日銀の金融政策であるマイナス金利導入により、昨今業績が芳しくない金融業界ですが、依然として就活生には人気があります。

高給であり、経済の血液である金融へのやりがい、ビックプロジェクトへの関わりなど様々な魅力があります。

その銀行の仕事に向いている人材、またその職場環境・業務内容、キャリアなどについて簡単に解説していきます。

銀行の仕事はどんな仕事?

銀行での仕事内容は多岐にわたります。

まず、支店と本部の違い、総合職と一般職の違い、法人担当と個人担当の違いなどが挙げられます。

そして、仕事全般にコミュニケーション能力が求められることは間違いありません。

また、新卒採用で入社した新人は一般的に銀行の支店に配属されるので、気になるところは支店での働き方や環境かと思います。

そのあたりのところも簡単に説明します。

銀行の大まかな仕事内容

銀行の仕事は単純に預金(預入や振り込みなど)、融資に限ったものではありません。

最近では、コンサルティングめいたこともやらないと、銀行間の競争には打ち勝つことはできません。

なので、すべての基本は「どうすればお客様の役に立てるか」を日々考えていくことになります。

すごく綺麗事ですがね。

支店の仕事内容

一般職とパート職員

支店では来店されるお客さまのニーズに対応する仕事が中心です。

例えばご存知のように、預金や引き出し、振込などがあります。

そのほかにも住所変更などの対応や住宅ローンの申し込み、外貨両替・振込、投資信託・保険の販売などがあります。

ここで求められることは、お客さまのニーズに臨機応変に対応すること。

そのために幅広い業務知識が必要です。

そして、窓口の職員の事務をサポートするバックオフィスで成り立っています。

これらの来店担当は、主に一般職とパート職員の仕事となります。

総合職

総合職は何をするかというと、その地域の法人顧客や個人(資産家)を担当します。

法人は「融資」を足掛かりに担当法人の業務内容を詳しく学び、その法人のビジネス展開をサポートします。

この部分が非常にやりがいのあるところです。

私が経験した海外進出のサポートでは、担当法人の社長とどの国に進出すべきか、本当に今なのか、ライバル企業の動向はなど、膝を突き合わせて何度も議論し、社長と現地視察も行い、海外進出が決定しました。

その際は「君がいたから、我が社は海外進出できた。」と言われ、本当に嬉しかったのを覚えています。

一方、個人(資産家)の担当は、訪問と電話セールスが中心です。

個人のお宅に何度も通い、信頼関係を作り、個人の資産運用をサポートします。

他の金融機関も同様の活動をしているので、どのように差をつけるかが肝になります。

本部の仕事内容

本部では多岐にわたる専門部署があります。

経営企画部では銀行の将来のビジョンを考えます。

財務部・運用部では銀行本体の運営を考える部門です。

また、支店の運営を助ける事務部門があったり、審査部といった融資の審査を行う部署もあります。

ビックディールの際には、本部の専門部署が必ずと言っていいほど関わるので、M&Aや大企業と関わりたい方は本部がおすすめと言えます。

支店との大きな違いは、目標(ノルマ)の考え方です。

支店では銀行の業績を稼ぐために支店ごとにノルマが課されていて、それを各支店の職員で分担してクリアしていくことが求められますが、本部はそのあたりが明確でないです。

銀行の仕事に関する、様々な違い

先の項目でも触れましたが、銀行の仕事は多岐にわたります。

そしていろいろと違いがあります。

ここではその違いについて、少し解説します。

一般職と総合職の違い

まずは感覚的にもわかりやすい一般職と総合職について説明します。

一般職

一般職は異動が少なく、自宅から通える範囲の支店・本部で仕事をするイメージです。

担当する仕事も責任があまり重くないことが多いです。

その分給料は低めです。

キャリアパスも支店の課長が上限であることが多いです。

支店では窓口やバックオフィスが中心となります。

総合職

給料の差は非常に大きく、その分ノルマの負担と精神的な負担も総合職が大きいです。

総合職には支店長や部長、ひいては役員までのキャリアパスがあります。

その分転勤も多かったり、メガバンクの場合は全国・海外転勤もあります。

支店では法人・個人担当が中心です。

法人担当と個人担当の違い

総合職には2種類の営業担当があります。

それについて記載します。

法人担当

先ほども書いたとおり、法人の担当は支店のエリアにある法人を担当し、融資をセールスすることが多いです。

ただ、最近は企業の業績が良く、融資を必要としていないことが多いです。

しかも、金利も数年前に比べて大幅に下がっているので、銀行にとっても儲けが少ない割に、リスクが高くなっています。

よって、昔のように融資セールスに傾倒していては、銀行の業績はジリ貧となります。

では、最近はどのように銀行員は担当法人と関わっているのでしょうか。

実は最近では、コンサルティングのような業務が増えてきています。

企業の目標や課題、今置かれている財政状況を踏まえて、いま投資をすべきか、それとも守るべき時なのか等、業界の情報提供を経営層に行ったり、課題を解決する方策を一緒に考えたりと、その企業のことを社長と同レベルまで理解し、気づいていないニーズまで提案することが目標です。

また、中小企業の経営層の高齢化も進んでいることから、事業承継について会話することも増えています。

事業承継では、誰に継がせるのか、それとも企業を売却することがベストなのか等、非常にデリケートな話題となります。

この部分までしっかりと会話できるようになるには、信頼関係の醸成が不可欠です。

大企業の担当をする場合は、中小企業の担当とは一味違います。

中小企業の担当では、あくまで個人対個人の要素が強いです。

それは代表者の権限が強く、代表者が気に入った提案が契約に直結するため、個人の魅力がその人の業績に直結します。

もちろん、どのような提案も代表者に提案することが多くなります。

一方、大企業の担当となると、中小企業の担当とは取り扱う金額の桁が一桁変わってきます。

また、中小企業の担当のように、個人対個人というよりは、組織対組織となってきます。

その理由は、社長は創業者でないことが多い(サラリーマン社長である)こと、大企業の業務が多岐にわたるため判断ができないこと、重要なトピックスは取締役会などの合議で決定されるため、ボトムアップであることが多いからです。

よって、提案は担当先企業の担当や部長クラスにおこない、本当に必要と理解が得られれば、部長→役員→社長と決裁されていくでしょう。

決裁までに時間がかかることが多いですが、時間がかかるほど大取引であることも多いです。

自分の提案した内容が新聞に載るなんてこともよくあります。

その分、大企業の担当はミスが許されません。

銀行にとって大企業は重要なお客様であるからです。

中小企業では人情があるといわれますが、大企業はドライであることが多数のため、一度のミスが命取りになります。

個人担当

個人担当は中小企業の法人担当と取り扱うものは違いますが、やるべきことは似ています。

個人担当は、資産家の資産を自分の銀行に持ってきてもらうことがゴールです。

ただ、このゴールは支店のノルマ上の話です。

真のゴールはお客様との信頼関係です。

自分を通して、自分の属する銀行も好きになってもらうことが真のゴールとも言えます。

やることとしては、担当先の個人宅に訪問し、資産運用の会話をします。

ひどい銀行・担当は自分のノルマのことしか考えていないため、高齢の方にも非常にリスクの高い運用商品を販売しています。

一般的に資産家は高齢であることが多いので、そのような方々にはこれ以上収益が必要ない場合が多いです。

そうすると何が必要なのでしょうか。

最近ではどのように遺すかが重要とされています。

この会話も非常にデリケートであるため、信頼関係のできていない間は話題にするべきではないでしょう。

もしも、話してくれたとしても、真意を話さず表面的な会話に終始することでしょう。

よって、まずは自分を信頼してもらうことが重要で、信頼してもらうには、ノルマは二の次となるでしょう。

ここが誰しもが悩む部分です。

ただ、何がその人の為になるのかを考えれば、答えは自ずと出てくると思います。

個人担当の仕事は資産家の資産の預け先、運用先を自分の銀行にしてもらうことが目標ですが、そこに行きつくまでには真に顧客のことを考えることは避けられません。

やりがいは、お客様のためを思って行動し続けた結果、相手もそれに応えてくれた時ではないでしょうか。

銀行の仕事はどんな人に向いている?

銀行の仕事はどのような人に向いているのかとよく聞かれます。

社内でも社外でも人と接する仕事なので、最低限のコミュニケーション能力は必須です。

そのほかにはどのような素質が必要でしょうか。

少しまとめてみます。

好奇心の旺盛な人

私の感じるところでは、「好奇心」が必要と考えます。

銀行の仕事はお客様のことを考えることが基本となります。

そうすると、この企業はどんなところがすごいのか、課題はなにかを考えますし、この社長は企業のことをどのように考えているのかなど、掘り下げるところはたくさんあります。

私が過去に法人を担当していた際には、企業名の由来を社長に聞くのが好きでした。

企業名の由来を聞けば、創業者がどのような気持ちで起業したのか、その企業が一番大切にしている部分を知ることができるからです。

好奇心が必要と考えるのには、別の理由もあります。

特に総合職の場合ですが、総合職は転勤が多く、担当するエリアや企業・個人もどんどん変わります。

また本部部署にいくとこれまでの業務と全く違う仕事をすることもあります。

転勤が多いのでメンバーもコロコロ変わっていきます。

その時に役立つのが好奇心だと思います。

常識のある人

次に銀行の仕事に向いている人ですが、「常識のある人」です。

空気が読めることともいえるかもしれません。

銀行の業務は非常に常識的です。

至極当たり前のことでできています。

当り前じゃないことがあるとするならば、その指示をしている人間がおかしいのです。

よくドラマなどで融資を断る銀行員が悪魔のように見せる演出があると思います。

ドラマと違うところは、その企業の担当はなんとかしてその企業を救いたいと思っていることではないかと思います。

銀行の融資は慈善事業ではありません。

お客様から集めたお金を融資に使っているのです。

それを踏まえると、業績の厳しいところには貸し出すことは難しいです。

ドライすぎるかもしれませんが。

また、仕事の進め方も「常識」を持つことが必要です。

この場面でこうされたら嬉しいだろうなとか、忙しそうだから少しあとで話しかけようとか。

気遣うということかもしれません。

逆に、銀行の仕事が向いていない人って?

銀行の仕事が向いていない人は簡単です。

以下に記載しますが、人と関わるのが苦手な人は向いていません。

人と関わるのが苦手な人

こちらについてはどのような職種にも言えることではありますが、特にお金といったデリケートなものを扱うため、より一層の顧客への気遣いが必要になります。

また、自分ひとりで進められる業務はほとんどなく、チームで仕事を進めていくことが大半となります。

皆人員削減が進められる中、忙しく仕事をこなしています。

その中で相手のおかれた状況を理解し、適切なタイミングで話しかける必要があります。

自分のペースで仕事を進められることは、若手のうちはほとんどありませんので、常に人との関わりの中で仕事をすることになります。

コミュニケーションをうまく取れる人でないと、ストレスがたまりやすいと感じます。

ルールを守れる人

銀行の仕事はルールや業務の進め方が非常に厳しく決められています。

そのため、おおざっぱな人は銀行員には向いていないと感じます。

おおざっぱであると業務に支障が出ることが目に見えています。

なぜなら、銀行の仕事はお金を扱う仕事のため、おおざっぱに仕事をしてしまった結果、お客様に迷惑をかけてしまうことがあるからです。

しかし、おおざっぱな人は銀行の仕事は全くできないかというと、実はそうではありません。

私自身もおおざっぱな人間ですが、そういった人の為にルールが厳しく作られているので、その通りに進めていれば、何の支障もありません。

ルールを守れることが重要となります。

銀行の仕事で活かせる経験

銀行の仕事で活かせる経験をいくつかピックアップしたいと思います。

こちらは就活の面接で話すと効果があるかもしれません。

リーダーシップを発揮した経験

これはよく金融の面接で聞かれました。

なんでもいいので自分が中心となって考え、周りに働きかけた経験があればよいと思います。

大きな失敗をした経験

銀行でもなんでも仕事は失敗の連続です。

過去の大きな失敗をどのように乗り越えたかが重要です。

簡単にいえば、失敗から学んだことを次に活かすことができたかどうかです。

何かにチャレンジした経験。

社会人ともなると周りからはノルマしか与えられません。

その際に自分でノルマ以外にも目標設定し、チャレンジすることが求められます。

自分でチャレンジした経験はあるとよいかと思います。

銀行のおすすめポイントとは?

銀行のおすすめポイントを簡潔に記載します。

給料が相対的に高め

総合職の場合は給料が高めです。

早いうちから資産を作りたい場合は向いているかもしれません。

自分の魅力で勝負できる

メーカーだと自社製品で勝負しますが、銀行の商品は自分といっても過言ではありません。

自分を磨き続けることが商品価値ひいては銀行の魅力アップにつながるのです。

まとめ

銀行の業務がほかの職種と違うのは、デリケートな「お金」を取り扱うということです。

そのため、お客様は一定以上のサービスを要求しますし、銀行側はそれに応えなければなりません。

また、「お金」は色がないため、どの銀行でも似通ったサービスを受けることができます。

そうすると細かな部分も減点対象となり、ほかの銀行を利用されてしまいます。

そうした状況から、お客様の考えを読み取り、満足を得てもらうためには常に気遣いの精神が必要になります。

窓口以外の業務においても、みな一定レベルの常識を備えており、アウトローは許さない職場環境となっております。

一方、その仕事のやりがいは青天井で、顧客からの感謝も大きいものがあります。

働く場所も近年は国内にとどまらず、海外拠点も増えています。

銀行の業務は他の職種に経験できないことが満載です。

好奇心旺盛な方は銀行への就職を検討してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

銀行求人