても唯一即戦力となれるのがこういった接客態度や心配りなどの部分ではないでしょうか。

また、「車が好きな人」というキーワードもよく目にします。

特別専門的な知識がなくても仕事をする上で支障はありませんが、やはり車好きな人というのは店舗にとっても心強いポイントになるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

ガソリンスタンドでは「未経験OK」「無資格OK」というところが多いのではないでしょうか。

未経験であっても、簡単なことから一つずつ覚えていくことができます。

もちろん経験者や資格を持っている人は優遇される場合もあります。

ガソリンスタンドで優遇されやすい資格には「運転免許」と「危険物取扱者乙種4類」があります。

「運転免許」に関しては、洗車や点検等、お客様の車を必要に応じて移動させる場合が多くあるからです。

「運転免許を持っている方のみ」で募集をかけている店舗もあるようなので、こちらは応募の前に必ずチェックしましょう。

また「危険物取扱者乙種4類」に関しては、この資格があれば任せられる業務の幅が広がるため優遇されやすい資格のようです。

職場の雰囲気

比較的賑やかでアットホームな雰囲気の店舗が多いようです。

「初心者が活躍している」「自分の都合に合わせて働きやすい」といった嬉しい特徴もよく目にします。

仕事内容に大きく関わってくるのは、立ち仕事であることやお客様と対話する機会が多いという点ではないでしょうか。

こういった環境が好きな人やこれらのことに自信のある人であれば、より楽しく働きやすい職場ではないかと思います。

求人情報をチェックする際に給与や仕事内容を気にしないという人はほとんどいないと思いますが、職場の雰囲気や男女比、年齢層なども、記載があればチェックしてみることをオススメします。

働くのであれば、やはり少しでも自分に合った環境で心地良く頑張っていきたいですよね。

普段大人しい性格の人は賑やかな環境では少し居心地が悪く感じてしまったり、普段明るい性格の人は静かであまり会話がないような環境だと辛く感じてしまったり、ということはあると思います。

無理なく続けていけるよう、自分に合った職場を見つけられると嬉しいですね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ガソリンスタンド求人のオススメポイント

ガソリンスタンドで働くにあたって、オススメのポイントがいくつかあります。

ここではそれらを一つずつ紹介していきます。

高時給

前述の通り、平均時給が900円~1,300円とアルバイトの中では比較的高時給の仕事です。

「働くなら高時給なところが良い」と考える人はきっと多いと思うので、「がっつり稼ぎたい!」と思っている人にはオススメのポイントです。

また、少しの時間で割と高収入に繋がるというメリットがあるので、短時間しか働くことができない人にとってもオススメできるポイントになります。

未経験や無資格であっても採用されやすい

特別な経験や資格がなくても充分に活躍できるのがガソリンスタンドでの仕事です。

簡単なものから専門的なものまで業務内容が幅広いため、新人の頃は簡単な業務から少しずつといった具合に、スキルに応じて仕事を任せてもらえるというのがポイントです。

学生、フリーター、主婦など、様々なライフスタイルの人が在籍している

曜日や時間などが自由に選べて、学生や主婦の方々も歓迎してくれる店舗が多くあります。

働ける時間が限られているとどうしても仕事の選択肢が少なくなる傾向にあるので、どんな人にも応募資格があるというのは非常にありがたいポイントです。

ガソリンスタンドで働く上で知っておくと良いこととは?

働きながら少しずつ覚えていける環境なので働く前に特別な勉強は不要ですが、これを知っておくと比較的スムーズに仕事ができるといったポイントもあります。

ここでは、ガソリンスタンドで働くにあたって役立つ基本的なポイントを説明していきます!

ガソリンを入れる給油口は車によって場所が違う

給油がメインの仕事なので、この基本は知っておくとスムーズです。

車によって、給油口が右側や左側と様々です。

まずは来店した車がどちらに給油口があるタイプなのかを確認し、それぞれに適した給油場所に誘導するようにしましょう。

ガソリンの種類は「レギュラー」「ハイオク」「軽油(ディーゼル)」

ガソリンには上記三つの種類があり、車に合った種類のガソリンを給油しなければなりません。

おそらく多くの車は「レギュラー」になりますが、排気量の大きい車や高級車などは「ハイオク」を入れる仕様になっているものも多いようです。

どの車がどのガソリンなのか前もって暗記しておく必要はなく、前知識として「こんな種類があるんだな」「車によって違うんだな」ということだけでも知っておくとスムーズです。

車内では外の声が聞こえにくい

案外気付かないポイントですが、窓を閉めた状態の車内にいるお客様には外の声が聞こえづらいです。

大きく元気な声で誘導したり身振り手振りを大きくしたりして、お客様へ伝わりやすいよう意識してみましょう。

逆に、車の窓を開けて近くで話す場合には、スタッフの声が大きすぎて少しビックリされるお客様もいらっしゃいます。

普段大きな声で元気よく頑張っているからこそ、切り替えを間違えてしまうこともあるようですね。

窓が開いているのか閉まっているのか、お客様との距離は近いのか遠いのか、接客する上で基本的なことではありますが、常に状況に応じた切り替えを心がけましょう。

ガソリンスタンド求人についてよくある疑問

「ガソリンスタンドで働いてみたい!」と考えていても、「気になることが多くあってなかなか応募に踏み切れない」という人もいるのではないでしょうか。

分からないことや具体的なことはもちろん面接時にしっかり確認することが大切ですが、面接に挑む前に少しでも不安を解消しておきたいと考える人のために、ここではガソリンスタンドで働くにあたってよくある疑問をまとめてみました。

本当に未経験でも大丈夫?

大丈夫です。

もちろんどんな仕事でも経験や知識は働く自分に力を貸してくれますが、ガソリンスタンドは未経験であっても充分に活躍できる職場です。

未経験スタートであれば研修制度も活用できますし、先輩スタッフがしっかりとフォローしてくれますので、安心して仕事ができるでしょう。

ガソリンスタンドには簡単なものから専門的なものまで幅広い業務がありますので、まずは簡単なものから一つずつ学んでいきましょう。

また、この仕事は接客業ですので、笑顔や元気の良い対応、お客様への心配りなど未経験の人でも即戦力になれる場所です。

時給も高く「未経験OK」「資格がなくてもOK」という好条件が多いガソリンスタンドの求人。

未経験でも今の自分はどのように役立つことができるかを考え、前向きな姿勢で応募してみるのも楽しいかもしれません。

車に詳しくないけど大丈夫?

特別車に関する知識がなくても、教えられたことをきっちりこなしていけば問題ありません。

また、働く中で自然と車に関する知識も増えていくでしょう。

車に興味がなかった人も、車を好きになるきっかけになるかもしれませんね。

働く上で大変なことは?

ガソリンスタンドで働く上で大変なこと言えば、「屋外での仕事」という部分ではないでしょうか。

基本的には外での仕事になりますので、夏は暑く冬は寒いといった悩みをよく耳にします。

夏場はこまめな水分補給を心がけたり冬場は制服の下に暖かいものを着込むなど自分でできる対策を考え、なるべく悩まずストレスのない状態を作れると良いですね。

資格はとった方が良い?

運転免許に関しては必須としている店舗もありますので、その点は応募の前に必ず確認しましょう。

しかし運転免許がなくても大丈夫という店舗も多く、実際に運転免許のないスタッフも多く活躍しています。

「危険物取扱者乙種4類」に関しては、特に取得していなくても問題はありません。

ただし前述の通り、この資格があれば任せられる業務の幅が広がるので、手当や昇給など優遇されることも多いようです。

ガソリンスタンドを運営するにあたって危険物取扱者が最低1人は常駐していなければならないという決まりがあるため、この資格を持っている人の応募が歓迎されるというのは事実でしょう。

「この資格に興味がある」「スキルアップしたい」「ガソリンスタンドで正社員になりたい」など明確な目標がある人は、資格取得に向けて勉強してみるのも良いかもしれませんね。

女性でも働ける?

車を扱う仕事ですので、男性スタッフが多いというイメージもあるかもしれません。

しかし実際には、女性スタッフも多く在籍し活躍しています。

車を扱うとは言っても「接客業」ですので、笑顔で明るく元気に接客できる人であれば男性女性は問われない仕事です。

車に詳しくなくても笑顔で気持ちの良い接客を心がけ、お客様の満足度を高めるといった社内貢献ができるでしょう。

面接で落とされないためには?

応募が多い場合は倍率が上がるということもあるかもしれませんが、ガソリンスタンドの面接で最低限意識した方が良いことは、「とにかく笑顔でハキハキと」受け答えをすることです。

ガソリンスタンドという仕事の特性上笑顔で元気に接客できる人が求められる傾向にあるので、面接の時点でこれができていない場合は店舗側も採用するのに消極的になってしまう可能性があります。

また未経験で応募する人は特に、「前向きな姿勢」を感じてもらえるよう意識しましょう。

未経験であっても一つずつ学びしっかりと働いていきたいという思いが伝われば、期待してもらえる可能性も高くなるのではないでしょうか。

更にガソリンスタンドの仕事では「チームワーク」が必要になります。

個人プレーで働くような職場ではないので、「チームワークを大切に仕事に取り組むことができる」というのは、強いアピールポイントになるかもしれません。

そしてこれはどの仕事にも言えることですが、面接前にある程度の業務内容は把握しておくと良いでしょう。

特別な知識は必要ないとは言え、ある程度の業務内容さえ把握せずに面接に挑んでしまうと、「思っていた仕事と違う」といったギャップが生じ、面接する側も応募した側も戸惑ってしまうということになりかねません。

「接客をする」「給油をする」など基本的な業務内容は頭に入れておき、スムーズに面接を受けられる状態が望ましいです。

まとめ

今回は様々なテーマで解説しましたが、いかがでしたか?

「ガソリンスタンドで働いてみたいけど、どんな所なのかよく分からない」「知らないことが多すぎる」「応募するのに不安がある」といった人も、ガソリンスタンドの仕事内容についてイメージすることができたでしょうか。

「高時給」や「未経験OK」など、魅力的なポイントが沢山あるガソリンスタンド。

「この仕事に挑戦してみたい!」と考えている人の背中を少しでも押すことができれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



ガソリンスタンド求人についてもっと深堀りした情報を見る

ガソリンスタンドのバイトがおすすめな4個の理由。4年間バイトをした私が解説します

ガソリンスタンドと言えば、生活に欠かせないガソリンや灯油を販売しているお店というイメージがあるかと思います。とあるガソリンスタンドのCMに、「心も満タンに~♪」ってありましたよね。ガソリンを販売するだけではなく、心も満タンに満足してもらうことが、実はガソリンスタンドの目指すところ。給油以外にも様々なサービスを提供しています。そんなガソリンスタンドのお仕事について、有人型の店舗で働いていた筆者の経験を基に、おすすめの理由をお伝えしたいと思います。ガソリンスタンドのバイトのおおまかな仕事内容筆者は有人型のガソリンスタンドしか勤務経験がないため、今回は有人ガソリンスタンドについて、ご紹介していきたい

ガソリンスタンドの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料・時給の決まり方を紹介します

こんにちは。当記事ではガソリンスタンドでのアルバイトをご紹介いたします。私はアルバイトの経験しかありませんが、正社員の方との交流もありましたので、その辺の経験談も踏まえてお伝えしていきたいと思います。また、同じガソリンスタンドでも給料のムラがある原因についてもご紹介していきます。ガソリンスタンドの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合こちらについては大手企業や零細企業など様々ですが280万円~350万円辺りが相場です。多いところであれば大手5社JX日鉱日石エネルギー、出光興産、昭和シェル、東燃ゼネラル石油、コスモエネルギーホールディングス、昭和シェル石油のガソリンスタンド事業のグルー

ガソリンスタンドの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

現代社会では必須と言える自動車。その自動車を動かすためのガソリンを提供するガソリンスタンドの店員の時給はどのくらいなのでしょうか。今回は、ガソリンスタンド店員の時給や昇給のポイントなどを詳しくご紹介いたします。ガソリンスタンドの時給の相場はどのくらい?ガソリンスタンドの時給は都心部では1,000円~、全国的には900円~が平均です。ただ、ガソリンスタンドの営業形態には、ドライバーが給油や窓ふきなどを自分で行うセルフ式と、ガソリンスタンドの店員が給油・窓ふき・ごみ捨て・送り出しまで行うフルサービス式の2種類があります。フルサービス式店舗の方が作業量が多いため、セルフ式店舗より50円~100円ほど

ガソリンスタンドの仕事内容・役割と向いている人・向いていない人の特徴

ガソリンスタンドの仕事に興味がある人、今まさに検討中だという人は最後までご覧いただければと思います。そんな人の為に、ガソリンスタンドの詳しい仕事内容や役割、向き不向きなどをまとめてみました!ガソリンスタンド業務内容といえば、ガソリンの補充や窓を拭いたりなど、アルバイトのイメージが強いかと思いますが、今回は、社員や整備士としての業務等にも触れていきます。自分に合う雇用形態もぜひ参考にしていただければ幸いです。ガソリンスタンドはどんな仕事?ガソリンスタンドでは、お客様の車に給油をしたり洗車をしたり、お客様への接客業務がメインになります。ガソリンスタンドの仕事は大きく3個の役割に分けられる店長、社員

ガソリンスタンドアルバイトに向いている人の4個の特徴。経験者が向き不向きや実体験を紹介します

比較的求人が見つかりやすいガソリンスタンドのアルバイト。応募してみたいが、果たして自分にガソリンスタンドの仕事が務まるのかと悩んでいる方もいるかもしれません。ガソリンスタンドは、高校生から一般企業リタイア後のシニアまで幅広い年齢層が挑戦できるお仕事ですが、他の仕事と同じくやはり向き不向きはあります。では、どんな人がガソリンスタンドの仕事と相性が良いのか、順を追って見てみましょう。ガソリンスタンドのアルバイトはどんな仕事?車やバイクの燃料を補給するためにお客様が訪れるガソリンスタンド。フルサービススタンドでは実際に給油作業を行い、セルフサービススタンドではお客様に危険がないように見守ることがスタ

ガソリンスタンドバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大きな街でなくても、身近に見つけることができる大きなお店の一つがガソリンスタンドですよね。広い敷地で性別も年齢も様々なスタッフが働いている姿を見かけたことがある方も多いでしょう。外から見ていると何やら難しそうな作業をしていて、何か特別なことができないとダメなのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。お客様としてしかガソリンスタンドに行ったことがない人や、そもそもガソリンスタンドにあまり行ったことがないという人でもお仕事のイメージができるように、ガソリンスタンドのバイト求人について経験をもとにご紹介します。ガソリンスタンドバイト求人はどんな仕事?一般的にはガソリンスタンドと呼ばれていますが、