倉庫の仕事に関しては、短期派遣などをされた方はご存知ではないでしょうか?

私も昔派遣をしていた事があり、いくつかの倉庫で働いたことがあります。

誰にでも出来る仕事なのですが、体力はいると思って下さい。

では、倉庫の仕事内容や向き不向きなどについてご紹介いたします。

倉庫の仕事はどんな仕事?

倉庫の仕事というのは、誰でも出来る仕事ですね。

食品系や衣類、その他のものなどもあります。

ピッキングや梱包、仕分け作業、検品作業と言った感じです。

倉庫の仕事の大まかな仕事内容

主に軽作業というものですね。

よく勘違いされるのですが、簡単な作業という意味ではありません。

これは相手の認識にもよるのですが、主に作業自体は簡単ではあるということは間違いないでしょう。

作業は簡単でも体力がいる仕事でもあるので、勘違いだけはなさらないようにして下さい。

仕事上の役割とは?

役割は基本的に簡単なものが多いです。

検品作業のようなものはある程度慣れている人でないと、最初は行う事が出来ません。

難しいスキルがいらない作業でもあるので、男女共に関係なく作業をこなせますよ。

男女平等であると言っても良いのですが、大きな荷物を運ぶ際は男性が主となりますよ。

倉庫の仕事はどんな人に向いている?

倉庫の仕事はどんな人に向いているかと言いますと、ある程度若い層向けでしょうか。

男女共に平等で誰にでもこなすことが出来る仕事でもあるのですが、体力は必要となります。

また、自体は簡単で難しい作業は一切いりませんが、コツコツするのが好きであるという方向けですね。

ずっと同じ仕事をするため、単純作業が苦ではない方でないと向かない仕事でもあります。

コツコツするのが好き

同じ場所でずっともくもく仕事をするため、コツコツするのが好きという方には向いている仕事とも言えるでしょう。

簡単ではあるのですが、そこまで難しい作業はありません。

コツコツするのが好きな方も多く、特にコミュニケーションなど必要ではないです。

また、新しい仕事を覚えなくても良いというメリットもあるので、指示通りにやっていれば問題なしですね。

ずっと同じ仕事を行うかと言われると、その日によって梱包作業をするというのもあります。

大体新人の間は梱包作業はないですが、人手が足りない時などは別の場所に移動させられるケースも多いです。

単純作業が苦じゃない人

朝から晩までずっと同じ作業の繰り返しであるため、単純作業の繰り返しでしんどくないという方向け。

8時間くらい同じ作業であるため、嫌な人は嫌だと聞いたことがあります。

私もやった事はありますが、特に苦痛と感じたことはないです。

テレビやラジオなど一切ないため、退屈と言えば退屈かもしれません。

毎日同じ場所で仕事をするのか?と言われると、時期によって異なる場合もあるので注意して下さい。

イベントシーズンによっては内容が大きく変わることもあるのです。

ある程度体力がある

ある程度体力がないと本当にキツイですよ!

ずっと立ちっぱなしの仕事なので、座るのは休憩かトイレくらいしかありません。

ピッキング作業の場合はあっちこっち動き回らないといけないので、体力は結構いります。

体力はないと厳しいのか?ということですが、厳しいですね。

特に夏場や冬場の場合はキツイと思って下さい。

倉庫内なので冷房完備している訳ではないのです。

実際私が夏場働きに行った時は、扇風機しかありませんでした。

また、冬場の場合は着込めるのでマシでしたが、冷え性の人はキツそうでしたよ。

ある程度装備を考えて動かないと、地味に辛くなるので注意して下さい。

これは補足ですが、バイトか派遣で微妙に変わってきます。

バイトでしたら同じ場所で働くことは可能ですが、派遣ですと自分の家から遠い場所で働くことになりますよ。

単発派遣で働く方は多いのですが、交通費が支給されないということがあり、駅から結構歩くのでしんどいという方もいます。

責任感がある

単純作業で覚える事はなく、そんなに難しい訳ではありません。

しかし、1つ間違えればクレーム対象となってしまうので注意しましょう。

例として梱包作業の際、別の商品を入れてしまった、また作業中自分では気が付かなかったが商品を破損してしまったことなどある話です。

通販を利用されている方はご存知かもしれませんが、箱が崩れていたり汚い状態で届いたということはなかったでしょうか?

よくある話ではあるのですが、もし自分が反対にされたらいい気持ちにはならないでしょうね。

集中力がある

人間の集中力はどのくらい持つかご存知でしょうか?

金魚の場合は集中力は7秒と言われていますが、人間はそれ以下だと言われています。

集中力と何が関係あるのか?という事ですが、単純作業をされている場合集中力が途切れやすくなってしまう事が多いんですよ。

単純な作業をしているとどうしても集中力が切れてしまうという事はよくあります。

集中力が切れてしまった場合、ミスを誘発しやすくなりますので気をつけて下さい。

倉庫内作業だからとか何とかって手を抜く人が中にはいます。

仕事には下も上もないのです。

与えられた仕事が出来ない人間は、単純作業であってもやる価値がないですね。

結構男性でこういう人はいました。

倉庫で働くメリットとは?

メリットは結構ありますよ。

学生さんや主婦層向けと言っても良いですね。

お金が手に入りやすい、難しい作業がいらない、仕事は比較的に簡単この条件ですと軽作業良いなと思う方はたくさんおられます。

長期休みの場合は学生さんが働きに来られていたのが印象的でした。

夏の旅行や卒業旅行でお金を貯めている方も多かったですよ。

仕事が簡単

難しい作業がいらないため、初めてバイトされる方でもおすすめです。

年末年始や夏休みシーズンなど、学生が結構短気派遣で稼ぎに来られていたのですが、ほとんどの方はバイトをした事がない方ばかりでした。

忙しくてバイトどころではなく、決まった時間にも入ることが出来ないので、短気派遣で倉庫仕事をするのがありがたいと聞いたことがあります。

覚えることもいりませんし、1回程度であればすぐに忘れてしまいますからね。

それでも出来る仕事なので、学生も主婦層もありがたいという訳です。

難しい作業がいらない

仕事というのは難しい作業を覚えなければいけないのですが、そういうことは一切ないので仕事が出来ないという方でも自信をもって出来るでしょう。

普通の仕事が出来ないから派遣に流れたという方も少なくないのです。

多少責任感は必要ですが、簡単作業なので誰にでも出来るという所が大きいとも言えます。

誰にでも出来るとはお伝えいたしましたが、実は出禁になってしまうこともあると思って下さい。

めったにないことなのですが、あまりに仕事が出来ない方は派遣会社側にこいつは来るなと言われてしまいます。

実際そういう人にあったことがあるのですが人の話を聞くわけではなく、仕事が出来ないのにこれが良いと教えようとした人がいました。

難しい作業は必要ありませんが、指示が理解できないのは致命的です。

よほどな人でない限り出禁になることはないのですが、ミスには注意しましょう。

お金が手に入りやすい

短期派遣での倉庫仕事は結構多いです。

派遣ですとその日でもらえることも出来ますし、決まった曜日に振り込んでもらえる事が出来ます。

どこの派遣も同じという訳ではなく、派遣会社によって異なります。

近い内にお金が欲しいという方にはおすすめです!

振り込みに関しては指定の銀行でないと振り込みが出来ないので、決まった曜日になってもらいに行く方もいました。

私は当時副業で倉庫仕事の派遣をやっていましたが、結構良かったですよ。

その後のキャリアについて

倉庫内作業に付いた後のキャリアアップについては、技能や経験は間違いなく養われることでしょう。

しかし、倉庫内作業でキャリアアップを見込めるか?と言われると難しいですね。

それ以上のキャリアは望めるか?と言われると、立場は特に変わらないからです。

この経験を生かせる事が出来るかどうかを考えた方がよいかもしれません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

倉庫内作業ってコツコツする仕事、集中力が必要と言われています。

コツコツするのが嫌にならなかったり、集中力を高めることが出来ます。

集中力はミスをしなくなるので、経験を生かすことは可能です。

全ての経験は無駄ではなく、何かに生かせることは出来ますからね。

普段集中力がない人は、集中力を養うのに最適な仕事ともいわれます。

自分にあった倉庫仕事の求人の選び方や注意点

倉庫仕事の求人の選び方なんていくらでもあります。

ただ住んでいる地域によっては、近くではなく隣りの県に移動しなければ行けませんので、朝早いのが苦手という方には向きません。

夜勤の倉庫仕事はそんなにないので、大体は朝から夕方までであると思って下さいませ。

残業があるか?ということについてですが、あくまでも任意ですね。

どのくらいの残業になるかという件ですが、大体1時間程度でしょうか。

働き方

倉庫仕事は基本的に短期派遣でお世話になることが多いです。

それ以外は引っ越し屋の梱包などや食品系の製造などが近いですね。

求職中の男性や学生、主婦や独り身の女性が働いています。

独り身の女性の場合、主に精神的な病気や身体的な問題によって働けなくなってしまったという方というのを聞いたことがありますよ。

気楽に休みを取りやすいし、人間関係を気にせず働けるのが良いと言っていた方もいます。

私も短期派遣で働いていた際、倉庫仕事を何回かさせてもらいましたが、一期一会程度で終わる方ばかりでした。

たまに前回一緒になった方と被ることはあります。

そういう人から情報をもら得るというラッキーな部分も存在しますよ。

どういう仕事や環境か

実際やってみないとわからないこともいくつかあるのですが、自分に合っているかと言われると難しいです。

中にはめちゃくちゃ体力を使う所もありますからね。

梱包でも腰を酷使することがあるので、終わった後は腰痛になってしまったなんていうことも多いです。

その為継続的に腰が痛くなってしまったという方もいますので、1回やって無理だと悟ったらそれ以上は止めておきましょう。

こういうのって体験してみないとわからないものなんですよね。

また、環境に関してはほこりっぽい所ではないかというのも注意して下さい。

結構アレルギー持ちの方ですと、ほこりやハウスダストなどで反応してしまうことがあるのです。

そういう場合はマスクを持参されている方もいます。

私が行った倉庫はマスクを支給してくれる所ばかりでした。

求人に関しての口コミ

事前に口コミは調べておいた方が良いですね。

色んな求人は多いのですが対応がちゃんとしていないとか、派遣先の場所があまりにも悪かったという所もなくはありません。

一番ひどかったのは連絡すると言っておいて、何もなかったという派遣先もあったほどです。

後で調べたのですが男性向けのものが多かったそうで、女性はそんなに仕事はなかったという口コミを見ました。

別にそれならそれでいいのですが、職員から特にそういうことは言われていないので時間がとても無駄になってしまいました。

本当に調べておいて損はないですよ!

仕事の選択方法

仕事の選択方法に関してですが、短期派遣で倉庫仕事を探すのは良いなと思いました。

何故なら色んな倉庫仕事を体験できるからです。

場所にもよりますが派遣先によって、は派遣先から前日に連絡が来て行けるかどうかというをこと言われます。

これはかなり古いやり方なので今ではないかもしれませんが、時間関係なくかけて来られるので迷惑でした。

現在は携帯から探すことが出来る上に、前日ギリギリではなく何日か前から予約しておくことが可能なのでありがたかったです。

色んな場所をチョイス出来るのですが、ただ1回選んでしまったらキャンセルが出来ないのはとても困りましたね。

短期派遣はキャンセルしてしまうと、お仕事を紹介する優先順位が下がってしまうので、なるべくキャンセルしないようにして下さい。

まとめ

倉庫仕事は雨風しのげますし、嫌いではなかったです。

季節によって倉庫内の温度は変化しますので、水分の補給はしっかり行って下さい。

何分夏場は暑いので、猛暑日ですと熱中症で倒れてしまったという方もいます。

自分は大丈夫だと思っても、迷惑がかかるのは周りなので体調には気をつけておきましょう。


関連キーワード

倉庫求人