企業の採用試験を受けるときにまず、一番最初に出会う方。

それが人事所属の人。

ということから、採用関係の業務を担っている部署であることはわかるものの、他にはどのような業務をする部署なのでしょうか。

今回は、人事の正社員で働きたいと希望する人に送る、人事正社員求人のお仕事の内容や年収、働くにあたり大切なことなどを紹介します。

人事の仕事とはどんな仕事?

人事とは企業内における、人材の管理を行う部署です。

新しく人材を採用するための業務はもちろん、働いている社員の評価の管理、社員のスキルにあわせた社員研修の企画実行、適材適所に人材を配置するための人事異動など業務は多岐にわたります。

人事正社員の大まかな仕事内容

人事の業務は直接人に関わる人事業務と、直接関わらずに給与の計算、社会保険の手続きなどを行う労務とにわかれます。

人事正社員求人のおさえておきたいポイント

求人の内容によって、業務内容は大きく異なります。

人事業務を行う求人

採用関係や人事異動、社内研修など直接社員と関わりあう業務です。

労務の求人

社員の社会保険手続き業務、給与の計算など事務的な処理を主にする業務です。

人事正社員でよくある募集内容とは?

人事での募集は欠員補填がほとんどです。

中途入社では、経験者が優遇されることが多く、即戦力としてのスキルが要求されます。

そのため、まったくの未経験者での転職は少々困難を極めます。

裏を返せば経験者は大変重宝される傾向にあるということです。

給与相場

人事業務に関わらず、給与においては企業の規模などによってさまざまですが、新卒での入社の場合は平均的に、月収25万円~27万円、年収で300万~350万といったところです。

中途入社で経験者の場合は30万~35万で、経験や所有資格によってはインセンィティブも期待できます。

勤務日数、休日、残業

勤務日数や休日などは、人事だから特別に出勤しなければならないという日があるわけではありませんので、企業の方針通りの勤務日数で休日もお休みすることができますが、残業は繁忙期にはほぼ行うことになります。

例えば、採用の時期、入社の時期、年末調整の時期などは残業はあるものと考えて間違いないです。

正社員として求められること

人事に限らず、正社員ともなればアルバイトや派遣社員に比べて責任は大きくなります。

会社に貢献しようという姿勢は持ち続けなければなりません。

守秘義務をしっかり守る

人事は社員の個人情報を管理しています。

この情報は決して外部に漏らすことは許されません。

人事に所属するものとして、このような社員の個人情報については責任感をもって慎重に扱わなければなりません。

スキルアップにつとめる

こちらも人事に限ったことではありませんが、業務を円滑に行うために自分のスキルをあげることは必要不可欠です。

ただただ時間をやり過ごすために仕事をするのではなく、常に創意工夫をしながら取り組みましょう。

人事においては、社会保険や税金のことなどに関わった業務が多くありますので、法改正などによる変更については常にチェックが必要ですし、すぐに対応できるように日々の情報収集につとめましょう。

必要なスキルや資格、経験

人事業務を行うにおいて、必須といわれる資格は、「衛生管理者」です。

企業において、必ずこの資格の所持者が必要であるため人事部員が所持していることがほとんどです。

ストレスチェックが義務づけられたことや、長時間労働、過重労働の管理のあり方が問われるようになってきた今、衛生管理者の役割は大変大きいものとなっています。

一年間の実務経験を要する国家資格となっておりますので、経験値の証明にもなり、転職するにあたっては大きな強みです。

他にも、マイナンバー制度の施行にともなって新しい資格として注目されている「マイナンバー実務検定」なども業務を行う上で取得しておくとこちらも強みとなります。

また社会保険や税金の関係の業務のために、理解を深めることはとても重要です。

日々勉強をして理解を深めましょう。

そのほか、コミュニケーション能力も人事においては大変必要とされるスキルの一つです。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

人事では、社員や会社の重要な情報を扱う部署であるため、アルバイトを雇うことはほぼありません。

派遣社員であっても、紹介予定派遣など正社員になることが前提での雇用となります。

派遣社員としての雇用

ほとんど紹介予定派遣となります。

派遣社員として3ヶ月~6ヶ月ほど働きそのあと、正社員として雇用変更する種類の派遣社員です。

派遣社員の間は、時給ですが、正社員登用と同時に月給になります。

派遣社員の間の時給は1500円ほどが相場です。

人事のやりがい

人事の業務は数値化することができないため、成果を確認するというのは大変難しい反面、数字では表せないやりがいを感じることができます。

そんなやりがいを感じるのはどんなときでしょう。

採用に関わった社員が活躍をしているとき

人事の業務自体は数値化することが難しくても、自分が採用に関わった社員が、営業で大きな成果をあげていたりすると、大変大きな喜びを感じることができます。

たくさんの人に関わることができる

企業に勤めていて、全社員と関わることができる部署である人事。

これも大変大きな特徴です。

他の部署で全社員と関わろうなんてなかなか機会がありません。

たくさんの人と関わることで自分自身も成長することができます。

こういうことも人事の大きなやりがいの一つです。

業務を通じて社会保険制度や税金に関して詳しくなれる

業務上で必要な社会保険関係の制度や税金のことなどは、日常生活でも知識として大いに役立ちます。

お給料をいただきながらこのような勉強ができるというのは、少し得した気分ですよ。

まとめ

ここまで、人事のお仕事内容や、給与、必要な資格、やりがいなどを紹介してまいりました。

人材を発掘し、育て、適所へ送り出すことで会社の業績につなげるという少し特殊な部署である人事。

そんな人事で大切なのは、社員を信じ、思いやり、育て、その活躍を見守ることです。

すこし企業の中では特殊な業務ですが、やりがいを人を通じて感じることができる素敵なお仕事です。

より多くの方が、人事で働いてこのやりがいを実感していただけたらとてもうれしいです。


関連キーワード

人事求人

人事求人についてもっと深堀りした情報を見る

人事の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職を考える方のほとんどは、「前職よりもメリットの多い職場に転職すること」を目標としていると思います。実際に転職をしても現職よりメリットの少ない場所ですと「良い転職をした」とは言えません。その中でもここでは「人事職」に転職を考える人で人事職はどのような給与・年収になるのかについてをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。人事の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合になると、総支給額の平均は18万円から20万円になります。新卒からの入社になりますと、基本給換算として給与が算出されるため、入社する企業によって給与に違いが生じます。人事の給与というと、比較的高い方

人事総務の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

会社や事業所のほとんどに置かれる部署である人事総務では普段、一体どのようなことをしているのでしょうか。ここでは、その業務内容について具体的に見てみましょう。人事総務ってどんな仕事?会社の規模によっては人事と総務が分かれている場合もあります。また、地域密着型の小中規模の企業の場合、人事と総務を兼ねて業務を行なっているところも多いでしょう。どちらの形態にせよ、業務としては主に企業全体の労務管理、給与計算、企業法務といったものが挙げられます。イメージとしては、社員の皆さんが円滑に業務を遂行できるようサポートする部署、というと分かりやすいかと思います。人事総務の仕事内容とは?企業によって若干のローカル

人事部の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

今回は人事部のお仕事について紹介させていただきたいと思います。皆さんは人事部の仕事と言うとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?印象は人によって様々ですが、全体的に「冷たい」とか「会社のためには冷静に行動する」とか、あまり人情味のない人が働いている部署といったイメージがあるのではないでしょうか。確かに人事の仕事は全従業員にとって公正な判断をするために、時には冷静に行動しなければいけないこともありますし、人事異動や退職勧告など、会社の為に1人の従業員の人生に関わることを決定しなければいけない場合もあります。その為、時には従業員に恨まれたりもしますし、何かと孤立しがちな仕事であるとも言えます。し

人事採用の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

こんにちは。今回のテーマは「人事採用の仕事」ということで、人に関わる最初の仕事である「採用」のお仕事について紹介させていただきます。人事採用はどんな仕事?人事部門のお仕事は大きく分けて3つあり、「採用」「教育」「人事管理」に区分されますが、これら3つのお仕事は独立しているわけではなく、全て繋がっており、人事部門の最終目的である「会社に貢献できる人材を創る」という目標に向かって、それぞれの業務同士で補完し合っています。そんな中でも「採用」の仕事は、人事の基本である「人」を確保するという業務として、人事の仕事の最初に位置付けられるものになります。人事採用の大まかな仕事内容採用の業務は大きく分けて「

人事とはどんな仕事?仕事内容や社内での役割・年収事情など、経験者があるあるを解説します

今回は「人事」のお仕事について紹介させていただきます。人事部門は事務職の中でも経理や総務と並んで比較的メジャーな職務であり認知度も高いですが、あまり人気がある部門ではありません。なんとくなく人の給与や人事異動などに関わる仕事なので、冷静に人を解雇したり異動させたりする、感情を持たない冷たい人間が揃っているんじゃないかな?というようなイメージを持たれるのかもしれません。確かに人事部門のお仕事の中では一個人ではなく企業全体のことを考えて行動することも必要な時がありますが、多くの人事担当者は従業員一人一人に愛情を持ち、その人たちの成長を願っています。それは人事が取り扱う商品が「人」であり、一人一人に

人事の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリット・デメリットや向き不向きについて解説します

人事の仕事に興味を持っていて、将来人事業務に就きたいと考えている方も多いと思います。そういった興味の中には、実際に自分が人事職に就きたいと気持ちを持っていても人事職はどのような仕事なのかなど、知らないことはたくさんありますよね。つかみどころが難しい人事職ですが、興味を持ちその職に就きたいと考えている人にとっては人事職にどのような人が働いていたり、人事職の良いところや悪いところなども知ってみたいと思います。そこで、人事職がどのような人に向いているのか、人事職に就いてわかるメリット・デメリットをご紹介できればと思います。興味を持っている方はぜひ今後の人事職への興味や関心の幅が増えます。ぜひ、ご参考

人事採用担当の求人の選び方と3個のおすすめ基準

様々な仕事を経験して、「人事」という職に就きたいと思う方も多いと思います。前職で労務関係の仕事を経験された方や、人事職に実際に就いていた方、まったく異業種で経験されている方など、働いている人はすべての形で「人事職」とかかわりがあり、多少なりとも興味を持つことも多いはずです。そこで今回は人事職に転職したいとお考えの方に、どのように転職ができるかどうかをポイントとしてまとめご紹介させていただければと思います。ぜひ、転職活動のご参考までに。人事部門で採用担当のお仕事をお探しの方へ本来人事職に所属する人の特徴としては、従事している会社の勤続年数が長い人が転部するという形が一般的に多いともいわれています

人事が転職で成功するために注意すべき8個のこと

民間企業に勤めている方から公務員として働いている方など、この社会には様々な形、様々な場所で「働いている人」がいます。その社会人が働いている場所には必ず「人事職」があります。人事職は人を選別する仕事が主となるわけです。細かく言うと、総務的業務、経理的業務など、労務関係の業務に携わる一会社の雇用の基盤にもなる職種です。その職種に転職をしたいと思う人も多いと思います。やりがいのある仕事です。しかし現実は甘くありません。人事職としての転職は可能でしょうか、それとも無理難題なのでしょうか。そこで、今回は「人事職の転職」についてのポイントをまとめつつ、少しでも「人事職の転職」に有利に傾くよう解説していきま