DTPの求人でよくある募集内容についてや、気になるけど今更聞けないちょっとした疑問などについて、お答えしていきたいと思います。

DTPオペレーターとは?

クリエイティブな職種やデザイン関連の求人でよく見かける言葉なのですが、この「DTP」というのはデスクトップパブリッシング(Desk Top Publishing)という言葉の頭文字を取ったものです。

日本語で卓上出版を意味し、パソコンを使って出版物の印刷用データを作成することを指しています。

DTP求人でよくある募集内容は?

このDTP関連でよくある募集されている職種が、DTPオペレーターとDTPデザイナーです。

この二つ、名前は似ていますが作業内容は違うため、二職種に分かれて募集が行われています。

では、違いについてご紹介していきたいと思います。

DTPデザイナー

クライアントが持つ完成品のイメージを具体的にデザインし、実際の入稿データの作成までを行います。

文章と画像を駆使しながら、構成をレイアウトしていく作業です。

DTPオペレーター

DTPデザイナーとの違いは、デザインデータが元々用意されていることです。

編集・修正・改変するオペレーション作業が主になり、基本的にデザイン作業は行いません。

DTPの制作物と作業工程は?

雑誌やチラシなどの紙媒体のレイアウトやデザイン

主に販売促進物(以下、販促物)に使われるポスターやチラシなどの出版物と、雑誌やチラシなどの冊子類を手がけます。

その作業工程について、下記の項目別にご紹介していきたいと思います。

デザイン作成・編集

クライアントからの依頼が入ったら、DTPデザイナーはデザイン案の作成に、DTPオペレーターは渡されるデザインデータの編集に取りかかります。

使用するソフトは、DTPデザイナー・オペレーター共にPhotoshop・lllustrator・InDesignなどです。

進行管理・調整

データの完成はクライアンへの確認と修正を繰り返しながら目指していくのですが、まずはそのスケジュールを構成し報告する必要があります。

クライアントが指定する納品日から逆算し、計画的に作業を進めなければなりません。

進行管理と調整は内容のボリュームによっては大変な作業ですが、しっかりと打ち合わせすることが肝心です。

データ入力・管理

制作に必要な材料を、クライアントから指定・配布される場合もあります。

ExcelやWordなどで作られたテキストデータや、掲載するイラストや写真などの画像類などです。

様々な案件を同時進行していることが多いため、混ざらないように注意しなければいけません。

特に画像はプライバシーや著作権に関わるものもあるので、しっかりとした管理体制で管理されることが必要です。

電話・メール対応

先ほど述べたラフ(たたき台)や修正した箇所をクライアントに確認してもらったり、新たな指示と追加作業依頼を受けたりするために、こまめな連絡は必要です。

通常はメールやチャットツールなどを使用することが多いですが、文章だとなかなか伝わりにくいニュアンスなどは、電話で直接やり取りをします。

入稿の管理・チェック

データが完成し校了したら、印刷会社へデータを入稿する作業に移ります。

この際、画像のリンクが外れていないか、文字は指定されたフォントになっているか、色の問題などで不具合はないかなど、データを最終チェックする必要があります。

記事校正

打ち込んだ文字かコピペ使用を指定されたテキストかに関係なく、作品中のすべての文字や文章には記事校正と文字校正が必要になります。

特に文字校正は思い込みなどの間違いなどを防ぐため、制作者、内部スタッフ、クライアントで二重〜三重のチェックを行なっているところが多いでしょう。

主に使うソフト

実際にDTP作業で使うソフトについてご紹介していきたいと思います。

専門性に特化したソフトになるので、専門知識を必要とします。

Photoshop

Adobe社製のソフトです。

画像処理に特化したものであり、DTP作業者だけでなくカメラマンなどにもよく使われるソフトです。

例えば、複数の人物が写っている画像から必要な人物だけを切り抜いたり、背景として不要な画像を取り除いたり、色調の補正や変更などを行うことができます。

InDesign

Adobe社製のソフトです。

主に雑誌やパンフレットなど、特にページ数のあるものを制作する場合に便利なソフトです。

レイアウト構成とその統一、文字情報データの流し込みなどが効率良く行えるので、ページ管理ができる編集ソフトとして業界では一般的に使われています。

lllustrator

Adobe社製のソフトです。

大きなものではポスターや垂れ幕、小さなものとしては名刺などのレイアウトを、自由自在に構成することができるソフトです。

イラストや図形を描く場合も、こちらを使用されることが多いでしょう。

QuarkXPress

Quark社製のソフトです。

InDesignが一般的になる前のシェア率が広いソフトでした。

Apple社製Macが登場し、OSが進化すると共に、InDesignのバージョンアップが進んだため、現在ではそちらが主流となっています。

未経験でもできる?

専門的な知識が必要な仕事ではありますが、未経験者を募集している企業は少なくありません。

とは言え、未経験で即採用・即戦力というのは実際には難しいところです。

まずは、Macの知識やソフトの使い方について、自分なりに勉強しましょう。

ある程度の知識を備えた状態での未経験であれば、仕事をする中で勉強していくということも充分可能です。

主な雇用形態

主な雇用形態として二つのタイプをご紹介したいと思います。

専門職であるが故に、正社員と非正規社員では給与形態に大きく差がでることもあります。

正社員

フレックス出勤の体制に対応している会社もありますが、納期やクライアントによっては夜中の対応もありえるため、残業が0というのはなかなか難しくなります。

また、残業代という形の給与形態は少ないようです。

一般事務などに比べると、それを見越した形で少々高めの給与設定になっていることが多いです。

正社員として勤務することで、DTPオペレーターからDTPデザイナー、そしてディレクションをする立場のディレクターとして昇進していくこともでき、責任を持ってクライアントを任されるという点でも、その会社に特化した分野でやりがいを見つけることができます。

非正規社員

アルバイト、パート、派遣などの働き方がありますが、正社員と違って残業は少なく、おおよそ定時出勤と定時退社が一般的です。

ただし、派遣社員として勤務する場合は即戦力として活躍できることが前提であり、ある程度の経験や知識は不可欠となるでしょう。

また、これらで実務経験を得ると、ノマドワーカーや在宅ワーカーなどといった働き方の可能性も広がります。

DTPの仕事をするメリット

DTPの仕事は専門性が高いのですが、それ故のメリットが存在します。

そのメリットについて、いくつかご紹介していきたいと思います。

専門的なスキルが身につく

例えば画像解像度や配色についての知識、読みやすい文章を作成するための組版ルール、フォントのサイズや種類、レイアウト構成力など、専門知識を知ることができます。

高度なソフトを使いこなせるようになる

DTP関連の職業ではもちろん、それ以外でも何らかの形でソフトを利用している会社があるので、転職する際は強みになります。

また自宅でSOHOとして働く際や、日常生活で印刷物の作成を行う機会があったとき、重宝される技術です。

キャリアアップができる

DTPは「読ませる」ための技術です。

キャリアアップを考えたときに、その知識を活かせる職業としてデザインという分野があります。

デザインは「魅せる」ための技術ですが、両者の目的は、取り扱う媒体や業種に関わらず、目立たせたい・伝え広げたいといった理由で一致しています。

WEBデザイナー

主にWEB上での販促ツールを作成する専門職です。

印刷物を作成する場合とは若干異なるルールがあるため、更なる勉強が必要になりますが、レイアウトの知識や画像の処理方法解像度を調整したりする作業などは、DTP作業で培った技術が役に立ちます。

広告媒体の主流が印刷物から広告はネット上へと移行しつつある中、WEBデザインの需要はこれからも高くなっていくでしょう。

DTPデザイナー

すでに専門技術と知識を習得しているため、広告関連会社で働くことはもちろん、印刷会社でのオペレーター業務や、画像調整を主とする画像編集業務など、就職先の選択肢が広くなります。

印刷物のデザイン業務にチャレンジしようとした場合、DTPの基礎知識を持った上で取り組むのと、そうでないのとでは、仕上がりにも求人にも差が出ることでしょう。

DTPの仕事に向いている人

基本として、集中力が高い人に向いています。

また、ものづくりを担う仕事がしたいけれど、発想力などに自信がないという人にもおすすめです。

オペレーター作業担当であれば、デザイン自体はデザイナーが行うので、その通りにデータを作成することに集中できます。

印刷物が好きで出版の仕事などに興味ある人

本や雑誌などの装丁を見たりチラシやポスターを眺めるのが好きな人は、様々なアイデアを記憶して持っているので向いていると思います。

クライアントの希望に沿うような提案を行えるかどうかは、知識の引き出しの数と深さがものを言うでしょう。

細かい作業が苦にならない人

何度も何度も微調整をしたり、同じ作業を繰り返したりといった工程もあります。

色々とやり直した結果結局最初のデザインに戻すなど、理不尽に振り回されることもないとは言えません。

ですが、「良い物を作りたい」と言う志をもとに、コツコツと進めていける人が向いています。

テキパキと手際良く作業ができる人

仕事ができる人は、自分の腕とアイデアと時間の使い方が上手い人です。

一つのことに集中する力はあっても、マイペースを崩せない人は難しいかもしれません。

校了までのスケジュールを組み立て、それに沿ったタスクを管理し、着実に進めていける人が向いています。

DTP求人におけるよくある疑問

ちょっと聞きたい疑問点などについて、お答えしたいと思います。

デザインセンスって重要なの?

クライアントさんが納得するものを作るという点で言えば、ある程度は必要です。

しかし必要とされるセンスは千差万別なので、自分なりの個性やこだわりがある人は、向いていると思います。

夜勤や休日出勤があるって聞いたけど本当?

クライアントの店舗運営時間や、締め切り前の大幅データ改変などが起こった場合には、夜勤や休日出勤も考えられます。

雑誌の出版社など、特定の業界では入稿締め切り前になると残業が必須ということもあるようです。

DTPオペレーター・DTPデザイナーの給料相場は?

オペレーターでおおよそ月給18万円前後と言われていますが、経験やスキル、勤続年数を重ねるごとにアップします。

ディレクションができる場合には、月給〜35万円までの間で提示されることが多いと思います。

残業代は支給されないか定額であるところも多いので、実務時間を考えると年収は低めの傾向にあります。

女性は結婚・出産後でも働ける仕事なの?

雇用形態にもよりますが、主婦の方も多く活躍されています。

デザイナーとして勤務する場合、チラシやDMなどを専門とする会社であれば、スケジュール管理次第で残業を抑えることも可能です。

在宅ワークの求人が出ていることもよくある職業なので、出勤が難しい方はそちらも探してみましょう。

フリーランスとして働くこともできる?

専門知識と技術をしっかりと習得すれば、在宅で作業をすることは可能です。

独立開業した場合は全て自己責任となるので、当然抱えるリスクも上がりますが、ディレクションも自ら行うことのやりがいは大きいでしょう

一人で行う業務が多くて忙しい?

打ち合わせ→材料(テキスト・画像など)集め→DTP業務→校正→修正対応→入稿作業→責了→印刷会社への依頼→クライアントへ納品。

これらの進捗状況は把握していなければなりませんが、作業自体を全て一人きりで行うとは限りませんし、忙しいと思うのか、楽しいと思うのかはその人次第というところです。

DTPは目に見えて達成感を味わえる仕事!

技術や知識が上がれば上がるほど、できる作業とクオリティを高めることができるので、成長とやりがいを感じることができます。

何より、クライアントが喜んでくれると「次も頑張ろう!もっと良い作品を作りたい!」という意欲が沸いてくるのです。

時に、選ばれた人にだけ報酬が支払われるコンペ形式のものへ参加するなど、腕試しができる楽しみもあります。


DTP求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞き慣れない職業かもしれません。興味があったとしても、給与の相場がどのくらいなのか、よく分からない方は多いと思います。今回は収入面について詳しくお伝えしていきたいと思いますので、参考にしてみてください。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合のDTPオペレーターの給料相場勤め先や地域にもよりますが、新卒入社で月給18万円前後です。ある程度の経験を積んだ者であれば月20万円~25万円前後、経験豊富なベテランになるとそれ以上になることもあるでしょう。派遣社員の場合のDTPオペレーターの給料相場月給に

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点はなにか?いくつか注意点も含めてご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと、モチベーションも下がってしまいます。評価されればされるほど、自分は成長を日々しているんだという実感も湧くので、会社での評価というものはとても重要となってきます。給与はしっかりもらえるか確実に残業ばかりしているのに、残業代が出ないなどブラックな一面が出て来ると、精神的にも体力的にもキツイです。しっかりと給与以外に

DTPオペレーターの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

DTPオペレーターは地道な努力と根気が必要ですが、とてもやりがいのある仕事です。どんな人が向いているのか?またどういう経験や知識があると良いのかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターはどんな仕事?デザイナーやクライアントから渡されたデータを、実際に印刷できる状態へと仕上げる仕事です。DTPソフトを使って、文字や文章の正誤・適否から写真やイラストなどの画像に至るまで、印刷物全体をチェックし、必要な箇所には修正や加工を施します。仕事上の役割とは?実際に出来上がる印刷物は1枚2枚のみではありません。間違いを一つ見逃したことが全てを刷り直す事態を引き起こし、莫大な損失に繋がること

DTPオペレーター求人でよくある募集内容や雇用形態や、気になる疑問について解説します

デザイン関係の勉強をしたことがないという方には、DTPオペレーターという言葉自体が聞き慣れないものかもしれません。DTPオペレーターは、皆さんがいつも目にしているチラシやポスター、冊子類などの印刷物の作成に携わっています。どのような仕事なのか、よくある疑問別にご紹介していきたいと思います!DTPオペレーターとは?DTPオペレーターは、デザイナーがデザインした原案を「印刷できるデータへと仕上げる」という役割を担っています。会社によっては小さな印刷媒体である「名刺」「年賀状」などのデザインを任されることもありますが、基本的には印刷用データの作成が主な仕事です。おおまかな作業内容原案を基に、様々なD