皆さん、空港での仕事に憧れたことはありませんか?

航空会社に勤めたり、グランドスタッフとして働いたり、キャビンアテンダントやパイロットになったり、飛行機の整備士になったり、空港のお土産屋さんで働いたり、飲食店で働いたり、税関や免税店で働いたり、空港の保安検査隊になったり、貨物や飛行機の清掃員、機内食のケータリングなどたくさんあり、空港での仕事はさまざまです。

今回は空港での仕事について、空港の仕事はどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向きなどについて解説していきます。

職種とその仕事に対しての向き不向きだけをまとめていますので、空港での仕事に憧れている、空港で働いてみたいと考えている方は要チェックです!

「空港の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

空港の仕事はどんな仕事?

初めにもお話ししましたが、空港での仕事は航空会社に勤めたり、グランドスタッフとして働いたり、キャビンアテンダントやパイロットになったり、飛行機の整備士になったり、空港のお土産屋さんで働いたり、飲食店で働いたり、税関や免税店で働いたり、空港の保安検査隊になったり、貨物や飛行機の清掃員、機内食のケータリングなどさまざまです。

空港での仕事といっても1つや2つの仕事ではありません。

空港ではいろんな種類の仕事がたくさんあります。

これからその仕事の種類やそれぞれの仕事に向いているタイプをまとめていきますので自分に向いていそうな仕事があればぜひチェックしておいてください。

空港の仕事の種類にはどんなものがある?それぞれの仕事の向いているタイプとは?

空港の仕事について、仕事の種類やそれぞれの仕事に向いているタイプなどを詳しく解説していきます。

グランドスタッフ

グランドスタッフとは、空港地上業務を行うスタッフです。

日本の航空会社だと、JALやANAその他にもジェットスターやピーチなどがあり、グランドスタッフはチェックインカウンターでお客さんの搭乗手続きをする仕事が皆さんが一番よく知っている仕事内容だと思います。

その他にも飛行機の搭乗ゲートなどでチケットやパスポートを確認する搭乗案内などもあります。

大学や短大、専門学校を卒業しているとグランドスタッフとして仕事に就くことができます。

特に必要な資格はありませんが英語力などがあると仕事の幅も広がると思います。

その職種の向き不向きとは?

グランドスタッフの仕事に向いている方は、やはり空港での仕事に興味があったりいろんな人とコミュニケーションをとるのが好きだったり英語を使った仕事がしたいという方だと思います。

空港は日本人だけじゃなくいろんな国の人が利用するところなのでそういった人たちと関わる仕事がしたい人にはぴったりの仕事だと思います。

また、グランドスタッフの仕事に向いていない人はすぐに諦めてしまったり投げ出してしまったり忍耐力のない人だと思います。

グランドスタッフは簡単な仕事ではありません。

覚えることも多く、仕事に慣れるまでに時間がかかります。

また、24時間空港だと勤務時間も長くなってしまうことや早朝や深夜に働くこともあるかもしれません。

先輩に怒られながら仕事することだってあると思います。

そういうことに対し忍耐力のない人はグランドスタッフの仕事は続かないと思います。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントとは客室乗務員の仕事です。

飛行機に乗り、主にお客さんにサービスをする仕事です。

その他にも保安管理などがあります。

キャビンアテンダントになるには航空会社の採用試験を受ける必要があります。

専門学校や短大、大学卒の採用などがあります。

最近では高卒でも採用してもらえるところもあるみたいです。

その職種の向き不向きとは?

キャビンアテンダントの仕事に向いている方は、1つの方向からでなくいろいろな方向から考えることができ、一緒に働く人達と協力しながら働ける人です。

まず、キャビンアテンダントの業務は地上ではなく空の上で行われます。

普段地上でできていることでも制限があったりします。

そのため1つのことからではなくいろいろな方向から物事を考え解決策を見つけ出せたり、先のことを想定して行動する必要があります。

また、離陸してから着陸するまでは同じ飛行機に乗っているキャビンアテンダントと協力しながら働く必要があります。

もちろんコミュニケーションなどもとても大切です。

またキャビンアテンダントの仕事に向いていない方は、協力性のない方や自己主張が激しい人です。

人と協力しながら働くことができない人やいつも自分が正しい、自分の考えが1番だと思い自己主張が激しい人は、人とのコミュニケーションがうまく取れなかったり協力することができないためキャビンアテンダントの仕事にはあまり向いていないと思います。

「キャビンアテンダント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パイロット

パイロットとは飛行機を操縦する仕事です。

機長と副操縦士で飛行機を操縦します。

パイロットになるにはパイロットになるための学校や大学を卒業する必要があります。

また、国家試験などを受ける必要もあります。

飛行機を利用するお客さんのすべてを任される仕事になるため責任のある仕事になります。

機長と副操縦士では仕事内容が異なってくるため十分がいったいどちらの仕事をしたいのか、学校や大学に行く前にはっきりさせておく必要があります。

その職種の向き不向きとは?

パイロットの仕事に向いている方は健康であって、いつでも的確な判断ができる人です。

パイロットは飛行機を利用するお客さんやキャビンアテンダント、すべての人の安全を確保し無事に目的地に送り届ける必要があります。

そのため常に健康であって自分の健康管理がしっかりできる人や、いざというときに的確な判断ができる人が向いていると思います。

パイロットとはとても責任重大の仕事になります。

また、パイロットの仕事に向いていない人は責任感がない人です。

時には飛行機一機に何百人というたくさんのお客さんを乗せることがあります。

そんな飛行機を操縦するパイロットが責任感のない人だと分かると、そのパイロットが操縦する飛行機に乗りたいと思う人はいますか?

もちろんいないと思います。

そんな人に自分の身を任せられませんよね。

お土産屋さん

お土産屋さんは空港内でお土産を販売する仕事です。

空港内の各エリアや国内線の検査場を超えたところにたくさんのお土産屋さんがあり、そこで販売員としてお土産を販売する仕事内容です。

ちなみに、空港内にあるお土産屋さんはほとんどが日本国内のお土産を販売していますが、海外のお土産を販売しているところもあります。

お土産屋さんの仕事はアルバイトもあるので学生の方でも働けます。

その職種の向き不向きとは?

お土産屋さんの仕事に向いている方は、各地域の食べ物やお土産に詳しい方や接客が上手な方だと思います。

お土産屋さんにはいろんな地域のお土産や、その空港でしか買えないお土産などがあるためたくさんの知識を兼ね備えたうえでお客さんに接客しないといけません。

いろんな地域の食べ物に詳しい方や空港でしか買えないレア商品に詳しい方はお土産屋さんの仕事に向いているかもしれません。

またお土産屋さんの仕事に向いていない方は、接客が苦手だったり人にものを進めるのが得意でない方だと思います。

お土産を買いに来たお客さんに商品を進めれなかったり、接客が苦手でうまく商品の説明をできない人にはお土産屋さんの仕事はあまり向いていないかもしれません。

飲食店

空港内にある飲食店での仕事です。

飲食店仕事内容は、ウェイトレスやキッチンがメインだと思います。

また、カフェなどではレジやドリンカー、キッチンがメインの仕事になると思います。

空港内には家族でご飯を食べれるようなレストランや簡単に食事を済ませられるファストフード店、淹れたてのコーヒーやジュースを飲めるカフェなどがあります。

飲食店により仕事内容は様々です。

空港内の飲食店で働くなら自分に合ったお店で働くことをおすすめします。

その職種の向き不向きとは?

飲食店での仕事の向き不向きは、経験があるか無いか、容量がいいのか悪いのかだと思います。

以前に飲食店での経験がある方はある程度の仕事内容も把握していてすぐに仕事にも慣れすらすらと働けるようになると思います。

新しく覚えることは外国人のお客さんの対応ぐらいだと思います。

しかし、飲食店での経験がないとまず仕事を覚えないといけないうえに外国人のお客さんの対応も覚えないといけないため普通の飲食店で働くよりは難しいと思います。

容量がいい人は飲食店で働くのが初めてでもうまくいくと思いますが、容量が悪いと覚えるのにいっぱいいっぱいになってパンクしてしまうと思います。

また、仕事に慣れるまでに時間がかかり1つの仕事をするのにも周りの人よりも時間がかかってしまうことがあるかもしれません。

警備員

警備員は空港の安全を守る仕事です。

空港の警備をしたり、ボディーチェックや荷物検査をしてお客さんの安全を守ったりします。

空港の警備員にはいくつかの種類がありますが、どれも高校を卒業していると就ける仕事です。

警備員の仕事により仕事内容はさまざまです。

空港の警備員になりたい方は前もってどういった警備の仕事があるのか確認しておくのがいいと思います。

その職種の向き不向きとは?

空港での警備員の仕事に向いている方は、責任感がある人だと思います。

空港やお客さんの安全を確保する仕事なのである程度の責任感は必要になります。

仕事により警備するところは空港だったり、お客さんの身の回りだったり異なります。

しかし、どちらの警備ももちろん安全を守るためのものです。

そのため責任感がないと努められない仕事になります。

また空港での警備員の仕事に向いていない方は、警備の仕事に対する気持ちが甘い人だと思います。

警備の仕事に対してどういった仕事をするのかなど、仕事内容などをはっきりと理解していない人だと何のために何の警備をしているのかがわからないと警備員の仕事は勤められないと思います。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

空港で働く面白みとは?

空港で働く面白みについてまとめてみました。

いろんな国の方と関われる

空港は日本人だけが利用する場所ではありません。

世界中からいろんな国の方が空港を利用します。

そんな中で仕事をしているといろいろな国の方と関わったり、いろいろな発見や驚きなどがあって楽しいです。

この国の人たちにはこういった特徴があるんだとかそういったことを知れるのもとても楽しいです。

日本にいてこれだけたくさんの国の方と関われる仕事は空港での仕事以外ないと思います。

いろんな国の方と関わる仕事をしてみたい方は是非、空港で働いてみてください。

自分の英語力が試せる

英語が好きな方には空港で働くことをおすすめします。

特に国際空港だと海外のお客さんの利用もとても多いです。

そのため、空港で働いていると1日1回は英語を話すことになると思います。

そのため自分の英語力をお客さんで試すことができます。

新しく覚えた単語を使ってみたり、自分の英語はどこまで通じるのか試してみたり、ふと気づくと前よりも英語がすらすらと話せるようになっていることだってあります。

また、英語を使って働いてみたいという方にも空港での仕事はおすすめです。

また、最近だと英語以外に中国語や韓国語を話せるスタッフを空港で募集しているところが多くなってきました。

中国語や韓国語が好きだったり、得意、または中国語や韓国語を使って働いてみたいという人にも空港での仕事は向いているかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は空港での仕事について、空港の仕事はどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向きなどについて解説してきました。

主に、職種とその仕事に対しての向き不向きだけをまとめたのでとても見やすくわかりやすくなっていると思います。

今回まとめられなかった仕事もありますが空港での仕事はたくさんの種類があります。

初めに空港での仕事はどんな仕事があるのか紹介しているので確認してみてください。

また、最後には空港で働く面白みについても書いてみたので皆さんに少しでも空港での仕事の面白さや楽しさについて知ってもらえたら嬉しいです。

空港での仕事はアルバイトから派遣、契約、正社員とありますのでたくさんの仕事の中から自分の好きなもの、働いてみたいものが選べると思います。

空港で働くのに憧れている、空港で働きたいと思っている人がいましたら、自分に合った仕事を見つけ一度働いてみてください。

空港で働くのは難しくはありません、自分がどういった仕事に就きたいのかについて、その仕事に就くのは可能なのか不可能なのかをよく確認してみてください。

そうすればきっと自分の就きたい仕事に就けるはずです。

実際に空港求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

空港求人