大きな街でなくても、身近に見つけることが出来る大きなお店の1つがガソリンスタンドですよね。

広い敷地で男女の年齢も様々なスタッフが働いている姿を見かけたことがある方も多いでしょう。

外から見ていると何やら難しそうな作業をしていて、何か特別なことが出来ないとダメなのでは?と思ってしまう人もいるかも知れません。

お客様としてガソリンスタンドに行ったことしかない人や、ガソリンスタンドにあまり行ったことのない人でもお仕事のイメージが出来るように、ガソリンスタンドのバイト求人について経験をもとにご紹介します。

ガソリンスタンドバイト求人はどんな仕事?

一般的にはガソリンスタンドと呼ばれていますが、正式な呼称は給油取扱所といいます。

名前の通り、車に乗ったお客様が燃料を補給するために来店されるお店ですね。

販売店や卸業者・経済産業省などがビジネスライクに使う「SS(=サービスステーション)」と呼称されることもあります。

ガソリンスタンドには車の誘導から給油・精算まですべての行程にスタッフが関わるフルサービス店と、お客様が給油をご自身で行い精算も機械で行うセルフサービス店と呼ばれる形態があります。

細かい仕事内容は異なりますが、どちらも給油取扱所での必要業務を行うスタッフとして求人が出ています。

年齢は法的に働くことが可能とされる16歳以上であれば高校生でも可能で学歴や経験の有無も厳しく問うことが少なく、比較的門戸が広く開かれているので初めてのアルバイトにも適している職種と言えるでしょう。

ガソリンスタンドバイト求人の大まかな仕事内容

ガソリンスタンドの業務はフルサービスとセルフサービスで内容が異なります。

求人を探す上でのポイントになる点ですので、2つの場合についてそれぞれ見てみましょう。

フルサービスの場合

フルサービスでは文字通り、全てのサービスをスタッフが行う営業形態の店舗を指します。

スタッフの主な業務の流れは以下のような内容です。

  • 来店した車を適切な給油位置に誘導する
  • お客様に油種(レギュラーガソリン・ハイオクガソリン等)を確認し、給油を行う
  • 窓ガラスの簡単な清掃・車内のゴミや灰皿の清掃
  • 給油終了後、キャップの締め忘れなどがないか最終確認をする
  • 給油代の精算を行う
  • 車道への合流を誘導して送り出しをする

車は精密な機械なので給油する燃料の種類を間違えてしまうとエンジンにトラブルが起き、最悪の場合には交通事故の原因にさえなってしまうのでお客様とのコミュニケーションが大切です。

窓ガラスを拭く際には車体に体が密着するので傷を付けないよう気を配ったり、1回の接客時間は10分に満たない場合もあるほどですが慎重さが必要なお仕事になります。

セルフサービスの場合

セルフサービスの店舗ではフルサービスではスタッフが行う手順をお客様自身が行います。

そのため業務内容はフルサービスに比べて少なくなりますが、フルサービスよりもスタッフの数が少なくなっているという特徴があります。

  • 来店した車の観察と監視
  • 給油機械の操作方法の説明(必要なお客様にのみ)
  • 給油開始の許可※
  • 敷地内の巡回

※給油をスタートする最終的な許可はスタッフが機械操作することによって出される仕組みになっています。

基本的なお仕事はお客様の見守りをすることが主になります。

操作方法がわからず困っている方の手助けをする以外にも、精算をせずにお店を出て行ってしまったというトラブルを防ぐためにも巡回は重要な業務です。

他にも禁止されている入れ物に給油をしてしまう人や、キャップを締めずに発進してしまう人など色々な危険があります。

お客様と言葉を交わすタイミングが少ない分、目で見た情報から色々なことを判断することが大切なお仕事になります。

共通する業務

給油の部分以外はフルサービスとセルフサービスで共通の業務となります。

以下の業務は店舗によって扱いがある場合とない場合がありますが、ポピュラーといえるものを挙げてみましょう。

洗車

一年を通じて毎日のようにオーダーが入る作業です。

基本は敷地内に設置された洗車機で車を洗った後、水気を手作業で拭き取っていきます。

洗車のメニューは店舗によって異なり、全行程を手作業で行う手洗い洗車や特殊な薬剤を使って車体を磨き上げるコート洗車などは数名のスタッフで1台を仕上げることもあります。

車内の掃除がメニューにある場合は掃除機を使うなど、お客様の要望に合わせたサービスを提供します。

エンジンオイルの交換やタイヤ交換などの機械的メンテナンス

ガソリンスタンド内には大型のジャッキ(車を持ち上げる機械)を備えたピットと呼ばれる作業スペースがあり、ここではエンジンオイルの交換やエアコンガスの補給・タイヤのメンテナンスなどを行います。

ガソリンそのものの売上より、こういった作業が生む売上の方が大きいので経営上はとても重要なセクションです。

知識はあるに越したことはないですが、作業自体に関しては全てのスタッフが出来るわけではありませんので気負うことはありません。

カーケア用品の販売・会計

ガソリンスタンド内には大型のジャッキ(車を持ち上げる機械)を備えたピットと呼ばれる作業スペースがあり、ここではエンジンオイルの交換やエアコンガスの補給・タイヤのメンテナンスなどを行います。

ガソリンそのものの売上より、こういった作業が生む売上の方が大きいので経営上はとても重要なセクションです。

知識はあるに越したことはないですが、作業自体に関しては全てのスタッフが出来るわけではありませんので気負うことはありません。

構内と店内の清掃・洗濯

屋外スペースが広いガソリンスタンドの構内はいくら掃除を念入りにしても、すぐに風に運ばれてゴミが集まってしまいます。

落ち葉やビニールゴミは雨に濡れると滑りやすくなるのでキリがなくてもまめに清掃をしなければなりません。

また、窓ガラスや車内拭き用・洗車用のタオルは店舗内の洗濯機で洗うというスタイルが多いので1日に何回かの洗濯も必要な業務の1つです。

ガソリンスタンドバイト求人のおすすめ求人の特徴とは?

ガソリンスタンドでの求人情報を探す時のポイントは1つ、紙媒体の求人誌でもネット上の求人でも同じでよりお店の情報を求人スペースに詰め込んでくれているかという点です。

このお仕事は自動車整備士資格保持の男性から業種問わずアルバイト未経験の女子高生まで、応募可能の層がとても幅広いという特徴があります。

応募する側も情報は多い方が助かるというのは当たり前ですが、お店側も店舗の色々な情報を求人に載せてその上で選んでもらった方が面接のみにしても働いてもうにしても決定や手続きがスムーズに進むはずなのです。

それなのに他の店舗に比べて情報が少ないと感じる店舗には、明かさない情報の中にあまり知られたくないポイントが含まれている可能性があるのです。

例えばシフト勤務とだけ記載があって、具体的な日数や時間の縛りが明記されていないと実は人手不足が深刻でアルバイトの勤務希望を聞いている余裕がないのかも知れません。

求人情報に載せる文面は会社や店舗に今勤務している人たちが考えて決定しますので、求人情報そのものの情報量やその内容から受ける印象は店舗や会社の今の状況をある程度反映しています。

ガソリンスタンドは条件の幅がとても広く、働き方の選択肢も多いことがメリットですからこの点をしっかりと選ばせてくれる求人がおすすめと言えるでしょう。

ガソリンスタンドバイトはこんな人に向いている!

仕事への適性は一方向から決められるものではありませんが、どんどん仕事を覚えて職場に馴染んでいく人には似たような傾向があるもの。

ガソリンスタンドの場合はどんな傾向があるのか並べてみたいと思います。

ガソリンスタンドバイトが向いている人1:運動部のような体育会系の雰囲気が好きな人

ガソリンスタンドは比較的な大きな敷地で、ある程度車の往来がある道沿いにあります。

そのような環境の中ではゆっくりと動作するよりも、キビキビと時に走るくらいの勢いがある方が周囲に好印象を与えます。

道行く車のドライバーも通りすがりに意外とガソリンスタンドの中を見ているので、お客様が敷地内にいなくても元気に立ち回れる人が向いていると言えるでしょう。

働いているスタッフにそういった雰囲気があるので、運動系の部活動のような雰囲気が好きな人だと自然に職場へ馴染んでいくことが出来るでしょう。

ガソリンスタンドバイトが向いている人2:大きな声が出せる人

ほとんどが道路沿いの広い敷地にあるガソリンスタンドでは大きな声を出すことが最初の関門です。

接客業が初めてだったりそもそもアルバイトが初めてだったりすると、大きな声で「いらっしゃませ!」と叫ぶことは誰にでも出来るわけではありません。

大抵出勤を重ねるうちにだんだんと慣れてくるものですが、最初から大きな声を出せている人は印象が良くなります。

この関門は社会人よりもまだ学校生活に身を置いている高校生の方がすぐに突破してしまうかも知れませんね。

ガソリンスタンドバイトが向いている人3:綺麗好きの人

灰皿交換・窓拭きに洗車と、車を綺麗にするという動作の多いこのお仕事では言われなくても綺麗にしてしまうような人は向いているでしょう。

給油中にちょっと気になった車体の汚れをふき取ってあげるだけでお客様は喜んでくれます。

掃除は大変でも綺麗になるのは楽しいと思える人だと色々な作業も楽しく感じられるかも知れません。

逆に向いていない人の特徴は?

誰でも挑戦が出来るお仕事だからといって誰でも出来るわけではありません。

この仕事はやらない方がいいのでは?と感じる人の特徴をいくつかあげてみましょう。

ガソリンスタンドバイトが向いていない人1:においに敏感な人

ガソリンや車の排気ガスのにおいは人によっては体調不良を起こす原因となる場合があります。

また、車内の灰皿の清掃なども行うので煙草のにおいで気分が悪くなってしまうような人も注意しなければなりません。

洗車の際などにお客様の車に乗り込むという場面もありますが車の芳香剤も色々な香りがあり、中にはかなり強い独特なにおいの場合もあるので鼻からの情報に敏感な人にとっては苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

ガソリンスタンドバイトが向いていない人2:車に興味のない人

気まぐれでは買えない物の1つである車は所持している人にとってとても大切なものです。

フルサービスでもセルフサービスでも、自分の自慢の車のお話をスタッフ相手にしてくださる方はたくさんいらっしゃいます。

洗車をオーダーした際に事故などが心配でちょくちょく見にやってくる方もよく見受けられます。

そんな時にお客様を安心させる言葉や喜んでいただける会話は車に全く関心のない人には難しいかも知れません。

もしガソリンスタンドでお仕事をするなら、詳しいと言えなくても興味を持って車を扱える人の方が相応しいと言えるでしょう。

ガソリンスタンドバイト求人でよくある募集内容とは?

応募する前にお仕事の情報はある程度知っておきたいものですよね。

ガソリンスタンドは地域や立地によって募集条件が変わってきますが、よく見られる募集内容について見ていきたいと思います。

時給相場

ガソリンスタンドは揮発性の高い危険物を扱い、労働環境も夏冬を中心に過酷なため比較的高いの時給である場合が多いと言えます。

地方でも900円台後半~、都市部では1000円超も多く見られ1200円くらいまでの求人を見つけることが出来ます。

早朝・深夜営業があると25%以上の割増時給となるので、しっかり稼ぎたい人には注目のポイントでしょう。

仕事中のユニフォームは支給される場合がほとんどでお仕事をはじめるに当たって購入が必要なものもあまりないので、お仕事開始時の投資を最小限にして稼ぎ始めることが出来ます。

またアルバイトでも危険物取扱者免許(後述します)などを持っていると時給+100~150円の手当が支給されます。

17時から22時まで勤務の高校生でも1日5時間で5,000円前後・週3日勤務で約60,000円の収入が可能ということですので、身近で思い付くアルバイトの中では高水準と言えるでしょう。

ガンガン稼ぎたい人にはうってつけですが、逆にご両親やご主人の扶養内での働き方を考えている人は勤務時間や日数をよく考えた上で応募の条件を決めるように気をつけましょう。

他に時給に大きな影響を与える点はセルフかフルサービスかという点です。

セルフスタンドの方が同地域でも50円~100円位低い時給設定になっていることが多く、応募先を決める際には仕事内容と合わせて重要な注目ポイントとなります。

シフトの入れ具合

ガソリンスタンドの多くの店舗でシフト制が採用されていますが、面接・採用時に大まかな勤務時間を決定した上である程度柔軟な対応をしてくれる場合が多いです。

最近では「週1回~・1日1時間からでもOK」というかなり自由度の高いシフト勤務が可能な店舗も増えてきています。

近年派遣会社の募集でもガソリンスタンドの求人がよく見られるようになっていて、これは直接雇用のスタッフが不足している傾向にあることを示していると言えます。

一昔前には「曜日固定で週●回・●時~●時まで」という型通りの勤務形態が多く見られましたが、現在こういった縛りがしっかりとある店舗の方が少ないくらいに働く側の自由を尊重した勤務形態が多くなっています。

主婦向けに「お子さんの学校行事考慮します」や学生向けに「テスト期間はお休み可」という条件も多く見られるので、自分のライフスタイルに合ったお店を探してみましょう。

求められる人物像

ガソリンスタンドでは幅広い年齢のスタッフが活躍していますが、年齢と資格以外の部分で求められる人材とはどんな人なのでしょうか?

慎重に物事の判断が出来る人

お客様の高価な財産である車に密接に関わるガソリンスタンドスタッフには、様々な面での慎重さが求められます。

例えば油種(ガソリンの種類)の選択1つにしてもそうで、これを間違えると車の故障や事故の原因を作りかねません。

年配や女性のお客様の中には油種の違いを正しく理解していない人も多く、単純に「安い方で」と本来その車に給油してはいけない種類を指定してくるという場合があります。

言われたことをそのままやるだけではなく、自分で正誤判断を行いながら慎重に物事を前に進めていけるような人が歓迎されます。

接客経験がある人

ガソリンスタンドのお仕事ではお客様との会話が必要不可欠な業務です。

その場に相応しい挨拶と言葉遣いなど、異業種であっても接客業の経験があって基本が身に付いている人は、すぐにお客様の対応に入れるので喜ばれるでしょう。

車の運転はとてもストレスがかかり、長時間の運転をしてきたお客様はスタンドスタッフの態度や言葉遣いにいつもよりも敏感に反応してしまうようなこともあります。

トラブルになると車に傷がついてしまったり大きな事案になりかねないので言葉遣いや接客態度はとても重要なポイントなのです。

元気と頑張る意気込みのある人

知識がなくても経験がなくても、元気さえあればカバーできる部分もたくさんあるのがガソリンスタンドのお仕事です。

まだ何もわからないから元気に挨拶だけはしようという仕事に対する意気込みが感じられる人が求められます。

必要なスキルや資格、経験

必須とされる資格やスキルは特になく、やる気さえあれば高校生からシニアまで誰でも勤務可能です。

車を扱うお仕事なので自動車免許はあるに越したことはありませんが、これも必須ではなく免許がなくても勤務することは可能です。

(ただし、店舗によって免許保持者優先採用などがある場合も有)

車の点検や各種作業も行うお店なので整備士の免許保持者はとても歓迎される存在でしょう。

他には危険物取扱者免許という資格も必須ではありませんが、保持しているとガソリンスタンドでは歓迎される資格です。

ガソリンなどの危険物を扱う施設であるガソリンスタンドにはこの危険物取扱者免許保持者が常駐している必要があり、営業をする上では欠かせない人材なのです。

危険物取扱者免許の中でもガソリンスタンドでの業務に役立つのは「乙4種」と呼ばれる種類ですが、テキストも市販されていて独学での取得が比較的容易な資格なのでアルバイトをしながら取得を目指す人もたくさんいます。

自分にあったガソリンスタンドバイト求人の選び方や注意点

求人を探していて1つしか募集が出ていない業種というのは珍しいですよね。

ガソリンスタンドも1つだけしか求人がないということはほぼないので、いくつかの店舗を比較して応募先を決定することになるでしょう。

ではその時にどんな点に着目して選んでいけばいいのか、何点かあげてみたいと思います。

【選び方①】店舗の営業時間から考える

ガソリンスタンドの営業時間は店舗によって千差万別で、早朝に開店して夜中前に閉店するお店から24時間営業までとても幅があります。

車に乗ったお客様が主なので店舗のある道の交通量によって営業時間が変わる傾向があり、同じ県内や市内でも交通事情により差が出てきます。

例えば都会の方が夜中までや24時間の営業を行っていそうな気もしますが、逆に都心は夕方になってビジネスマンが帰路につくと交通量が減るので比較的早く閉店する店舗が多いです。

対して地方でも高速や幹線道路が近く、夜中でも交通量がある道沿いの店舗は24時間営業を行っています。

このお仕事の時給はコンビニなどに比べて高めの水準なので、22時以降や夜勤・早朝の勤務が可能な場合はお給料が大きく変わってきます。

毎回22時から早朝のシフトに入ることが出来なくても、週1回や月2・3回なら大丈夫という人なら深夜・早朝手当というミニボーナスを得られるということになりますのでちょっと嬉しいですよね。

午後や夕方からお仕事をしたい場合にも希望通りの労働時間を確保出来る営業時間なのかはとても重要です。

例えば高校生が17時から働くとすると法的には最大で22時までの勤務が可能ですが、もし21時閉店のお店だったらそこまで働くことは不可能になってしまいます。

早い場合は19時頃に閉店の店舗も存在しますので、自分が1日何時間働きたいのかをよく考えた上で検討するといいでしょう。

【選び方②】交通手段から考える

車に乗ったドライバーがお客様であるガソリンスタンドは車で移動するという視点から場所が選ばれています。

そのため車やバイクでの通勤を想定している人には好都合でも、バスや公共交通機関を通勤手段と考えている場合には不便な場所であるという場合があるのです。

車両通勤が条件付きでOKという場合もありますから求人情報の内容はしっかりと確かめておくようにしましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

ガソリンスタンドの時給は全体的に見て高めの水準ですが、その中でも営業タイプや立地条件などで同一地域でも100円位の差が出る場合があります。

フルタイムでたくさん稼ぎたいと思っている人は時給は高い方がメリットがありますが、親や配偶者の扶養範囲内でのお仕事を希望している場合だと高ければいいとも限らないでしょう。

時給が高いから週2日で十分と思っても店舗側が週3日の勤務からしか募集していなかったり、扶養内とフルタイムで時給に差があるということもあり得ます。

自分が月にいくら稼ぎたいのか・一週間に何日働けるのか・1日の勤務は何時間か望ましいのかという点を明確にして、単に時給だけではなく雇用条件の希望も合わせて考えてみると最適な働き方が見つかるかも知れません。

【選び方④】店舗の営業形態から考える

ガソリンスタンドのにはセルフサービスとフルサービスという2つの営業形態があるという点を前述しましたが、この点もお仕事をする店舗を決める上では大きなポイントになります。

セルフとフルサービスで大きく異なる点は仕事内容と時給で、フルサービスの方が業務が多いためセルフよりも50~100円位時給が高くなっています。

どちらを選ぶかは自分が何を重要視したいか次第ですので、自分が望む働き方と相談して選んでいきましょう。

ガソリンスタンドのアルバイトで働くメリット

アルバイトの経験自体が人生ではプラスになるものですが、もっと実感しやすいメリットがあるとやる気も出てくるものです。

ではガソリンスタンドでアルバイトをしたらどんなメリットがあるのかあげてみましょう。

車についての知識が身につく

ガソリンスタンドには様々な種類の車が日々訪れてスタッフはどんな車種でもサービスを提供します。

このお仕事を続けていくと車についての知識が知らぬ間に身についてきます。

アルバイトも辞めた後も自分や家族の車を見た時にタイヤやワイパーの減り具合を見たり、簡単なトラブルの解決方法がぱっと浮かぶくらいにはなれてしまいます。

免許を取るために教習所へ通うと車についてのひと通りの知識は習うのですが、ただ乗っているだけでは問題やトラブルにあう回数は1年に1回かそれ以下でしょう。

でも日々車に接する仕事をしていると経験の数が違いますし、新しい知識で肉付けされていくので習ったことを忘れるどころか更に知識を育てていくことができるのです。

ガソリンや洗車・作業メニューを社員価格で購入したり利用することが出来る

販売系の職種でよくあるスタッフの特権である社員割引がガソリンスタンドでも存在します。

ガソリンの1リットル単価の割引もそうですが、とてもお得感があるのはガソリンよりも単価の高い洗車や作業メニューです。

エンジンオイルやタイヤ交換などになると割引額は数千円単位になり、車検の取扱がある店舗だとより大きな恩恵が感じられます。

社員割引が働いている本人からどの範囲(家族や友人など)まで適応されるかは会社によって判断が異なります。

しかし、本人名義の車のみにしか使えないというケースはあまりないので、車を所持していなくても両親や兄弟の車などで制度を活用することが出来ますよ。

時給が高めで福利厚生も手厚い場合が多い

ガソリンスタンドは高校生からでも応募可能なアルバイトの中ではトップクラスの高時給で、石油という国家的に重要な資源を扱う職種であることから母体の会社がしっかりとした大企業である場合がほとんどです。

自社が扱う製品の割引以外にも提携会社の商品や施設の割引制度が受けられる場合もあるので有効に使っていきたいですね。

経験者がよくある質問にお答えします!

ガソリンスタンドは近くにあっても身近なお仕事というほどではありませんので、実際にアルバイトをやっていた経験からよくある疑問や質問にお答えしてみたいと思います。

どんな人が採用されやすいですか?

元気よくはきはきとした話し方を出来る人が好印象でしょう。

どんな職種でも共通することですが、ガソリンスタンドでははっきりとした話し方が特に好まれます。

他には指示を待つタイプよりも自分から指示を仰ぎにくることが出来そうな人が望ましいでしょう。

面接でこの点を示すのは難しいですが、積極的に色々と質問をしたりすることで積極性を示すことは出来ると思います。

うるさくするのは問題ですが、あまり静かな人では大丈夫かなと不安になってしまうのでお話はたくさんした方がいいと思いますよ。

未経験でもなれますか?

整備担当としての採用だと経験や資格が必要になりますが、そうでなければ未経験者でもお仕事は可能です。

免許保持者優遇としている店舗もありますが、基本的に車の免許がなくても勤務することは出来ます。

フルサービスでもセルフサービスでも機械の操作が必要ですが、専門的な知識は必要ないのでお仕事を始めてから覚えていけば問題はありません。

逆にガソリンスタンドのお仕事は、未経験から特別な勉強や受講をしなくても仕事の中で身に付けていくことが出来る知識や経験がたくさんあるお仕事ですので、経験者よりも未経験の人の方が成長の伸びしろが大きいものになるので頑張りがいを感じられると思いますよ。

持っていると有利になる資格ってありますか?

ガソリンスタンドの売上の主力は実はガソリンではなく、エンジンルームの整備や外装メンテナンスの売上が主です。

この部分の専門である整備士・自動車検査員(整備士の上位資格)の保持者は優遇されます。

整備士・自動車検査員は受験資格が色々と必要なので「ちょっとやってみよう」では難しいですが、誰でも挑戦できるもので危険物取扱者免許があります。

危険物取扱者免許は甲・乙・丙と複数種類があり、年齢や職歴に関わらず誰でも受験することが出来ます。

ガソリンや灯油などの危険物を扱うガソリンスタンドでは、危険物取扱者免許のうち「乙4種」の資格保持者が1人以上常駐していなくてはならないという法律のもとで営業をしているので必要不可欠な存在です。

乙4を受験するためのテキストは本屋さんで簡単に手に入りますし、実技試験はないので勉強さえすれば取得できる可能性は高いので仕事をしながら受験する人がたくさんいます。

ガソリンスタンド以外の異業種でも危険物を扱う仕事だと重宝される資格で、学歴も必要なく高校生でも受験が可能で時給も上がりますよ。

このお仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

女性でも男性と同じように仕事が出来るということが自信になりました。

なんとなくこのお仕事は男性向けという気がしていたのですが、実際には性別はあまり関係ありません。

体力的には辛い面もありますが、スタッフ全体で仕事をするという一体感が心地よくて学生の頃に戻ったような新鮮な環境の中で働けることがとても楽しくて原動力になりました。

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

ガソリンスタンドは仕事をする場所の大半が外なので天候を体でダイレクトに感じることになるので、夏と冬はやはり体力が必要な仕事です。

夏はピット内(整備作業をする場所)の温度が車のエンジンも相まって更に高温になるので暑がりの人には特に辛いでしょう。

逆に冬は冷たい水で行う洗車作業がとても堪えます。

でもそういう時こそお客様も誰かに洗車を頼みたいと思うものなので、それが仕事のスタンドスタッフは頑張るしかありません。

余談ですが、ガソリンスタンドは年末の12月30日と31日がとても混雑します。

お正月は休業や営業時間の短縮を行う店舗が多い業界なので年末のうちに集中するのです。

いい新年を迎えるにあたって車もピカピカに!というお客様も多いので年の瀬の大変さはびっくりするほどですよ。

シフトの自由度ってどうなの?

店舗によってかなり差があると思いますが、飲食店や他の販売系に比べると自由度はかなり高めではないでしょうか。

急なお休みはやはり迷惑になってしまいますので極力控えなければなりませんが、色々な年代が働いているからか事情をよく汲んでくれるなと感じます。

スポット派遣に近いような自由度ですが直接雇用の保障はしっかりとあるので恵まれた環境だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ガソリンスタンドのお仕事はは大変なこともありますがその分時給単価がよく、短時間しか働けない人にもしっかり稼ぎたい人にもそれぞれのメリットがある職場です。

身近な車の知識を身につけられる場所でもあるので日常生活にも役立つお仕事です。

求人も常に出ている業界なのでよく比較して自分にぴったりの職場を見つけましょう。


関連キーワード

ガソリンスタンド求人

ガソリンスタンド求人についてもっと深堀りした情報を見る

ガソリンスタンドの年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

ガソリンスタンドの仕事は、基本的には良いイメージを抱く方は少ないでしょう。決してお給料も高いということもありません。しかし、年収を上げる方法がないのか、どんなことが身につくのか等、具体的にご理解いただいている方も少ないのではないかと思います。そこで、年収の相場と、年収を上げる方法をお伝えします。私はこんなガソリンスタンドで働いていました私は過去に、地元のガソリンスタンドに勤めていましたが、そこは大阪・兵庫エリアに29店舗運営している会社でした。お店も地元密着型のガソリンスタンドもあれば、バイパス道路沿いにあるガソリンスタンドや、工場地帯の中にお店を作り、企業の社用車両を給油するなど、様々な顧客

ガソリンスタンドの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

現代社会では必須ともいえる自動車。その自動車を動かくためのガソリンを購入するガソリンスタンドの店員の時給はどのくらいなのでしょうか。今回はガソリンスタンド店員の時給や昇給のポイントなどを詳しくご紹介いたします。ガソリンスタンドの時給の相場はどのくらい?ガソリンスタンドの平均的な時給は都心部では1000円~、全国的には900円~くらいとなっています。ただ、ガソリンスタンドの営業形態は、ドライバーが給油や窓ふきなどを自分で行うセルフ式と、ガソリンスタンドの店員が給油・窓ふき・ごみ捨て・送り出しまで行うフルサービス式の2種類があります。この二つでは作業量の多いフルサービス式の店員の方が50円~100

ガソリンスタンドの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ガソリンスタンドの仕事に興味がある人、今まさに検討中だという人。そんな人の為に、ガソリンスタンドでの仕事内容や役割、向き不向きなどをまとめてみました!様々なテーマで紹介していきます!ガソリンスタンドはどんな仕事?ガソリンスタンドでは、お客様の車に給油をしたり洗車をしたり、お客様への接客業務がメインになります。ガソリンスタンドの大まかな仕事内容大まかな仕事内容として、給油や洗車、車内クリーニングなどがあります。更に専門的な技術を要する、車のオイル交換やタイヤ交換などの業務を担うスタッフもいます。仕事上の役割とは?接客業ですので、お客様へは笑顔で明るく応対し、お客様の満足度を高めるといった役割があ


ガソリンスタンドバイト求人に関するコラム

ガソリンスタンドのバイトがおすすめな4個の理由。4年間バイトをした私が解説します

ガソリンスタンドといえば、生活に欠かせないガソリンや灯油を販売しているお店のイメージがあるかと思います。とあるガソリンスタンドのCMに、「心も満タンに~♪」ってありましたよね。ガソリンを販売するだけではなく、心も満タンに満足してもらうことが、実は、ガソリンスタンドの目指すところ。給油以外にも様々なサービスを提供しています。そんなガソリンスタンドのお仕事について、有人型の店舗で働いていた筆者の経験を基に、おすすめの理由をお伝えしたいと思います。ガソリンスタンドのバイトのおおまかな仕事内容筆者は有人型のガソリンスタンドしか勤務経験がないため、今回は有人ガソリンスタンドについて、ご紹介していきたいと

ガソリンスタンドアルバイトに向いている人の4個の特徴。経験者が向き不向きや実体験を紹介します

比較的求人が見つかりやすいガソリンスタンドのアルバイト。やってみようかなと思っても自分で務まるのかと考えてしまう人もいるかも知れません。ガソリンスタンドは高校生から一般企業リタイア後のシニアまで幅広い年齢層が挑戦出来るお仕事ですが、誰にでも出来るというわけではありません。ではどんな気質の人ならこのお仕事と相性がいいか、順を追って考えてみたいと思います。ガソリンスタンドアルバイトはどんな仕事?車やバイクの燃料を補給するためにお客様が訪れるガソリンスタンド。フルサービススタンドでは実際に給油作業を行い、セルフサービススタンドではお客様に危険がないように見守ることがスタッフの主な仕事です。他にも車に