転職を考える方のほとんどは、「前職よりもメリットの多い職場に転職すること」を目標としていると思います。

実際に転職をしても現職よりメリットの少ない場所ですと「良い転職をした」とは言えません。

その中でもここでは「人事職」に転職を考える人で人事職はどのような給与・年収になるのかについてをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「人事の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人事の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正社員で新卒の場合になると、総支給額の平均は18万円から20万円になります。

新卒からの入社になりますと、基本給換算として給与が算出されるため、入社する企業によって給与に違いが生じます。

人事の給与というと、比較的高い方ではなく「事務職」と同じと考えていただくと理解しやすいと思います。

入社して勤続年数が長ければ長いほど給与の昇給や賞与が違ってくるのです。

正社員で転職した場合

では、転職としてはどうかというと、転職した際の「経験」や「資格」にもよりますが基本的に総支給額が18万円から25万円になります。

もちろんもっと貰っている人も多くいます。

転職する際に給与の差が出るところはずばり「人事の経験があるかどうか」「人事関連の資格があるかどうか」になります。

もちろん、資格所持や実務経験がある方は給与が上がりますが、未経験からの入社となると給与のスタートは新卒入社と変わりません。

パート・アルバイト

では、パート・アルバイトなどの雇用形態ではどうでしょうか。

パート・アルバイトの時給としては時給相場が950円から1100円、日給ですと8000円前後となります。

契約社員・時間単位のアルバイトなど、雇用形態によって給与の額は違いますが給与の違いは転職した場合の条件と同じです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は入社した月から入社した会社が規程としてある「一時金の査定月」に合わせて支給額が変わります。

また、賞与のもらえる金額も「労働組合」がある企業、「小規模」な事業所、労働組合が発生しない「法人」「公職」などの入社した場所によって賞与の支給額も違います。

基本給や労働賃金などの「月収額」は労働基準法によって固く「最低賃金」を守ることが法律で決められていますが「一時金」などのボーナス・賞与は規程がありません。

そのため会社によって賞与の額は違います。

昇給

昇給もまた給与の違いがあります。

昇給も入社した会社によって賃金の昇給額が違います。

昇給の詳細は求人などでわからない情報ですが、よく見られる求人内容として「○○歳・・・○○万円」といったモデルを表記しているところがあります。

年齢や給与幅によって見極める情報としては大切な項目となります。

各種手当

また、給与につく手当も大切になります。

家族手当、業績手当などが挙げられ、基本給に手当がつくことで給与の違いが大きく変わってきます。

この項目としては求人広告に「○○手当」と紹介されている箇所があります。

どのような手当がつくのかがわかりますので要チェックです。

給与が高い人は何が違うの?

では、同じ人事職に就業していても給与が違うなんてことは良くある話ですが、なぜ給与に差が生じるのでしょうか。

そこには様々な条件からくる理由があるのです。

スキル

もちろん、給与の差がつく理由の一つとしては「スキル」といった経験がほとんどになります。

同じ職場に就業していても給与が違うということは良くある話で、特に転職したときに同じ年齢なのにどうして違うのだろうかと不思議に思う方も多いようです。

その理由はまさに「以前人事職を経験したかどうか」になります。

スキルさえあれば給与も違いがあります。

役職

また、同じ職場でも「役職」などの管理的立場になると給与に違いが生じます。

役職が付くことによって管理責任が付加され、責任のある仕事を任されることがあります。

それらの責任を請け負う分「給与」に差がつくということなのです。

勤続年数

上記と同じタイミングで給与に差がつくのが「勤続年数」になりますこちらは昇給等がかかわってくるポイントとなりますが、勤続年数が長ければ長いほど入社したばかりの人と比べると給与の差が生じることがあります。

地域

意外と知られていないのが「地域手当」などの手当金になります。

こちらは勤務先によって支給していないところもありますが、住んでいる地域によって給与として地域手当が支給されることもあります。

また、都市部と郊外で働く意味では給与の差として「地域差」が生じます。

もちろん都市部のほうが給与平均は高いです。

その理由は企業自体の「運営利益」によります。

都市部のほうが、稼働率が高いことも踏まえ、人件費等に影響が出るのです。

資格

同じ職場で同じ仕事をしていても「資格」を持っているだけで「資格手当」として給与に差がつくことがあります。

資格手当を支給されることによって給与は確実に上がります。

「人事の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人事の給料の決まり方

基本給

新卒採用ですと、高卒・短大卒・大卒・大学院卒(修士・博士)などの学歴に応じて基本給が変わります。

転職の場合は学歴に加えて「経験があるかどうか」が給与の差額として生じます。

人事職の経験があることによって給与を上げてくれる企業もあります。

各種手当て

また、各種手当に応じて給与の差額は生じます。

扶養している家族がいるなら「家族手当」、資格を取得しているのなら「資格手当」など、入社した状況に応じて給与に変動があります。

人事で給料をあげるためにやるべき3個のこと

人事職として給与を上げるためには、様々な取り組み方によって給与が上がる可能性があります。

では、人事職として給与が上がる方法やポイントとはどのようなことがあるのかについてをご紹介していきます。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

直属の上司や給与交渉のできる役職の方に直接交渉することも一つの手です。

特に人事職が給与について直接かかわることがある部署でもあります。

給与交渉ができる立場や相談しやすい点では、直接交渉することも一つの手でしょう。

スキルアップを図る

就業しながら資格取得を目指したり講習へ行って知識を得たりすることでスキルアップを図り、給与に影響させることも方法としては有効です。

資格取得をすることによって資格手当を上げることもできますし、講習へ行くことによって昇給へ影響することもあるのです。

思い切って転職する

現職の企業の給与規程上、これ以上給与が上がりそうにないと感じれば、転職をすることも一つの方法でしょう。

同じ仕事をしていても給与が違うということも良くある話です。

実際に求人を見て良い条件の場所を選ぶことも給与アップにつながります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

実際にここでご紹介させていただいている私は現職で人事職に勤めています。

実際に経験した中で主に給与アップの手ごたえを感じたのはずばり「資格取得」と「転職」です。

自分が望む給与をいただけることや、将来を見据えての資格取得は大きな武器となります。

未経験の人でも資格取得をすることによって入社前に様々な知識を得ることができます。

人事系の資格の中で実務経験がなくても受験できる資格もありますので興味のある方は転職前にチャレンジしてみることをお勧めします。

「人事の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

では、雇用形態によって給与形態の違いは生じるのかと言いうと「生じます」。

雇用形態に応じて仕事の内容も変わってくるため、自分がどのような雇用形態で働きたいかによって給与の違いがあります。

給料以外における良い点と悪い点

給与以外の違いは、「社会保険」や「税金関係」などが挙げられます。

勤務時間や契約期間にも違いがあります。

ここは、今後人事職として働く上で抑えておきたい注意ポイントです。

正社員

正社員とは会社に所属する「正規雇用者」のことを言います。

社会保険、雇用保険等がすべて完備されている雇用形態のことです。

主に正社員は月収性で勤務時間も規程があります。

フレックスタイム制でも就業時間を遵守する「責任ある雇用形態」になります。

もちろん、将来性を重視する方は昇給などを踏まえて正社員としての雇用形態で働くことをおすすめします。

正社員以下の雇用形態ですと、昇進やボーナス(一時金)に大きな差があります。

派遣

派遣として働く際の注意点は働く会社の「従業員ではないこと」が最大のデメリットになります。

派遣社員とは「登録」している「人材派遣会社」の「派遣社員」になります。

つまり、派遣された会社の正社員ではありません。

ですが、メリットもあります。

それが同じ派遣会社に永久に従事しなくても良いということです。

派遣会社によっては数年で派遣先が変わることもあります。

もちろん登録した派遣会社によりますが、業務内容も決まっていることから責任の重い仕事ではない上に自由度の高い雇用形態ともいえます。

契約社員

契約社員と派遣社員は似たところのある雇用形態ですが、契約社員とは就業する会社に従事する職員で「雇用期間が限定されている人」のことを言います。

派遣社員は他社の社員に対して、契約社員は自社の社員になります。

しかし契約期間が決められているため、契約更新はありますが、中には業績不振や評価によって再契約をしてもらえないこともあります。

デメリットばかりに聞こえますが、反対に契約社員のメリットは短期間で様々な仕事に挑戦できることや、一定の期間を過ぎたら「退職」しやすいことにもあります。

アルバイト

アルバイトとは主に日給・時間給で働く従業員のことです。

給与も働いた分だけ支給されます。

主に家族の扶養に入っている人が働く雇用形態としてよく見られます。

人事職でアルバイトとして働いている方も多くいらっしゃいます。

また、人事のアルバイト勤務をする方の中では職歴として人事職を経験したことがある方も多くいらっしゃいます。

経験に応じて時給も上がることがあるようです。

まとめ

ここまで様々な人事職の情報をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

今後の求人選びにおいて、未経験の方も経験者の方も「どのようにして働きたいか」を明確にすることでより良い就職活動ができると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


関連キーワード

人事求人