皆さん、空港で働いてみたいと思ったことはありませんか?

空港での仕事に憧れたことはありませんか?

空港と聞くと、なんだか少し特別な場所に思えないでしょうか?

そんな空港では一体どんな仕事があるのか、今回は空港での仕事について、空港求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます。

空港で働いてみたいと考えている方は、こちらの記事を見て空港にはどんな仕事があるのか、自分は空港で一体どのような仕事がしたいのかをチェックしてみてください。

きっとあなたにぴったりの仕事を見つけられるはずです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

空港ではどんな仕事がある?

まず初めに、空港ではグランドスタッフ、キャビンアテンダント、パイロット、航空整備士、空港のお土産屋、Wi-Fiの貸し出し、レストランやファストフード店、カフェ、ドラックストア、電気屋、本屋、服屋、免税店、外貨両替所、警備員、清掃員、ケータリングなど、その他にも沢山の仕事があります。

実は、皆さんのあまり知らないような電気屋だったり服屋も、どこの空港にもあったりします。

今回は、よく求人募集をかけている仕事について、その仕事は一体どんな仕事内容なのか、気になるところを詳しく解説します。

空港の仕事のおすすめポイントなどもまとめるので、確認してみてください。

空港での仕事でよくある募集内容とは?

空港での仕事で、よくある募集内容についてまとめてみました。

給与相場

時給ですと、仕事にもよりますが大体950円~1,500円ぐらいです。

月給ですと、仕事にもよりますが大体20万円前後ぐらいです。

勤務時間や休日、残業

バイトやパートだとシフト制のところが多く、自分の希望を聞いてもらえることが多いです。

そのため、出勤の希望から休みの希望まで、出勤時間も自分の希望を聞いてもらえるところが多いです。

派遣や契約社員、正社員だと平日より土日や祝日、連休やバケーションシーズンに空港は忙しくなるので旅行シーズンなどでお休みをもらうために、有休を使わないと難しいかもしれません。

世間がお休みの間は空港がとても忙しくなるので、残業もあると思います。

その辺りは、前もって覚悟しておくべきでしょう。

また空港も、国内線だけの空港なのか国際線もある空港なのかによって勤務時間が異なってきます。

国内線だけの空港だと最終便が9時前後だと思うので、日付が変わる前には仕事を終えることができます。

しかし、国内線も国際線もある空港だと、国内線の最終便が飛んでも国際線の最終便が飛ぶのが遅くなると深夜も働かないといけません。

そのため、国際線がある空港は早朝出勤や深夜出勤などがあると考えられます。

福利厚生

空港の仕事の福利厚生はしっかりしている方だと思います。

交通費支給や社会保険に入れたり、社員登録ができたり、制服の貸し出し、仕事によれば割引制度があるところもあります。

その他にも英語や韓国語、中国語が話せる方は時給や給料がプラスされる優遇があったり、仕事により何か必要な資格を取れば時給や給料がUPするところや、長く仕事を続けていると昇給したり時給や給料が上がるところもあります。

しかし、今言ったことが一つの仕事で全部当てはまるわけではありません。

前もってどういった福利厚生があるのか、確認しておくのも良いかもしれません。

交通費も全額支給のところもあれば決まった金額を支給されるところもあるので、よく確認しておくことをおすすめします。

勤務場所

勤務場所は、空港です。

仕事により勤務場所は異なりますが、空港内の各フロアや空港内の決められた場所で働くことになります。

ほとんどの仕事が空港内なので、仕事環境は快適な方だと思います。

求められる人物像

求められる人物像はその仕事により違いますが、一番はやはりその仕事に対してやる気がある人だと思います。

仕事にやる気がないと仕事を上手くこなすこともできず、やる気がなくダラダラしていると仕事に対して何のプラス面も見えず、仕事をやらされているという感じになってしまいます。

せっかく仕事をするならそ、の仕事に対してやる気を見せ楽しく仕事をするのが一番だと思います。

仕事にやる気がある人は、見てもすぐに分かると思います。

いつも仕事に対してやりがいを感じ、楽しみながら、しっかりと自分の仕事をこなす人です。

そういった人が、どの仕事でも求められる人物なのではないかと思います。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルや資格も、その仕事により様々です。

しかし、どの仕事に対しても共通して使える資格や経験は、語学力です。

空港は、日本人だけでなく世界の様々な場所から様々な国の人が利用します。

そのため、英語や韓国語、中国語などが話せると良いのではないかと思います。

英語だとTOEICや英検の資格を持っていると有利だと思いますし、留学経験などもあると尚更良いと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

空港の仕事のおすすめ求人のポイント

空港の仕事のおすすめ求人ポイントについてまとめてみました。

意外と福利厚生がしっかりしている

空港での仕事は、意外と福利厚生がしっかりしています。

先ほどもお話しましたが、バイトやパート、派遣や契約社員、正社員で異なるところはありますが、交通費支給や社会保険に入れたり、社員登録ができたり、制服の貸し出し、仕事によれば割引制度があるところもあります。

その他にも英語や韓国語、中国語が話せる方は時給や給料がプラスされる優遇があったり、仕事により何か必要な資格を取れば時給や給料がUPするところや、長く仕事を続けていると昇給したり時給や給料が上がるところもあります。

空港の中での仕事は、資格が必要な仕事がいくつかあります。

例えば警備員でボディーチェックや荷物検査をする人は、X線を見るための資格が必要になったりします。

資格を取るとお祝い金が貰えたり、時給や給料がUPしたりします。

そのようなところは良いのではないでしょうか?

語学力があると優遇してもらえる

空港で働くにあたって、ある程度の語学力も必要になる時があります。

国際線のある空港ではもちろんですが、国内線だけの空港でも最近は外国からの利用者が増えてきます。

そのため、英語や韓国語、中国語を話せるスタッフを募集しているところが多いです。

外国語が話せると優遇してもらえ、特別な手当てがもらえたりします。

そのため、今まで語学を学んできた人や英語や韓国語、中国語を使って仕事がしたいと考えている方には、空港での仕事はぴったりなのではないでしょうか?

また、こういった優遇を受けられる上に、自分の語学力をお客さんを使って試すこともできます。

一石二鳥なのではないでしょうか?

空港での仕事についてよくある疑問

空港での仕事についてよくある質問をまとめてみました。

空港での仕事の応募方法

空港での仕事の応募方法は様々です。

求人誌やインターネットなどから求人を検索し、応募することができます。

最近だと、インターネットで求人を探すならindeedというサイトを使ってみるのも良いかもしれませんね。

求人を探す場合は、一つの求人誌や一つのサイトからではなく、できるだけ多くの求人応募を見ることをおすすめします。

どの求人も全ての求人誌やサイトに求人応募を載せているわけではないので、多くの選択肢の中から探すと仕事を見つけられる幅も広がると思います。

面接では一体どんなことを訊かれるか

空港での仕事の面接では一体どういったことを訊かれるのか。

これは、皆さんが気になるところだと思います。

今まで空港で沢山の仕事を経験してきた私がどの会社でも訊かれたことは…

なぜ御社に応募したのか?

なぜ御社で働きたいと思ったのか?

志望動機や今までどんな仕事をしてきたか?

持っている資格はあるのか?

といった質問です。

自己PRは訊かれないところがほとんどでした。

面接の前には必ずどういったことを訊かれるのかを想定し、その質問に対してどうやって答えるかなどを前もって決めておくと、面接がスムーズに進みます。

面接ではえーっと、と言って考える時間を作ったり目をきょろきょろさせてしまう動きはなるべく抑えることをおすすめします。

未経験でもできる仕事はあるのか

空港での仕事は、未経験でもできることが沢山あります。

アルバイトやパートだとレストランやファストフード店、カフェなどが未経験でも一番働きやすい仕事だと思います。

その他にも、空港内にあるコンビニなども働きやすいかもしれません。

逆に免税店だとほとんどが派遣になってしまい、面接などもとてもしっかりしたものになるので、絶対に働きたいという気持ちがあるなら、面接を受ける前に必ずシュミレーションなどをしておくことをおすすめします。

特にブランドのお店などは面接などもしっかりしているので、気を付けてください。

何か必要な資格や経験はあるのか

空港での仕事で、必要な資格や経験はその仕事によって異なってきます。

もちろんパイロットやキャビンアテンダント、グランドスタッフになるには学力や必要な資格はありますが、空港内のお店などで働くのに必要な資格や経験はありません。

しかし、資格や経験はあって損するものではありません。

TOEICや英検の資格があり英語や韓国語、中国語が話せると、仕事をする上でもとても便利になってくると思うので良いと思います。

また、留学経験などあると良いかもしれません。

最近は、応募内容に英語や韓国語、中国語が話せるスタッフと記載されています。

「話せる方は、優遇します」といった内容を書いている仕事も多くあるので、英語や韓国語、中国語が話せる方はアピールすることをおすすめします。

空港での仕事は正直辛いのか

空港での仕事は正直辛いのか?

私も空港で様々な仕事をしてきましたが、特に辛い、しんどいと思ったことはありません。

強いて言うなら、働いていた空港が国内線も国際線も扱う空港だったので始発便に合わせてお店がオープンするため電車出勤をしていましたが、始発電車に乗って出勤することが多く、朝早起きしないといけないことがとても辛かったです。

またお店のクローズも遅く、深夜まで働かないといけないこともあった為、それが辛いと思ったことはあります。

しかし、シフトは自分で希望を出せるので、そういった面ではとても助かっていました。

仕事は、辛いというより、毎日様々な国のお客さんとお話しすることができてとても楽しかったです。

空港という少し特別な場所で仕事ができ、良い経験ができたと思いました。

空港で働くメリットやデメリットとは

空港で働くメリットとデメリットについて。

私が思うメリットは、空港という少し特別なところで働くにあたって、毎日特別な経験ができるというところです。

様々な国の人と話をしコミュニケーションをとることで、日本以外の国のことを知ることができたような気がします。

国際線で働いていた時は英語を使わないといけないことが多かったのですが、そのおかげで英語力もつき、自分の英語に少しは自信が持てるようになりました。

デメリットは、国際線で働いていた時に出勤時間が早かったり遅かったりと極端だったことです。

もう一つ、英語が全く話せないとお客さんとコミュニケーションが上手く取れないので、それが辛いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、空港での仕事について、空港求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントになる疑問について解説してきました。

空港での仕事について、大まかな募集内容などは分かっていただけたのではないでしょうか?

その他にも、空港での仕事のおすすめ求人のポイントなども確認してもらえていたら嬉しく思います。

また、空港での仕事について、よくある疑問について、いくつかまとめてみました。

皆さんが空港での仕事に対して疑問に思っていることなど、少しでも解決していただけたらなと思います。

空港での仕事は、意外と簡単に見つかります。

しかし、ただ働くのではなく、空港という普段では働けないような特別な場所で仕事していることを意識すれば、仕事がもっと楽しくなったり、仕事に対してのやる気も出てくると思います。

私は、何よりも空港での仕事を楽しんでもらえたら良いのではないかと思います。

空港で働きたいと思っている方、空港での仕事に憧れている方、今回の記事を機会に空港での仕事を始めてみませんか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



空港求人についてもっと深堀りした情報を見る

空港で働くには?どんな仕事があるの?英語は必要?必要なスキルや資格など教えます!

皆さん、自分の理想とする仕事は何ですか?私は、昔から空港で働くことに憧れていました。空港は沢山の人が利用する場所で、日本人に加え海外から来たお客さんもいます。耳にするのは日本語だけでなく英語や他の国の言語もあり、私は空港に行くといつもドキドキ、ワクワクしていたのを覚えています。そんな空港は私の理想とする職場であり、憧れの場所でもありました。結果的に私は、空港で働くことができました。そこで今回は、空港の仕事について、空港で働くには、仕事事の種類や勉強しておくべきこと、必要なスキとは何か、仕事の探し方まで、実際に空港で働いてきた経験者の私が詳しく解説していきたいと思います。空港で働きたい、空港での

空港の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向きについて解説します

皆さん、空港での仕事に憧れたことはありませんか?航空会社に勤めたり、グランドスタッフ、キャビンアテンダントやパイロット、飛行機の整備士、空港のお土産屋のスタッフ、飲食店のスタッフ、税関や免税店のスタッフ、空港の保安検査隊、貨物や飛行機の清掃員、機内食のケータリングなど沢山あり、空港での仕事は様々です。今回は空港での仕事について、空港の仕事はどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向きなどについて解説していきます。職種とその仕事に対しての向き不向きだけをまとめていますので、空港での仕事に憧れている、空港で働いてみたいと考えている方は要チェックです!空港の仕事はどんな仕事?初めにもお話しましたが