人事職に転職したいけれど、どんな仕事内容が一番自分に向いているのか見分けがつかないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?

転職サイトのホームページで求人を探してみてもどの職種か、どの業種なのかなど、悩んでしまうポイントは多いです。

便利な転職サイトが多い分、求人を選ぶ側に立つと何から始めて良いか分からなくなってしまいます。

また求人検索をしても、求人内容がどれだけ細かく書かれていたとしても、全くほしい情報が分からないこともしばしば…。

ここで、人事職の転職についてどのように求人を探せば分かりやすく、手っ取り早く転職を成功できるかどうか見ていきましょう。

今転職活動で足を止めてしまっている方は、是非求人選びの参考にしていただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

人事で求人をお探しの方へ

まず転職をするにあたり、人事職の求人を探すとなると正直限られた求人数になってきます。

人事職の求人は、人材採用や人材教育、勤怠管理など従業員の勤怠環境を管理する仕事をはじめ、業務内容は多岐にわたります。

所属部署もそういう部署を構えているところで求人が出されるため、人事職や総務職のキャリアがある人が望ましいでしょう。

そのような経験がアピールに繋がりますし、もし未経験の方でも、前職がどのような職種だったかによって人事職の採用においては経験が光るものとなる場合があります。

人事の業務内容

先述の従業員の勤怠環境を把握する業務もそうですが、その他にも労務関係の書類作成、手続き代行なども人事業務の一環です。

人材採用

人事の職務内容を想像すると、一番先に浮かぶのが人材採用関係でしょう。

新卒・中途など様々な人材を採用するにあたって精査し、その後入社までの書類手続きを行う仕事です。

社員評価・考課

従業員の評価を精査するのも人事の仕事です。

社内規定に沿って昇給、賞与などの査定に関して、従業員のパフォーマンス評価を行います。

従業員に対する人事関連業務は会社によってどこまで関わるかは会社によりけりですが、一番関わりの深い部署であることに違いありません。

社員育成

研修制度を設けている会社では、人事担当者が主に進行役や研修講座のカリキュラム作成等を進行役として担うこともあります。

初任者研修や中途研修など研修時のレジュメ作成も、人事担当者が行うことが多いようです。

労務管理

従業員の労働時間管理や健康診断、福利厚生業務、安全衛生管理などの業務を行い、社員が安心して働くための土台作りをします。

主に所属している従業員の労務状態のチェック等を行うケースがほとんどですが、本部勤めや支部勤めであれば集計した労務管理をまとめてチェックすることもあるようです。

従業員数が多い場合、チェック量も多く大変です。

人事制度企画立案

人事制度というと給与や役職といった等級を思い浮かべますが、それらも含め社員のパフォーマンスを正当に評価し、適切に処遇できるようにするための基準や社内規程作成を行います。

その企業における人件費管理の指針となるものであり、評価指標は客観性が保たれているかなど高い専門性と広い視野が必要です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

人事求人の選び方

ここまで人事職についてざっくり説明したのには理由があります。

ある程度人事職の職種を押さえておかなければ、求人情報の内容をしっかりと確認することができないからです。

大まかに言うと、人事職というのは「人」と関わる仕事です。

また、人と関わる仕事の中でも細密に職種内容が変わってきます。

大雑把に見えますが、内実は様々な仕事が詰まっている業種でもあるのです。

では、その漠然とした人事職の求人内容について、ご自身への向き不向きを見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。

業務内容

まず、ここをしっかりと読みましょう。

ここが大雑把に書いてあるかどうかで、会社の規模がまず分かります。

詳細に業務内容が書いてある会社は、人事部がきちんと置かれている会社です。

一方、大雑把に書いてある会社は人事部が設置されておらず、総務部など人事以外の部署が人事部の業務も兼任している子会社、または中小企業である可能性があります。

他業務との兼業の場合もある

人事職の募集と謳いながらも他業務との兼業が必要になる恐れがある場合は、業務内容の記載から確認ができます。

ここを見分けることが重要です。

「人事職のみを担当する部署の仕事に就きたい」「総務関係や経理関係の仕事と兼任して、小規模で沢山の仕事ができる人事職に就きたい」など、ご自身のニーズに合った転職方法を選択するようにしてください。

人事アシスタントの求人もある

人事アシスタント業務を募集している企業もあります。

アシスタント求人は業務補助の役割としての業務内容がメインとなるため、補助ではなくガッツリと仕事をしたい! という方にはおすすめできません。

ただアシスタント経験は、将来人事職に就く上で経験として有利に働きます。

他の人事職の方がどのように仕事をしているのか傍で見ることができる上に、企業によってはアシスタントから昇格できるところもあります。

人事職の業務内容について実務経験を積みながら、じっくり勉強したいという方におすすめしたい求人です。

勤務地

もちろん人事職に限ったことではありませんが、都市部に行けば行くほど求人数は増えます。

地方と比較すると求人内容の差が大きく、賃金内容も異なります。

これについても、働き方のスタイルに関して何に重きを置いているかによるでしょう。

地元で仕事がしたい方、都市部で力を発揮したい方、それぞれ「働きたい場所」で働くことをおすすめします。

給与

求人内容の記載において、注意が必要なのが給与の項目です。

特に中途採用の場合、応募者の経歴やスキル、能力給等に応じて給与金額が変動するため、求人情報には目安の金額が記載されているケースがほとんどです。

「おおよそ」や「約」などの曖昧な表現を使ったり、各種手当がつくと書いてあるものの実際に貰える給料がどのくらいなのか知りたいところです。

そんな時は、自分が手取りとして欲しい金額を「給与の明記金額」で比較してみてください。

そこからその会社の手当はいくらかかるのかなど、求人広告に載っている給与体系の情報をしっかりと見比べましょう。

給与面で貰える額も重要ですが、手当がいくら出るかも同様に重要です。

雇用形態

就業の雇用形態は、転職を希望した際の希望雇用形態で問題ないでしょう。

正社員・契約社員・パートなど、様々な雇用形態で求人があります。

勤務時間・残業

始業時間と終業時間も重要になります。

自分自身の生活サイクルでどの時間帯に働きたいか、どの時間に出社して帰宅したいか、希望に合う時間帯の会社を選ぶと良いでしょう。

人事職であればほとんどが日中の時間帯で募集している求人が多いはずです。

また、残業時間も要注意項目です。

取得年間休日を算出している数字と比較して残業代を計算しましょう。

近年ではノー残業デーを設定していると謳う企業が多いですが、まだまだ残業せざるを得ない状況の会社がほとんどです。

残業時間だけを見るのではなく、年間休日と比較すると、求人に書いてある残業時間は少ないけれど年間休日も少ない気がする…といった気づきが得られます。

そのような企業は転職の際、残業がなるべく少ないところが良いと希望される方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、残業をしない代わりに休日出勤をしている可能性があるからです。

仮に、前職の会社と比較して満足のいくような残業時間であれば、特に問題はないでしょう。

応募条件

企業が求めている人物像が現れる項目です。

ここで注意が必要なのは、「応募時に全ての条件が当てはまらなくても良い」ということです。

「全て当てはまる人」と書いてある求人は例外ですが、ほとんどは「いずれか」と表記されている求人が多いはずです。

条件のいずれかが当てはまっていれば、求人に応募が可能ということです。

もし気になる求人の条件にご自身が見合わないと思われても、条件を「あと少しでクリアできそう」という状態であれば、企業側に相談してみるのも良いかもしれません。

求人を出してまで人材を募集している企業ですから、まずは相談することで思わぬチャンスが来る可能性があります。

こんな人が求められる

人事職に転職するにあたり、企業がどんな人物を求めているかについては、もちろん企業ごとに違いがあります。

次に、人事職として求められるスキルを見ていきましょう。

人事職の経験がある

人事職の経験があるということは企業での人事精査経験があることを意味するため、非常にアピールポイントになります。

ある程度人事職にかかる業務の手順を踏んだことがあるというだけで、企業側からすれば魅力的です。

即戦力として非常に有利だと言えるでしょう。

事務職の経験がある

こちらも職務経験としては非常に有利です。

基本的に事務職は、内勤型の事務処理が多い職種です。

事務職と言っても多岐にわたりますが、まずは事務を経験していたということ、そして事務職の経験内容が強みになります。

仮に人事職を希望して転職先の企業に総合職採用された場合でも、企業側から将来多様な部門において活躍できるのでは?と期待される可能性もあるからです。

マネージメント経験がある

前職で、管理職のようなマネージメント業務を経験していた方も有利です。

人事経験で必要なものは「人を精査する力」です。

管理職など上位役職の社員と関わる機会が多く、且つ統率力やチーム全体を俯瞰して見る力が求められる業務を経験したという点において、マネージメント経験は有利です。

労務や人事に関する資格がある

衛生管理者、産業カウンセラー、社会保険労務士などの資格をお持ちの方は有利です。

単なる事務職の経験に留まらず、ご自身の経歴に付加価値をつけることができます。

先の資格があれば、業務を行うにあたってはより即戦力に成り得ます。

コミュニケーションスキルが高い

人事職では、採用面接をはじめとして複数の応募者や社内における社員とのやりとりなど様々な人と関わる業務が発生します。

特に採用面接では限られた時間内で応募者の人物像を判断しなければならない上、良い人材であれば口説き落とすテクニックも必要です。

また社内における社員とのやり取りであれば、例として労務関係や人事評価等において中立な立場から社員との折衝に携わる必要があります。

そのため、高いコミュニケーションスキルが求められます。

機密情報を適切に扱える

人事職では、労務管理を行う際に必要な社員の個人情報をはじめ機密情報を扱うことも多いです。

また経営陣の右腕として企業経営において人材配置の面から戦略的な役割を担う部署であるため、企業の事業戦略や経営目標についても情報が多く入ってきます。

そのため、データや情報流出が起きてしまうと企業にダメージを与えてしまう恐れもあります。

気を配りながら慎重に業務を行う姿勢が求められるのです。

求人の探し方

最後に、実際の求人の探し方についてまとめます。

まずは転職サイト等にて求人内容の「職種」を選択しましょう。

漠然と選択に迷っている人は、まずは人事や総務関係にチェックを入れて検索をかけます。

そこから様々な求人を見て、気になる求人を一つずつ吟味していきます。

募集要項に条件が少しでも合えば、まずは応募しよう

もちろん求人を出している企業側は即戦力となれる人材を求めています。

しかし、ご自身が即戦力になれるか自信が持てず応募を見送ろうと思ったり、企業に気を遣って「この企業はハードルが高い」などと思わないでください。

やる気があり、募集要項の条件を完全ではなくとも少しでも満たしているのであれば、充分チャレンジできます。

まずは応募してみましょう。

求人情報は複数媒体を見て比較しよう

一つの転職サイトだけで調べるのではなく、複数のサイトや求人媒体と比較してみてどんな求人が良いかを決めましょう。

求人種別、内容など各社に応じて比較でき、何がご自身にとって良い求人か検討ができます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



人事求人についてもっと深堀りした情報を見る

採用企画とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

採用企画と聞いて、具体的にどのようなことをするのかイメージ出来る方も少ないはず。採用関連に携わっている人にはお馴染みの言葉だと思いますが、それ以外の方にはあまり馴染みのない言葉ですよね。そこで今回は、採用企画は実際にどのような業務を担うのか、そして、この職業に従事した場合の給与など、採用企画仕事というジャンルを初めて聞いた人にも分かりやすいように解説します。採用企画とはどんな仕事?実際、採用企画とはどういう仕事なのでしょうか。会社が人を採用する場合、大きく分けて正社員として正規採用する場合とアルバイトとして臨時採用する場合があり、前者には新卒採用か中途採用があります。また、状況に応じて、非正規

人事の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

まず初めに私の経歴を紹介します。私は新卒で某銀行に入社しました。最初の仕事は法人営業の担当者で、主な業務は融資でした。それ以外にも、オーナーの個人資産の運用や生命保険の販売など、ここには書ききれないくらいの業務を行っていました。そういった仕事を3年ほど経験した後、人事部に異動し、採用チームに属していました。そこで今回は、人事部の採用チームでの業務内容を簡単にご説明します。また人事部は採用以外にも様々な業務を行っています。そこについても触れながら、人事の仕事のやりがいについて紹介していきます。人事の仕事ってどんな仕事?人事の仕事といっても様々あります。私の部署は「人事部」でした。企業によっては「

人事の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

人事の年収事情をここで詳しくお教えしちゃいます。転職を考える方のほとんどは、「前職よりもメリットの多い職場に転職すること」を目標としていると思います。実際に転職をしても現職よりメリットの少ない場所ですと「良い転職をした」とは言えません。その中でもここでは「人事職」に転職を考える人に向けて、人事の給与・年収についてを具体的にご紹介していきます。転職を人事で年収アップを目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。人事の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合になると、総支給額の平均は18万円から20万円になります。新卒からの入社になりますと、基本給換算として給与が算出され

人事辞めたい人の4個のよくある理由とそれの対策とは?

皆さんこんにちは。今回はスーパーの人事の仕事を紹介させていただきます。今回のテーマは少し変わっていて、人事を辞めたい人のよくある理由とその対策ということで、特に人事部門で仕事をしている人に対する考察となっています。人事部門はどの企業にも存在しますし、実際に担当している人はもちろん、全く関係のない部署の人にとっても、役職としては身近なものでしょう。そんなどこの企業にもある人事の人知れない悩みについて、今回は紹介させていただきます。人事を辞めたい人の4個のよくある理由とは?人事部門は経営資源である「人、モノ、金」の内最初に来る「人」を扱う仕事として、企業内でも最も重要な役割を担っている部署です。し

人事総務の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

会社や事業所のほとんどに置かれる部署である人事総務では普段、一体どのような仕事をしているのでしょうか。ここでは、その業務内容から向き不向き、人事総務の仕事で活かせる経験などについてお話ししていきたいと思います。一度人事総務の仕事を経験すると、その後の転職やキャリアにもメリットはたくさんあります。どんな仕事をしたいか悩んでいる方や就職活動にもぜひ参考にしてみてください。人事総務ってどんな仕事?会社の規模によっては人事と総務が分かれている場合もあります。また、地域密着型の小中規模の企業の場合、人事と総務を兼ねて業務を行なっているところも多いでしょう。どちらの形態にせよ、業務としては主に企業全体の労

人事部の仕事内容は?向いてる人・向いてない人の特徴もご紹介!良い面・辛い面も教えます

今回は人事部の仕事内容について紹介させていただきたいと思います。皆さんは人事部の仕事と言うとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?印象は人によって様々ですが、全体的に「冷たい」とか「会社のためには冷静に行動する」とか、あまり人情味のない人が働いている部署といったイメージがあるのではないでしょうか。確かに人事の仕事は全従業員にとって公正な判断をするために、時には冷静に行動しなければいけないこともありますし、人事異動や退職勧告など、会社の為に1人の従業員の人生に関わることを決定しなければいけない場合もあります。その為、時には従業員に恨まれたりもしますし、何かと孤立しがちな仕事であるとも言えます。

人事採用とは?どんな人に採用の仕事が向いている?向いている人の特徴を教えます!

誰もが就職や転職する時にまず面接してもらうのが、人事担当者ですよね。今回は人事採用の仕事について、ご紹介したいと思います。人に関わる最初の仕事である「採用」の仕事とは一体どんな内容なのでしょうか?向き不向きはあるのでしょうか。人事採用の仕事に活かせる経験や働くメリットなどもお教えいたします。企業にとって重要な人材を採用する仕事に興味がある方は是非参考にしてみてください。人事採用はどんな仕事?人事部門のお仕事は大きく分けて3つあり、「採用」「教育」「人事管理」に区分されますが、これら3つのお仕事は独立しているわけではなく、全て繋がっており、人事部門の最終目的である「会社に貢献できる人材を創る」と

人事正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

人事正社員についてここでは詳しくお話しさせていただきます。企業の採用試験を受けるときにまず、一番最初に出会うのが人事所属の方ですよね。ということから、採用関係の業務を担っている部署であることはわかるものの、他にはどのような業務をする部署なのかご存知の方も少ないはず。今回は、人事の正社員で働きたいと希望する方に向けて、人事正社員求人の業務内容や年収、働くにあたり大切なことなどを紹介します。人事の仕事とはどんな仕事?人事とは企業内における、人材の管理を行う部署です。新しく人材を採用するための業務はもちろん、働いている社員の評価の管理、社員のスキルにあわせた社員研修の企画実行、適材適所に人材を配置す

人事担当が会社で困っている15個のこと。人事の辛さも分かって欲しい!

現代では、公営から民間まで様々な働く場所で「人事担当者」がいます。実際に人事職に就いてみると、沢山のことを経験し沢山のことを学ぶでしょう。この記事をご覧いただいている方の中には、将来人事職に就きたいと転籍を希望している人や、人事職に転職してみたいと希望している人も多いと思います。では、実際に人事職として働いていると、どういうことが起きるのか想像できるでしょうか?実際に働いてみないと分からないという方がほとんどだと思いますが、人事職に興味や関心を持っている方にとっては気になるところですよね。そこで今回は、人事職とは会社で実際にどのような立場であり、どのような働き方をしているのか、ということについ

人事採用担当の求人の選び方と3個のおすすめ基準

様々な仕事を経験して、「人事」という職に就きたいと思う方も多いと思います。前職で労務関係の仕事を経験された方や人事職に実際に就いていた方、全くの異業種で経験されていた方など、働いている人は様々な形で人事職と関わりがあり、多少なりとも興味を持つことも多いはずです。そこで今回は、人事職に転職したいとお考えの方に、どのように転職ができるかどうかご紹介します。ぜひ、転職活動のご参考までにご覧ください。人事部門で採用担当のお仕事をお探しの方へ本来人事職に携わる人の特徴としては、従事している会社で勤続年数の長い人が移動するという形が一般的に多いとも言われています。時々入社一年目から人事職に携わる人もいます

人事が転職で成功するために注意すべき8個のこと

民間企業に勤めている方から公務員として働いている方など、この社会には様々な形、様々な場所で「働いている人」がいます。その社会人が働いている場所には必ず「人事職」があります。人事職は人を選別する仕事が主となるわけです。細かく言うと、総務的業務、経理的業務など、労務関係の業務に携わる一会社の雇用の基盤にもなる職種です。その職種に転職をしたいと思う人も多いと思います。やりがいのある仕事です。しかし現実は甘くありません。人事職としての転職は可能でしょうか、それとも無理難題なのでしょうか。そこで、今回は「人事職の転職」についてのポイントをまとめつつ、少しでも「人事職の転職」に有利に傾くよう解説していきま