キャリアアドバイザーとしての転職を成功するためには、どのような点に注意をすればよいのでしょうか?

人材紹介会社は各企業の個性をアピールするために、様々な情報を発信していて、迷うこともあると思います。

今回は、特に転職にあたって注意してほしい内容をご紹介します。

「キャリアアドバイザー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「キャリアアドバイザー」の仕事例をチェック

キャリアアドバイザーの転職で注意したほうが良い4個のこと

キャリアアドバイザーの転職で注意したほうが良いこと1:働き方

職業紹介を行う人材紹介業の会社では、「片手」と呼ばれる、法人営業とキャリアアドバイザーの仕事を分離している働き方と、「両手」と呼ばれる、一人の社員が法人営業とキャリアアドバイザーを兼務している働き方の両方があります。

片手の場合は、多数の営業先や求職者にアプローチでき、専門性を持ってサポートができる一方、求人内容や募集者が求める人材像などに対して理解が浅くなる傾向があります。

一方で、両手の場合はクライアントと緊密なコミュニケーションが取れる一方で、法人営業もキャリアアドバイザーも行うため体力勝負になったり負担が大きくなったり、対応範囲が狭くなったりします。

それぞれに良いポイントがありますので、どちらが良いとは言えませんが、片手から両手、もしくは両手から片手など、異なる働き方になる場合は準備が必要でしょう。

キャリアアドバイザーの転職で注意したほうが良いこと2:残業の扱いについて

キャリアアドバイザーは求職者のケアをしていきますが、求職者が在職中の場合は、平日の昼間に面談したり面接に行ったりすることが難しくなります。

早朝や深夜、または土日祝日など、カレンダー通りの業務からはみ出す部分が多く出てくることも事実です。

とはいえ、多くの会社が平日の定時を定めていることも事実ですから、自然と定時外の業務が出てきてしまいます。

このようになった場合、定時外の業務対応を「残業」として扱うのか、それとも簡単なシフト制を組んで早出・遅出や休日出勤の代休を付与するのかは会社によってことなります。

例えば、人材がそろっている大手企業から、小規模な会社に転職した場合などは、その違いに驚くかもしれません。

どのような形式で業務を行っているのか、事前にしっかりと確認しておくことが必要でしょう。

キャリアアドバイザーの転職で注意したほうが良いこと3:各種手当・福利厚生

キャリアアドバイザーを雇用するような人材紹介業は、各企業ごとに様々な福利厚生を実施しています。

例えば、一定距離内に住めば住宅手当がつく、資格取得の費用に負担が出る、一定期間ごとにかなり長期のリフレッシュ休暇が取れるなど、通常の産休や育休等に加え、独自の制度を運用している会社も多くあります。

このため、転職の際に、どの制度が固有の制度であり、どのようなルールを運用しているのか確認しておかないと、受けられるはずの福利厚生が利用できるのか、もしくはどのようなタイミングの転職の場合利用ができないのか、十分に確認しておく必要があります。

キャリアアドバイザーの転職で注意したほうが良いこと4:会社の方針について

人材紹介業の会社は基本的に自社の人材を大切にし、長く働いてほしいと思う会社が多いようですが、一方で即戦力を求め、結果を客観的に判断していくような戦略の会社もあります。

また、株主が変わったり、大手グループに加盟したりすることで、方針が極端に変わることもあります。

人材の考え方はそのまま求職者の方のサポートにも反映されますし、キャリアアドバイザーの方にとって理想のサポートを行うことは大切なことだと思いますので、方針の確認は非常に大切でしょう。

「キャリアアドバイザー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職を成功させるためにやるべきこと1:キャリアアドバイザーをしっかりと見る

転職する際には、ぜひその会社のキャリアアドバイザーと話をしてみましょう。

サポートサービスを利用できるようであれば、ぜひ使ってみてください。

キャリアアドバイザーは、その会社の方針を表している一番わかりやすい例ですし、実際のその会社のサービスを体感することで、理想とする仕事ができそうかどうか、しっかり確認してください。

特に、転職で迷った状況になった際に、その会社のキャリアアドバイザーが取る方針や手段は、そのまま会社の手段に直結している可能性が高いです。

求職者目線で一番良いサポートができそうかどうか、見極めましょう。

転職を成功させるためにやるべきこと2:求人内容と雇用契約書をしっかりと確認する

求人内容を確認することはもちろんですが、雇用契約書も必ず細かく確認してください。

人材紹介業の会社は雇用契約書を作成・チェックするプロフェッショナルです。

また、人材会社であることからも、独自の福利厚生や各種手当を用意していることが多く、聞いたこともないような福利厚生が用意されている可能性もあります。

雇用契約の際にはしっかりと確認し、よくわからない内容は認識に間違いがないか十分に確認しましょう。

転職を成功させるためにやるべきこと3:退職者に話を聞く

可能であれば、退職者に話を聞くのも非常に有効です。

人材業界は横のつながりも多く、キャリアアドバイザー同士の人脈も強いケースが多いです。

人脈をたどって退職者に話を聞くことができる場合、しっかりと聞いておきましょう。

退職するということは何かしらに不満を持って退職していることがほとんどですので、個人的な感情については冷静に把握しながらも、入社前に把握している情報と差がないか確認しておきましょう。

転職するに当たっての必要な心構え

転職するに当たっての必要な心構え1:独自の文化に慣れる

人材紹介業は、基本的には求職者と応募者をマッチングするというビジネスモデルで、業界の基本的なやり方は大きく違いがありません。

とはいえ、各企業ごとに個性を出してサービス展開をしており、細かい方針ややり方などで違いがでるのも致し方ありません。

キャリアアドバイザーの業務に慣れている方は、異なる方針や業務の進め方に戸惑うこともあると思いますのが、まずは新しい会社の方針を理解し、受け入れられるようにしていきましょう。

転職するに当たっての必要な心構え2:情報漏洩等に細心の注意を払う

同業で転職する場合には、元居た会社にも、新しく行く会社にも、きちんとした礼儀・礼節をもって接し、情報を漏洩しないように徹底的に注意することが必要です。

キャリアアドバイザーは個人情報に非常に多く接することになりますので、おそらく入社前に個人情報の取り扱いについて誓約事項に同意しており、また、場合によっては退職後の同業他社への転職に制限がある場合もあるでしょう。

個人情報や業務内で得た情報はその会社に帰属するケースがほとんどですから、無意識でもうっかりでも漏らすと大変なことになってしまいます。

情報漏洩には細心の注意を払い、絶対に起こさないようにしましょう。

実際にキャリアアドバイザーの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!




キャリアアドバイザー求人についてもっと深堀りした情報を見る

キャリアアドバイザーとはどんな仕事?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

超高齢化社会と言われている日本では慢性的な人手不足に悩んでいる企業も少なくありません。求人広告では莫大な求人の中から、自分の合っている仕事を選ぶのが難しいと考えている人も増えています。そんなお悩みに寄り添って活躍する「キャリアアドバイザー」という職業はご存知でしょうか。このような状況からキャリアアドバイザーの需要が高まっており、求人を目にする機会も多くなってきたかと思います。今回はキャリアアドバイザーとはどのような仕事なのか徹底解説致します!キャリアアドバイザーとはどんな仕事?仕事を探している人と採用したい企業を結びつけるお仕事です。仕事を探している人のキャリアプランや希望条件を伺い、希望条件

キャリアアドバイザーの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

皆さんは転職の機会があった際にはどのようにして転職活動を行いますか?自分で求人広告をみて応募する人や、ハローワークで探す人もいるかと思います。キャリアアドバイザーは通常、転職エージェントや人材紹介会社、派遣会社に配置されていてお仕事探しのお手伝いをする職業を指します。昨今、仕事を探す側は売り手市場と言われていて、法人側は良い人材の確保に苦慮しています。その為、求職者側は就職先の選択肢が多い分、どのポイントを重要視して探したら良いのか、自分にとって本当に良いと思える法人がわからなくなってしまって、選択を誤ってしまう方も多いと思います。職業の選択肢が多くなってきたからこそ、キャリアアドバイザーの介

キャリアアドバイザーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

キャリアアドバイザーの年収ってどれぐらいだと思いますか?そもそもキャリアアドバイザーとは求職者の相談役やサポートをする職業ですが、様々な会社があり、また聞きなれない手当などもあるため、結局どれくらいの給与水準になるのかよくわからないケースがあると思います。この記事では、そんなキャリアアドバイザーの給料事情について、詳しくご紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までご一読いただければ幸いです。キャリアアドバイザーの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合新卒の入社の場合は、ある程度のモデルケースがあります。A社…250万円~(月給18.7万円~)B社…360万円~(月給30万円程度)C