「販売員」と呼ばれる職種の中でも、特別なサービスを行うのが「デパート」で働く販売員たちです。

なんでも揃う「デパート」では、多数の販売員たちが接客にあたっています。

みなさんも訪れたことがあるでしょう。

デパートの販売員たちは働くデパートの教育をしっかりと受けた、言わば接客のプロ集団です。

今回はそんな販売員たちに注目して、デパート販売員求人でよくある募集内容や雇用形態による違いなど気になる疑問についてご紹介していきましょう。

デパート販売員求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

まずはデパートの販売員たちの大まかな仕事内容について見ていきましょう。

「販売員」と言う呼び名でも分かる通り、お客様への接客販売が中心になる仕事です。

デパートの販売員とよくある量販店の店員との違いはその接客の量。

デパートの販売員は小さな食品ひとつ取ってみてもきちんと接客をし、商品のおすすめポイントなどをきちんと説明します。

お客様の用途に合わせたふさわしい商品を選んだり、ふさわしい梱包などを施して商品をお渡しするのが販売員の役目です。

その他、商品の発注や品質や数の管理、店舗のディスプレイ、金銭の管理なども行います。

店舗の清掃や商品を置いているバックヤードの清掃なども販売員たちの仕事。

デパートはたくさんのお店が隣り合っているのでブース自体は小さいですが、仕事内容は多岐に渡ります。

デパート販売員求人は店舗でどういう役割を求められる?

実はデパートの販売員は、働くデパートと契約を交わしているデパートの社員ではありません。

そのデパートに出店している企業と雇用関係にある人達で、デパートと直接雇用関係にある販売員の数はかなり限られています。

そのため販売員たちは自分の所属する企業とデパートとの間に入り、連絡事項を伝えたりデパートのイベントに合わせた商品の開発を依頼したりと言った役割を求められます。

しかしデパートとの直接雇用の関係にないから、と言ってデパート側が全く教育をしないと言うわけではありません。

販売員たちは企業にとってもそのお店の顔、デパート側にとってもデパートの顔なのです。

ですのでフロアに立つ前には必ずデパートの独自の研修を受けなければいけません。

お店によって回数や内容は異なります。

私が実際に受けた研修をご紹介すると

  • デパートの歴史
  • ロゴマークの意味
  • 接客の練習
  • 正しい言葉遣い
  • お辞儀の角度
  • クレームが発生してしまったときの初期対応方法
  • 女性のメイク練習

などなど非常に細やかな内容でした。

この研修を経て、初めてフロアに立つことができるのです。

デパートにとっても、企業にとってもお客様と直接関わる販売員は「お店を代表する」とても重要な役割を持っているのだと覚えておきましょう。

デパート販売員求人でよくある募集内容とは?

デパートの販売員は日本全国で多数の求人が出されています。

企業側が募集するものなのでそれぞれ労働条件が異なったり、雇用形態もさまざま。

次はデパート販売員の求人について詳しく見ていきましょう。

給与相場

デパート販売員の給与相場は概ね18万円から24万円ほどの間。

勤務年数や店舗内での立場によって異なります。

勤続年数に比例して給与が上がっていくシステムで、企業によっては売上高に応じてインセンティブが支給されるところもあります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はデパートの営業時間に合わせた2交代制のところが多いですね。

忙しい店舗であっても一日の労働時間はきちんと守られた8時間ほど。

場合によっては残業が発生する店舗もあります。

休日日数は月に8回から9回ですが、やはり土日祝日のお休みは難しくなります。

デパートはお盆休みやお正月休み、ゴールデンウィークなどももちろん営業しており、稼ぎ時でもあるので販売員たちも休みの取得はズラします。

福利厚生

福利厚生は正社員であっても、アルバイトであっても、派遣社員であってもきちんと整えられています。

一般的な社会保険関係は労働日数などの条件が整えばすべて入れてくれると思って間違いありません。

安心して働くことができますよね。

勤務場所

勤務場所はもちろんデパートのフロア内。

階ごとに取り扱う商品が分けられています。

お隣との距離は近く、近くの店舗の方とは仲良くなれたり顔見知りにもなります。

お隣のお店が忙しい時には協力して梱包を行ったりすることも珍しくありません。

店舗は分かれていますがお互いの仕事内容は大差ないので駐車券の発行やレジなどを手助けしたり、してもらったりと助け合って仕事をします。

求められる人物像

デパート販売員に求められる人物像を見ていきましょう。

プロの販売員にはいくつかの欠かせない要素があります。

必ずしも経験者である必要はありません。

未経験でも採用される場合もとても多いです。

明るく人見知りをしない人

まず一番重要な要素が、デパートの雰囲気にあった明るく人見知りをしない人です。

デパートの販売員はお客様が持ってきた商品をお会計する、と言った仕事内容ではありません。

お店がたくさん並んでいる中で、自社の商品をお客様におすすめすると言うことが売上を伸ばすためには欠かせません。

そのため人見知りをせず自分からお客様に積極的に声をかけられる人が向いており、現場でも求められています。

どんな商品でも何かしらの接客経験がある方は採用の際も大きなアドバンテージになるでしょう。

清潔感があり小奇麗に身なりを保てる人

デパートの販売員は身なりについてとても厳しく指導されます。

爪の長さ、髪の色、身につけるアクセサリーなどはもちろん、制服の着こなしや名札を付ける場所まですべて細かく決められています。

デパートごとに決められた身なりを守り、清潔感のある装いでフロアに立つことが求められます。

感情が顔に出ない人

デパート販売員の仕事を続けていると、お客様からのクレームに直面することが度々あります。

たくさんのお客様がいらっしゃる場所ですから、忙しい時に販売員のミスでご迷惑をおかけしてしまうこともありますし、お客様の中には高いレベルの接客を求められる方も多いのでご指導を頂く場合も多々あります。

どのような場合でもデパートはお客様第一。

できかねる対応はその旨を伝えても良いのですが、表情ひとつで印象は大きく変わります。

どんな時でも誠実に対応し、フロアに立つ間は感情が顔に出ない人物が求められます。

必要なスキルや資格、経験

デパート販売員として働く場合、特に求められる資格はありません。

資格は必要ありませんが、接客のスキルや経験は求められる場合が多いでしょう。

主婦の方であれば学生時代に経験した飲食店のアルバイトなどでも接客経験者として考慮されるので、面接時には伝えるようにしましょう。

接客経験が全くのゼロであっても、大事なのは第一印象。

にこやかに受け答えできるよう人当たりの良い対応を身に着けておきましょう。

デパート販売員求人の雇用形態による違い

デパート販売員として勤務している人の雇用形態は大きく分けて3つです。

それぞれの特徴や応募してから実際に働き始めるまでの経緯などを詳しくご紹介して行きましょう。

正社員・契約社員

しっかり稼ぎたい方、安定して長期間務めたい方におすすめの働き方はやはり正社員、契約社員です。

デパートに出店している企業と直接の雇用関係を結び、それぞれの出店場所で働くという仕組みになっています。

福利厚生もしっかりと整えられているので、安心して働くことができるでしょう。

正社員や契約社員として働くには時間ない・・・と言う方は、短時間正社員の募集をしている企業もあるのでぜひ探してみましょう。

正社員として働くためにはまず企業の販売員募集へと応募します。

無事採用となった後に勤務場所が決められるのですが、ここが大きなポイント。

必ずしもデパート勤務になるかどうかは分かりません。

例え希望をしていたとしても、企業の持つ路面店などへの勤務となる場合も多々あります。

派遣社員

通勤時間などの問題で絶対にデパートで働きたい、路面店などへは行きたくない、と言う方へおすすめの方法が「派遣社員」です。

派遣社員とは派遣会社を通して企業に紹介され、その企業の店舗で働く雇用形態です。

労働者本人と企業との直接な契約ではなく、間に必ず派遣会社が入ります。

実際に働き始めるまでの流れも直接雇用とは大きく異なります。

まずは派遣会社への登録を済ませてから企業との「顔合わせ」を行います。

企業側は派遣労働者を選ぶことはできないので「面接」ではありません。

しかし実際には呼び名が違うだけで「面接」とほぼ代わりありませんので注意しましょう。

こちらは派遣労働者が勤務先を限定することが可能です。

派遣会社に希望の勤務先を伝えておきましょう。

まれに違う勤務先を提案されることがありますが、断って大丈夫です。

派遣社員としてデパートに勤務することが決まったら、まず正社員と同じようにデパートの研修を受けます。

その後実際にフロアに立ち働き始めると言う流れです。

派遣社員のデメリットは雇用が長く続くのかどうかが分からないと言う点にあります。

基本的に派遣社員の契約は3ヶ月単位で更新されていくので、3ヶ月後に契約の更新があるかどうかは分かりません。

今、販売員は人手不足のところが多いので簡単に契約を打ち切られることはほぼないと言って良いかと思いますが、勤務態度やお店の雰囲気に合わないなどと言った理由で契約が終了する場合もまれに起こります。

勤務態度もよく、仕事もしっかりと行う派遣社員であればそのような心配はいりません。

派遣社員は実は正社員として働く方よりも高い時給の場合があるので、しっかりと稼ぎたい方にもおすすめです。

デパート販売員の派遣求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

デパート販売員求人についてよくある疑問

最後にデパート販売員求人についてよくある疑問を解決して行きましょう。

これからデパートで働いてみようと考えている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

やっぱり土日祝日は休めない?

基本的には土日祝日は出勤となる場合が多いですね。

特に正社員となると毎週土日祝日休みと言うことはとても難しくなります。

デパート内はたくさんのお店があり、一つのお店のブース自体が大きくないので、そこに所属する販売員は多くても5人程度。

交代で休みを取っていきます。

シフト制になるので勤務表はそのお店の店長が作成するところがほとんどですが、やはり週末必ず休みたいと言う希望は通りにくいと言えます。

忙しい時期などはある?

取り扱う商品などにもよりますが、やはりデパート全体で忙しい時期などはあります。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などはデパート自体の集客数がとても多いため、やはり忙しくなります。

この時期は販売員たちも全員出勤しているお店がほとんど。

休み希望などは通りづらいですね。

デパート販売員の仕事は覚えることは多い?

デパート販売員の仕事は覚えることは意外と多いです。

取り扱う商品のことはもちろん、並行してデパート内のことも覚えなければいけません。

お客様にデパート内の案内をしたり、違うフロアで行われている催し物などについても知っておかなければいけません。

またデパート独自のクレジットカードのご案内をしたり、独自の決済方法があったりするので最初は大変です。

とても最初から覚えられる量ではないので、少しずつ覚えていけば大丈夫ですよ。

面接では何を聞かれるの?

これは企業によりますが、まず応募動機や働ける日数、接客経験の有無は必ず聞かれる事柄です。

その後希望の勤務先や転勤が可能かどうか、自宅から通える範囲での転勤が可能かなどが質問されます。

しっかりと準備を整えておきましょう。

残業はある?

残業の有無は店舗や時期によります。

大きな駅と隣接しており、年間を通して集客力のあるデパートであればやはり残業は発生しますね。

しかし基本的にはシフト制になっているので、希望の時間に仕事を終えられる職種です。

子育て中の主婦の方や学生さんなども多数働いていますよ。

まとめ

今回はデパート販売員の仕事についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

いつ訪れてもにこやかに対応してくれる接客のプロに、あなたもなってみませんか?

楽しそうにお買い物をされるお客様の姿を見るのはとても嬉しく、やりがいのある仕事ですよ。

ぜひ応募してみてくださいね。


関連キーワード

デパート求人