人事職に転職を希望したいけれど、このご時世どの転職サイトが一番転職に有利なのか見分けがつかないなんてお悩みの方はいらっしゃいませんか?

人事職の転職理由を希望しているのに、転職サイトのホームページを開いてみてもどの職種なのかとかどの業種なのかとか、そんなことから悩み始めなければなりませんよね。

便利なサイトが多い分、選ぶ側に立つと何から始めていいかわからなくなってしまいます。

まさに検索をしても、求人がどれだけのことを書いていたとしても、内容が細かすぎて全くほしい情報がわからないこともしばしば・・・。

では、ここで人事職の転職について、どのように選択すればわかりやすく手っ取り早く転職を成功のものにするかどうかを考えていきましょう。

今転職活動に足を止めてしまっている方にはぜひ、人事求人選びの参考にしていただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「人事」の仕事例をチェック

人事で求人をお探しの方へ

まず、転職をするにあたって人事職の求人を探すとなると、正直限られた求人になります。

人事職と表記されている求人には、人事指導や人材教育、勤怠管理などの従業員の勤怠環境を管理する仕事に限られてきます。

部署もそういった部署を構えているところで求人が出されたりすることが多く見受けられますので、人事職のキャリアや総務職のキャリアがある人が望ましいです。

そういった経験が、アピールにもつながりますし未経験の方でも、前職がどのような職種だったかによって人事職の業種としては光るものがあります。

人事の業務内容

主に上記に記載した従業員の勤怠環境を把握する業務もそうですし、その他人事関係の書類作成、手続き代行なども業務の一環です。

人材採用

どの方も人事という職務内容を想像すると一番浮かんでくることが人材採用関係だと思います。

新卒、中途など、様々な人材を採用するにあたって精査し、その後の書類手続きを行う仕事です。

社員評価・考課

従業員の評価を精査するのも人事の仕事です。

社内規定に沿って昇給、賞与などの査定に関わる仕事でもあります。

従業員の人事関連は会社によってどこまで関わってくるかは各会社によりけりですが、一番関わりの深い部署であることは間違いありません。

社員育成

研修制度を設けている会社などでは、人事職が主に進行役やカリキュラムまでを進行役として担うこともあります。

初任者研修や中途研修などの研修場所のレジュメ作成も、その担当者が行うことが多いようです。

労務など

労務環境の確認をします。

主に所属している従業員の労務状態のチェックを行うことがほとんどですが、本部勤めや支部勤めであれば、集計した労務管理をまとめてチェックすることもあるようです。

何十人何何百人とチェックしていかなければなりません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

人事求人の選び方

まず人事職について、ざっくり説明したのには理由があります。

それはある程度人事職の職種を抑えておかなければ、求人情報の情報をしっかりと吸収することができないからです。

大まかにいうと、人事職というものは「人」と関わる仕事であります。

ですがその中でも細密に職種内容が変わってきます。

大雑把に見えるけれど、中身は様々な仕事が詰まっている業種でもあるのです。

では、その漠然とした人事職の求人をうまく見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。

ここからが、本題になってきます。

業務内容

まず、ここをしっかりと読みましょう。

ここを大雑把に書いてあるかどうかで会社の規模がまずわかります。

ここを細密に書いてある人事職の募集している会社は、「人事職」という部署がきちんと置かれている部署です。

また、大雑把に書いてあるところは「総務関係」などの人事以外の業務も兼任する子会社または中小企業体と見分けがつきます。

他業務との兼業の場合もある

業務内容で把握できるという部分では、業務内容がいかに求人内容で重要なのかがわかります。

ここがまず人事職との転職の枝分かれと思ってもよいでしょう。

「人事職のみを扱っている部署の仕事に就きたい」「総務関係や経理関係の仕事と兼任して、小規模でたくさんの仕事ができる人事職に就きたい」様々な考えをもって、個々のニーズに沿った転職方法を選択できると思います。

人事アシスタントの求人もある

中には、アシスタント業務を募集している場所もあります。

アシスタント求人は業務補助の役割としての業務内容がメインですので、補助ではなくガッツリと仕事をしたい!という方にはおすすめできません。

ですが、アシスタント経験というものは将来人事職に就く上で、他の人事職の方がどういう仕事をしているのかを傍で見ることができますし、職場によってはアシスタントから昇格するところもあります。

じっくり勉強したいという方にはおすすめしたい求人です。

勤務地

もちろん、人事職に限ったことではありませんが、都市部に行けば行くほど仕事は多いです。

地方に比べると、求人内容も大きな差がありますし、賃金内容も違います。

ここも仕事というスタイルに何を重きに置いているかが勝負です。

地元で仕事がしたいという方、都市部で力を発揮したいという方、それぞれ「働きたい場所」で働くことをお勧めします。

給与

求人内容に書かれているものの中で、一番信用してはならないものが「給与」の項目といっても他言はありません。

正直、どの求人を見ても、自分が一か月でどれくらい給料をもらえて、一年経ったらどれだけ昇給するかなんて細かいことを書いたものって見たことないですよね。

「おおよそ」という言葉を使ったり「約」という言葉を使ったり、各種手当がつくと書いてありますが、実際にもらえる給料がどのくらいなのか知りたいですよね。

そんな時は、自分の中でほしい金額を「給与の明記金額」で見比べてください。

そこからその会社の手当はいくらかかるのかなど、求人広告に載っている給与体系の情報をしっかりと固めて見比べましょう。

確かに給与面でもらえる額というものは非常に重要です。

しかしここでもっと需要なのは「手当がいくら出るか」なんです。

ここで転職がうまくいくか行かないかの選択肢が発生するのです。

雇用形態

就業の雇用形態は、転職を希望した際の希望雇用形態で問題ないでしょう。

正社員・契約社員・パートなど、様々な雇用形態で求人はあります。

勤務時間・残業

始業時間と終業時間も需要になってきます。

自分自身の生活サイクルで、どの時間帯に働きたいか、どの時間に出社して帰宅したいかという希望が合う時間帯の会社を選ぶとよいでしょう。

人事職であればほとんどが日中の時間帯で募集している求人が多いはずです。

また、残業時間も要注意項目です。

ここは取得年間休日を算出している数字と比較して残業代を計算しましょう。

禁煙ではノー残業デーを謳っている企業が多いですが、まだまだ残業をせざるを得ない状況の会社がほとんどのはずです。

その現状を残業時間だけで見るのではなく、年間休日と比較すると、求人に書いてある残業時間は少ないけど年間休日も少ない気がする・・・といった疑問が生まれてきます。

そういった企業は、転職の際、残業がなるべく少ないところがいいという希望をしている人にはあまりおすすめできません。

なぜなら残業をしない代わりに休日出勤をしている可能性があるからです。

仮に、前職の会社よりも満足のいくような残業時間であれば、それに越したことはありません。

応募条件

ここは求人条件としては必須です。

この項目に企業が求めている人物像が文面で書かれています。

ですが、ここで注意なのは「すべてが当てはまらなくてもよい」ということです。

「すべて当てはまる人」と書いてある求人は例外ですが、ほとんどは「いずれか」と表記されている求人媒体が多いはずです。

いずれかが当てはまっていたら求人を応募する権利があるということです。

仮に、気になる求人の条件に見合わなかった人物像でも、条件をよく読んで「あと少しでクリアできそう」という状態でしたら、求人媒体先に相談してみるのもよいかもしれません。

求人を出してまで人の手がほしいぐらいの企業ですから、相談することで思わぬチャンスが来る可能性がありますよ。

いかがでしたしょうか。

ここまでお話をしたことは、人事職以外の求人内容も大いに関わってくる話も少し交えてのことが多かったと思います。

ですが、人事職というものは幅が広いもの。

簡単には絞れません。

そこをどうポイントを押さえて転職につなげるか、あなたが見極めなければなりません。

こんな人が求められる

人事職に転職をするにあたって、企業がどんな人物を求めていかというところですが、もちろん各企業によって違ってくるのは当たり前です。

では、人事職として求人を出している企業はどんな人物を求めているのでしょうか。

人事職としての求められるスキルをまとめてみました。

人事経験のある

この経験は非常に大きいのです。

人事職の経験があるということは、企業で人事精査ができるということになります。

ある程度人事の手順を踏んだことがある人物像というだけで、企業側はのどから手が出るほどだと思います。

即戦力は非常に有利だと思えます。

事務職の経験がある

こちらも経験としては非常に有利です。

基本的に事務職は内勤型の事務処理も多い職種です。

事務職といっても多岐にわたりますが、まず一つは事務を経験していたという強み。

そしてもう一つは事務の何を経験していたかという強みになります。

仮に、人事職を希望して転職した企業に「総合職」採用を貰ったら、企業側も将来的に多様な部門に活躍できるのではと期待される可能性もあるからです。

マネージメントの経験がある

管理職というマネージメント業務を経験していた方は有利だと感じます。

人事経験で必要なものは「人を精査する力」です。

管理職などの人と関わる機会が多い業務経験は有利です。

労務や人事に関する資格があると有利

労務関係の時間管理に携わっていたり、人事関係の手続きに関わっていた業務の経験がある人は有利になります事務職に付加を与えるように、有益な情報になるでしょう。

労務関係の知識があれば、業務としては即戦力になります。

では、ここまで自分自身のスキルと向き合ってきたのに、実際に求人選びに失敗してしまったら元も子もありませんよね。

ここでようやく良い求人選びのポイントに移りましょう。

求人の探し方

まずは人事内容の「職種」を選択しましょう。

漠然と選択に迷っている人は、とりあえず人事や総務関係のサードにチェックを入れて検索をかけます。

そこから、様々な求人を見て、気になる求人をひたすらチェックしていきます。

そうして求人を見極めて、どの求人が良いかをじっくり選びましょう。

人事は欠員を補充するための求人がほとんど

もちろん、求人を出している企業側は「即戦力」がほしいに決まっています。

ですが、そこは今捨てましょう。

企業に気を遣って「この企業はハードルが高い」なんて思ってしまわないでください。

あえて「やる気」さえあれば条件はクリアしているはずです。

求人情報は沢山集めよう

ほかの求人媒体と比較して、どんな求人が良いかを見て決めるほうが良いでしょう。

何が良い求人かということがよくわかります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



人事求人についてもっと深堀りした情報を見る

採用企画とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

皆さんは「採用企画」という言葉を聞いたことはありますか?採用関連に携わっている人にはお馴染みの言葉だと思いますが、それ以外の方にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。そこで今回は、採用企画とは実際にどのような業務を担う仕事なのか、そして、この仕事に従事した場合の給与など、この言葉を初めて聞いた人にも分かりやすいように解説します。採用企画とはどんな仕事?実際、採用企画とはどういう仕事なのでしょうか。会社が人を採用する場合、大きく分けて正社員として正規採用する場合とアルバイトとして臨時採用する場合があり、前者には新卒採用か中途採用があります。また、状況に応じて、非正規採用として派遣社員を利用する

人事の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

まず初めに私の経歴を紹介します。私は新卒で某銀行に入社しました。最初の仕事は法人営業の担当者で、主な業務は融資でした。それ以外にも、オーナーの個人資産の運用や生命保険の販売など、ここには書ききれないくらいの業務を行っていました。そういった仕事を3年ほど経験した後、人事部に異動し、採用チームに属していました。そこで今回は、人事部の採用チームでの業務内容を簡単にご説明します。また人事部は採用以外にも様々な業務を行っています。そこについても触れながら、人事の仕事のやりがいについて紹介していきます。人事の仕事ってどんな仕事?人事の仕事といっても様々あります。私の部署は「人事部」でした。企業によっては「

人事の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職を考える方のほとんどは、「前職よりもメリットの多い職場に転職すること」を目標としていると思います。実際に転職をしても現職よりメリットの少ない場所ですと「良い転職をした」とは言えません。その中でもここでは「人事職」に転職を考える人で人事職はどのような給与・年収になるのかについてをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。人事の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合になると、総支給額の平均は18万円から20万円になります。新卒からの入社になりますと、基本給換算として給与が算出されるため、入社する企業によって給与に違いが生じます。人事の給与というと、比較的高い方

人事辞めたい人の4個のよくある理由とそれの対策とは?

皆さんこんにちは。今回はスーパーの人事の仕事を紹介させていただきます。今回のテーマは少し変わっていて、人事を辞めたい人のよくある理由とその対策ということで、特に人事部門で仕事をしている人に対する考察となっています。人事部門はどの企業にも存在しますし、実際に担当している人はもちろん、全く関係のない部署の人にとっても、役職としては身近なものでしょう。そんなどこの企業にもある人事の人知れない悩みについて、今回は紹介させていただきます。人事を辞めたい人の4個のよくある理由とは?人事部門は経営資源である「人、モノ、金」の内最初に来る「人」を扱う仕事として、企業内でも最も重要な役割を担っている部署です。し

人事総務の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

会社や事業所のほとんどに置かれる部署である人事総務では普段、一体どのような仕事をしているのでしょうか。ここでは、その業務内容から向き不向き、人事総務の仕事で活かせる経験などについてお話ししていきたいと思います。一度人事総務の仕事を経験すると、その後の転職やキャリアにもメリットはたくさんあります。どんな仕事をしたいか悩んでいる方や就職活動にもぜひ参考にしてみてください。人事総務ってどんな仕事?会社の規模によっては人事と総務が分かれている場合もあります。また、地域密着型の小中規模の企業の場合、人事と総務を兼ねて業務を行なっているところも多いでしょう。どちらの形態にせよ、業務としては主に企業全体の労

人事部の仕事内容は?向いてる人・向いてない人の特徴もご紹介!良い面・辛い面も教えます

今回は人事部の仕事内容について紹介させていただきたいと思います。皆さんは人事部の仕事と言うとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?印象は人によって様々ですが、全体的に「冷たい」とか「会社のためには冷静に行動する」とか、あまり人情味のない人が働いている部署といったイメージがあるのではないでしょうか。確かに人事の仕事は全従業員にとって公正な判断をするために、時には冷静に行動しなければいけないこともありますし、人事異動や退職勧告など、会社の為に1人の従業員の人生に関わることを決定しなければいけない場合もあります。その為、時には従業員に恨まれたりもしますし、何かと孤立しがちな仕事であるとも言えます。

人事採用とは?どんな人に採用の仕事が向いている?向いている人の特徴を教えます!

誰もが就職や転職する時にまず面接してもらうのが、人事担当者ですよね。今回は人事採用の仕事について、ご紹介したいと思います。人に関わる最初の仕事である「採用」の仕事とは一体どんな内容なのでしょうか?向き不向きはあるのでしょうか。人事採用の仕事に活かせる経験や働くメリットなどもお教えいたします。企業にとって重要な人材を採用する仕事に興味がある方は是非参考にしてみてください。人事採用はどんな仕事?人事部門のお仕事は大きく分けて3つあり、「採用」「教育」「人事管理」に区分されますが、これら3つのお仕事は独立しているわけではなく、全て繋がっており、人事部門の最終目的である「会社に貢献できる人材を創る」と

人事正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

企業の採用試験を受けるときにまず、一番最初に出会う方。それが人事所属の人。ということから、採用関係の業務を担っている部署であることはわかるものの、他にはどのような業務をする部署なのでしょうか。今回は、人事の正社員で働きたいと希望する人に送る、人事正社員求人のお仕事の内容や年収、働くにあたり大切なことなどを紹介します。人事の仕事とはどんな仕事?人事とは企業内における、人材の管理を行う部署です。新しく人材を採用するための業務はもちろん、働いている社員の評価の管理、社員のスキルにあわせた社員研修の企画実行、適材適所に人材を配置するための人事異動など業務は多岐にわたります。人事正社員の大まかな仕事内容

人事担当が会社で困っている15個のこと。人事の辛さも分かって欲しい!

現代では、公営から民間まで様々な働く場所で「人事担当者」がいます。実際に人事職に就いてみると、沢山のことを経験し沢山のことを学ぶでしょう。この記事をご覧いただいている方の中には、将来人事職に就きたいと転籍を希望している人や、人事職に転職してみたいと希望している人も多いと思います。では、実際に人事職として働いていると、どういうことが起きるのか想像できるでしょうか?実際に働いてみないと分からないという方がほとんどだと思いますが、人事職に興味や関心を持っている方にとっては気になるところですよね。そこで今回は、人事職とは会社で実際にどのような立場であり、どのような働き方をしているのか、ということについ

人事採用担当の求人の選び方と3個のおすすめ基準

様々な仕事を経験して、「人事」という職に就きたいと思う方も多いと思います。前職で労務関係の仕事を経験された方や、人事職に実際に就いていた方、まったく異業種で経験されている方など、働いている人はすべての形で「人事職」とかかわりがあり、多少なりとも興味を持つことも多いはずです。そこで今回は人事職に転職したいとお考えの方に、どのように転職ができるかどうかをポイントとしてまとめご紹介させていただければと思います。ぜひ、転職活動のご参考までに。人事部門で採用担当のお仕事をお探しの方へ本来人事職に所属する人の特徴としては、従事している会社の勤続年数が長い人が転部するという形が一般的に多いともいわれています

人事が転職で成功するために注意すべき8個のこと

民間企業に勤めている方から公務員として働いている方など、この社会には様々な形、様々な場所で「働いている人」がいます。その社会人が働いている場所には必ず「人事職」があります。人事職は人を選別する仕事が主となるわけです。細かく言うと、総務的業務、経理的業務など、労務関係の業務に携わる一会社の雇用の基盤にもなる職種です。その職種に転職をしたいと思う人も多いと思います。やりがいのある仕事です。しかし現実は甘くありません。人事職としての転職は可能でしょうか、それとも無理難題なのでしょうか。そこで、今回は「人事職の転職」についてのポイントをまとめつつ、少しでも「人事職の転職」に有利に傾くよう解説していきま