印刷デザイン求人について詳しく知りたい方は必見です。

印刷物は、わたしたちが普段生活する中でも最も多く目にするものですよね。

身の回りを見渡すだけで、カレンダーや手帳、冷蔵庫の中には、調味料や食品にも様々なデザインが印刷された物が存在します。

そんな印刷デザイン求人の仕事について、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。

デザイン求人の主な業務内容や種類、おすすめ求人など気になる情報目白押しです!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

印刷デザインのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

クライアントやお客様から頂いたラフや注文などを基にデザインを起こしていきます。

そして何度かの打ち合わせを経てデザインを完成させる、という仕事です。

印刷デザインは会社でどういう役割を求められる?

印刷物に適した色や分かりやすくて人に伝わりやすいデザインを起こすことができる人が求められます。

印刷デザインにはどんな種類があるの?

印刷デザインと一口に言っても沢山の種類があります。

まずは求人内容や様々な会社についてご覧ください。

印刷デザインの求人募集でよくある施設や事業形態のパターン

印刷会社

印刷会社は、チラシやパンフレットなどを印刷する会社や名刺や伝票を専門に印刷する会社など、様々なものがあります。

また、ジャンルを問わずにあらゆるものを印刷する会社もあります。

制作会社

制作会社には、雑誌や漫画などを制作する会社や広告代理店などがあります。

印刷デザインの求人募集でよくある職種

パンフレット作成

旅行パンフレットや商品パンフレットなどがあります。

カタログ作成

雑貨やアパレル、化粧品などのカタログを制作する会社があります。

チラシ作成

街中で配られフライヤーやスーパーのチラシなど、幅広くチラシを扱う会社があります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

まずは自分が入りたいと思う条件をいくつか挙げておきましょう。

どのような印刷物のデザインをしたいのかによって選ぶ会社が違ってきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

印刷デザインの求人でよくある募集内容とは?

それでは印刷デザインの求人についてどのようなものがあるのか見ていきましょう。

給与相場

会社や経験によって様々ですが、未経験で入ると最初は月17万円〜20万円ほどが多いようです。

勤務時間や休日、残業

印刷デザインの仕事はカレンダー通りの休日を設けているところが多いです。

ただし、土曜日は仕事のところもあります。

また印刷デザインの仕事は納期との戦いですので、残業はあって当たり前のところが多いようです。

福利厚生

年に数回の昇給や賞与、残業手当などが出ます。

求められる人物像

印刷デザインを行う会社が求める人物像とはどんなものなのでしょうか?

詳しく解説していきます。

コツコツした作業が苦ではない人

印刷デザインは常にコツコツとデザインを組み立てていく作業になります。

デザインをするだけでなく、そのデザインの中に必要な項目はしっかり入っているのか、また誤字脱字がないかなどのチェックもするため、コツコツした作業が苦にならない人はとても向いているでしょう。

ものづくりに携わりたい人

自分のデザインしたものが印刷物として仕上がる工程を見ることができるので、ものづくりに携わりたい人、ものづくりが好きな人はとても向いています。

必要なスキルや資格、経験

まずはIllustratorやPhotoshopが使えることは必須です。

また、DTPソフトも扱うことができると尚良いです。

印刷デザインのおすすめ求人のポイント

印刷デザインの仕事をしたいと思った時に気をつけたいポイントをお教えします。

残業時間の明記がしっかりある

これはよくチェックしておきましょう!

どのくらい残業しなければならないのか、または深夜まで続くようなハードな仕事なのか、大体の予想がつく明記がしてあるところを選びましょう。

印刷デザインの雇用形態による違い

正社員であれば毎日決まった時間の中で働くことになりますが、アルバイトやパートはシフト制であったりするなど時間の配分も違い、残業がないというメリットから自分の時間を大切にすることができます。

自分にあった印刷デザインの求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

スキルを伸ばしていきたい、生活に安定を求めたいなら、やはり正社員が良いでしょう。

また、自分の時間を持ちたい、小さな子どもがいる方などは派遣やアルバイト、パートをおすすめします。

【選び方②】職種から探す

飲食店や旅行会社など、自分が興味の持てる職種の印刷物を扱っている会社を選びましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社がどのような事業の取り方で印刷デザインの仕事を行っているのかを、よく調べておきましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

自分の理想とする給与に近い会社であることを念頭におき、そこからどんな雇用条件が良いのか、おおよその理想をたてて選んでいきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

残業が多い業界なので、家から近い場所が好ましいでしょう。

注意点

自分が考える条件と完全に一致することはあまりありません。

その中で優先順位をつけ、より良い会社を見つけることを心がけましょう。

印刷デザインの求人についてよくある疑問

応募方法は?

電話でも構いませんが、リクルートサイトから応募することもできます。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

とにかくどんな些細なことでも良いので、制作した作品をアピールしていくことです。

未経験でも応募できる?

できます!

未経験OKの会社も多数あるので探してみましょう。

会社の雰囲気は?

入社してみないと分かりづらいですが、社内の見学ができる会社も中にはあります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

どの雇用形態の募集もあります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員では求人の内容に記載されている通りがほとんどですが、アルバイト、パートは働いた分だけとなります。

残業って多いの?

正社員は残業の割合が高くなります。

アルバイトやパートは決められた時間で帰ることができます。

資格って必要なの?

特に必要な資格はありません。

ただ、知識や技術がある証明にもなるDTPエキスパートやDTP検定などを持っておくと良いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回印刷デザインの仕事の求人についてお話しました。

印刷デザインの仕事は、生活の中でも沢山見かけるように、企業も多く存在します。

自分に合った会社を選ぶには自分をよく知ることが大切なので、自己分析をしっかりと行ってください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

デザイン求人