空港に一度は足を運んだことがある人なら、チケットカウンターでチケットを発券したり、荷物を預かってくれたりと搭乗手続きのお世話をしてくれるスタッフや搭乗口で搭乗案内をしてくれるスタッフを見かけることがあるかと思います。

グランドスタッフとは、そう言った空港で働くスタッフのことを指します。

グランドスタッフなので広い意味では航空機の整備士やオペレーションスタッフなどの空港で働く地上職の人をさすこともあります。

グランドスタッフやCAは、女性がまだまだ多い職場ですし、実際に空港で見かけたり、対応してもらうスタッフはまだまだ女性が多いです。

しかし、ここ数年、男性スタッフの数も増えてきています。

実際に男性でもグランドスタッフであったり、CAを目指す人が少なくありません。

海外では当たり前なのですが、日本ではまだ馴染みがありません。

今回は、グランドスタッフについてとグランドスタッフは男性でもできる仕事であることについて紹介していきます。

「グランドスタッフの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グランドスタッフの仕事はどんな仕事?

グランドスタッフの仕事は、主に搭乗案内と搭乗手続きになります。

ただ、グランドスタッフと英語を直訳すると地上職員全てをさすので広義では航空機の整備士であったり、オペレーションであったり、空港で働くすべてのスタッフをさすことになります。

ただ、通常グランドスタッフといえば、空港で接客をする担当者のことであり、カウンターでチケットを発券したり、荷物を預かったり、搭乗口で搭乗案内などを仕事としています。

搭乗手続き

グランドスタッフのメインの仕事の一つは、搭乗手続きです。

昨今は、インターネットで購入してオンラインチェックインするお客様もいるため、そういったお客様はチケットカウンター前に設置されている自動チケット発券機で手続きを済まして荷物があれば荷物だけカウンターへドロップしていきます。

ただ、ほとんどの場合は、電話予約や旅行会社を介して予約されていますのでチケットカウンターで手続きをされるお客様が多いのでチケットを発券したり、荷物の中身に危険品がないかどうかチェックをしたり、荷物タグや細かな説明業務をこなしていきます。

カウンターに来るのは常に日本人とは限らず、外国籍のお客様もいらっしゃいますので日本語の対応だけでなく英語や外国語での対応も時には必要です。

チケットの発券が終わり、行き先や有効期限、座席などの確認をし、書類が十分かどうかもチェックしたら次は受託手荷物を預かる仕事です。

ここで注意すべきは貴重品や危険品が入っていないかどうか、重量制限を超えていないかどうかをチェックしないといけません。

海外旅行などが慣れていないお客様は意外とこういった職員からすると当たり前のことが当たり前でないため、飛行機を安全に飛ばすための最初の段階で仕事をしているグランドスタッフも注意して確認しなければなりません。

搭乗案内

搭乗案内は、飛行機を時間通りに飛ばすためにまたお客様が安全に時間通りに飛行機に乗れるように案内する業務です。

空港にはもちろんですが、日本だけでなく色々な国から来日しているため、日本語だけのアナウンスではなく、英語のアナウンスも必要なります。

また、空港によっては空港が広いために乗り物でゲートに移動するケースもあります。

すべてのお客様がそれぞれの出発先に応じたゲートへ案内しないといけません。

そのため、ゲートがわからなくて困っているお客様、手伝いが必要なお客様や搭乗時間を過ぎてもゲートに来ていないお客様を探したり、お手伝いしたり、体調が悪いお客様がいたら医務室へ案内するか場合によっては救急車を呼ばなければなりません。

その場に応じた臨機応変な対応が求められます。

搭乗ゲート業務

搭乗ゲートでの案内業務は、飛行機に乗る前に搭乗券を確認してお客様を機内へと通す仕事になります。

通常、出発の30〜40分くらい前に準備を始めて、優先登場から搭乗案内をしていきます。

搭乗手続きのカウンターからチェックイン時にお手伝いが必要なお客様であったり、カウンターでの混み具合などの業務連絡を引き継ぎ、予め状況を把握しておく必要があります。

また引き継いだ情報は搭乗ゲートで止めるのではなく、CAへと引き継ぐことも忘れてはいけません。

特にお手伝いが必要なお客様の情報をCAに引き継がないとCAが飛行機内での対応がきちんとできなかったり、業務に支障が出かねませんのでしっかりと引き継ぎが必要です。

他にもアナウンスをする際には日本語と英語を使います。

日常的に外国語を使う機会に恵まれるため、語学力は向上します。

また、アナウンスはお客様が聞き取りやすいようにしっかりと話すことが求められます。

紛失手荷物対応

グランドスタッフにはさまざまな業務があります。

メインの仕事は搭乗手続きであったり、搭乗案内と紹介しましたが、飛行機が到着した後も仕事があります。

それは、受託荷物のダメージであったり、紛失や違う飛行機に搭載されてしまった手違いなどの場合のお客様への対応があります。

特に海外からの到着便にあることですがスーツケースが壊れていたり、荷物に傷があったり、へこみがあったり、手違いで飛行機に搭載されずに空港に置き去りにされているもしくは違う飛行機に乗せられてしまうことが発生しますのでそういった場合の困っているお客様への対応が必要になります。

壊れているなら荷物やスーツケースの場合は、補償であったり、場合によっては弁償することもありますし、荷物がその便に搭載されていないもしくは全く違うところへ行く飛行機に搭載されてしまった場合は、荷物の特徴を細かく伺い、書類に記入し、荷物の現状を調べなければなりません。

ここではクレームが発生しやすいですし、お客様から怒られることもありますが、誠意をもった対応が必要となります。

グランドスタッフの仕事のイメージって?男の人でもできるの?その理由とは?

グランドスタッフの仕事のイメージは体力的にしんどそうに思えてもまだまだ女性が多い職場のイメージがあるかと思います。

実際にCAであったり、空港の接客に携わる仕事はまだまだ女性が多く、男性が少ないイメージです。

しかし、だからといって決して男性ができないというわけではありません。

例えば、搭乗手続きの際に発券手続きを終わらせてから受託手荷物を受け付けますが、荷物によってはかなり重かったりしますのでその場合は男性の方が力仕事として仕事がしやすいかもしれません。

他には、体力も必要なこのグランドスタッフの仕事は体力に自信のある男性には最適の仕事とも言えます。

もともとが女性の多い職場であったため、女性だけしかダメなのかと暗黙の了解のようになっていますが、男性が働いてはいけないルールも規則もないので男性であってもグランドスタッフとして働くことは可能です。

「グランドスタッフの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

男でも働きやすいグランドスタッフの2個の特徴

グランドスタッフと言われるとやはりまだまだ女性のイメージが強いと思います。

制服姿の綺麗なヘアスタイルとメイクをして笑顔でお客様と接するというのが多くの人のイメージになるかと思います。

しかし、実際には男性のグランドスタッフも多く存在しています。

ただ、グランドスタッフ全体の1割といまだに女性社会なのは否めません。

それでもグランドスタッフの仕事は絶対に女性しかできない仕事というわけではなく、空港や航空会社によっては男性職員をよく見かけることがあります。

実際男性のグランドスタッフの方がいい場面もありますのでその特徴をここでは紹介します。

体力勝負ができる

空港では色々なことがおきます。

迷子になったり、買い物や食事に夢中で搭乗案内に気づかないお客様であったり、事情があって空港に遅刻してきたお客様を飛行機に乗せるためなどでグランドスタッフは空港内を忙しく駆け回ります。

困っている人がいたら声をかけて冷静に話を聞くこともしますが、走り回ることは大体何か緊急の事案がある時が多いです。

そのため、体力がかなり必要となる仕事ですので体力自慢の男性や過去に部活動に打ち込んできた男性には体力を活かして仕事ができるため働きやすい仕事と言えます。

力仕事

空港での仕事は、お客様の案内であったり、搭乗手続きのお手伝いがメインと言われるグランドスタッフですが、飛行機が到着した後の受託手荷物を仕分けたり、受託手荷物の中で一旦お客様に返さないといけないもの、荷物が重すぎて手伝いを必要としている場合、女性のグランドスタッフだと無意識に気を使って遠慮してしまう人が多いのが現状です。

男性女性関係なくスタッフなので仕事として対応するのですが、まだ女性に任せるのは不安という人も実際のところ少なくありません。

そういう現場はむしろ男性の方が歓迎されますし、男性の方が安心感があり、お客様も喜んでくれることが多いです。

体力自慢同様、力仕事が好きであったり、スポーツをしたことある男性なら働きやすい環境です。

グランドスタッフのこんな裏側。普段は知られていないこんなことをご紹介

グランドスタッフの仕事は、華やかイメージがあるかもしれません。

実際には体力勝負の仕事であることはここまででわかって頂いたことだと思います。

そのため、女性だけでなく男性であってもグランドスタッフは務まりますし、女性でないとダメというわけではありません。

男性でもグランドスタッフに興味があるならぜひ目指して欲しいところです。

ところでグランドスタッフにはあまり知られていない裏側があります。

ちょっとだけ紹介していきます。

グランドスタッフからCAへの連絡事項

搭乗手続き時にお手伝いの必要なお客様であったり、何か注意事項、連絡事項があると搭乗ゲートにいるグランドスタッフに連絡が入ります。

搭乗ゲートにいるスタッフは優先搭乗であったり、お手伝いを必要とするお客様のお手伝いの準備をしたり搭乗時の打ち合わせをします。

もちろん、この連絡は搭乗ゲートにいるスタッフのところで終わりというわけではありません。

飛行機に乗ったらCAが今度はお手伝いを必要とするお客様を案内したり、連絡事項や注意事項を必要としているため、CAへ引き継がないといけません。

その引き継ぎは大体飛行機の中で行われることがあり、お客様がまだ搭乗される前の飛行機の中でCAが慌ただしく準備している姿を見ることができるのはグランドスタッフならではですし、あまり知られていないことです。

運動不足とは無縁

空港はとても広く大きいところから地方空港であっても割と歩き回ります。

グランドスタッフは空港を所狭しと歩き回りますし、状況によっては走り回ることもあります。

そのため、万歩計をつけると確実に3万歩以上は毎日歩けるため、運動不足とは無縁の生活を送ることができます。

体を動かすことが好きだったり、体力自信のある人には最適の職場です。

教育担当をママ、パパと呼ぶ

今も一部の会社では、新人教育担当者を「パパ」「ママ」と慕って呼ぶ習慣が残っています。

アットホームさを演出して親近感を持ちチームワークを高めるための目的かもしれませんが、最初は「パパ」「ママ」と呼ぶ習慣にちょっと戸惑います。

悪天候の日は逆にテンションが上がる

これも意外かもしれませんが、台風であったり、大雪などの悪天候時は、空港はもちろんバタバタします。

それは飛行機のスケジュールが乱れるからです。

台風が直撃する場合は、飛行機がキャンセルになる可能性もありますし、大雨であったり、ゲリラ雷雨の場合は、飛行機が遅れます。

その場合、飛行機の遅れをどれだけ取り戻せるかを一丸となって動くため、悪天候の日は逆にみんな妙なテンションを持って仕事に取り組んでいます。

「グランドスタッフの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

グランドスタッフの仕事は、まだまだ女性社会ですし、多くの人のイメージはやはり女性スタッフを連想するかと思います。

実際に、グランドスタッフの大半は女性なのでそのイメージは間違っているものではありません。

ただ、だからと言って男性にできない仕事ではなく、男性でもグランドスタッフになることができます。

日本ではまだまだ少ないですが、海外ではグランドスタッフもCAも男性職員の数はそこそこいますし、オーストラリアのカンタス航空などに搭乗するとCA全員が男性なんてこともあります。

力仕事であったり、体力仕事の多いグランドスタッフは男性にとってやりがいのある仕事ではないかとも思います。

グランドスタッフの仕事が気になったらぜひ一度チェックしてみて下さい。


関連キーワード

グランドスタッフ求人