空港でカウンターやゲートで見かけるグランドスタッフ。

実際にどんな人がどのようにしてなっているのか、また、どんな仕事をしているのか気になりますよね。

グランドスタッフを目指している方も会社によってどんな違いがあるのか、どのように採用されるのか知りたいですよね。

ここでは、グランドスタッフ求人について説明します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

グランドスタッフのおおまかな仕事内容

まずは、グランドスタッフの会社の違いや仕事内容について触れていきたいと思います。

会社の違い

グランドスタッフでも所属がどこの会社に所属するかによって違いがあります。

日本では、ハンドリング会社に業務委託をし、実際の航空会社職員は少なく配置されるようになっている空港がほとんどです。

では、どのような違いがあるのか説明していきます。

航空会社所属の場合

航空会社に採用され、航空会社の職員として仕事をします。

基本的には、ハンドリング会社の管理、監督等を行います。

搭乗手続きをする場合もありますが、ハンドリング会社に任せるところもあります。

最終的な判断やクレーム対応、そして、定時運航のためのサポートを行います。

ハンドリング会社所属の場合

ハンドリング会社に採用され、ハンドリング業務を行います。

基本的には、航空会社の業務委託を受けているため、その航空会社の制服を着用し、搭乗手続き等を行います。

国際線が就航している空港の場合、その職員たちが各航空会社のハンドリングを担当することもありますので、実際の運航航空会社と制服が違う人が搭乗手続きを行っている場合などは、このケースです。

仕事内容

それでは、仕事の内容を説明していきます。

ここでは、基本的なグランドスタッフの業務を説明していきます。

航空会社に所属した場合、以下の内容に加えて営業や予約の業務を行うこともありますが、空港や会社によって様々なので説明は割愛させていただきます。

搭乗手続き

飛行機に乗るお客様の搭乗手続きを行います。

国内線であれば、航空券等を確認し、座席の指定、鞄のお預かり等を行います。

国際線の場合は、航空券等の確認と共にパスポートや、出入国についての規定を確認します。

この際に、安全の面から鞄の中に危険な物品はないかや保安の面から搭乗していただける状態のお客様か等を確認します。

搭乗口での搭乗業務

搭乗されるお客様の体調等を確認しつつ、誤まった便への搭乗がないよう確認を行います。

また、車椅子等のお手伝いの必要なお客様がいらっしゃればお手伝いをします。

この際も保安と安全の面でしっかりと確認を行います。

発券業務

空港にて発生する超過料金の徴収や航空券の発券、変更、払い戻しなどを行います。

航空券の種類がたくさんあるため、それぞれルールも異なってきます。

確認を徹底して行い、計算ミス、発券ミスがないように行います。

到着業務

到着したお客様のケアや入国手続き等のお手伝い、またお預けされた鞄の破損申請、未着申請の受け付け等を行います。

詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

グランドスタッフ求人でよくある募集内容とは?

グランドスタッフの仕事内容等が分かったところで、グランドスタッフのお給料や福利厚生などがどのようになっているのか詳しく見ていきましょう。

ハンドリング会社や航空会社によって大きな違いがありますので、そちらについても触れていきたいと思います。

給与相場

給与については、募集時に記載されていないことが多く、不安に思われる方が多いと思いますが、航空会社であれば、20万円程度からスタートで、ハンドリング会社であれば、18万円程度からスタートとなります。

しかし、そこに早朝手当てや夜勤手当、また、残業手当などが追加されるので少し高くはなりますが、地方空港の国際線の会社に所属した場合などは、早朝、夜勤の勤務がなく、遅延等も少ないため、残業手当があまり付かないのが現状です。

グランドスタッフの給料は、こちらの記事も参考に!

勤務時間や休日、残業

勤務時間については、ハンドリング会社も航空会社も基本的にはシフト勤務です。

土日、祝日関係なく仕事をすることになります。

ただし、地方路線等になれば、毎日運航しない場合もあるので運航しない日が休日となり、ある程度決まった休日になる場合もあります。

勤務時間は、空港の規模や担当する路線により変わると思いますが、大きな空港では、早朝から夜遅くまでの勤務内で早番、遅番等で勤務することになります。

地方空港は、大きな空港に比べると離発着時間等に制限があるため、早朝、夜遅くの勤務はあまりありません。

また、飛行機の遅延や欠航等が発生した場合にお客様対応のため残業になることがあります。

福利厚生

まず、他の職業と大きく違う福利厚生として優待航空券があります。

これは、格安で飛行機を利用できるというものです。

会社によって規定はそれぞれ違いますが、自社便のみに使用できる場合、同系列のアライアンス内の会社も使用できる場合と様々です。

ただし、このメリットは、航空会社職員に適用される場合が多いようです。

ハンドリング会社に入社した場合、会社によっては、使用できる場合もありますが、使用回数の制限がかなり少ない等がありますので、すべてにあるというわけではありません。

次に、ボーナスや有給については、基本的には、どちらに所属した場合でもきちんともらえることがほとんどです。

ただし、ハンドリング会社所属の場合、契約社員の形態が多いため、ボーナスは、通常よりも少ないのが現状です。

また、会社によっては住宅手当や寮がある会社もありますが、地方空港に関しては、住宅手当がないことがほとんどです。

求められる人物像

まずは、体力がとても大切な仕事になります。

グランドスタッフは、不規則なシフト勤務であり、長時間の立ち仕事や車椅子のお客様等のお手伝い、また、重たい荷物を持ったりすることが多いため、最低限として体力のある方でなければ続きません。

次に、精神的に強いということです。

グランドスタッフの仕事は、様々なお客様を対応しなければならないため、クレームを受けたり、遅延や欠航の対応などに追われることになります。

その際にしっかりと対応できる方でなければなりません。

また、安全、保安のためにお客様の要望を断れなければならないことがありますので、強く言える人でなければなりません。

そして、積極的な人です。

接客業であるため、まずは自分から声をかけられるような人でなければなりません。

消極的にお客様を待つようではいけません。

自分から積極的にお声がけしていくことのできる人が必要とされます。

必要なスキルや資格、経験

最低限見られるのは英語の実力です。

国内線であっても海外の方を対応することがありますので、英語が話せる必要があります。

詳細の資格や点数等については、各社違いますが、TOEIC500点程度以上は必要になります。

外資系の航空会社であればそれ以上が必要になります。

また、韓国の航空会社であれば韓国語の資格があれば優遇されるように、その会社の国の言語を習得するように努力されることをお勧めします。

それ以外の資格は、特に重要視されませんが、接客系の資格を持っている方も多いようです。

経験としては、接客業経験者が有利になります。

かなりの数のお客様の対応をするため、クレーム等にも慣れている経験者が有利となります。

ただ、全く別の職種から転職する方も多く、様々な経験を持った方もいます。

雇用形態について

雇用形態については、基本的には契約社員からスタートします。

航空会社所属の場合は、数年間の契約期間を経て正社員になる場合もありますが、ハンドリング会社の場合は、契約社員のままのところが多いのも現状です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

グランドスタッフ求人のおすすめ求人のポイント

それでは、実際にどのようにして会社を選び、どのようにして採用が進んでいくのかを説明していきます。

会社選び

会社はどのような会社があるのか、しっかりと自分の希望の働き方と照らし合わせて選ぶ必要があります。

航空会社所属のメリット

航空会社に所属した場合の1番のメリットは、航空券が格安で使用できることです。

会社によっても違いますが、同系列のアライアンスの会社も使用できるため、旅行好きの方にとっては、とてもメリットになります。

次に決定権が自分にあるということです。

全体を見て判断し、自分の判断で人が動くということになりますので、大きな経験を積むことができます。

また、本社で教育を受けて、ハンドリング会社に教えるという機会が多く、様々な知識を習得することができます。

そして、正社員として働くことができるのも大きな魅力のひとつです。

航空会社所属のデメリット

まずは、メリットでも述べていますが、自分に決定権があるため、遅延や欠航時の対応を自ら考え、指示し、何かあった際に責任者として対応することになります。

経験が積める反面、少し責任が重いと感じることもあります。

次に、ハンドリング会社の管理、監督を行う義務があるため、自分よりも年上の職員に対しても時には厳しく指導しなければならないことがあります。

また、ハンドリング会社に比べてハンドリングがメインではないため、搭乗手続き等のグランドスタッフの仕事以外のことも行わなければならない場合もあります。

ハンドリング会社所属のメリット

まずは、搭乗手続き等の仕事をメインですることができるため、皆さんが想像するグランドスタッフの仕事をしたい場合は、ハンドリング会社に所属するのが良いかと思います。

次に、最終的な判断等は航空会社がするのでクレーム等が発生した場合、分からなければ航空会社職員に対応してもらうことができるので、少し責任が軽く感じます。

ハンドリング会社所属のデメリット

様々な航空会社のハンドリングを行うため、各社のシステムを覚える必要があります。

搭乗手続き用のシステムは、会社ごとに違うため、それぞれのシステムを覚える必要があります。

また、規定等も各社ごとに違うため、それぞれ覚える必要があります。

次に、優待航空券の使用ができない場合があります。

会社によって違いますが、全く使用できない場合もありますし、使用できたとしてもかなり厳しい条件のもと使用でき、枚数の制限もかなり少なくなるなどがあります。

応募方法

どのようにして、応募するのかについて説明していきます。

基本的には、各航空会社のホームページやリクルートサイト、また航空関係専用のリクルート情報サイトなどから募集が出た際に応募を行います。

航空関係の会社は、入れ替わりが激しいとされており、新卒時期に合わせた採用の他に退職等に伴う欠員補充のための採用もありますのでこまめにサイトなどを確認する必要があります。

基本的には、書類審査や面接での採用となりますので、そのあたりは、一般の職業と同様です。

グランドスタッフ求人についてよくある疑問

それでは、グランドスタッフについて皆様が疑問に思っていることを答えていきたいと思います。

英語が話せないとだめですか?

もちろん英語は最低限必要になりますが、地方空港の国内線等であれば外国人のお客様を対応する機会が少ないため、英語の資格がなくても問題ない場合があります。

また、必要な場合でも入社後に資格試験を受ける方も多いので、ないからといってあきらめる必要はありません。

英語での面接がありますか?

外資系の航空会社の場合は、英語での面接がある場合もありますが、ハンドリング会社等の面接では、基本的には英語での面接はありません。

もし、英語を得意とする方や英語の資格の点数がある場合等はどの程度の実力かを確認するために面接官が英語で質問をする場合もあります。

男性でもなれますか?

男性でもなれます。

昔は、女性のイメージが多い職種でありましたが、体力がある方という観点から最近では、男性職員の比率も増えてきており、男性の方の活躍も増えています。

エアラインスクールや専門学校に通うべきですか?

通っていなくても問題ありません。

また、通っていたからといって優遇されるものでもありません。

自分の魅力をしっかりと発揮できる方であれば大丈夫です。

理系ですが、採用されますか?

理系も文系も関係ありません。

ただし、前述したとおり、英語の資格等は持っていた方が良いと思われます。

様々な職種から転職してくる人がいますので、文系、理系等は関係ありません。

年齢制限はありますか?

基本的にはありません。

もちろん一般的な定年等はありますが、40歳間近で入社される方もいらっしゃいますし、主婦の方も活躍されています。

ただし、前述したとおり、体力勝負の仕事になりますので、ある程度体力に自信のある方になります。

まとめ

以上がグランドスタッフについてでした。

いかがでしたでしょうか。

思っていたよりも深い仕事だと思います。

また、どんな方でも挑戦できる仕事なので、ぜひ、職種や年齢等を理由にあきらめずに挑戦してみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



グランドスタッフ求人についてもっと深堀りした情報を見る

グランドスタッフ正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

グランドスタッフの正社員を目指している方はぜひご覧ください。女性に人気な航空業界の中でも、キャビンアテンダントをしのぐほど人気なのがグランドスタッフなんです。そもそもグランドスタッフとはどういう業務でいくら給料をもらっているのでしょうか?今回はそんなグランドスタッフの正社員で働くにはどんな求人があるのか解説します。また、グランドスタッフは、契約社員やバイト、正社員とはどのような違いがあるのかなどの気になる疑問についてもお答えします。グランドスタッフはどんな仕事?グランドスタッフは、空港で「空の旅」のお手伝いをするのが仕事。カウンターでの搭乗手続きでは、渡航書類のチェック・搭乗券の発券・荷物のお

グランドスタッフになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

「空港で働く人」を思い浮かべると、どんな職業が思いつくでしょうか。管制官・入国審査官・税関職員・セキュリティスタッフ・インフォメーション…。そして、チェックインカウンターや搭乗口で働くグランドスタッフ。キャビンアテンダントを目指す女性はたくさんいますが、空の仕事の1つとしてグランドスタッフも人気の職業です。そんなグランドスタッフになるには、どんなことを勉強して、どんな準備をしておけばいいでしょうか。グランドスタッフを目指す人のために、解説します。グランドスタッフになるには?グランドスタッフの仕事は、チェックインカウンターや搭乗口だけでなく、見えないところでもたくさんの人が活躍しています。グラン

グランドスタッフの人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

「グランドスタッフ」は、元々「グランドホステス」と呼ばれていました。女性が多く働く職場だったためです。ですが、男性も活躍するようになり、男女平等の観点から「グランドスタッフ」という名前で呼ばれるようになりました。それでも、まだまだ女性が多い職場。「なにかと面倒なことがあるのでは?」と思う人もいるでしょう。グランドスタッフの人間関係のストレスと解決方法についてご紹介します。グランドスタッフの人間関係の特色や、他の仕事の人間関係との違いにはどんなものがあるの?男性が活躍するようになったとはいえ、9:1くらいの割合で女性が多く、傍から見ると「女性ばかりで怖いのでは」と思われることが多い職場。グランド

グランドスタッフへの転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

「一度は諦めたけど、やっぱりグランドスタッフになりたい!」と思っている人。「新卒でグランドスタッフになれなかったから、一旦どこかの企業に就職し再度挑戦しよう!」と思っている人。グランドスタッフへの転職を考えている人は、「次こそ!」という思いでいっぱいだと思います。今回は、グランドスタッフへ上手に転職するための注意点などをご紹介します。グランドスタッフの仕事についておさらいしておこうグランドスタッフの仕事には、カウンター業務・ゲート業務・ラウンジ業務・デスク業務などがあります。それぞれ簡単に説明します。カウンター業務チェックイン、マイレージカードの申し込み受付、航空券の予約・発券、荷物の超過料金

グランドスタッフを辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

女子学生に人気の就職希望企業といえば、航空会社。航空会社の仕事の中でも、人気の職業といえば「客室乗務員」や「グランドスタッフ」ではないでしょうか。憧れの職業を目指して一生懸命頑張って、いざその職業に就いても、楽しいことばかりではありません。接客業の代表格、客室乗務員とグランドスタッフは、お客様対応で辛い思いをすることが少なくないからです。今回は、グランドスタッフを辞めたいと思う4個の理由と、その乗り越え方についてご紹介します。グランドスタッフのおおまかな仕事内容とは?グランドスタッフといえば、チェックインカウンターや搭乗口の仕事を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかしチェックインセク

グランドスタッフは男も出来る!その理由や仕事内容までグランドスタッフの全てをご紹介!

空港に一度は足を運んだことがある人なら、チケットカウンターでチケットを発券したり、荷物を預かってくれたりと搭乗手続きのお世話をしてくれるスタッフや搭乗口で搭乗案内をしてくれるスタッフを見かけることがあるかと思います。グランドスタッフとは、そう言った空港で働くスタッフのことを指します。グランドスタッフなので広い意味では航空機の整備士やオペレーションスタッフなどの空港で働く地上職の人をさすこともあります。グランドスタッフやCAは、女性がまだまだ多い職場ですし、実際に空港で見かけたり、対応してもらうスタッフはまだまだ女性が多いです。しかし、ここ数年、男性スタッフの数も増えてきています。実際に男性でも

グランドスタッフの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

空港の縁の下の力持ちであるグランドスタッフですが、空港で何らかのサポートを受けた人は少なくないと思います。グランドスタッフの一生懸命さや空港を駆け回りながらお客様の補助をしている姿を見て憧れる人も多いです。グランドスタッフは、給料がどれくらいかグランドスタッフとして今後働いてみたい人、グランドスタッフになりたい人には興味があるかと思います。ここでは、グランドスタッフの給料事情について紹介していきます。グランドスタッフの給料の相場はどのくらい?グランドスタッフは、空港でよく見かけ搭乗案内や搭乗手続きなど空港でお客様のサポートをしてくれます。空港で働く姿に憧れてグランドスタッフになりたいと思うひと

グランドスタッフのやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

グランドスタッフは、空港へ行ったり、飛行機に乗る機会がある人、乗ったことがある人なら誰でも一度は見かけたことや実際に荷物を運ぶお手伝いやチェックイン・発券手続きををしてもらったことがあるかと思います。ところでグランドスタッフってどんな仕事か知っていますか?空港での仕事全般がグランドスタッフだと思いますか?それとも空港の各航空会社のカウンター内にいる受付業務をしている方々をグランドスタッフだと思いますか?グランドスタッフは空港内で働くスタッフ全てを実は指します。今回は、グランドスタッフの仕事ややりがいなどについて筆者の実体験などを元に紹介していきます。グランドスタッフの仕事ってどんな仕事?グラン

グランドスタッフの仕事内容12個の業務、向いている人・向いていない人の特徴

グランドスタッフというと聞き慣れない仕事で多くの方からどんな仕事?と聞かれます。空港でチェックインをする仕事と説明すると華やかなイメージで楽しそうと言われますが、実は、かなりの体力勝負でスピードも重視されるので簡単な仕事ではありません。国際線業務の経験をもとにその内容を詳しく紹介していきます。なお、グランドスタッフの働き方は2種類あり、航空会社の職員としてグランドスタッフをする場合とハンドリングのみを担当する会社に所属し、担当した航空会社のハンドリングを行う場合です。基本的に内容は変わりませんので参考にしてみてください。グランドスタッフの仕事は大きく3個の役割に分けられる出発皆さんが想像される