「デザインをする」仕事には様々なジャンルがあります。

一言でデザインをするといっても、それがWebサイトなのか、アパレルなのか、あるいは印刷物やプロダクトデザインか、などジャンルによっても仕事の内容が異なります。

そして一足飛びにプロのデザイナーにはなれないのも現実です。

プロのデザイナーを目指す人は、まずはデザイナーの下でアシスタントとして従事しながらスキルアップしていくことをおすすめします。

今回はデザインアシスタントを経験した筆者が、デザインアシスタント求人の仕事についてご紹介いたします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「デザインアシスタント」の仕事例をチェック

デザインアシスタントのおおまかな仕事内容

デザインアシスタントの仕事は、プロのデザイナーの補助業務を行う仕事です。

いきなりクライアントから依頼されたデザインを一から任されることは殆どありません。

デザインの専門学校や美術大学を卒業していても、卒業したてはやはりアシスタント業務から始めます。

では、デザインアシスタントはどういった仕事を任されるのかをご紹介します。

デザインアシスタントは会社でどういう役割を求められる?

先輩デザイナーの下でデザイナーが行う業務を学びながら補助的業務を担います。

デザイナーの手を休めることなく、書類整理や電話応対、来客応対など様々なサポートをします。

その一方で先輩デザイナーからパーツのデザインや、デザインのラフ(下書きのようなもの)を依頼されたり、指導を受けながら、実戦でデザインを学んでいきます。

デザインアシスタントにはどんな種類があるの?

冒頭でご説明したように、デザインにはジャンルがあります。

デザインアシスタントの仕事を探すときには、まず自分がどのジャンルのデザインをしたいのかを知っておく必要があります。

では、デザインをする仕事にはどのようなものがあるか一例をご紹介します。

デザインアシスタントの募集でよくある施設や事業形態のパターン

デザイン事務所

デザイン事務所ではクライアントから相談される様々なデザインを請け負います。

例えばプロダクトデザインは、商品パッケージのデザインや、包装紙など、企業の製品に関するデザインを行います。

その他、ポスターや広告、ロゴマークなど、デザインする対象は多岐に渡ります。

クライアントも一般企業の他、官公庁など国が関わるデザインも請け負うことがあります。

広告代理店

広告代理店は企業に代わって効果的な広告やプロモーションを打ち、売り上げをアップさせることが仕事です。

クライアントが依頼する製品をPRするために購買意欲が湧くような魅力的なデザインを行う必要があります。

紙面やポスター、ショーウインドー、売り場、CM、Webサイトなど総合的なデザインをトータルプロデュースします。

建築事務所

建築事務所は建物の外観や構造、内装やインテリアなど主に建築物に関するデザインを行います。

インテリアコーディネーターやカラーコーディネーターと一緒に仕事を行うこともあります。

使用するソフトも、CADなど建築用のソフトを用いることが多く、印刷会社やWebサイト制作のデザインと大きく異なる職場です。

アパレル系の会社

下着や洋服、着物など一般的にアパレルと呼ばれるジャンルでデザインを行います。

ファッションデザイナーと呼ばれる人たちはこのジャンルに属します。

ハイブランドからノーブランドまで多くの会社があります。

デザインアシスタントの募集でよくある職種

グラフィックデザイナーのアシスタント

CMや映像など、視覚的に訴えるデザインの仕事を行っている職場のデザインアシスタントです。

仕事ではPC操作が必須になる上、使用するソフトも専門的な物が多いので、事前に学んでおく必要があります。

グラフィックデザインに関わるためには、避けて通れない知識です。

ファッションデザイナーのアシスタント

ハイブランドからローブランド、カジュアルなど、多くの会社で募集が行われています。

ハイブランドのデザインアシスタントになるためには、かなりの経験を必要とすることもあり、狭き門でもあります。

中途採用者の場合は予め別の企業でデザインの経験を得てから望むことをおすすめします。

Webデザイナーのアシスタント

WebデザイナーはWebサイトのデザインが主な業務です。

デザインだけでなく、Webサイト構築まで行うデザイナーもいます。

専門ソフトを使用するため、経験者が優遇されます。

全くソフトを使用した経験がない人はアシスタントを目指す前にソフトの操作を学んでおきましょう。

募集は多い業種です。

紙面デザイナーのアシスタント

書籍やタウン誌など、紙媒体のデザインを行います。

その他、名刺やリーフレット、パンフレットなど、紙に印刷するデザインを行うことが多い職種です。

Webデザインと異なり、DTP(デスクトップパブリッシング)の知識が必要になります。

プロダクトデザインのアシスタント

様々な「製品」に関わるデザインを行う職種です。

一つの製品に対し、パッケージやキャラクター、キャッチコピーなど総合的な商品のイメージをデザインする仕事です。

デザインの仕上がりが売り上げに繋がることもある、とても重要な仕事です。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

決まりはありませんが、自分がデザインをしたいジャンルの職種を選ぶことが重要です。

例えば、ファッションデザイナーを目指すならアパレル系の会社を、紙面デザイナーを目指すなら印刷会社を、Webデザイナーを目指すならWebサイト制作会社を選ぶなどです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

デザインアシスタントでよくある募集内容とは?

プロのデザイナーをサポートするための募集が殆どです。

中にはアシスタント経験を経てプロに転向する人もいますが、始めはプロのデザイナーが仕事を円滑に進めることができるよう、雑務や補助的業務をサポートする募集内容が多いです。

給与相場

経験の有無、職種の違い、勤務地などによって異なるため一概には言えませんが、時給では1,000円~1,500円、給料では20万円~25万円前後で、一般事務より少し高い額が目安になります。

勤務時間や休日、残業

プロのデザイナーは納期最優先となるため、休日出勤や残業もありますが、アシスタントはほぼ定時帰宅でき、残業はないところが多いです。

勤務時間は正社員で8時間勤務(9:00~18:00)が最も多く、土日休みのデザイン会社も多くあります。

年間休日数は多い職種と言えます。

福利厚生

デザイン会社の福利厚生は意外と手厚いところが多いと感じます。

社員旅行は海外(アジア近郊)というところも少なくありません。

服装は自由な会社も多く、有給や育児休暇、雇用保険への加入など基本的な福利厚生は整っています。

逆に言えば、福利厚生が整っていない会社は候補から外した方が賢明です。

勤務場所

デザインの仕事は本社勤務が多いのですが、大手企業であれば支店勤務もあります。

業種によりますが、デザイナーは女性の比率が多い仕事です。

男性は経営や運営担当が多く(社長、専務、人事など)、デザインを担当するのは女性が多いという印象です。

但し、ファッションやグラフィック、カメラなどのジャンルは男性も多く活躍しています。

最近では、より仕事がしやすい環境を作るため、デスクがない、または自分が好きな場所で仕事ができる会社もあります。

筆者の経験から言うと、比較的穏やかで静かな環境の中で働くことができると思います。

求められる人物像

学歴よりデザイン力・行動力という、能力が重視される業種です。

想像力や感度が高い人、指示をされなくても自分で考えて行動できる人、デザイナーのサポートをきちんとこなせる人などが求められます。

企業が求めるデザインアシスタントのイメージとしては、デザインの基礎知識がある秘書といったところでしょう。

必要なスキルや資格、経験

デザイン会社での勤務経験がある人は優遇されます。

また、デザイン系の専門学校や美術大学を卒業している人も優遇されます。

資格は必須ではありませんが、ポートフォリオなど自分のオリジナル作品を提出できる人が有利です。

デザインアシスタントのおすすめ求人のポイント

プロのデザイナーとしての勤務ではなく、デザインアシスタントの求人を選ぶことがなぜおすすめなのか、そのポイントをご紹介します。

プロから直接学べる

プロのデザイナーの元で仕事ができるので、デザイナーとしての知識を得ることができます。

特に学校では学ばない裏技やテクニックなど、プロから直々に学べることはとても重要なポイントです。

実際の仕事現場を体験できる

学校で学んだことと実際の現場との違いや、職場の空気が学べます。

将来デザイナーを目指す人にとっては役に立つ経験です。

デザイナーを目指す近道になる

プロのデザイナーを目指す人にとっては、アシスタントの仕事を経験することが一番の近道です。

将来自分がなりたいジャンルのデザイナーが在籍する会社を選びましょう。

ファッションならアパレル系の会社、グラフィックなら映像制作会社やゲームクリエイト会社…といった具合です。

デザイナーの経験を活かせる

元々デザイナーをしていて、生活環境や都合でフルタイムのデザイナーとして勤務できない人にとって、アシスタントの仕事は時間の制約や縛りが少ないので、働きやすい職種となります。

デザインの知識は既に保有しているので、アシスタント業務もスムーズにこなせるでしょう。

他のジャンルに転向できるチャンスがある

以前は印刷会社で紙面デザインをしていたけど、次はWebのデザインもしてみたい…といった方向転換を希望する人は意外と多くいます。

筆者の周りでも数人いました。

似ているようで似ていないのがデザインの世界。

筆者もWebデザインの経験やソフトの知識はありましたが、プロダクトデザインの会社では即戦力にはならないと言われたことがあります。

デザインは全て同じではないのが実情です。

ですが、デザイン会社での勤務経験があれば、他のジャンルに転向するチャンスは十分にあります。

デザインアシスタントの雇用形態による違い

正社員でもパートでも雇用形態による違いはそれほどありません。

正社員の場合は、納期が迫っているときや、デザイナーの作業の進み具合によって残業や休日出勤したり、現場まで足を運ぶこともあります。

また、デザイナー不在の折には、代行してクライアントと打ち合わせをすることもあります。

パートの場合は、時間優先となるので、それほど無理は言われないことが殆どです。

デザインアシスタントについてよくある疑問

どんな業種でも、仕事に就く前は「こういう点についてはどうなんだろう?」と疑問を感じることもありますね。

そこでよくある疑問についてご紹介いたします。

実際に行う仕事内容

一番多いのは業務内容、つまり「どんな仕事内容なのか」ではないかと思います。

求人の詳細を見ても、給料や勤務時間、福利厚生などはっきりと分かる情報に対して、実際に行う仕事内容については殆どが「デザイナーの補助業務」「サポート業務」と書かれていると思います。

では、実際の補助作業とは何か?という点ですが、雑務からデザインに直接関わることまで様々です。

電話応対、接客、文章校正、メールチェック、画像処理等々、ジャンルによってもまだまだあると思います。

お洒落やセンスがないとなれない?

デザインという職業柄の観点から、お洒落に敏感な人が多いのは確かです。

普段から色や形、景色、ファッションなどにアンテナを張っている人が多い職種です。

ただ、お洒落な人やセンスがないとできない仕事という訳ではありません。

センスの感じ方は選差万別ですし、デザイナーの補助をする仕事なので、実際にアシスタント業務を行いつつセンスを磨くのもアリです。

絵が描けない人は不向き?

イラストや絵画、写真を趣味としている人が多い業種ではありますが、絵が描けないとできないということはありません。

絵が描けなくても専用ソフトでなら絵が描ける、デザインができるという人は沢山いますし、習うより慣れろの言葉どおり、業務を通してスキルが自然と身に付くこともあります。

まとめ

デザインアシスタントの仕事は言わば、デザイナーとしての登竜門です。

実際にプロのデザイナーがどのような環境で、どのような仕事をこなしているのかを間近で見ることができるチャンスです。

専門学校や大学はお金を払って知識を得ますが、デザインアシスタントはお給料を貰いながらプロのデザイナーから学べる夢のような環境です。

始めは覚えることも多く、挫折や苦しいこともあるかもしれませんが、学ぶことも多い仕事です。

興味がある人はぜひチャレンジしてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

デザイン求人

デザイン求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPデザインの仕事に向いてる人の特徴は?どんな仕事?活かせる経験についてもご紹介!

DTPデザインに限らず「デザイン」という言葉を聞いただけで、私には無理だ。やっぱりセンスがないと務まらないなど。自分がいきている世界とは別の世界の仕事のように捉える人がいます。本当にそうでしょうか。ここではなんだかちょっと敷居が高いイメージのDTPデザインの仕事を紹介しながら、どんな人が向いているのかを紹介していきます。DTPデザインの仕事はどんな仕事?DTPデザインは主に、クライアント様から依頼のあった広告やチラシなどの印刷物から、企業の商品のパッケージやディスプレイ、パンフレットなどの販促物まで印刷物の分野で幅広く活躍できる仕事です。仕事のどの段階で関わるかによっても業務内容が異なります。

DTPデザイン求人の募集内容は?仕事内容や種類についてもご紹介!就職・転職の参考に!

「DTP」という言葉を聞いたことがありますか。DTPというのはデスクトップパブリッシングの略語で、Desk Top Publishingの頭文字をとった言葉になります。日本語に訳すと「机上出版」「卓上出版」という仕事です。皆さんが普段手にしている、スーパーなどのチラシから、書店で売っている本や企業のパンフレットなど、印刷物と呼ばれる者はほとんどがDTPデザイナーが関わっているのです。ここでは、DTPデザイン求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきたいと思います。DTPデザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずクライアント(依頼主)がいて、本などの出版物や、広告

Webデザインの給料はどのくらい?正社員やフリーランスなどそれぞれの相場もご紹介!

Webデザインの仕事したいと考えている人は数多くいるかと思います。Webサイト作成の仕事は需要が多く、良質なWebサイトを作成するためには、Webデザイナーの専門的な技術や知識に頼り仕事を依頼する企業も数多いです。今回は、これから勉強してWebデザイナーになりたいと考えている人向けに、Webデザイナーの仕事内容や収入などを紹介してまいります。Webデザイナーの仕事とはWebデザイナーの仕事は、企業や個人のWebサイトを作成する仕事です。TwitterやFacebookなど、SNSで情報発信する企業や個人は増えてきています。自社のWebサイトを持っているという企業も多いですが、情報発信には自社の

WEBデザイン求人でよくある募集内容をご紹介!働き先の種類は?就職・転職の参考に!

WEB業界で活躍したい人や、WEB業界に転職したいとお考えの人は多くいます。その中でも特に、WEBデザインへの求職者が多いようです。WEBの仕事にはWEBコーダーやWEBプログラミング、WEBディレクションなど他の分野もある中で、知名度もあり人気もあるのがWEBデザイナーです。今回はWEBデザインの求人についてとその魅力に、現役WEBデザイナーである筆者が迫ってみたいと思います。WEBデザイン求人のおおまかな仕事内容WEBデザイナーの主な仕事は、その名の通りWEBサイトのデザインをすることです。紙面デザインと違うルールもあり、印刷業界から転職された人は戸惑うこともあるようです。では、実際にどん

WEBデザインの仕事に向いてる人の特徴をご紹介!自分に合った求人の選び方も教えます!

インターネットが広く普及した現代において、WEBデザイン、いわゆるホームページ作成に関する仕事は、時代の後押しもあって非常に人気があり、今後も安定した需要の見込める職種の一つです。その反面、ひと言で「WEBデザイン」と言っても、求人では業界の専門用語が多用されがちだったり、少し規模の大きな企業ともなると更に細かな職種の分類がされていたりと、自分のやりたいことや得手不得手に悩まれる方も多いのではないでしょうか。この記事では、WEBデザイナーを目指して今勉強中の方や、あまりに多すぎる求人を前に不安を感じてしまっている方へ、少しでもこの記事の内容がお役に立てばと、WEBデザインの仕事の概要やどんな人

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容をご紹介!ゲーム好きならチェックしよう!

コンピュータゲームには画面に表示するグラフィックが必要です。それはゲームのジャンルに問わず、例えば単純なルールのパズルゲームでもグラフィックというビジュアル要素がなければプレイもままなりません。そんな時にはゲーム全体の面白さを左右するぐらい重要なファクターであるゲームのビジュアル部分を担う仕事、ゲームグラフィックデザイナーの仕事の詳細や内情に経験者が迫ります。ゲームグラフィックデザイナーの仕事は大きく3個の役割に分けられるキャラクターデザイン昔はイラストやマンガは得意だけれど、PCが使えないのでCG化はできないといったスキルの人もゲーム業界のデザイナー職では「キャラクターデザイナー」として専任

WEBデザイナーの仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!興味のある方はチェック!

インターネットの普及により、どの企業にも当たり前のようにホームページがある時代になりました。ただホームページも時代の流行があり、10年前に制作したホームページ等は古く感じられてしまい閲覧されにくくなり、やがては競合サイトに抜かれてしまうことになります。そのため、ホームページは3年~5年を目処にリニューアルする必要があります。そして、そんな時に役立つのがWEBデザイナーの仕事です。今回は人気のWEBデザイナーの仕事内容について現役でもある筆者がご紹介いたします!WEBデザイナーの仕事は大きく5個の役割に分けられるWEBディレクション本来、WEBディレクション業務は、専属の担当者を立てるのが最良で

広告デザインの仕事は自分にもできる?向いている人の特徴を知って挑戦してみよう!

クリエイティブで、将来性もありそうな広告デザインの業界に憧れを抱いている人も多いと思います。しかし、普段広告物を目にすることはあっても、それを作ったり企画したりしている現場に触れる機会は少ないでしょう。そこで今回は、広告デザイン業界で働いたことのある経験者に広告デザインの仕事の詳細を教えてもらいました。広告デザインはどんな仕事?様々なデザインの仕事がある中で、広告デザインは世間一般の人がデザインの仕事としてイメージしやすい業界ではないでしょうか。ただ、仕事の実際は業界にいる人以外にはあまり理解されていないように思います。広告デザインとは、文字通り世の中に出回る広告物をデザインする仕事です。昔は

グラフィックデザインとはどういう仕事?大変なことは何?やりがいについてもお話しします

グラフィックデザインとはクリエイティブな職業として、とても人気が高いと言われています。憧れている人も多いと思いますが、業界関係者以外で現場の実情を知ってる方は少ないと思います。そこで、この記事ではグラフィックデザインの具体的な業務内容や給料事情、向いている人の特徴についてを業界経験者がお話しさせていただきます。グラフィックデザイナーを目指して、就職・転職活動中の方はぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインとはどんな仕事?グラフィックデザインの仕事とは、簡単に言えばデザインを通して広告等の情報を発信、伝達する仕事です。一般にはポスターやチラシなどの広告物、雑誌や新聞などの誌面の

印刷物デザインの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験や働くメリットもご紹介します!

印刷物デザインの仕事に興味はあるけれど、自分に合っているのかな?と不安に思う人もいると思います。デザイン業は誰もがかっこいい職業と思えるので、憧れが強い分、スキルやセンスが必須で、自分に自信がないとなかなか踏み込めないと思ってしまいますよね。そこで、今回は印刷物デザインの仕事内容やメリット、向いてる人の特徴など気になる内容について詳しく解説していきたいと思います。印刷物デザインはどんな仕事?IllustratorやPhotoshop、DTPソフトを用いて印刷物のデザインをする仕事です。印刷に適した色味であったり、画像のレイアウトなど細かいところまでしっかりとデザインしていきます。印刷物デザイン

印刷デザイン求人の募集内容は?働き先の種類もご紹介!求人探しの参考にご覧下さい!

印刷物は、わたしたちが普段生活する中で大変多く目にするものです。部屋の中を見渡すだけでも、カレンダーや雑誌など、また冷蔵庫の中を見れば調味料のパッケージなど様々な印刷物が存在します。そんな印刷物の印刷デザイン求人について、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。印刷デザインのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容クライアントやお客様から頂いたラフや注文などを基にデザインを起こしていきます。そして何度かの打ち合わせを経てデザインを完成させる、という仕事です。印刷デザインは会社でどういう役割を求められる?印刷物に適した色や分かりやすくて人に伝わりやすいデザインを起こすことができる人が求められます。

デザインの仕事の種類はどれくらいあるの?自分に合った仕事内容は?向き不向きをチェック

クリエイティブな響きがあり何だか言葉だけで憧れてしまいそうな「デザイナー」という職業。でも、この世の中にはいろいろなモノがあり、それらそれぞれに姿形があって、そこには「デザイン」があります。筆者の経験した印刷・広告・出版の業界だけでもいろいろな「デザイナー」と呼ばれる業態があります。ここでは、それらをできるだけわかりやすくわけて、その業種・業態ごとの仕事内容の詳細をご案内し、業界入りを考えている人に特性的な向き・不向きをご紹介していきましょう。デザインの仕事種類はどれくらいあるの?この世の中にはモノが溢れ、そのモノの形を作る「デザイン」の仕事はモノの数だけあると言えます。ただ、ここでは世の中に

グラフィックデザインの年収はどのくらい?転職・就職の際には給料の相場も知っておこう!

就職先や転職先を決める時、やはり気になるのがお給料。グラフィックデザイナーは、いわゆる「手に職」、スキルが評価を左右する職業です。お給料の決まり方や昇給、賞与、業界内の相場も気になりますね。そこで業界経験者の実体験から、グラフィックデザインの年収やその相場、給料の決まり方などをお教え致します!グラフィックデザイン年収の相場はどのくらい?グラフィックデザンの業界の平均年収、相場を経験者談も交えて調べてみました。スキルやキャリアも評価に大きく影響する業種ですので、色々なパータン、キーワードで掘り下げてみましょう。正社員で新卒入社した場合グラフィックデザインの現場で新卒採用といえば、専門学校卒も考え

グラフィックデザインの転職で失敗しないために知っておくべき2個のことや人気な職種や業界を教えます!

グラフィックデザイナーはクリエイティブでやりがいがある仕事ですので、転職希望者も多いと思います。またグラフィックデザイン業界内でもステップアップを目指して会社、事務所を変えようと希望される方も多いです。そんな転職を考えた時、グラフィックデザインの業界だからこそ気をつけたいポイントがあります。それを業界経験者に教えていただきました。グラフィックデザインの転職で注意したほうが良い2個のことスキルアップへの努力は常に自発的に!グラフィックデザインの現場において、現場内で教わるのはその会社・事務所独自のルールやワークフローの関することだけと思っておきましょう。制作系のPCソフトの知識や、最新のトレンド

グラフィックデザインの仕事内容と向いている人の特徴

グラフィックデザインの仕事ってクリエイティブでかっこいい職業ですよね。自分にセンスがあればグラフィックデザイナーになってみたいという方も多いはず。そもそもグラフィックデザイナーとは、広告物、出版物制作の現場で欠かすことのできない業種ですが、今回はそんなグラフィックデザイナーの仕事内容の実情についてご紹介させていただきます。グラフィックデザイナーに向いている人の特徴や、必要な特性・スキルについても詳しく説明させていただきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。グラフィックデザインはどんな仕事?グラフィックデザイナーは出版物や広告物のレイアウトをデザインする職業です。その守備範囲は一般的な